ワフウフ さん プロフィール

  •  
ワフウフさん: アルツフルデイズ
ハンドル名ワフウフ さん
ブログタイトルアルツフルデイズ
ブログURLhttps://ameblo.jp/macb2b37/
サイト紹介文認知症と診断された実母のことを中心にアラフィフ主婦の日常をつらつら書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 40日(平均8.8回/週) - 参加 2018/03/17 13:40

ワフウフ さんのブログ記事

  • 子供に張り合う親
  • 少し話は逸れるが、ワフウフの夫、ワフワフは白玉ちゃんを猫可愛がりしている。自分とそっくりな顔で、女の子。そりゃあ目に入れても痛くないほど可愛いのだろう。それはいいのだが、メラニンくんへとはあからさまに違う。小さい頃から白玉ちゃんとメラニンくんが同じ悪いことをしてもメラニンくんだけを叱りつける。それに対してワフウフが抗議すると、「男なんだから厳しくしたっていいんだよ!」と言う。メラニンくんは好きで上 [続きを読む]
  • 第2回家探し*衝撃の事実??2
  • 前回の続き。衝撃の事実が分かった。前回A銀行とB銀行の通帳を預かった後、別の日に実印を使うことがあったのだが、その時に実印とその他の印鑑を預かった。もう管理出来ないし、怖いので。そうしたら、また預けたことを忘れてC銀行の印鑑を変更し、実印登録も変更しに行っていたのだ…。しかも。たんたんと。多分、事務手続きが元々苦手な上に最近では更に分からんちんになっていまっているあーちゃんは、ひとりで印鑑を変更する [続きを読む]
  • 第2回家探し*再発行のカード発見!
  • 尿パットをつけてからあーちゃんはまだトイレと言っていない。しめしめ!今度から出かける時には尿パットをつけてもらおう。B銀行から今度は実家へ。あーちゃんの部屋に上がる前に台所をチェック。ガス台が全く汚れていない。元々きれい好きで汚くはしていなかったけど、それにしてもピカピカで使用した気配がないガス台。洗いかごにはたんたんが使う小さな鍋とたんたん用皿が数枚。冷蔵庫の中にもいつもある作り置きはなくて中身 [続きを読む]
  • 第2回家探し*その前にまずはB銀行へ(やっと!)
  • あーちゃんが尿パットを装着してから、やっと!やっと!B銀行へ行った。B銀行に着いたらまた、しかも、前日に何度も持ってきてねと言ってあったマイナンバーカードを持ってきていない。(たまたま年金手帳を持っていたのでそれと健康保険証で済ませた)手続き自体は無事に終了したが、どうも本人何をしているのか分かっていない様子。何度説明しても忘れてしまうし、ワフウフとなーにゃんに言われるままに通帳出して印鑑出して。手続 [続きを読む]
  • 第2回家探し*その前のトイレ祭り
  • ぐったりしながら食事をした場所から電車であーちゃんの自宅駅まで移動。電車では座席が3人分空いてなかったので、あーちゃんとなーにゃんが並んで座り、ワフウフはその向かい側に座った。電車の音がうるさくてあーちゃんとなーにゃんが何を話しているのかは聞こえなかったけど、向かい側から見ているとあーちゃん、なーにゃんの話を聞いているときちゃんと相槌は打ってるけど、顔が…なんていうか、顔が…無、っていうか。表情が [続きを読む]
  • 第2回家探し*その前に早くもぐったり
  • 本当は9月にするつもりだったB銀行の定期預金→普通預金への手続き、Eっちゃんのことで延び延びになっていたが、10月12日にすることにした。前回、ガス代の金額からあーちゃんはおそらくもう食事の支度が出来ていないのだろうということが推測されたので、B銀行の帰りに実家に寄って前回出来なかった台所チェックをすることにした。前回雑然としていて驚いたあーちゃんの部屋も定期的にチェックしたり片付けたりした方が良さそうだ [続きを読む]
  • メマリー効果?
  • 10月5日糖尿病注射付添い。最近病院の時にいつもいつも着ていたカーキのブラウスではなく、全身を黒で統一したワントーンコーデでオシャレしている!またいつものように、とは言われたが、なんだか明るい!なんだか顔つきが穏やかですっきりしてる!もしかしてメマリーが効いてる!?そして、先日亡くなったのがEっちゃんだと今日はわかっていたのだが、と、言い出す。しょっ中うちに泊まり込んでいたからたんたんがEっちゃんをよ [続きを読む]
  • 光熱費引落しの通帳を見て気づいてしまった
  • こんばんは。遊びに来てくださってどうもありがとうございます。本日ははじめにちょこっとご挨拶を。いつもいいね!を押してくださる方、読者登録をしてくださる方、本当にありがとうございます。とても励みになります。ランキングに参加したらありがたいことにじりじりとアクセス数が増え、びっくりするやら嬉しいやらです。忘備録としての意味合いと自分の毒抜きで始めたブログですが、同じく認知症になんらかの形で関わる方にア [続きを読む]
  • 認知症の薬を追加
  • Eっちゃんのお葬式の翌日はあーちゃんの糖尿病の診察の日だった。このところ、通帳の管理に関する話になるととことん攻撃的でしつこくなるあーちゃんの扱いにワフウフとなーにゃんは困り果てていた。記憶力の低下が著しいので攻撃したことを忘れて何度も攻撃してくる。たまたまおばのEっちゃんの急逝で、少しあーちゃんの意識が通帳から離れたが、今度はショックからか疲れからかはわからないが、亡くなったのがおばあちゃんだと言 [続きを読む]
  • お葬式
  • 9月27日におばEっちゃんのお葬式があった。入院していた病院も、お葬式を執り行った斎場も、あーちゃんの家からは2時間半以上かかる遠い場所。しかも行きにくく、電車を5本も乗り継いで行かなければならない。元々方向音痴で知らない場所に不安を覚えるあーちゃんは、更に悲しみと疲れもあり…トイレが激近に。乗り継ぎ駅ではもちろんトイレに行くし、同じ駅内でも電車から降りて目に入ったトイレに行き、改札を出ようとして改札横 [続きを読む]
  • スキルが高い
  • あーちゃんは病院でもどこでも、すぐに周りのおばちゃんたちと親しげにおしゃべりを始める。インスリン注射の付き添いで病院に行くと、大概先に順番待ちで並んでいるあーちゃんは列の前後のおばあちゃんたちとお話をしている。ある日もワフウフが行った時、何かの機械を無料で病院が貸し出してくれるという内容の話をおばあちゃんたちとあーちゃんは楽しそうにしていた。途中参加のワフウフは分からないまま大人しく聞いていたのだ [続きを読む]
  • 突然の不幸
  • 通帳の管理でワフウフたちとあーちゃんが攻防戦を繰り広げていた頃、突然叔母が亡くなった。あーちゃんは5人兄弟だが、この叔母Eっちゃんはあーちゃんの妹で、ワフウフたちが小さい頃は従兄弟のYっちゃんを連れてしょっちゅう家に泊まり込んでいたので、かなり親しい親戚だった。しかしあーちゃんとEっちゃんが大きな喧嘩をしたこともあり、ここ何年かは疎遠になっていた。↑これホント。恐ろしくレベルの低い喧嘩。Yっちゃんから [続きを読む]
  • 引落しの謎が解ける
  • このところあーちゃんがずっとと繰り返し言っていたのだが、通帳を預かっているA銀行もB銀行も、あーちゃんが自分で持っているC銀行も、それなりの額が口座に入っているため、どうして引落しが出来ないのか分からないでいた。年寄り向けの高額商品でも買ってしまったのか?と心配していたのだが、どうやら光熱費はたんたん名義のA銀行の口座から引き落とされていることがわかった。じゃあ、たんたん名義の口座に入金すれば解決だと [続きを読む]
  • 顔つきが変わる
  • なーにゃんへの電話攻撃の翌日9月20日、糖尿病の注射付添い。ワフウフがなーにゃんから聞いた、引落しやら振込みやらの明細を確認しようとしたら、あーちゃんなーんにも持ってきていない。なんとかかんとか聞き出せたのは、水道の修理は元栓から壊れて大掛かりな修理をしたということ。それと、残高不足で引落しできないというのは光熱費の何かだという事。21万の振込については、あーちゃんが自分で銀行で書いた払戻し請求書を見 [続きを読む]
  • 電話攻撃*戦闘モード
  • 喜寿のお祝いの食事会の時、みんなの手前朗らかにしていたけど、ちょっと調子が悪そうだなーという顔つきだったあーちゃん。その印象は合っていた。食事会の前、なーにゃんはあーちゃんと待ち合わせて一緒にレストランまで来たのだが、その道中から酷かったらしい。「残高不足で引落しが出来ない」「21万振り込まなくてはならない」「水道の修理代がいる」→だから、A銀行とB銀行の通帳を返してくれ、と強く主張していたらしい。し [続きを読む]
  • 喜寿のお祝い
  • あーちゃんは9月に76歳になった。数えで77歳なので、なーにゃん家と、ワフウフ家で喜寿のお祝いをすることにした。(残念ながら受験生のメラニン君は不参加)来年でも良いのだけど、あれよあれよと言う間に色々なことが分からなくなってきてしまっているあーちゃん。少しでも記憶が残るうちにお祝いをしようと思ったのだ。9月18日、場所は中華街。この日はなんとなーく顔が疲れていて、あまり調子が良さそうではなかったのだけど、み [続きを読む]
  • お出かけあーちゃんとバッタリ
  • (忘備録として)9月14日糖尿病注射付添いあーちゃんは週に2回、趣味で社交ダンスを習いに行っている。よくあるダンスサークルではなく、なぜお高い個人レッスンに通っているのかというと。同性に嫌われそうでしょ。笑ワフウフにしてみれば、ダンスの先生であっても他人と手を繋いでくっついて踊ること自体に抵抗があるのだが。あーちゃんはかなり遠いダンススクールに通っていて、それはワフウフの最寄駅の沿線だ。だから偶然会うこ [続きを読む]
  • 高齢者向けアンケートに答えたのは…
  • 9月7日糖尿病注射付添い相変わらず注射が週1であることや、注射のときは診察はないことなどがまったく理解出来ていないあーちゃん。前回は処方してもらわなかった膀胱炎の薬を止めて欲しいという。薬の内容もまったく理解出来ていないようだ。ちょっと前まで「認知症の薬が出てる!失礼だ!」ってあんなに騒いでいたのにね。まあ、そんなことにはもういちいち驚かないけど。この日は注射の順番を待っている間に、看護師さんにアン [続きを読む]
  • 服装が気になる
  • この頃ワフウフとなーにゃんが気にしていたのがあーちゃんの服装。ブログではいつも赤のフリフリを着ているあーちゃんだが、もちろん本当はたくさん洋服を持っている。オシャレさんだから。あーちゃんきせかえ。だけど、2017年8月は病院の付き添いで会うたび、毎週茶系の花柄のブラウスを着ていた。ブラウスは長袖で、真夏にはちょっと暑そうな生地だった。家に行ったとき、夏なのに冬物のコートが出しっぱなしだったこともあり、 [続きを読む]
  • 記憶がなくなるという記憶
  • この頃は、とにかくメモを残すことでなんとか本人の記憶を補ってもらおうとしていた。本人もスケジュール帳を持ち歩いて、事あるごとにメモを取って忘れないように努力していたように思える。相変わらず表向きは本人、と言っていたが、スケジュール帳に毎週木曜日病院で注射と書き込んであっても、しょっちゅう病院に実際に行ったのか行ってないのかの記憶がなくなってしまう。だから、病院に行った翌日とか翌々日とかにという電話 [続きを読む]
  • 通帳を返してほしい
  • 8月12日・21日お盆スケジュールでいつもと違う曜日に糖尿病の注射。あれだけ何度もなーにゃんがA銀行とB銀行の通帳を預かっていると説明したのに、あーちゃんのバッグに「再発行」という判が押されたB銀行の通帳が入っていた。ワフウフたちの繰り返しの説明は記憶に残らず、通帳がないから再発行しなくちゃ、と思ってしまったらしい…。C銀行の通帳はまだ見つからず。どう考えても自分で通帳を管理できる状態ではないのに、と、言 [続きを読む]
  • 持ち帰った通帳で大混乱
  • 家探しの翌日7月27日、病院で注射の日はなーにゃんが付き添ってくれた。たんたんとの鉢合わせを避けてバタバタと実家を後にしたため、あーちゃんには口で説明するしただけでA銀行とB銀行の通帳を持ち帰ったが、あーちゃんはそれを覚えていられないだろうからなーにゃんがメモを渡す。その1週間後8月3日、病院で診察と注射の日。また、と、言う。もう慣れて驚かないけど。もう3ヶ月も週1で注射に来ているのに、あーちゃんの記憶に全 [続きを読む]
  • 若さの秘密
  • 少し話は逸れるのだが。あーちゃんは76歳だが、見た目はもっと若く見える。そりゃあ50代や60代には見えないけど、それでも実年齢よりはだいぶ若く見えると思う。若く見える理由のひとつとしては体型が崩れていないことがある。やっぱり中年太りでおばさん体型になると、顔は若くても全体の印象でおばさんくさくなるものだが、あーちゃんは153センチ35キロの超絶スリムボディの持ち主。体型が崩れるも何も、崩れるほどお肉がついて [続きを読む]
  • 家探し②
  • 6畳ほどのあーちゃんの部屋をワフウフとなーにゃんの二人掛かりで3時間ほどかけて通帳を探した。ちなみに前回のあーちゃんの衝撃発言、は、全部で4回あった。先々週から前日まで何度も何度も銀行に行くために通帳や証書を探さなければならないことも伝えてあったけど、そんな長いスパンの話ではなくて、家探しをした3時間ですら記憶がもたない。A銀行の証書を見つけることは出来なかったが、A銀行の通帳が出てきた。(この存在は知 [続きを読む]
  • 家探し①
  • 7月26日、あーちゃんがこの日はたんたんが不在だというので、今度こそなくなった通帳や証書を探すために改めてあーちゃんの家に行った。何年振りかの実家。これもおいおい書くと思うが、たんたんと絶縁状態じゃなくてもあまり実家には足が向かないワフウフたち。良い思い出はない。変わらぬ門構えの実家を見るだけで気が重くなる。たんたんは不在だったけど、いつ帰宅するか分からないのでさっさと通帳を探そうとあーちゃんの部屋 [続きを読む]