Oharu さん プロフィール

  •  
Oharuさん: 鳥大好きハワイ暮らし
ハンドル名Oharu さん
ブログタイトル鳥大好きハワイ暮らし
ブログURLhttps://oharuart.muragon.com/
サイト紹介文ハワイで2羽のセキセイインコと暮らし
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 271日(平均6.9回/週) - 参加 2018/03/16 08:25

Oharu さんのブログ記事

  • シロアジサシの赤ちゃんイカを食べる
  • インターナショナルマーケットプレイスのバンヤンツリーにいる 生後2週間のシロアジサシの赤ちゃん。 Starと名付けられています。 今朝も元気な姿を見ることができました。 空を見つめるStarを写真で撮っていると... 親が朝ごはんを持って帰ってきました。 今日の朝ごはんはイカです。 「わーい、イカだぁ〜。いただきまーす!」 小さめで雛が食べやすい大きさの新鮮なイカ。 生きがいいねぇ。 でも柔らかい [続きを読む]
  • カピオラニ公園のカモ GoPro
  • 明日(12月9日)は、ホノルルマラソン。 ゴール地点のカピオラニ公園では、ゴールゲートが設置され、テントが立ち並び、とても賑やかです。 そんな賑やかさを横目に、 私はカピオラニ公園の池のカモをGoProで撮ってみました。 ターゲットは近くを穏やかに泳いでいる、この2羽。 餌を見せると寄ってきました。 餌はパンではなく、中型インコの餌。 カモもインコの餌を食べます。 かわいいクチバシ。吸い込まれそう [続きを読む]
  • GoPro鳥まみれ
  • 少し変わったアングルで鳥の写真が撮ってみたくなり GoProを使って鳥の写真を撮ってみました。 手始めに、自宅前のハトさん。 これこれ、見上げたアングルが撮りたかった。 迫力ある! カメラの上に乗らないでください(-_-;) カメラを上に向けると、ハトたちが上に乗ってしまい シャッターチャンスが減るので、次は横に向けました。 来ました。 このアングルもいいな〜 縞々模様のチョウショウバトも来ました [続きを読む]
  • ハワイの冬の空 野鳥観察
  • 12月に入り、ハワイの空もすっかり冬っぽくなりました。 ホノルルの最低気温は22度。 Tシャツ1枚で終日過ごせますが、空が澄んで日光が低くなるので空は冬っぽく感じます。 風が吹くと寒い時もあります。 鳥達も羽を膨らませて、時々寒そうにしています。 今朝はメキシコマシコの群れに会いました。 木の実を皆で食べていました。 オレンジ色の頭をしているのがオス。 灰〜茶の縞々模様はメス。 こっちを見ています [続きを読む]
  • メキシコ料理レストラン Chili's
  • メキシコ料理レストランChili"s。 ファミレスのように明るく広く、無難に美味しい料理が食べれるので 私はよく行きます。 カハラモールやワイケレ アウトレットモールなどにもありますが、 日本人率は比較的低いです。 日本には、日本の米軍基地内に店舗があるようです。 写真はカハラモールのChili"s。 Baby Back Ribsなどステーキ類も美味しいとのことで人気ですが 私はSanta fe [続きを読む]
  • アフリカンチューリップとメジロ
  • アフリカンチューリップとメジロを水彩で描きました。 アフリカンチューリップは大きな木ですが、チューリップのような形のお花を咲かせます。 お花に溜まった水を吸いに、色々な鳥がやってきます。 お花の下からくちばしでつつく姿がかわいくて、絵にしたくなりました。 ================ OharuArt Photography Oharuart.com  ================ 写真及 [続きを読む]
  • ソウシチョウ Ho'omaluhia植物園
  • オアフ島Ho'omaluhia植物園で見たソウシチョウを水彩で描きました。 植物園に植えられている赤いサボテンのような植物を 糸を引きながら美味しそうに食べていたソウシチョウです。 久しぶりにColdPressの水彩画用紙を使ったので 紙の上を色が走るのが楽しくて、水任せで描いてみたのですが、 ちょっと色が薄い仕上がりになってしまいました(´・_・`) ================ Oharu [続きを読む]
  • シロアジサシ ワイキキ ウォーク
  • シロアジサシ市民科学(White Tern Citizen Science)グループによる シロアジサシ ワイキキ ウォークに参加しました。 オーガナイザーはシロアジサシ市民科学のRichおじさん。 参加者は、約10人でした。 朝9時にロイヤルハワイアンセンターに集合し、 近くにあるシロアジサシの巣を皆で見て歩きました。 また、Richおじさんからシロアジサシの研究内容について話を聞くことができま [続きを読む]
  • 野鳥の巣落ち雛
  • ハワイ在住の友達の知人の話です。 駐車場で鳥の雛が落ちているのを見つけ 当初、何の鳥か分からなかったのですが、持ち帰って育てたそうです。 雛は日々成長し、文鳥と分かったそう。 しかし飛ぶことが出来ず、致命的な障害があるのかもとのことで 野生に返すことは出来なさそう。 今では、べったり懐いて、 元々鳥好きだったわけではなかったのですが、その文鳥を溺愛しているそうです。 その文鳥の写真を送ってもらいま [続きを読む]
  • バラ(水彩画)
  • 普段、お花はあまり描かないのですが、 ちょっと気が向いたので、バラを描いてみました。 シングルレイヤーで、隣り合った色を次々に円を描くようにのせていくGeorgeの描き方。 1周で1枚の絵を仕上げるのが鉄則だと思っていたのですが、 先日Georgeは3周して1枚の絵を仕上げました。 1周でなくてもよいのなら、バラを描いていっぱい回ってみよう! と思い、いっぱい回って描いた絵です。 色の調和がイマイ [続きを読む]
  • 和食レストラン ワイキキ
  • 和食を食べない期間が長くなると、無性に和食が食べたくなる時があります。 美味しい出汁の味と香りが恋しくて。。。 ワイキキで美味しい和食が食べれるレストランを見つけました。 つるとんたん。 ロイヤルハワイアンセンターの3階に今年の6月に出来ました。 うどん屋ですが、丼物やお寿司など、和食いろいろあります。 和風モダンな店内。 お昼に行った際は、お得なセットメニュー(うどんと丼物)($16)を注文しま [続きを読む]
  • ウミガメ(水彩画)
  • 以前、描いたウミガメ(水彩画)です。 ハワイにはウミガメがたくさんいます。 ワイキキの深い海を泳いでいた際に、人間くらいの大きなウミガメに会ったことがあります。全身に藻がたくさん生えていて、手についた藻をゆっくりゆっくり口で掃除していました。 この絵を描いた際、当時の水彩画の先生に参考写真について聞かれ Webで検索して見つけた写真を利用したことを伝えると 「自分で写真を撮りなさい。他の誰かが撮影 [続きを読む]
  • フムフム?ハワイ州の魚
  • ハワイ州の魚、フムフムヌクヌクアプアア。 略してフムフム。 (日本名:タスキモンガラ) ワイキキの海は、一般的な熱帯の海のイメージほど熱帯魚は多くないのですが フムフムはたくさんいます。 以前、アラモアナビーチでエビの冷凍を餌に釣りをしたら フムフムが釣れました。 現地の人は、「美味しいよ〜」と言っていましたが かわいい顔をした魚を食べる気にはならず、海に戻しました。 そんなフムフムをずーっと眺め [続きを読む]
  • 仲良し チョウショウバト
  • チョウショウバト(英名 Zebra Dove)。 ハワイではスズメ以上にたくさん見ることができます。 日本でよく見る普通のハト、カワラバトよりずっと小さいです。 目のまわりは、うっすら青い。 オレンジ色のお花が落ちた芝生の上で、 2羽仲良く餌探しをしていました。 仲の良いチョウショウバトのつがい をよくみかけます。 ================ OharuArt Photography Oha [続きを読む]
  • ヒョウモン毒チョウ
  • ホノルル コミュニティーガーデンで野鳥観察をしている時 チョウも飛んでいたので写真に撮りました。 ノニの木で食事中のチョウ。 羽がボロボロです。 鳥に追いかけられて、命からがら助かったのかなぁ(´-`*) 帰って、チョウの名前を調べてみると 『ヒョウモンドクチョウ』と分かりました。 ドクを持つチョウ? 成虫は鳥が嫌う味の成分を体内に備えているので、その名前が付いたそう。 鳥がこのチョウの羽をついば [続きを読む]
  • インコと鏡
  • セキセイインコのユキとナナ。 放鳥時、鏡の上に乗ることが多くなりました。 インコ達は高い所が好き。 鏡の上で何かを食べているよう... 滅多に掃除をしない場所だからホコリが積もっているかも... ホコリ食べないで〜(>_<) ユキは足のチカラが強いので、足で体を支えて鏡を覗きこむことも出来ます(*^‐^*) 手を出したらユキが手に降りてきました。 続いてナナも手に降りてきました。 ナナは私の手に滲 [続きを読む]
  • ルリコンゴウインコ (水彩画)
  • ルリコンゴウインコを水彩で描きました。 「重ね塗り禁止、描く順番重視」のGeorgeスタイルを無視しての試作。 Georgeはフォーカルポイント(注視点)を最初に描く重要性を何度も言っています。 私はそのルールに背いて、最初にルリコンゴウのお腹のオレンジ色を描きました。 この絵のフォーカルポイントは、ルリコンゴウインコ顔であるべきですが、お腹のオレンジ色の方が目立っています。 オレンジ色のふっくら [続きを読む]
  • サンクスギビング 七面鳥(水彩画)
  • 七面鳥を水彩で描きました。 Georgeの水彩画クラスの中で描いたもの。 この絵は下書きなしで、隣り合わせになる部分を少しずつ組み立てて仕上げる、また予期しない色の流れを楽しむというコンセプト。 Gerogeのデモンストレーションの直後に描くと、実物に即して書くという固定概念が払拭されて、抽象的にうまく描ける場合が多い。 今週の木曜(11月22日)はThanksgiving day。 家族が集まっ [続きを読む]
  • シロアジサシの親子
  • 垂れ眉毛のシロアジサシの雛ちゃん。 表情豊かに色々な顔を見せてくれました。 ↑ 細い木の枝が気になる。 ↑ かじって一人遊び 。 ↑ 楽しいな ♪ ↑ 親が邪魔に入り、一瞬ムッとする雛。 ↑ 雛「遊んでたのに、邪魔しないでよ」 ↑ 親「こんな枝で何やってるの。ちゃんと飛ぶ練習はしたの?」 ↑「ママ〜。大好き。怒らないで。ちゃんと練習するよ。」 雛が飛べる日は、いつかなぁ(#^^#) ======= [続きを読む]
  • シロアジサシの巣マップ
  • 先日、シロアジサシの雛の写真を撮りに行った際に発見した シロアジサシの巣を守る青いテープ。 よく見るとURLが書いてあったので、チェックしてみるとシロアジサシの色々な情報が掲載されていたのですが、 その中のひとつに「シロアジサシの巣マップ」が掲載されていました。 Active manu-o-Kū Nest Map 今まで時間をかけて歩き、巣を探していた私にとっては これはカンニングペーパー同然。 [続きを読む]
  • ソウシチョウ(相思鳥)水彩画
  • ソウシチョウ(相思鳥)を水彩で描きました。 Georgeのスタイルではなく、もともと自分が描いていたスタイル。 ライアン植物園で一生懸命に大きな声でさえずっていたソウシチョウ。 喉の部分がとっても膨らんでいました。 水彩画のグループで来月クリスマスパーティーがあり、 自分で描いたミニ水彩画を持ち寄って交換会するそうなので、それ用に。 ================ OharuArt Photog [続きを読む]
  • フラダンスの女性(水彩画)
  • フラダンスの女性を水彩で描きました。 Georgeの絵は、もっとおおざっぱな表現なのに繊細。 私の絵は細かい描写なのに荒っぽさが前面に出てる(~_~) 私は人物を描くのは向いていないのかなぁと凹み気味(´・ω・`) もっと練習しなければと思う毎日(・ω・) モデルは、この前の日曜日(11月11日)にWar Memorial Natatorium(ワイキキ)で行われた第一次世界大戦休戦100周年記念 [続きを読む]
  • ホノルル動物園 鳥外編
  • ダイヤモンドヘッドのふもとにあるホノルル動物園。 すぐ横にはカピオラニ公園があります。 昔、これらは国王の土地だったのですが、カラカウア王が国民に開放し公園がつくられたそうです。カラカウア王は、異国の鳥などの動物を集めるのが趣味で、その飼育場所に公園の一角を使っていたという事もあり、動物園の起源になったそうです。 ホノルル動物園は、あまりお客さんが集まらず経営難で、何度も閉鎖の危機に面しているので [続きを読む]