知世 さん プロフィール

  •  
知世さん: もっと、ずっと
ハンドル名知世 さん
ブログタイトルもっと、ずっと
ブログURLhttp://biz513.jugem.jp/
サイト紹介文40代のバツイチです♀  恋愛なんてもう出来ないと思っていました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 37日(平均4.5回/週) - 参加 2018/03/17 15:29

知世 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • あなたをなおすもの
  • ひとは、食わなくても死にはしないひとは、寝なくても死にはしないでも「今」しなくちゃ「それ」は簡単に死んでしまうんだよそういってあなたは命を削るような仕事の仕方をする...続きを読む >> [続きを読む]
  • あなたをなおすもの
  • ひとは、食わなくても死にはしないひとは、寝なくても死にはしないでも「今」しなくちゃ「それ」は簡単に死んでしまうんだよそういってあなたは命を削るような仕事の仕方をする...続きを読む >> [続きを読む]
  • 優しい強制
  • あなたの、強制は常に優しくあなたの、させたい通りに、させられるあなたに、されたいことを要求されるこの似て非なるふたつの歓びを同時にわたしにくれるえ?...続きを読む >> [続きを読む]
  • わたしの部屋でふたりきりの夕食を終え あなたが食器を洗ってくれた 後ろから腕をまわすと洗いかけのお皿がカチャと音をたてるしづかに...続きを読む >> [続きを読む]
  • しぜんのしくみ
  • 休日の夕方 あなたが帰ってゆく時間わたしとあなたは名残惜しそうに、しぜんのしくみの通りにこの休日のあいだ、何回もつながって合間あいまに愛の...続きを読む >> [続きを読む]
  • 彼とのこと
  • 改めまして。知世といいます。2年前に前夫と離婚しました。理由は、前夫の浮気です。現代においては何の驚きもない理由ですが、当時は私なりに傷つきました。幸い、子供がいなかったのでお金だけの円満解決という形で、私の結婚...続きを読む >> [続きを読む]
  • 淫らな口
  • 僕が今、ふたり居たら、どうする?動物の姿のわたしの背中にあなたの囁きが、降るそんな・・・・欲しいそれが、もうひとりの僕だよそう手渡されたのはあなたのに似...続きを読む >> [続きを読む]
  • 切らないで
  • わたしのからだが覚えているあなたの感触。今夜は 受話器からダイレクトに伝わってくる。あなたが隣にいない分あなたをもっと欲しくなる。切りたくない。打ち上げても ...続きを読む >> [続きを読む]
  • 傷口
  • 昨夜、またわたしたちは慈しみ合い帳の中で溶けながら手を取り合って、一緒に溢れたなのに、あなたはわたしから脱け出してその余韻に拡がる、わたしの溶けた傷口に人指し指を入れるよう、優しく強制する...続きを読む >> [続きを読む]
  • あなたの、昔の彼女のあれを見てしまったのでしょう?あなたは覗いてしまったのでしょう?何をしていたのか思い出してみて彼女は、自分でしていたのでしょう?こんな風に多分、あなたに見せていたのだと...続きを読む >> [続きを読む]
  • 溶けてしまう
  • あなたに見下ろされ わたしはそっとショーツに指をかけるわたしが幸福になるために、あなたに魅せて、もっと求められるために あなたを 想うと、わたしは 溶ける愛しいだけで、わたしは 溶けるからだの芯から...続きを読む >> [続きを読む]
  • 震えながら
  • 声を出すことを、あなたは、許してくれない。 わたしが、どれだけ幸せで、どれほどあなたに、それを聞かせたいかを。だって、わたしをソファに座らせて、後ろ手にタオルで縛られて、動くことも許されない。続きを読む >> [続きを読む]
  • あなたは蜂になり、その隠した針の先から甘い香りを放ってわたしに問いかけてくる 「蜜はどこ?」わたしはあなたに見えるように、桃色の花を咲かせてあなたの好きな蜜を出して答える...続きを読む >> [続きを読む]
  • 嬉しいよ
  • ねぇ、渇いた喉を潤したいよ。今すぐ ねぇ、嬉しいよ あなたの中心にある幹が、わたしを欲してくれているからねぇ、溢れ出すあなたの熱い樹液を、こぼれないように ...続きを読む >> [続きを読む]
  • 動物のよう
  • あなたと脱いだ靴を揃えたらその部屋の床の上で、ベッドの上でわたしは四つ足の動物に姿を変える背後からあなたに追われ わたしは泣き続ける背後からあなたに捕われ...続きを読む >> [続きを読む]
  • 歓喜の声
  • あなたの唇のせいわたしはいくつも 襞をめくられて、裸の女になっている あなたの唇のせい 芯に触れられるたびに、温かい粘液を分泌し続ける続きを読む >> [続きを読む]
  • 春の匂い
  • 上からも下からも攻められているみたいわたしの奥に閉じこもっていた特別な声と表情が激しく溢れ出すような気がする夢に泣き現実に跪くたびにわたしの...続きを読む >> [続きを読む]
  • はじめまして
  • はじめまして。知世といいます。3年前に離婚、子供はなし。元主人の浮気が原因でした。お金だけで解消された結婚生活。それはそれでいいとは思いますが、私なりには傷ついたりもしました。仕事は続け、周りの既婚の友人たちにも...続きを読む >> [続きを読む]
  • 過去の記事 …