くるみ さん プロフィール

  •  
くるみさん: 鏡を見なくなったガラスのコブタ
ハンドル名くるみ さん
ブログタイトル鏡を見なくなったガラスのコブタ
ブログURLhttp://www.garasunokobuta.jp/
サイト紹介文自己肯定感の低いコブタのサイトです。
自由文以前、同じサイト名でFC2ブログを運営していたくるみです♪正体がバレそうになり、慌てて日記を全削除してしまったため、しばらくは同じような内容の日記になりますが、よろしかったらお付き合いくださいね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 29日(平均6.8回/週) - 参加 2018/03/16 15:35

くるみ さんのブログ記事

  • 自分が病んでるなと思った瞬間
  • ウサギやハムスターは自分がどこか痛い時でも元気なフリをするので、飼い主が病気を発見するのが遅くなると聞いたことがある。弱った姿を見せると天敵に襲われやすくなるので「元気なフリ」をするらしい。動物は自分の命を守るために必死なんだね。時々、人間にもそんな強い人がいるわよね。弱っている時ほど明るく笑顔を見せる人。私の友人がそうだった。でも色々と頑張りすぎてうつ病を発症。それでも周りの人に心配をかけたくな [続きを読む]
  • 不倫や離婚は遺伝する?
  • 元夫に離婚を切り出されてから承諾するまでに、2年近くかかったコブタの私。自分の気持ちを整理するのに時間がかかったのもあるけど、子供がいると簡単に離婚はできないのよね。養育費の問題もあるから。離婚前には養育費を7万支払うと言っていた元夫。公正証書にして取り決めしたし、これなら子供が小さくても当分頑張れそうと思って離婚した。でも実際に離婚してみると、給料が減ったと言ってきて、結局養育費は2万円になった [続きを読む]
  • 不倫について思うこと
  • 不倫中の男性や女性には大変申し訳ないけど、不倫する人の気持ちがよくわからない。それは「いい子ちゃん」だからではなく、私の母も夫に不倫され離婚することになり、女手一つで子供を育てることの大変さを間近で見てきたからだ。(まさか、私自身も夫の不倫に悩まされるとは思ってもみなかったけど)最近はその逆も多いのかな?妻が不倫して離婚になるケースも。不倫した人の話を聞くと、「淋しかったから・・・」と言う人が多い [続きを読む]
  • さよなら、夫
  • 睡眠不足の恐ろしさを皆さんにも知ってほしくて、話がだいぶ逸れてしまったわ。夫から「好きな人がいるから早く離婚して欲しい」と言われた日のお話しに戻るけど、調停で正式別居が決まってから1ヶ月もしないうちに、両想いの人ができるなんてそうそうないでしょう?今思い返せば、調停前から夫の行動が怪しいことが多かったのよね。でも、もう過ぎた話。私が一番辛かったのは、離婚して欲しいと言われたことよりも、その話を息子 [続きを読む]
  • ブタのおばちゃんでよかったら・・・。(中学生編)
  • はじめまして。ブタえもんと申します。(怒られるかな?) 神様にお願いして、君が校舎から飛び降りる前の時間に戻してもらったんだ。高いところが自分を癒してくれる気がしたんだよね。そしたら間違って落っこちちゃった?高いところへ行きたいのなら、ブタえもんのおばちゃんがタケコプターで、もっともっと高いところへ連れて行ってあげる。高い空から地上を見下ろすとね、みんながものすごくちっぽけに見えるんだ。あのいじめ [続きを読む]
  • ブタの私でよろしければ・・・。(後編)
  • 子育て中のママ編はじめまして、ママ。あなたと同じく、子育て中に無意識に命を落としそうになったブタと申します。神様にお願いして、ママがベランダから飛び降りる前の時間に戻してもらいましたよ。私の場合は皮肉なことに(笑)、夫からの電話のおかげで間違って海に飛び込まずに済んだんだけど、あなたの旦那さんは?今どこにいるの?え?会社?ふ〜ん。「月火水木金土日、24時間お勤めご苦労さん」って感じね。よく倒れないで [続きを読む]
  • ブタの私でよろしければ・・・。(前編)
  • 全国の睡眠不足の皆さま、はじめまして!ブタの私でよろしければ、分身の術を使って今すぐあなたの元へ駆けつけます!あなたがぐっすり眠れる日がくるまで、ブタの私でよろしければお手伝いさせてくださいね。まずは、あのビルから飛び降りた上司のところへ行ってきます!ニン!ニン! 会社の上司編はじめまして、上司さん。神様にお願いして、あなたがビルから飛び降りる前の時間に戻してもらいましたよ。世の中には部下に色々と [続きを読む]
  • 睡眠不足を甘く見てはいけないと思う理由
  • 睡眠不足の恐ろしさを、身をもって知ったコブタの私。夫が心の底から心配していたかどうかは別として(笑)、私のことが少しでも気になり電話をくれたから、誤って海に身を投げずに済んだのだと思う。しかし世の中には、深刻な睡眠不足に陥っていても誰にも気づいてもらえない人もいる。そりゃそうだ。本人すら気付いていないのだから。高い場所からみる景色を、フカフカの布団と勘違いしたり、頭がぼーっとしていて、信号が赤になっ [続きを読む]
  • 睡眠不足の恐怖(後編)
  • ただ海が見たくてここに来た私。気付いたら、誰かにちょこっと背中を押されたら、確実に海に落ちるところに立っていた。飛び降りたくて仕方がなかった。 でも「死んでやろう」と思ってここに来たわけではないので、携帯に電話がきたら普通に出る。 夫からだった。「今どこにいるの?」と聞かれたので場所を言うと、何を思ったのか慌てた様子で「俺のネクタイと黒い靴下知らない?」とか、「冷蔵庫のプリン食っていい?」などと聞 [続きを読む]
  • 睡眠不足の恐怖(前編)
  • あ〜あ。夫がもっと早く「好きな人がいる」と告白してくれていれば、調停中の私の言動も変わっていただろうに・・・。あの頃の私は、家族がバラバラになるのが辛くて、私が一人ですべてを頑張れば、きっと夫は離婚を考え直してくれると思っていた。そんな私を見ていて夫も辛かったのか、別居中に突然帰ってきて「保育料出すから、息子を一時保育に預けて、くるみはゆっくり休みな」と言ってくれた日もあった。お言葉に甘えて、一日 [続きを読む]
  • やり直すのは調停員次第?
  • 離婚調停の手続きをしたのはもちろん夫。私がなかなか離婚してくれないので、次へ進みたくてそうしたのだとか。それなのに、「調停員が俺に考え直せと言ったら、くるみとやり直すよ」とも言ってきた。何だか色々矛盾している気はしたけど嬉しかった。この頃の私は、過食嘔吐の影響で体重が徐々に減りブタからコブタに変わっていた。でもただの栄養不足が原因での減量だったので、髪の毛は抜け、肌はボロボロだった。(過食嘔吐は絶 [続きを読む]
  • 離婚調停の書類が届く
  • 裁判所からの封筒は、実はもう一通あった。夫宛てだった。家庭裁判所とはいえ、「裁判所」という文字を見ると、なんだか自分が犯罪者になったような気持ちになる。でも夫の分もあったので、夫も犯罪者だ。フフッ。こんな封筒、生まれて初めて受け取ったので、最初はこれが何なのか全く分からなかった。 とりあえず自分の分を開けてみると、離婚調停についての書類が入っていた。もちろん夫宛てのも同じ書類。夫は別居中ということ [続きを読む]
  • 私を温かく抱きしめてくれた暖房便座
  • 息子の高熱を心配して帰ってきてくれた夫。私には相変わらず冷たかったけど、この日は家族3人が揃った幸せな時間だった。何とか離婚を避けたくても、相手あっての結婚。ひとりで頑張ったところで夫の気持ちは戻ってこない。淋しさも重なって、また過食嘔吐。自分自身の睡眠不足が深刻なのは分かっていたけど、やっぱり子育ては待ってくれない。でも甘いものをたくさん食べてさえいれば不思議と眠気も吹っ飛んだ。息子が起きている [続きを読む]
  • こんな時くらい「ブタ」にも優しくしてくれ
  • こうして「ブタ」に任命された私。どれだけ夫に冷たくされてもどうしても離婚したくなくて、今、目の前にいる息子を明るく笑顔で一生懸命育てていれば、きっと夫は考え直してくれると思い、辛い時が過ぎるのをひたすら待った。でも心は正直。息子の前で笑顔を見せよう思ってもどうしても涙があふれてくる。夜も考え事ばかりで、ただでさえ睡眠不足だと言うのに、ますます眠れなくなっていった。でも子育ては待ってくれない。決して [続きを読む]
  • 離婚したい夫 vs 離婚したくない妻
  • 別居中の夫が久しぶりに家に帰ってきた。そしていきなり「さっさと離婚してくれ」と言ってくる。「帰ってきたら普通は『ただいま』でしょうが!!」と、心の中でツッコミを入れた。仲が良かったころはボケとツッコミで楽しい会話ができていたけど、もうそんな雰囲気ではない夫。静かに座布団に座り、どうしても離婚したい理由をプレゼンしはじめた。どこかの企業の代表者かと思ったほど、実に素晴らしいプレゼンだった。「株式会社 [続きを読む]
  • ごめんなさい、アンパンマン。ごめんなさい、息子。
  • 夫は格安の賃貸アパートを契約し、そこで寝泊まりするようになった。この頃の私は、夫が両想いの女性と連絡を取り合っているとは知らなかったので、仕事で忙しい夫に一人の時間をたっぷり与えたら離婚を考え直してくれるかもと軽く考えていた。でも夫は、別居期間が長ければ離婚理由の一つとして法的に認めてもらえると考えていただけで、離婚を考え直してくれるどころか、大好きな彼女と一緒になる計画を立てていただけだった。夫 [続きを読む]
  • 離婚したいと言われる
  • 色んなことが重なって過食嘔吐を始めた私。睡眠不足の辛さも、育児のイライラも、夫の冷たい態度も、食べている間はすべてを忘れることができた。特に甘い食べ物は私の精神安定剤となり、どんどん手放せなくなっていった。以前の日記にも書いたけど、我が家は夫から必要なだけ生活費をいただくシステム。でも決してケチな夫ではなく、私へのお小遣いも毎月くれた。そのお小遣いを、過食嘔吐用のお菓子代にしていたことを夫は知らな [続きを読む]
  • 孤独と闘うブタ
  • こうして夫の心はどんどん私から離れて行った。でも今思い返すと、息子が生まれてすぐからその前兆はあった。慣れない育児で、抱っこは下手だし母乳をあげる姿も人に見せられないほどひどい私。髪は一本結びで色気はゼロ。おまけに産後10キロも太ってしまった。夫からすると、子豚におっぱいをあげている母豚にしか見えなかったのだろう。夫がボソッと「うちにブタがいる」と言ったことがあった。 一瞬自分の耳を疑ったけど、「 [続きを読む]
  • 夫に振り向いてもらいたいブタ
  • 赤ちゃんが産まれると様々な行事がある。普通だったら、家族全員揃ってお祝いするものだ。でも我が家は家族がうまく機能していなかったため、お祝い事はだいたい私と息子二人だけになることが多かった。 夫は「お祝い事に参加できなくてごめん」と気にしてはいた。当時は仕事で帰りが遅くなると説明していた夫。でも本音は、息子を祝う気持ちよりも、薄汚いブタが待つ家に帰りたくないという気持ちの方が大きかったのだ。そんなこ [続きを読む]
  • 子を虐待する親の気持ちが分かった瞬間
  • 夫は、こんな小汚いコブタを何とか愛そうと、息子を一時預かりの保育園に預けて、二人でどこかへ遊びに行こうと提案してくれた。もちろんその誘いは嬉しかったけど、この時の私は遊びに行くことより睡眠を優先したくて、「もう少し睡眠不足が解消されるまで待ってほしい」とお願いした。すると夫は「子供をすぐに実家に預けられるような人と結婚すればよかった。」と言って来た。夫は夫婦二人の時間がもっと欲しかったそうだ。確か [続きを読む]
  • 睡眠不足がピークに達するとどうなる?
  • 息子の夜泣きはますますひどくなるばかりだったけど、小児科では「赤ちゃんは泣くのが仕事」と言われたし、とりあえず息子に異常があるわけではないんだとホッとしていた。しかし、私自身の睡眠不足はピークに達していて、今までは甘いお菓子を食べることで目を覚ましていたけど、それも間に合わないほどの睡魔が襲って来た。ある日どうしようもなく眠くて頭痛もひどかったので、お風呂に入る時間を睡眠時間にあてた。夫はシャワー [続きを読む]
  • 産後太りに悩まされる日々
  • 産後は痩せると聞いていたけど、私は一向にその気配がなかった。食事の量も変わらないのに、むくみもどんどんひどくなっていった。夫は「今は気にしなくていいんじゃない?」と言ってくれたけど、それにしてもあまりにも太り過ぎだと思った。 まだまだ母乳をあげなくてはいけない時期だったし、あまりカロリー制限するのもよくないと思い、とりあえずは栄養をきちんととることに専念した。慣れない育児に疲れ果てる毎日。息子の夜 [続きを読む]
  • 出産
  • 結婚式に向けてダイエットを頑張り、マイナス5キロの減量に成功した私。でも私が実施したダイエット法は、すぐにおなかが空き、空腹に耐えなきゃいけない時間が長すぎて、ものすごくストレスになることに気付いた。また、リバウンドする可能性も高い。もちろん成功している人もいるんだろうけど、私には向いていなかった。栄養不足だったせいか、結婚式が終わってから急に体重が増え始めた。同じ食事量なのに、なぜ太るんだろうと [続きを読む]
  • 結婚
  • 二度と浮気をしないと誓った夫。この時の私は、「浮気は『許す』ものでも『二度としないように誓わせる』ものでもない」ということに気付いていなかったので、夫が反省していると思い込み、別れの道は選ばなかった。前回も書いたけど、夫は女友達がとにかく多い。もちろん友達は大事だ。でも深夜まで女性と二人きりで飲み歩くのは、やっぱり腑に落ちない。浮気を本当に反省しているのなら、普通はそんなことはしないんじゃないだろ [続きを読む]
  • 浮気癖は直らない?(後半)
  • 二度と浮気をしないで欲しかったので、夫が言う通りスレンダーな女性になろうと、ダイエットを頑張った私。でも短期間で痩せたもんだから、栄養不足でリバウンドするのも早かったわ。それでも夫は今までの私の努力を認めてくれて、「無理しなくても今のままでいいよ」と言ってくれた。あんなに「スレンダーな女性がいい」って言っていたのに。でも、私たちに平和は訪れなかった。「俺はもう二度と浮気はしない!」と言いながらも、 [続きを読む]