ヒッツ さん プロフィール

  •  
ヒッツさん: 運用計画ブログ
ハンドル名ヒッツ さん
ブログタイトル運用計画ブログ
ブログURLhttps://financial2017.com
サイト紹介文税制・株式・保険・相続を自分なりにわかりやすく解説していきたいと思います。よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 129日(平均4.3回/週) - 参加 2018/03/17 15:07

ヒッツ さんのブログ記事

  • ウェブに「保護されていません」の表示が出ている方は必読
  • ウェブサイトに「7月危機」が迫っています。サイトの通信全体を暗号化する技術である「常時SSL/TLS」を導入しないと、利用者離れを招いたりサイトそのものにアクセスできなくなったりする恐れがあります。グーグルがセキュリティー強化 発端は米グーグルが2018年7月24日にリリース予定のウェブブラウザー「Chrome(クローム)」の最新版(バージョン68)です。 グーグルは同版でセキュリティー機能を強化し、SSL/TLSを全面導入して [続きを読む]
  • ビットクラブを始めてわかったこと、本当に副収入になるのか!?
  • 今回はビットクラブ(BITCLUB NETWORK)についてご紹介していきたいと思います。 個人的にビットフライヤーやビットバンクで仮想通貨を持っているのですが、お察しの通り、年明けの大暴落により資産は各種通貨の評価額半分以下になっています。 もう無くなったものだと思っているので、最近は負の感情もマヒしてしまいました笑 ただし、今後の価格上昇を期待して知人の紹介でビットクラブに入会することにしました。 もし、私のよ [続きを読む]
  • つみたてNISAの利用者増加
  • 今年から始まった「つみたてNISA」は3月末時点での口座数の集計がまとまり、口座開設数は約51万口座となりました。 長期投資に適した低コストの投資信託に対象を絞り込んだため販売金融機関の利益が薄く、当初は極めて少ない口座数になるとの懸念もありました。 ただ3月末で50万超となったようで、業界関係者の当初予測を上回る結果となりました。 つみたてNISAは毎年40万円を上限に、20年間非課税で運用できる制度です。 やはり複 [続きを読む]
  • 働き方の多様化に伴う各種控除の見直しについて
  • 2018年度の税制改正大網では、今後の個人所得課税改革の課題として、所得再分配機能の回復や働き方の多様化を意識した見直しが掲げられています。 2018年分以降に見直される所得税の各種控除について、適用が始まる年分ごとに解説していきます。 2018年分の所得税より見直されるもの2017年度税制改正により、2018年分の所得税の①配偶者控除と、②配偶者特別控除が見直されます。 ①配偶者控除については、所得再分配機能の回復を [続きを読む]
  • 仮想通貨「マイニング」の巨大工場
  • メガバンクや大手証券会社の出身者らの立ち上げたベンチャー企業が、地方の空き工場で仮想通貨の「採掘」に挑んでいます。 電力や施設の賃料が安く、少しでも節約したいベンチャーにとってメリットが大きいからです。受け入れる地域の行政側も進出に期待を寄せています。 ■電気代、工場の賃料安く仮想通貨のマイニング専用装置がずらりと並び、24時間体制で稼働 6月上旬、カーテンなどに使うレースを作る工場だった福井市内の施設 [続きを読む]
  • REIT指数が好調な理由
  • 不動産投資信託(REIT)相場が堅調です。 REIT全体の値動きを示す東証REIT指数は6月26日、17年3月以来およそ1年3カ月ぶりの水準を回復しました。 REIT相場のけん引役は年初から買い越しを続けてきた海外投資家ですが、ここにきて海外勢の資金流入経路に変化がみられます。 26日は東証に上場するREITの全銘柄が上昇しました。住宅や物流などの特定のタイプのREITを狙って買うスペシャリストではなく、利回りに着目した海外の年金が [続きを読む]
  • 新登場! 投信に元本保証型
  • 投資したお金が目減りしない仕組みの投資信託が登場します。 資産運用会社大手、アセットマネジメントOneが新たに設定する「ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018―07」です。 国内外の株式・債券の運用成績に連動する特殊な債券を組み入れます。満期時には元本が原則戻るという債券の特性を利用し、投資資金の目減りを防ぎます。 運用リスクを抑えて未経験層を取り込み、「貯蓄から投資」を進めていきます。 [続きを読む]
  • ビットフライヤーなど業務改善命令
  • 金融庁が仮想通貨交換業大手のビットフライヤーなど6社に業務改善命令を出しました。いずれも登録業者として「お墨付き」を得ていたにもかかわらず、反社会的勢力による取引を許すなどずさんな運営をしていたことが原因です。 各社が顧客獲得を優先して体制整備を怠ったためですが、登録業者への処分は金融庁による監督にも課題を突きつけました。 金融庁は登録申請中の「みなし業者」と並行して、顧客資産の保護体制などの審査を [続きを読む]
  • 仮想通貨の自主規制案
  • 業界団体の日本仮想通貨交換業協会の自主規制ルール案では、「匿名通貨」とも呼ばれる送金先を追跡できない通貨の新規取り扱いを禁止します。 顧客の資産保全や取引価格の透明化にも取り組むことになり、交換会社が人員増やシステム投資を迫られるのは必至で、財務が強固な大手が生き残る淘汰の時代になります。 交換会社が取り扱う通貨については、マネーロンダリングの恐れや、監査法人の適切な監査が難しい通貨の取り扱いを禁止 [続きを読む]
  • 各種ポイントを賢く貯める方法とは?
  • クレジットカードやネットショッピング利用でたまるポイントプログラムが進化し、「ポイント獲得活動=ポイ活」で、たくさんのポイントがたまるシーンがどんどん増えています。 効率良くポイントをためるワザ等をご紹介します。※ポイントプログラムの内容などは2018年4月時点。記事中では1ポイントを1ptと表記。 【新ポイントためワザキーワード】 1 通販はポイントアッププログラムを上手に使う楽天市場とYahoo!ショッピングは [続きを読む]
  • 分配型投信は本当に悪なのか
  • 昨今、毎月分配型の投資信託への批判が続いています。 その理由が「タコ足」配当です。これはタコが自分の足を食べてしまうように、毎月分配型投信が原資を分配金として払い戻すことを指しています。 つまり、原資を引き出してしまうのは、「そもそも資産形成のための投資として容認できない」ということなのです。 確かにせっかく資産を作ろうとする時に、収益であろうと原資であろうと、資産形成に回した資金を引き出してしまえ [続きを読む]
  • 不動産市場の今後の動向
  • 今回は、今後の不動産市場の動向と「2020年問題」「2022年問題」について解説していきたいと思います。 不動産は、需要と供給の動向や物件の多寡によって流動性や価格が変化する実物資産です。 首都圏を中心とした①主にマンション需給に影響を与える2020年問題②主に戸建住宅需給に影響を与える2022年問題③中古住宅需給に影響を与える空き家問題と流通促進策 の3つに焦点をおきながらご紹介していきます。 今後のマンション価格 [続きを読む]
  • 2級FP技能検定試験対策 (リスク管理) Part5
  • FP2級検定試験の過去出題傾向をまとめました。これから検定試験を受験される方の参考になればと思います。 Ⅴ.保険制度 保険契約者保護機構●ポイント整理保険契約者保護機構の概要:破綻保険会社の保険契約の継続を支援し、保険契約の移転等の円滑な実施を行うため、救済保険会社に対する資金援助を行うほか、救済保険会社が現れない場合は自らが破綻保険会社の保険契約の引受等を行う :日本国内で営業を行うすべての保険会社は、 [続きを読む]
  • 2018年度前後の主な注目イベント一覧
  • 今回は2018年度の将来の布石となる重要なイベントについて、ご紹介していきます。 2018年今回は2018年の税制改正で特に家計に影響を及ぼす制度について簡単に解説します。 ・配偶者控除の見直し(1月)会社員の妻がパートで働く場合、2017年までは「年収103万円の壁」があり、これを超えると夫の配偶者控除は減らされていました。 ただし、今年...2018年家計をめぐる主な税制改正 - 〜Financial〜運用計画ブログ1月 配偶者控除・ [続きを読む]
  • 仮想通貨、キムチプレミアムとは?
  • ビットコインは日本から韓国に送金するだけで価値が上がります。仮想通貨は国によって人気が違い、取引価格に差が出るためだからです。 「キムチ・プレミアム」とも呼ばれるこんな価格形成は日本国内にもあるのはご存知でしょうか。 交換業者によって取引価格が異なり、差益を狙う投機が荒い値動きを生みます。金融当局も投資家保護の観点から注視し始めました。 仮想通貨は交換業者によって取引価格が異なり、差益を狙う投機が荒 [続きを読む]
  • アメリカの仮想通貨交換業者、日本へ進出
  • 米国最大級の仮想通貨交換会社コインベースが日本に進出することがわかりました。 改正資金決済法に基づく仮想通貨交換業の登録を年内にも金融庁に申請する方針です。 出資する三菱UFJフィナンシャル・グループと連携して日本市場を開拓します。 実績のある海外大手の参入でセキュリティーの強化や手数料の低下が進めば、仮想通貨の保有者にも恩恵が広がりそう見方があります。 コインベースは企業価値が約1100億円を超えるユニコ [続きを読む]
  • 投資デビューの第一歩へ
  • 近年はNISAやiDeCo、購入手数料が無料のノーロードの投資信託が増えてきました。 資産運用をする環境はこれまでになく整ってきてると感じます。今回はそのような環境のもと、これから資産運用を検討している方にインデックス型の投信についてご紹介していきます。 株式や商品の指数と連動するインデックス型の投資信託が広がっています。手数料の低さや手軽さが個人投資家の人気を集めています。 「貯蓄から投資へ」の第一歩として [続きを読む]
  • 社会保険料の決まり方
  • 今回は毎月給与から天引きされる社会保険料についてです。 会社員であれば毎月の給与から、健康保険などさまざまな社会保険料が天引きされます。 正確に把握する人は少ないようですが、保険料負担は給与の変動や料率の改定などによって変わることがよくあります。 社会保険料はどのように計算されているのか、基本をご紹介していきます。 厚生年金、健康保険、介護保険の保険料はそれぞれ、給与に一定の保険料率をかけて計算します [続きを読む]
  • 仮想通貨の「億り人」人数判明!
  • 国税庁は5月25日、2017年に仮想通貨取引を含めた収入が1億円以上あったと申告したのは331人だったと発表しました。 仮想通貨の高騰で1億円以上の資産を築いた人は「億り人」と呼ばれて話題となりましたが、複数の業界関係者は「実際はもっと多いはず」と指摘されています。 全体の申告から公的年金以外の雑所得の収入が1億円以上あった549人を抽出。このうち、仮想通貨取引による収入があったのが331人でした。 同庁が仮想通貨関連 [続きを読む]
  • モナコイン一部消失 仮想通貨への新たな攻撃
  • 仮想通貨「モナコイン」で資金消失が発生しました。 5月15日までに海外交換業者が攻撃を受け、ブロックチェーン記録が書き換えられたことが原因とされています。 これまで改ざんが難しいとされてきたブロックチェーン技術の死角が浮上しました。 モナコインは掲示板サイト「2ちゃんねる」で生まれた仮想通貨で、ビットコインや流出事件のあったNEM(ネム)などに比べ規模は小さいが人気の仮想通貨の一つです。 攻撃を受けたのは、 [続きを読む]
  • 世界の大手企業が仮想通貨事業を拡大
  • 世界の大手企業が仮想通貨関連の事業を拡大しています。米金融大手ゴールドマン・サックスはビットコイン関連のトレーディング業務を始める方針を明らかにしました。 米取引所大手ナスダックなども関連事業に前向きです。仮想通貨に対する需要の根強さや規制強化に伴う不正取引の減少期待を背景に、事業を強化して顧客を取り込む狙いです。 ゴールドマンは近く、自己資金を使って顧客との間でビットコインの関連商品の売買を始めま [続きを読む]
  • 2級FP技能検定試験対策 (リスク管理) Part4
  • FP2級検定試験の過去出題傾向をまとめました。これから検定試験を受験される方の参考になればと思います。 Ⅳ.損害保険火災保険●ポイント整理:火災、落雷、破裂、爆発、風災、雪災、消防活動などによる損害を補償:建物と家財は、別々に契約できる 地震保険地震保険と火災保険保険の対象と契約方法:地震保険の対象となるのは、居住用の建物(専用住宅および併用住宅)および家財 :地震保険単独での契約はできず、必ず住まいの火災 [続きを読む]
  • NISAのロールオーバーについて
  • 2014年からNISAで運用している方は、非課税期間が今年末で満了します。来年以降はどうなるか確認したいと思います。 NISA口座で運用する株式や投資信託の売却益や配当金は、通常約20%かかる税金が5年間、非課税になります。 年間の投資上限額は14年に100万円でスタートし、16年に120万円に拡大しました。14年にNISA口座で買い付けた株式や投信の非課税期間が、今年末初めて満了を迎えることになります。 非課税期間終了後、NISA口 [続きを読む]
  • ウェルスナビと各種ポイント提携
  • 日本航空は資産運用サービスを手がけるフィンテックベンチャーのウェルスナビと提携するとの発表がありました。 資産運用の開始や継続利用を通じてJALのマイルがたまる仕組みを導入し、新規会員の獲得につなげることを目指します。 サービスの中核となるのはウェルスナビが個人投資家に運用を指南する「ロボアド」です。 ウェブ上で複数の質問に答えると、利用者のリスク許容度を分析し、自動で投資信託の配分を提案します。JALの [続きを読む]
  • 2級FP技能検定試験対策 (リスク管理) Part4
  • FP2級検定試験の過去出題傾向をまとめました。これから検定試験を受験される方の参考になればと思います。 Ⅳ.損害保険火災保険●ポイント整理:火災、落雷、破裂、爆発、風災、雪災、消防活動などによる損害を補償:建物と家財は、別々に契約できる 地震保険地震保険と火災保険保険の対象と契約方法:地震保険の対象となるのは、居住用の建物(専用住宅および併用住宅)および家財:地震保険単独での契約はできず、必ず住まいの火災 [続きを読む]