kana さん プロフィール

  •  
kanaさん: 発達障害当事者でも、シンプルに暮らす。
ハンドル名kana さん
ブログタイトル発達障害当事者でも、シンプルに暮らす。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/xonaaox/
サイト紹介文大人の発達障害でお悩みの皆さまが、生活の中で暮らしやすくなるヒントを中心に執筆しています。
自由文20代後半 うつ病・発達障害当事者。幼少期から対人関係で悩むことが多く、結婚後、家事の段取りや、やり方がうまくいかず悩んでいたところ、2017年に発達障がいの診断を受け、精神障がい者手帳3級を保持している。

このブログは、「発達障害で悩む当事者」のために、発達障害の自分が見出した、少しでもラクに生きるコツを、主に家事をフォーカスを当てて発信しています*
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 232日(平均5.2回/週) - 参加 2018/03/16 22:27

kana さんのブログ記事

  • 発達障害当事者が段取りよく結婚式の招待状準備を行うコツ②
  • こんばんは、kana と申します。結婚式で最初のおもてなし、招待状の発送準備について執筆しています。合わせて読みたい!発達障害当事者が段取りよく結婚式の招待状準備を行うコツ①結婚式招待状の段取り前回も書きましたが、招待状セットが届いてからの作業のながれは下記のような感じ。①検品②表紙と中紙のセッティング③封筒のあて名書き④封入作業⑤発送①検品全てのアイテムが発注した数通りに入っているか、確認しましょう [続きを読む]
  • 発達障害当事者が段取りよく結婚式の招待状準備を行うコツ①
  • こんばんは、kana と申します。結婚式の招待状準備結婚式の打ち合わせもはじまり、いよいよ本格的な準備に入っていきます。まず最初に必要なのが「招待状」です。「おもてなしは招待状からからはじまる」といっても過言ではない、重要な招待状。しかし、招待状を郵送するのにも、ADHDの特徴が出てしまう恐れがあるのです・・・合わせて読みたい!こだわり×自分の特性 〜発達障害当事者のプレ花嫁ライフ〜沢山のデザインから1つに [続きを読む]
  • 大人の発達障害が抱える「先延ばし癖」とは?
  • こんばんは、kanaと申します。大人の発達障害の悩み・・・の1つとして挙げられる「先延ばし癖」。  当事者さま 先延ばし癖を改善したい 当事者さま でも、なかなか行動が起こせないというように、私たち発達障害当事者にとって、深刻すぎる問題とも言えます。更に、先延ばし癖から物事の継続ができなかったり、仕事の期限に間に合わないことも出てくることも有るかと思います。なぜ先延ばし癖 [続きを読む]
  • 発達障害当事者が洗濯機を攻略するコツとは?
  • こんばんは、kanaと申します。洗濯物、問題なくできてますか?家事の一環として行う人も多い洗濯物。発達障害当事者さまのみなさんは、段取りよくできていますか?  当事者さま そもそも、洗濯機の使い方が分からない 当事者さま どの洗剤を使えばいいか分からない  当事者さま 乾いた洗濯物の整理が上手にできない 色々な悩みをお持ちのようですね。今回は、当事者の洗 [続きを読む]
  • 発達障害当事者にとっておすすめの入浴剤とは?
  • こんばんは、kanaと申します。入浴剤で、発達障害の特徴に影響が!?  当事者さま 皆さんは、お風呂に入る時入浴剤入れてますか? 入浴剤をコレクションしている人もいれば、そもそもお風呂が嫌いだという人もいるかもしれません。合わせて読みたい!発達障害対策〜掃除の時の服装とは?〜発達障害 当事者がスパでリラックスできるコツ入浴剤には、温浴効果がアップすると同時に、入浴剤の色などにリラック [続きを読む]
  • 発達障害当事者のお洒落攻略法〜アクセサリーver〜
  • こんにちは、kana と申します。発達障害×アクセサリー!?皆さまは、普段アクセサリーってつけていますか?指輪、ネックレス、イヤリング、ピアス、アンクレット 等々。プチプラでも可愛いブランドが沢山ありますよね。しかし、ここ最近のわたしは、どれも身に付けていません。  kana 女子力ないなー自分。← 当事者さま 女子力あげなさい!w あるあるな「なくしもの」!?というのも、アク [続きを読む]
  • 発達障害が苦手なマルチタスクを「練習」してみた
  • こんばんは、kanaと申します。発達障害あるあるとして、「マルチタスク」が苦手な方が多くいらっしゃるはず。複数のタスクへ注意を向けるのが難しいのが大きな特徴。更に、同時に複数の指示を出されると、言われる前にやろうとしていた作業を忘れてしまったりミスが起こりやすくなってしまいます。頻繁にメモをとったり、周りの人に確認する等の対策をしてもどこかで脳が多動になってしまいます。ゲームでマルチタスク!?先日実家 [続きを読む]
  • 発達障害当事者に必要な距離感とは?〜心理的〜
  • こんばんは、kanaと申します。発達障害当事者に求められる距離感とは?これまで、発達障害当事者に必要な「距離感」についてお話しています。前回までの記事はこちら発達障害当事者に必要な距離感とは?〜話し方〜発達障害当事者に必要な距離感とは?〜物理的〜これまでは、五感から距離感について考えてみたり、話し方の工夫によって距離感は保たれるのではないか?ということをお話してきました。今回は、心理的な分野にアプロー [続きを読む]
  • 発達障害当事者に必要な距離感とは?〜話し方〜
  • こんばんは、kanaと申します。発達障害当事者、距離感の取り方の難しさ発達障害の特徴によって、コミュニケーションの苦手さから「相手との距離感」について悩むこともあります。相手に必要以上に近づきすぎてしまったりして、逆に遠ざかれてしまった・・・なんてことも多くある方もいらっしゃるのではないでしょうか。前回の記事はこちら発達障害当事者に必要な距離感とは?〜物理的〜相手の気持ちを考えよう一方的に自分が話し続 [続きを読む]
  • 発達障害当事者に必要な距離感とは?〜物理的〜
  • こんばんは、kanaと申します元々の特性から困難になること私たちの苦手なことの1つに「人との距離感がつかめない」ということがあげられます。発達障害の方でコミュニケ―ションや対人関係に悩む人が多い。相手の気持ちを察するのが難しかったり、表情から相手の考えていることを思い浮かべるのが困難なのです。また、不注意が原因でアポイントを忘れて、怒られてしまう、といったことも起こりうります。発達障害の方は距離感がつ [続きを読む]
  • 発達障害の多動性を、スマホの通知で抑える方法とは?
  • こんばんは、kanaと申します。想定外のことに適応しにくい、発達障害の脳内。私たち発達障害当事者は、「想定外のことが苦手」な方が多いです。では、想定外のことって何だろう・・・?  当事者さま 仕事でのイレギュラー対応!臨機応変な対応! 当事者さま 急に入院することになった!泣入院の経緯はこちら  当事者さま スマホの通知が急に来た! ・・・スマホの通知。そう [続きを読む]
  • 発達障害当事者に適したコースターの種類とは?
  • こんばんは、kanaと申します。食事のシーンで、使ったことあるあのアイテム。当事者の方でも、1度は使用したことがあるであろうコースター。コースターは、飲み物を飲む時にコップなど食器の下に敷く、小さなマット。コップ敷き、コップ受け、グラス・マットとも呼ばれる※Wikipediaより引用いたしましたコップの下に敷かれて、水滴をテーブルに移さないようにしてくれる&テーブルを傷つけない役割を果たしてくれる優れものですね [続きを読む]
  • 発達障害当事者×栄養士が語る、入院時の食事
  • こんばんは、kanaと申します。精神科病院の食事って?栄養士の資格を持っており、短大の時に色々なケースでの献立を立ててきました。しかし、精神科医療に関する食事療法については、一切触れていませんでした。 当事者さま どんなご飯が出てくるんだろう?そう感じた人も多くいらっしゃるかと思いますし、私もその中の1人でした。バランスの取れた成人の食事朝・昼・夜と3食きっちり出てきます。食欲がない時は「食べない」とい [続きを読む]
  • 大人の発達障害の診断を受けるならどっち!?
  • こんばんは、kanaと申します。検査を受けるなら、病院か?クリニックか?今回の入院により、「メンタルクリニック」と「精神科病院」の2カ所受診しました。それぞれ異なる方針の中で、全く異なる結果および疑惑が出てびっくりしております。合わせて読みたい!発達障害だと分かる前に仕事と破局した話〜きっかけ編〜発達障害と診断されてからの心境とは?クリニックとは?クリニックの定義として、医療法に基づいて入院施設が「無 [続きを読む]
  • 発達障害当事者が半月で見た光景とは!?
  • こんばんは、kanaと申します。精神科病院、退院して感じたこと退院してもうすぐ1週間が経とうとしています。入院した経緯はこちら発達障害で何が悪い!?〜10日間の精神科入院レポ〜何にも知らないで入院した精神科病院から得たものも沢山あり、「外から見る精神科病棟」の認識が自分の中で変わっていきました。散歩の重要性入院して何日か経つと、医者の判断で家族もしくは看護師同伴、更に1人で院外(病状によって病院が所有して [続きを読む]
  • 発達障害当事者でも、医療費の節約ができる!?
  • こんばんは、kanaと申します。塵も積もれば山となる!?〜入院時の医療費〜想定外の高額の出費がかかってしまう入院。私たち発達障害当事者にとって、「想定外の出来事」が苦手な方も多いですが、更に「高額の費用」に適応できない人も多くいらっしゃいます。自立支援医療制度をはじめ、高額医療費や分割払い、更に加入している健康保険の制度を駆使して医療費を抑えることも可能ですが・・・入院時の医療費は万単位の出費。   [続きを読む]
  • 大人の発達障害当事者、1冊の本を読んだ感想を綴ってみた。
  • こんばんは、kanaと申します。発達障害当事者は長文読解が苦手!?特にLDの方に多い傾向がみられますが、文字が並べられた文章をひたすら読んでいると脳の疲労が早まってしまう点も現実。文字で読んだ情報をイメージとしてとらえるのが難しいんですよね。単行本は勿論、レポートやメールにも同じことが言えます。イラストや写真が挿入されていれば小説でも読みやすいと思うのですが。CHANCE チャンス―成功者がくれた運命の鍵 、読 [続きを読む]
  • 発達障害の多動性で、入院中に飲み物づくり!?
  • こんばんは、kanaと申します。入院生活を、0→1に楽しくする1つの方法入院施設のある病院内にはほぼあるであろう「売店」。店員さんの態度および品揃えといったの評判は病院によって異なりますが・・・家族と同伴時もしくは看護師にお願いして代理購入という形で買い物をすることが可能です。 kana 流石精神科病棟。抜け出し防止のために自分で買い物も禁じられている・・・。入院している経緯はこちら発達障害で何が [続きを読む]
  • 発達障害で何が悪い!?〜10日間の精神科入院レポ〜
  • こんばんは、kanaと申します。発達障害の衝動性で、自殺企図を起こす。約10日ほどの前のお話です。自助会きっかけでのストーカー被害がいったん落ち着いたのもつかの間で、駐禁対策の仕事でのセクハラ被害の傷も大分癒えてきた今日この頃。そんな中・・・  kana Twitter内で匿名で誹謗中傷が続いてメンタルが落ちてしまいました。 匿名のアンチから着た質問箱にて、家族の収入、不倫疑惑、死ねなどの否定的 [続きを読む]
  • 大人の発達障害、多動力を活かして楽しい節約術を考えた。
  • こんばんは、kanaと申します。精神疾患は出費が多い!?発達障害当事者の方で、精神科に治療している人は多いですね。しかし、仮に自立支援を使って医療費が1割になっても、障害年金を受給しても、診察代や薬代で出費がかさんでしまうのが現状。特に、二次障害でうつ病などの症状を患っている人にとっては、「お金の問題」はかなり悩む問題なのです。休職中で傷病手当金のみの収入の人もいらっしゃるだろうし。こういった金銭の問 [続きを読む]