キヌ さん プロフィール

  •  
キヌさん: ミニマル綺麗ママ白書
ハンドル名キヌ さん
ブログタイトルミニマル綺麗ママ白書
ブログURLhttps://kireimamasan.com
サイト紹介文綺麗ママめざして
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 67日(平均3.7回/週) - 参加 2018/03/15 21:36

キヌ さんのブログ記事

  • ミニマリストの美容法。究極的には何を重視する?
  • アラフォーママ、時間がない!が平常運転ミニマリスト云々以前に、仕事に家事に子育てに、毎日圧倒的に時間が足りません!それでも綺麗になりたい心を捨て去るなんて悲しいし、願わくば綺麗ママになりたい!と思うことは、贅沢なことなんでしょうか?そんな悩めるアラフォーママでも、ちょっとの工夫やひと手間で、「綺麗」や「素敵」はちゃんと作れる。きっとそう。その信念を、ブログでささやかに発信し続けていきたいと思ってい [続きを読む]
  • GUコーデをアラフォーがイタくなく着こなすには?
  • GUって本当、安くて可愛くて着やすくて、プチプラ界でも最高峰のブランドですよね。私も、ちょっと遠いところにあるモールまで、わざわざGUのアイテム探しに行ってしまうことも。実際GUの店舗でも、若い子だけじゃなくてアラサーアラフォー、還暦過ぎのマダムまでショッピングを楽しんでいる姿を見かけますもん。世代を超えて愛されてますね。ただ、こちとらアラフォー、「明らかにGU」なアイテムを着て街を歩いていると、同じGUの [続きを読む]
  • アラフォーはシミやシワを隠すより、発光するような輝きを纏おう
  • アラフォーママ、シミが、ひっそり増えています。鏡を見るたびちいさな悲鳴が!産後のホルモン事情もあるし、アラフォーだし、子供乗せて自転車で走っているとめちゃくちゃ日に焼けるし。。。細かいシミも、大きくてうっすらしたのも、ある程度ちらほら出現してくるお年頃。まずいでしょ!と思って、皮膚科でレーザー(アキュチップ)でシミ取りしたことも。びっくりするほど綺麗に消えるんだけど、半年くらい経つと、なぜか同じ場 [続きを読む]
  • アラフォーミニマリストが美しくあるために必要な2つのこと
  • ミニマリストは美しさのすぐそばにいるそう思っています。自分に必要なものを熟知し、身の回りに置くものに適当なものを選ばないひとは、放っておいても美しくて綺麗なオーラを放つ。わたしはまだまだ修行中の身なので、その域までいってませんケド。。。そして、アラフォーは脂の乗った鰤のごとく、女盛りで美しい時期。この前テレビでデヴィ夫人も言ってました、「いまどき40代が美しいのは当たり前ですのよ」って。。そんなアラ [続きを読む]
  • 美容へのやる気がどうしてもわかないときの、簡単で効果バツグンの対処法!
  • 美容?なにそれおいしいの?忙しい日々が続き、やることに追われていると、どうしても1日を無事こなすことで精一杯。そんな日々を送っているうちに、気がついたら「美容へのやる気がどうもわかない、、」そんな精神状態に陥ることはありません?私は、しょっちゅうあるよ!美容は好き。大好き。本業も、美容に関連した業種だったりする。でも、それでも、忙しい日々、家事や育児タスクをこなしていく厳しい現実の前で「自分の見か [続きを読む]
  • 綺麗なママに嫉妬しますか?
  • 綺麗なママに嫉妬しますか?自分の活動テリトリーの中に光り輝く綺麗なママさんがいれば、誰でも「綺麗なママだなあ!」と思いますよね。しかし、そこでさらに嫉妬まで覚えてしまうという人も中にはいるようで。個人的には、綺麗なママを見るとドキドキしてテンションが上がるだけの単純な私ですが(男目線⁈)、私の友人に「綺麗なママを見るだけで、実は、嫉妬してイラついてしまうことがある。私って最低かな。。。」と打ち明け [続きを読む]
  • ミニマリストの女性はなぜ、おしゃれに見える?
  • ミニマリストの女性は総じておしゃれな女性が多い印象です。そもそもね、ミニマリストさんのブログが、まずセンス良いしね!ミニマリストって発想自体が、なんだかおしゃれ!な感じするし。静かで熱いこだわりで選ぶ、ミニマリストの服に宿るものものを極力持たないライフスタイルで、自分が袖を通す服にも確固たるこだわりを持つミニマリスト。そう。圧倒的に少ない服しか持たないからこそ絶対に自分に似合う着ていて心地よい洗練 [続きを読む]
  • プチプラのぺたんこパンプスで、キレイママをめざす!
  • 通勤でも、子供とのお出かけでも、ここ最近ずっとスニーカーを愛用していたのですが、春だしちょっと女度高めのファッションもしたいなと思い、パンプスを購入しました。ママのキレイめコーデに、ぺたんこパンプスは強い味方パンプスといえども、まだ抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこする身としては、ヒールがあるのは難しい。子供も道路を歩いていても、どこへ飛び出すやら危なっかしく、サッと動けるようにしていないと!そういうわけ [続きを読む]
  • 「節約主婦」でも、「おしゃれで綺麗」になれますか?
  • 節約中でもおしゃれしたい、綺麗になりたい!主婦業をしていると、自分になんかお金かけてられませんよ!という場面がほとんど。私自身、働いているものの、お給料は生活費とか子供のためにほとんど消えてゆき、自分の美容やおしゃれのために使えるお金なんてホント無し!でも、独身時代とは違って、不思議と自分にお金をかけない生活、いやではないんですけどね(笑)節約も、当たり前のように日々の習慣。無駄なことに、お金は一 [続きを読む]
  • 断捨離する服を「綺麗の踏み台」にする方法
  • いつも実用一辺倒のチョイス、してない?美の基本は、お片づけ?一時期、狂ったように自分の持ち物断捨離して、ずいぶんスッキリしました!ただ、ミニマリズムも過ぎると、実用一辺倒に収まりすぎて「ワンパターン」になりがち。進みもせず、後退もせず。て時期がありました。ゆるやかに年を重ねることで、後退はしてたかな。。でも、新しい服を買うのもったいないし、でも新しい自分も発見したい、、て悩んでいたときに、、「古き [続きを読む]
  • アラフォーでおばさん化してしまう人、3つの残念な特徴と対策
  • アラフォー はおばさんになる年齢ではありません巷には、めちゃくちゃ美しいアラフォー ママや、可愛らしいアラフォー女性がたくさんいます。美容テクノロジーもハイレベルな進化を遂げており、平均寿命もずいぶん長く伸びた昨今、アラフォー 女性は「大人の女性」であっても「おばさん」と呼ぶにはまだ早い!という印象すらあり。アラフィフだってまだまだ女盛りと言った感、もはやこれは「時代」でしょう!【美しきアラフィフ姐 [続きを読む]
  • 笑顔の効果、知ってる?美容液より10倍綺麗になれる、3つの驚きの理由
  • 一生懸命、美容におしゃれにダイエットに精を出しているのに、なんだか努力の割にパッとしない…。歳かしら。と思ってませんか?それ、もしかして大事なファクターが抜けてるかも。女性を綺麗に柔らかく見せる大事なファクター。そう、「笑顔」。笑顔の美容効果はスゴイ、でもすぐ忘れちゃうのもし、あなたがすごい美人だったとします。そういう美人に限っては、「笑顔なし」もキマります。(笑わないアイドルっていうのも流行って [続きを読む]
  • 【美肌へのスキンケア】アラフォー仕様で本気で考える!
  • (お知らせ Feedly復活しました!ぜひご登録よろしくお願いします!→)世の中、美肌、美肌!美肌アプリ、美肌レシピ、美肌サプリ…。とにかく世の女性を魅了してやまないこの言葉、「美肌」が氾濫しています。でも、美肌って、そもそもどんな肌よっ?美肌とは何ぞや?分かっているようで分からない、「美肌」という「曖昧スキンケアワード」お肌の曲がり角もしっかり通過した感のあるアラフォーの私、そんな疑問が湧いたのでちょ [続きを読む]
  • 素敵なママのお花見コーデって?【手抜きで可愛く見えたら最高】
  • 桜の季節がやってきました!桜が綺麗に咲き誇っていてお花見シーズン本番☆日本はどこにでも桜があって、満開の時期は本当にウキウキ!街も一気に華やぎますね。公園に行けば、子連れママさんたちが楽しげに公園を走り回る子供を見守りながらおしゃべりに花を咲かせてます。子連れママのお花見にお洒落は必要か子連れのママのお花見は、お弁当がメインでコーデは後回しになりそうな気も…。それに地面に座りますからね、足元が寒く [続きを読む]
  • 老けてる女、老けない女。アラフォーの老け見えを防ぐたった一つの方法
  • なぜあの人は老けて見えないのか。道ゆく若々しいアラフォー女性たちを凝視した結果…30代に入ったあたりから、同世代でも「老けて見えるひと」と「老けて見えないひと」が分かれてくるなあ、となんとなく思っていました。結婚して出産後、実家へ里帰りしたとき。「あれ、老けて見えるようになったね。若い頃は、童顔だったのに」というショックすぎる言葉!それから、私は考えました。「老けて見えるひとと、見えないひとの違い [続きを読む]
  • アラフォーママは、誰からの【モテ】を【意識】してるのか
  • アラフォーママはいったい誰からモテたいのか個人的な話で恐縮ですが、キレイママになりたいという壮大な目標はあるものの、「異性からのモテ」はほとんど欲していない状態です。毎日、身近なことに忙しすぎて、「どこかにいる異性」の目など気にしていられない上に、「モテたらなにかいいことあるんすか?」というくらい、「恋」とか「異性」とかとかけ離れた世界にいます…。まあ、ダンナには「愛想尽かされないようにしたいな」 [続きを読む]
  • やる気ゼロでも【美をキープ】誰でもできる【効果絶大】な2つの方法。
  • 忙しすぎ、疲れすぎで何もできずに朝が来た仕方ないです。そんな日もあります。良い日も悪い日もそれなりにあって、そんななかでも最低限の美をキープしていくことって、「なんだか大変そう。ストイックじゃなきゃやっぱダメかしら」と思うかも。でも、難しく考えなくてOK。今からぴっかぴかの(に見える)モデルになるわけでもなし。頑張れる日もあれば頑張れない日ももちろんあるわけで。そんな「平常運転の私」でも、できればい [続きを読む]
  • 【第一印象がすべて】アラフォーファッションの鉄則は?
  • 第一印象勝負が多い、子育てママの受難なんだか、子供育てるようになってからのお付き合いて、「第一印象で勝負あり」みたいな場面、増えた気がしますね。(気のせいかな)学校の役員顔合わせ子供の習い事公園マンションのエレベーター前                  たぶん「子供が主役」で「ママは黒子」に徹する機会が多くなったせいかもね。「黒子」でも、ちょいちょい色々なひとと顔を合わせなきゃいけない。↓「黒子 [続きを読む]
  • あなたの美しさを【3割増し】にする確実な魔法
  • 色の魔法。味方につけてる?綺麗な自分をめざしていくなかで、知らないと損!と思うのは、なんといっても「パーソナルカラー」。パーソナルカラーとは、その人が生まれつき持っている肌や瞳の色、血色感などを引き立てる色味のこと。同じ「ピンク」でも、「青みのあるピンク」が似合うひともいれば、オレンジに近い「コーラルピンク」が似合うひともいます。そのように「同じ色でも、色味によって自分にとって似合う似合わないがあ [続きを読む]