巻山紗依 さん プロフィール

  •  
巻山紗依さん: 笑える〜こわい話
ハンドル名巻山紗依 さん
ブログタイトル笑える〜こわい話
ブログURLhttps://wara-kowa.com/
サイト紹介文3歳で臨死体験をしたら霊感がついて子ども時代からさまざまな場面で体験したおもしろ不思議体験を公開中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 155日(平均7.5回/週) - 参加 2018/03/16 19:05

巻山紗依 さんのブログ記事

  • 天然義母!
  • 天然酵母じゃないよ(笑)20代のころのお話。当時の夫と息子の3人で夫の実家へ遊びに行った。「こんにちは!」玄関で待っていたら、いつもは義母のはずなのに義父が出迎えた。――あれ? おとうさん? おかあさんは留守なの? 変だなあ。居間に入っていくと、息子がチョロチョロして、ちがう部屋に入ってしまった。その瞬間!「うわあああ〜ん!」息子が泣き叫んでる!――ん? なに?慌てて、その部屋に駆けこむと??、― [続きを読む]
  • 海で
  • 夏なので海で思い出したお話。お盆過ぎたから海水浴にはもう行かないか〜。初めて海に行って泳いだのが高校生のころ。中学生時代は新体操部だったから、日焼け禁止で海は行けなかったのね。子どものころは病気がちで、プール学習さえも見学だったし。やっと高校生になって、海デビュー!そんなに暑くない日で、砂浜にも人が少なかった。なぜなら、くもり空でポツポツ雨が降っていた。でも、北海道の夏は短い!「今、泳がずに、いつ [続きを読む]
  • 第3巻、本日出版!
  • 本日2018年8月15日(水)、第3巻が出版!笑える〜こわい話 第3巻: 両極端な結末 するとアマゾンの購入画面が表示されます。本にはブログでは書けない不思議体験や真実を書いています。内容説明待望の第3巻!霊感があるとは知らずに毎日を過ごしていた私は、祖母が他界し守護霊となってから人生が激変する。前回に続き、今回は祖母が起こした奇跡の恋愛編。巻末付録には、守ってくれた守護霊に感謝する方法を詳し [続きを読む]
  • お盆のため
  • 本日、お盆のため、ブログはお休み〜てかっ、書いてるじゃん(笑)お盆はやっぱり、あの世から来客多いです。昨晩、あの世からの来客で体調を崩しました(笑)次々に私の体を使用しようとしたり、中には「おれだ!おれだ!」と、主張のあまりうざかったり……。お祓いをしたのですが、次々とやってきます。本当にこの時期は心も体もあの世の来客で忙しいです。ちなみに、昨夜は今年亡くなって今回初盆の伯母が来ました。伯母が亡く [続きを読む]
  • グルメではないけれど
  • もうみなさんは食べられましたでしょうか???まるか食品『ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX』!といっても、北海道では『ペヤング』自体があまり馴染みがありません??。北海道民は子どものころから、東洋水産『マルちゃんやきそば弁当』か、エスビー食品『ホンコンやきそば』が定番です! 『やきそば弁当』には中華スープが付いてくるので超お得!「『ホンコンやきそば』なんか知らないよ!」と思う道民は検索 [続きを読む]
  • 近所で話題のラーメン!
  • 近所で話題のラーメンがあると知り、今日(日付変わって昨日)のお昼に食べに行ってきました。ジャジャーン! その名も『冷た〜い鶏そばレモン』!冷たいけど、冷やし中華とはちがって、スープも麺も冷たい!そして! このスライスレモンのインパクト!見づらいけれど、チャーシューは2枚盛られていて、1枚は鶏チャーシューというこだわり!鶏の出汁が利いていて、思ったより酸っぱくなく、超ウマい!私、冷やし中華よりこっち [続きを読む]
  • お題「笑こわ本第3巻」対談
  • 今回は、著者の巻山紗依と、編集に携わった舎人(とねり)の第3巻についての対談を掲載いたします。 紗依 第3巻はラブストーリーを中心に書いたけど、人のラブストーリーは見たくないよね……。どう思った? 舎人 まず最初は初恋の自転車二人乗りのシーンは胸キュンだね。その次に、本命の彼へチョコを渡すための、地下街を突っ [続きを読む]
  • お題「笑こわ本第2巻」対談
  • 今回は、著者の巻山紗依と、編集に携わった舎人(とねり)の第2巻についての対談を掲載いたします。 紗依 舎人の印象に残っているところはどこ? 舎人 ダントツで「闇夜の生徒」! 最高に大好き! そこだけで映画になるくらい。 紗依 第2巻を読んだ人から、ちょっと感想を [続きを読む]
  • お題「笑こわ本第1巻」対談
  • 今回は、著者の巻山紗依と、編集に携わった舎人(とねり)の第1巻についての対談を掲載いたします。 舎人 初めて作ってたいへんだったよね。写真がデカすぎたし。 紗依 何回も何回も校正して、何度も何度も読み直したから、暗記しちゃうくらい読んだよ。 舎人 読み直すの飽き [続きを読む]
  • 座る?
  • 2011年3月、出雲大社へ行った時のお話。その年、約1か月かけて舎人(とねり)と仕事で全国ツアーをし、その途中で出雲大社に寄った。参拝時、舎人に神様からのお告げを聞いてもらう。「私は、これからどうしたらいいですか?」舎人が集中!(チャネリング)「紗依は『腹が座ってるからそのままでいい』らしいよ」「へぇ〜、そうなんだ! じゃ、舎人は?」同じことを舎人も聞いてみた。「舎人は??『首が座ってるから』だって! [続きを読む]
  • 原爆ドーム
  • 今日は終戦記念日。高校の修学旅行で、奈良、京都、そして広島に行った。広島には新幹線で移動し、原爆ドームと資料館だけを見学して戻るというハードスケジュールだった。平和記念公園に着いて、原爆ドームを見て、平和記念資料館に入ると……。――ゲッ? なんのにおい?焦げ臭いと感じた。資料館を回っていくうちに……。――あれ? なんだろ、この感覚……。体が熱くなってきた。遺品を見ていくうちに……。――どんどん悲し [続きを読む]
  • 抹茶練乳かき氷
  • 北海道では珍しく7月25日から9日間も真夏日が続いたとのこと。北海道人にとっての30度前後は熱中症になるほど暑いので、近年ちらほらとオープンし始めたかき氷専門店に行ってみた。マザーリッチ( Mother Rich )というお店。かき氷専門店がほとんどない北海道では珍しく、台湾かき氷のようにふわふわらしい。シロップは三温糖や甜菜糖を使うほど、こだわっているそうで、和風の『抹茶練乳』に挑戦!店内は満席で、外に行列 [続きを読む]
  • FAX
  • 5年くらい前のお話。昼間にだれもいない実家へ行った。仏壇にお供え物をして、「ナム、ナム??」とすると、〈うぃっすぅ〜〉と亡き父が現れた。「最近、忙しい?」私は見える霊感だが、舎人(とねり)とはちがって聞こえないので、父は首を縦に振って答えた。舎人は逆に見えず、聞こえる霊感である。それから、父となにか話すわけでもなく、〈じゃ!〉と手を振って消えてしまった。――なんだ? なんの用だったんだろ?そこへ電 [続きを読む]
  • トムとジェリー?
  • 5年以上前のお話。舎人(とねり)が冷蔵庫を開けて、「なにかないかな〜」と探していると、なにか見つけて、「このトムとジェリー飲んでいい?」と聞いてきた。――なに言ってんじゃ? トムとジェリーってなに?舎人が持ってきたものは『トマトジュース』!「それ、トムとジェリーじゃないよ」私が言うと、舎人は大笑い!本人はトマトジュースと言っているつもりだったらしい??。 ↓そうきたか、と思ったら 1発ずつお [続きを読む]
  • 霊界アンテナ
  • 怖い話が苦手な方はスルーしてね。10年以上前のお話。いつもとはちがう道をなんとなく通ろうとしたとき、行きかけて足が止まったのね。――あれ? なんだ? なんか、いやな感じがする。なんとなく思っただけだったけれど、それからその道を避けるようになった。しばらくして、たまたま、その道を通ることになった。――なんか、いやな感じがする??。なんだろ?ふと見た3階建てのアパートの1階の角の部屋がとても気になった [続きを読む]
  • 気、使っちゃう
  • 8年くらい前のお話。久々に姉とランチに出かけたら、ランチ中に姉が、「これ、あげるわ!」と箱に入ったものをくれた。開けてみると、カラーリンスだった。この数日前に、そろそろ美容室に行かなければと思っていたので、とても驚いた。――(当時としては)すごい引き寄せ早くなったわ〜。なんて感動していた。それで美容室の体験を思い出して、姉に教えてあげた。私は美容室でめっちゃ気を使う!なんでかというと、おもろい話を [続きを読む]
  • 第3巻が届きました
  • 発売日は8月15日(水)ですが、著者は先に仕入ができますので、審査がとおり次第、発注したところ、おととい届きました。ご来店日時をご連絡くだされば、サロンで購入することが可能です。お気軽にお問い合わせください。 ↓読んでみたいな、と思ったら 1発ずつお願い!  [続きを読む]
  • スイカ
  • 5年前よりもうちょっと前のお話。その日は天気がよかったので、近所の八百屋に行ってみた。店の前の外にまでたくさんの野菜が並べられていた。――おおお、すげ〜たくさんあるじゃん!ほかの客に交じって、野菜を物色していると、知らないおじいさんに声をかけられた。「あ、あの??」――ん? 私? なに?「あの??このスイカ、中は赤ですかな? 黄色ですかな?」――はあ? 私に聞いてんの? 困った??。スイカの棚にも [続きを読む]
  • イエス姉妹ノー
  • 5年くらい前のお話。天気がよかったので、なにかおもしろいことないかなと探検していたところ、「スミマセン??」と声をかけられた。――えっ? わたし?声の方向を見ると、若い女性ふたりが立っている。――道、聞かれるのか?「あの??、今、お時間いいですか?」「え? ええ??」よく見ると、その女性ふたりには名札がついていた。[○○姉妹]??、叶姉妹ではなかった。――普通の姉妹なんだ。あれ? 苗字ちがうし?? [続きを読む]
  • 白いスカイライン
  • 怖い話なので、苦手な方はスルーしてね。北海道の支笏湖(しこつこ)のお話。支笏湖は自殺の名所でも有名で、身を投げると死体が上がってこないらしい。20代のころ、当時の彼氏とドライブに行った。助手席に座っている私は、ほとんど対向車がないけれど、なにげなく対向車を見ていた。すると、1台、白い車がすれちがい、気になった。また1台、白い車がすれちがった。同じ車に思えたので、次は車種を確認しようとじっくり見る。 [続きを読む]
  • 美味しくて有名なラーメン屋の隣
  • 20代のころのお話。ある町のラーメン屋が美味しくて有名だと聞いたので、家族といっしょに車で1時間ほどかけて行ってみた。「うわあああ〜」着いた時点ですごい行列〜。外までかなり並んでる〜。――待つの、いやだな〜。って思いながら、せっかく来たんだし仕方なく並んだ。しばらくすると、――あれ? ここって??。隣にもラーメン屋があるのねぇ〜。中を覗くとガラガラ〜。――やっぱり、隣はダメかなぁ〜。なんて思ってた [続きを読む]
  • 花火の歌が流行っているので
  • 花火の歌が流行っているので、思い出した20代のころのお話。夏が終わり、少し肌寒くなってきた時期(北海道では9月ころ)に、片づけをしていたら、ふと花火に目が留まる。夏にしようと思っていて忘れていた花火セットだ。――来年はできるかな〜? しけっちゃうかな〜?なんて思いながら見ていると??、「あっ! 花火だ!!」幼稚園生の息子が近づいてきた!――あちゃ〜、めっかっちゃったぁ〜。慌てて隠したものの、もう遅 [続きを読む]
  • 第3巻出版決定!
  • 2018年8月15日(水)に、第3巻が出版されます!笑える〜こわい話 第3巻: 両極端な結末 するとアマゾンの購入画面が表示されます。まだ発売日前ですので、予約できます。購入すると、発売日に届くそうです。本にはブログでは書けない不思議体験や真実を書いています。内容説明待望の第3巻!霊感があるとは知らずに毎日を過ごしていた私は、祖母が他界し守護霊となってから人生が激変する。前回に続き、今回は祖母 [続きを読む]