hadiko さん プロフィール

  •  
hadikoさん: たぶんADHDでかなり注意欠陥な日々と読書日記
ハンドル名hadiko さん
ブログタイトルたぶんADHDでかなり注意欠陥な日々と読書日記
ブログURLhttp://hadiko175.hatenablog.com/
サイト紹介文毎日毎日ミスばかりしている未診断ADHD会社員の発達障害ブックレビューです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 38日(平均4.2回/週) - 参加 2018/03/15 17:04

hadiko さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • マネしたい Twitterの有効活用
  • 時間管理やタスク管理にこれは有効!って思うやり方があったのでご紹介します。この方のツイート、タイマー設定されてて時間ごとに自分が必要なタスクが流れてくるんですね。そう、ツイートを自分のために書いてるのです。確かにスマホとかのアラートよりもツイッターで流れてる方が効く気がします。特にスマホから離れられないタイプならテキメンなのでは。おそらくbot的な何かを使っているのかな?と思うのですが今のところこの [続きを読む]
  • やりたいこと
  • 昨日会社の飲み会だってんですが、えらい人がこう言ってたのが非常に心に刺さりました。「私は頑張ったご褒美として今の役職に就きたかったんじゃなくて、やりたい事があったから今の役職が欲しかったんだ。」…私はそこまでして仕事に向かい合ってないと思います。と、同時に自分にとってそこまでしてやりたいことって何なんだろうな、と思うとやっぱり軽度発達障害の(自分含む)人が暮らしやすくて能力を発揮しやすい世の中にして [続きを読む]
  • 新生活に向けての先手
  • 今日から新しい部署で新しい仕事です。色々新しいので、先手必勝とばかりにまずは同僚に「ほんとーーーにミスが多いので」っていってみましたところ「いやいや、私の方がひどいし」「いやいや私が」「いやいや」「いやいや」と、謙遜合戦的な感じになってしまいましたよ。ほんとーかなあーほんとーかなー私のが絶対ミスするけどなー(っておいミスを検知するとか防ぐとかの努力せいって話しですけど) [続きを読む]
  • ライフハックとADHD は仲良くできるのか?
  • ミスお役立ち度 ★★★★★空気読役立ち度 ★仕事お役立ち度 ★★★★★知識が深まる度 ★本として面白度 ★★★★※評価はその時の気分で左右される主観的なアレです。私が軽度発達障害関連の本やら記事やらを探し始めたのは2つきっかけがあります。ひとつは、自分が色々と困ってるんで当事者として解決する方法がないかなと思ったことです。ま、これはあたりまえかなと。もうひとつは、スペクトラム(連続体)と言われているにも関 [続きを読む]
  • _| ̄|○ 今日のミス(未遂も含む)
  • [今日のミス(含未遂)] わたしエクセルを仕事でよく使ってるんですが、ADHD的にあるある過ぎますがよくミスをします。見直ししたり誰かに見てもらったりしてどうにか日々をやり過ごしてるんですが、昨日たまたまわたしの作業を同僚が隣で逐一見てたんですね。思いもかけない所で様々なツッコミを受けました。で、その中で何回も言われたのが「なんで素直に参照しないの??」「なんでそのままコピペしないの??」えっ!どう [続きを読む]
  • 発達障害と診断されることよりも大事なことはなんなのか
  • 「マンガでわかる 発達障害 特性&個性 発見ガイド」 ミスお役立ち度 ★★★★★空気読役立ち度 ★★★★★仕事お役立ち度 ★★★★★知識が深まる度 ★★★★★本として面白度 ★★★★※評価はその時の気分で左右される主観的なアレです。いきなり「発達障害ではない」と診断されるシーンがでてきて面食らいますがこれこそが本書の目的なのだと思います。と、言うのも本書は障害診断の有無ではなくて自分や周りの困りごと [続きを読む]
  • 読んだはずだが記憶がない本たち→アマゾン購入履歴より
  • 発達障害関連本のブログを始めるにあたり今までどんな本読んだんだっけ?と思い履歴をひっくり返してみました。タイトル眺めても内容をイマイチ思い出せなかったりするのもあるので、読み返しながら追い追いレビューが書けたらいいな…いいなぁ。 勧められて読んだ気がする、LITALICO社長の当事者本 発達障害の子どもたち、「みんなと同じ」にならなくていい。 (SB新書)作者: 長谷川敦弥,野口晃菜出版社/メーカー: SBクリエ [続きを読む]
  • これから読む→当事者が研究するということ
  • 発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい (シリーズ ケアをひらく)作者: 綾屋紗月,熊谷晋一郎出版社/メーカー: 医学書院発売日: 2008/09/01メディア: 単行本購入: 8人 : 107回この商品を含むブログ (28件) を見るミスお役立ち度 未空気読役立ち度 未仕事お役立ち度 未知識が深まる度 未本として面白度 未※評価はその時の気分で左右される主観的なアレです。 ツイッター眺めてたら発達障害当事者の当事者によ [続きを読む]
  • これから読む→医療関係者向け雑誌の発達障害特集
  • 精神科治療学 Vol.32 No.12 2017年12月号〈特集〉大人の発達障害[雑誌]出版社/メーカー: 星和書店発売日: 2017/12/19メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るミスお役立ち度 未空気読役立ち度 未仕事お役立ち度 未知識が深まる度 未本として面白度 未※評価はその時の気分で左右される主観的なアレです。その名の通り医療関係者向けの論文が載っている雑誌です。素人が読んでも分からないことだらけではあるのですが、投稿されて [続きを読む]
  • メモ取りの規則を決めるだけで物忘れが相当解決する
  • 「自衛隊に学ぶメモ術」 ミスお役立ち度 ★★★★★空気読役立ち度 ★仕事お役立ち度 ★★★★★知識が深まる度 ★本として面白度 ★★★★※評価はその時の気分で左右される主観的なアレです。 自衛隊ってワードがADHDからも発達障害からも遠すぎる感じが満載ですが、不注意に悩むサラリーマンであれば絶対読むべき一冊です。この数年、あまりの記憶力の悪さにメモを取りまくってたのでかなりメモ取りには自信があったの [続きを読む]
  • 道具で発達障害の困りごとを解決するには
  • 「発達障害の子のための「すごい道具」」 ミスお役立ち度 ★★★★空気読役立ち度 ★★★仕事お役立ち度 ★★★知識が深まる度 ★★★★本として面白度 ★★※評価はその時の気分で左右される主観的なアレです。主に子供向けのお悩み対策本なのですが、大人に応用できるネタも結構あると思います。また、なにかができない時にどう捉えて対応したらいいのか?って考えるきっかけが作れると思います。で、この本結構いいな [続きを読む]
  • 大人になってから発達障害と診断されるまでの短くて長い道のり
  • 「おとなの発達障害かもしれない⁉?」 ミスお役立ち度 ★空気読役立ち度 ★仕事お役立ち度 ★知識が深まる度 ★★★本として面白度 ★★★★★※評価はその時の気分で左右される主観的なアレです。当時者である本職の漫画家さんが書いているので絵がかわいいです。加えて監修ではなく本人談なので日々の困りごとの表現にひじょーにフィット感を感じる一冊。前半は診断に至るまでの道のりと、後半はコンサータ服用実録やも [続きを読む]
  • 高次機能障害のおかげで発達障害の妻と分かり合えた、泣ける話
  • 「されど愛しきお妻様」 ミスお役立ち度 ★★空気読役立ち度 ★仕事お役立ち度 ★★★知識が深まる度 ★★★本として面白度 ★★★★★ ※評価はその時の気分で左右される主観的なアレです。タイトルの「お妻様」は重度の発達障害のようである。ようである、というのは誰かに生活を支援してもらわないと立ち行かないレベルにも関わらず未診断だから。支えている著者が脳梗塞になった事から「お妻様」との関係が大きくかわ [続きを読む]
  • 仕事のミスの原因が発達障害だと感じたら
  • 「ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本」 ミスお役立ち度 ★★★★空気読役立ち度 ★★★仕事お役立ち度 ★★★★★知識が深まる度 ★★★本として面白度 ★★ 本書の良い点はサラリーマンを筆頭とする社会人が絶対直面する上に定型の人達は難なくこなしている(らしい)事を具体的なツールを使って解決方法を提案しているところです。長期の仕事に取りかかれない、メモが取れない、電話応対がで [続きを読む]
  • 発達障害の診断が出るまでのプロセス
  • 「これからの発達障害のアセスメント」 ミスお役立ち度 ★空気読役立ち度 ★仕事お役立ち度 ★知識が深まる度 ★★★★★本として面白度 ★★★※評価はその時の気分で左右される主観的なアレです。 かねがね疑問だったことに「なんでこんなに発達障害がクローズアップされてるのに自分が発達障害かどうかたがすぐにわからないんだろう」ってのがありまして。世の中の発達障害チェックサイトってたくさんあるんですけど、 [続きを読む]
  • 初投稿
  • hadikoと申します。発達障害関連本のレビューサイトってあんましないよなーと思い立ち、ブログを始めてみました。会社員歴そろそろ20年、転職休職サンキュウ育休各1回、毎日毎日アホみたいなミスを繰り返しながらもどうにかクビにはならずにしがみついています。たぶんADHDですが未診断です。昨今の発達障害ブーム?もあり受診がひじょーに難しいのと、そうは言っても会社員できる程度には軽度なので仮に診断されたところでそんな [続きを読む]
  • 過去の記事 …