heidima さん プロフィール

  •  
heidimaさん: アルプスから高尾山
ハンドル名heidima さん
ブログタイトルアルプスから高尾山
ブログURLhttp://alpestakao.hatenablog.com/
サイト紹介文スイス人と結婚し移住。帰国して初めて気づいた両国の良いところ面倒なところをエピソードを交えご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 190日(平均4.4回/週) - 参加 2018/03/16 21:20

heidima さんのブログ記事

  • 【バイリンガル子育て】なかなか攻めてるフランス語の絵本
  • 私がハーフの子供を連れているとよく聞かれることがある。それは「家では何語で話しているのか」ということ。 国際家族の言語事情 私:母国語は日本語。子供たちに日本語で話し、主人にはブロークンなフランス語で話す。主人:母国語はフランス語。子供たちにも私にもフランス語で話す。日本語も結構話せると思っていたが、先日「やたら」の意味を聞かれて知らなかったことに驚いた。長男:母国語は日本語とフランス語のバイ [続きを読む]
  • 欲求不満か愛情不足?爪を噛み始めた我が子に焦る
  • 久々になってしまったブログの更新。その理由はいろいろある。当たり前のことかもしれないが、長男が夏休みでずっと家にいるようになってから自分の時間を持つのが難しくなった。その後バタバタしながら実家に帰省。そして更新が滞った最大の理由。それは息子が爪を噛み始めたこと。 爪を噛む子の心理 何を隠そう、この私も小さいころに爪を噛む癖があった。そして私がハイティーンになったころ、私の母が急に私に打ち明けた [続きを読む]
  • 記憶力との戦い
  • そろそろ再就職したいと目論み、コソコソと応募書類を作成してたり送付したりしている私には心配事がある。それは30代の女性が白髪の増加と共に直面する恐怖。 MO・NO・WA・SU・RE = 物忘れ 30代も半ばになると記憶力低下の言い訳がありすぎる。妊娠 出産 加齢 育児ストレスもう妊娠中から「自分はこの先の人生やっていけるのか」と不安に感じた。日本人女性の平均寿命を考えると、この先約50年ある。30代の今の [続きを読む]
  • 欧米ではイクメンが当たり前?
  • 先日、私の旦那のイクメンっぷりを紹介した。www.heidima-blog.comこれを読むと、「欧米人は日本人に比べてイクメンが多いのかな」という印象を受ける人がいるかもしれない。結論からいうと、私の印象ではおそらく皆様のご察しの通り。「日本よりは多いが、そうでない人ももちろんいる」スイスにおけるその理由を考えてみた。 日本よりイクメンが多い理由 男性の残業が日本よりはるかに少ない日本に帰国して驚いたのが、女友 [続きを読む]
  • 嫌われる『イクメン』と、我が家のイクメン
  • イクメンフォトプロジェクトというのがあるらしい。IKUMEN PHOTOS|育児を楽しむ|育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクトツイッターでハッシュタグを付けてイクメンの瞬間を投稿することで参加できるコンクールのようだが、これに対する批判的なツイートが多くて驚いた。 『イクメン』という呼び名を嫌う人々 まずやたら目につくのは「『イクメン』っていう言葉が嫌い」という一文。嫌いな理由として [続きを読む]
  • 男児の親になって学んだこと
  • 3年半前に男児の親になった。私はスイスで妊娠・出産をしたため、日本に住む母親からわざわざ『はじめての男の子育児』という育児本まで送ってもらって勉強した。月齢ごとに子供が何を食べ、どんなものに興味を持ち、どんな遊びをしてあげるのがよいか細かく説明してある。初めて親になる人間にとってはとても有難い。子育てをしていると毎日のように気づきがある。思うように行かないことがたくさんある。このやり方は間違ってい [続きを読む]
  • 知らなかった! 実はスイス人が発明したもの
  • 欧州で大国に囲まれた小さな国スイス。私の第二の故郷になってしまった国スイス。若い頃から海外への憧れはあったけれどまさかヨーロッパのアルプスのイメージしかない国に住むとは思っていなかった。今日はそんな山好き以外の日本人に馴染みの薄いスイスの株を上げるべく(←余計なお世話)、日本人の我々も慣れ親しんでいるアレやコレが実はスイス人による発明だったよ!というものをご紹介したい。 その前にスイスってどんな [続きを読む]
  • 私が3歳の息子に「もうムリだぁ〜」なワケ
  • 先日、3歳児の長男がある日突然「もうムリだぁ〜」と言い出したという話をした。www.heidima-blog.comそんなことをブログに書いてからまだ2週間と経っていないのにまた“もう無理”なシチュエーションが2回もあった。うちの長男 a.k.a ミスター・あまのじゃくの事件簿。 1. アイスが食べたい事件 ショッピングモールに買い物に行った。長男はショッピングモールのキッズスペースで遊ぶのは大好きだが買い物に付き合わされる [続きを読む]
  • 日本人のテレパシー
  • 日本に帰国してからというもの他人と接することにやたら緊張するのだが、その原因のひとつがどうも日本人特有の「本音と建前」にある気がしてならない。数年前に観たドイツのテレビ番組で「日本人はテレパシーが使える」と言っている人がいた。何のこっちゃと思う人もいるかもしれないが、今日はそのことに関して私が経験したことを記録しておこうと思う。 1.母親とのテレパシー 最近実際に田舎に住む私と母が電話で交わし [続きを読む]
  • 新しい家族
  • 先日パソコンが我が家の1歳児が起こした床下浸水被害を受けて息絶えたので、いよいよ新しいのを購入しようと意気込んでビックカメラに見に行った。見に行ったと言っても実際には私の100倍くらいパソコンに詳しいと思われる旦那にお任せ。飽きて隙あらば店内を逃げ回る長男を追いかけながらやっとパソコンを選び注文用紙に記入を済ませ、一息ついたところで旦那が店内に山積みされている商品パッケージを見つけた。「これ欲しい」お [続きを読む]
  • マザーズハローワークで大いに励まされた
  • 皆さんは『マザーズハローワーク』というものがあるのをご存知だろうか。これは子育てをしながら働きたいと願うマザー、つまり母親のためのハローワークであるらしい。ホーム | マザーズハローワーク東京 それでも朝は来る 一昨日、久しぶりの面接に勢いだけで挑んで見事にその場で玉砕した私はべっこり凹んでいた。7年ぶりに日本で仕事の面接を受けたら落ちた - アルプスから高尾山でも次男の保育園の入園日も決定した今、 [続きを読む]
  • 7年ぶりに日本で仕事の面接を受けたら落ちた
  • 再就職したいなぁとある日突然思い立ってから数週間が過ぎた。次男の保育園も認可ではないがなんとか入園できることが決まり、あとは私が仕事を見つけるのみとなった。長男の幼稚園の延長保育が難しい関係でフルタイムで働くことは難しそうだが、週3日くらいのパートから始めたいところ。 応募 数日前からインターネットで転職サイトに登録してみたりしながら求人情報を探してみるが、オフィスワークのパートの求人はそんな [続きを読む]
  • 池袋ウエストゲートで遊んできた パークも行った
  • 家族で池袋に行ってみることにした。毎度週末になるともう一週間たったのかよとビックリしてから「どこか行く?」「何かする?」と流れで旦那に聞いてみる。彼は「池袋の水族館に行こう」と言った。サンシャイン水族館、10年ぶりくらいなんじゃなかろうか。てか最後に池袋に行ったのはいつだったろう。7、8年は行っていない気がする。 池袋と言ったらラーメン ウエストゲート(って言いたかっただけで東口)を通り抜け、着 [続きを読む]
  • 「最近ママちょっと疲れ気味だわ」 「なんで?」
  • 私には3歳と1歳の息子たちがいるが、近頃やっつけられてきた。特に長男から。彼は話をするのが大好きで、寝ているときと電車の動画を見ているとき以外はほとんどずっと話している。トイレに入ってもドアを開けたまま私たちに向かって話しながら用をたす。 この時期が来た そして始まってしまった。「なんで?」何を言っても私の言い分を聞いているのかいないのか、とりあえず「なんで?」と返してくる。一生懸命説明するも [続きを読む]
  • 幼稚園の参観日が期待以上に見どころ満載だった
  • 初めて子供の通う幼稚園を参観した。もちろん育メンスイス人旦那も行く気満々だったので家族みんなで乗り込んだ。うちの子の通う幼稚園は、指定された期間内であれば都合のいい日に好きな時間帯で幼稚園にお邪魔できるという自由な参観スタイル。我が子は内弁慶の気があるため、親と離れた状態の彼がどんな様子なのかを観察することには興味があった。あまり他の子と遊ばないのではないだろうか。きっと先生にベッタリだろう。そん [続きを読む]
  • インド人を見たら日本人が全員心配性に見えた
  • 私はインドに行ったことがないがよく聞く評判は、『ハマる人はドハマり、そうでない人は二度と行かない』というもの。これには衛生事情なども大いに関わっていると思うが、先日インド人と日本人の気質の違いを垣間見る機会があり、これも合う人とそうでない人がいそうだなと思った。 車内がインド 土曜日の夕方、私達は高尾行きの中央線に乗った。席はほぼ埋まっているが立っている人はまばら。そして一瞬、あれ、うちら乗っ [続きを読む]
  • 国際結婚と災害 そして家族
  • 日本人が外国人と結婚すると、多くの場合、自分か相手、もしくはその両方が自分の親や兄弟たちと離れた生活を余儀なくされることになる。親に反対されて駆け落ちするなら話は別だが、そうでなければ結婚する前によく考えて家族と話し合っておきたいところだ。 自然災害のニュース 昨日の朝、大阪で最大震度6弱の地震が起きた。被災地以外に住む人間がこのような災害のニュースを知ると何を考えるか。まずは家族や友達が近く [続きを読む]
  • 私がブログを始めたことにより得た副産物 
  • ブログを始めて早3ヶ月が経った。3日坊主になるのではと心配していたが、今やめたとしても3ヶ月坊主だ。やったぞ。これはひとえに読んでくれる方がいるおかげ。みなさん、本当にありがとうございます。ブログを始めて良かったことの中の1つが社会に関することや日本で流行っていることについて知る機会が増えたこと。そして自分の世間知らずっぷりを自覚した。 帰国後の生活 私が日本に帰国したのは2017年の秋。5年 [続きを読む]
  • 大人のポテトサラダとフランス語
  • 私はポテトサラダが好きだ。サラダなのに食べごたえがあって高カロリーなところが好きだ。基本のポテトサラダは玉ねぎ、きゅうり、人参、ハムなどが使われることが多く、それはそれでとても美味しいのだが、たまにはちょっと大人風にアレンジしてみるのも悪くない。今日は私が先日作った2種類のポテトサラダを食材のフランス語と共にご紹介したい。ちなみに私の料理はいつも目分量なのでポテトサラダを知っている人、作ったことが [続きを読む]
  • 梅雨入りしたのでTOEICの勉強を始めようとしたら痒くなってきた
  • 梅雨ってあったな 2日前に関東の梅雨入りが発表された。ヨーロッパにも四季はあるが梅雨はなく、私はその存在をすっかり忘れていた。こんな歳になっても天気に気分を左右されやすい乙女な私。昔から雨が続く梅雨の季節は憂鬱だった。雨が降るからといって家にいることを強いられるわけではないのだが、外に出るのは濡れたりムレたり面倒くさいので家にいたほうがラク。さて、長男が幼稚園にいる時間帯を家にいながら有効に [続きを読む]
  • 梅雨入りしたのでTOEICの勉強を始めようとしたら痒くなってきた
  • 梅雨ってあったな 2日前に関東の梅雨入りが発表された。ヨーロッパにも四季はあるが梅雨はなく、私はその存在をすっかり忘れていた。こんな歳になっても天気に気分を左右されやすい乙女な私。昔から雨が続く梅雨の季節は憂鬱だった。雨が降るからといって家にいることを強いられるわけではないのだが、外に出るのは濡れたりムレたり面倒くさいので家にいたほうがラク。さて、長男が幼稚園にいる時間帯を家にいながら有効に [続きを読む]