知世 さん プロフィール

  •  
知世さん: もっと、ずっと
ハンドル名知世 さん
ブログタイトルもっと、ずっと
ブログURLhttp://biz513.jugem.jp/
サイト紹介文40代のバツイチです♀  恋愛なんてもう出来ないと思っていました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 122日(平均3.2回/週) - 参加 2018/03/17 15:29

知世 さんのブログ記事

  • リアル.4
  • あなたはわたしとの行為を写真におさめる わたしは恥ずかしいけれどあなたが見たいならいくら撮られても構わない 時々、あなたが撮った写真を続きを読む >> [続きを読む]
  • 乱した髪
  • あなたの上で乱した髪を両手で上げながらあなたを見下ろすわたしの首も胸も肌の全てが見渡せるでしょうそうそのままわ...続きを読む >> [続きを読む]
  • 昔の彼女
  • わたしのいる職場へ、転籍してきた女子社員の歓迎会があった前から知っている子他の飲み会があった時も、何度か顔も合わせていた年下の子で、仕事の絡みでわたしも面倒を見てあげたことが何度かあるけれど、たったそ...続きを読む >> [続きを読む]
  • あなたのカタチ
  • わたしに真っ直ぐ、向き合うあなたのカタチをとても美しいと思うそれはわたしの所為だとあなたは云うそれならもっとわたしを見てどんな姿続きを読む >> [続きを読む]
  • あなたの声
  • 矢を放つ吐息に溶かされ溢れていたいからもっと聞かせて官能の水に濡らされて溺れてもいいからもっと見せてわたしの泉をあなたの火の...続きを読む >> [続きを読む]
  • リアル.3
  • 友人との会話既婚者の彼女は夫との営みに満足していない わたしは興味ありそうに聞いているけれどあなたと比較しようとしているわけじゃない 月...続きを読む >> [続きを読む]
  • ここに在るもの
  • ここに在るものあなたそして、わたしあなたのものとわたしのものわたしたちで満ちているこの場所からわたしたちの真実を生み育てている続きを読む >> [続きを読む]
  • 今日の夜
  • あなたで胸をいっぱいにして昨夜に思いを馳せている夜に満たされた沈黙を破る吐息が耳元を霞めるあなたがそばにいるかすかなでも、続きを読む >> [続きを読む]
  • リアル.2
  • ほんの少し前まで本当のわたしの姿をあなたにだけ見せていた 何度も限界に達しながらわたしは狂っていたかも知れない今もまだここに戻ってきていな...続きを読む >> [続きを読む]
  • リアル
  • あなたがわたしの奥深くで愛を、放出して放心したようにわたしはあなたに聞く 「いいの?わたしたち15歳も歳の差なのよ」 あなたは出したばかりでも、張りも大きさも保...続きを読む >> [続きを読む]
  • あなたの腕まくら
  • 何もしてくれなくても、いい側にいてくれなくても、いいただ、あなたの痕跡がどこかにあればわたしはそれだけで満たされるわたしの中にあなたが残した体温わたしの血より、熱い...続きを読む >> [続きを読む]
  • 花のいのち
  • わたしのいのちはあなたの落としてくれる夜露に目覚めて色めき開いてゆくつぼみの深淵に息づいているあなたの唇の闇から降り注ぐ甘い露にやがて...続きを読む >> [続きを読む]
  • 躍動
  • あなたに見下ろされているだけで何処かにいってしまいそうになるあなたの全てがわたしの中に拡がり躍動するわたしはあなたの視線から目を離せなくなる...続きを読む >> [続きを読む]
  • こんなおこない
  • ベランダから見下ろす高速道路を流れるテールランプの川があなたが突くからブレてしまう手摺を掴んで後ろからのあなたの重みを立ったまま支えるのがやっとな、わたし続きを読む >> [続きを読む]
  • 何度も愛して
  • 飽きれるほどあなたに抱かれたあと寝る前にもういちど わたしの唇の奥をあなたでいっぱいにして欲しいあなたの存在感で満たして欲しいあなた...続きを読む >> [続きを読む]
  • 意地悪
  • 低くたれこめた曇り空は、日曜日の朝からわたしたちを、寝室に閉じ込め、あなたの意地悪を促す。 昨夜もほとんど、夜通しに何度も。夜が明ける頃にもう一度。そして、また。...続きを読む >> [続きを読む]
  • 迎えいれる
  • やらかく開いてあなたに見せようやらかく曲げて上げてあなたを迎えようあなたのちからに寄り添うようにわたしのちからをやらかく込めよう続きを読む >> [続きを読む]
  • ひとりごと
  • 夏のような陽射しが差し込む部屋彼とわたしは裸のままシーツにくるまっている この連休中ほとんどわたしの部屋に来てくれた彼 すごく年下の彼わたしには不思...続きを読む >> [続きを読む]
  • わたしたち
  • わたしとあなたはどこか、傷を舐めあうように寄り添っているお互い、いろいろな失敗して、できそこないだから二人でやっと一人のようなそんな ふたりだね。だから一緒にいるときは甘え...続きを読む >> [続きを読む]