青森県精子提供ボランティア スタリオン さん プロフィール

  •  
青森県精子提供ボランティア スタリオンさん: 青森県精子提供ボランティア スタリオン
ハンドル名青森県精子提供ボランティア スタリオン さん
ブログタイトル青森県精子提供ボランティア スタリオン
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/aomori_stallion
サイト紹介文東北の青森県を中心に個人精子バンクをしています。男性不妊のご夫婦等に無償で提供致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 38日(平均8.5回/週) - 参加 2018/03/18 19:27

青森県精子提供ボランティア スタリオン さんのブログ記事

  • 不妊治療で女性死亡 処置誤った疑いで医師書類送検へ
  •  本当に例外中の例外だとは思いますが、あってはならないことです。不妊治療で女性死亡 処置誤った疑いで医師書類送検へ通常の妊活をして、一定期間成果がなければ不妊治療の検査をするのは当然のことです。ですが、やはり死亡事故が起こるということは、こういった名門の大病院ですらミスは起こるということなのでしょう。一度は必ず検査をしなければなりませんが、女性パートナーに何度も検査を受けさせるということは、極小で [続きを読む]
  • 精子提供を受けようか悩んでいる女性へ 2/2
  • 昨日からの続きになります。 ・貴方は、精子提供者からの精子提供をとても苦痛を伴うことだと思っていませんか? 精子の提供を受けるにも様々な方法があります。代表的な方法がシリンジ法によるセルフ人口受精です。この方法であれば、ご自身またはパートナーの補助により、柔らかく細いチューブを貴方の体に入れて精子を注入するだけです。痛みは殆どありませんし、ご自身で実施されるのでしたら、それは更に確実です。もう一つ [続きを読む]
  • 精子提供を受けようか悩んでいる女性へ 1/2
  • ・貴方は、第3者からの精子提供で妊娠しようとしていることに強く悩まれていませんか? それは、とても大事なことです。貴方の生活、人生の中には普通に結婚して、お母さんとお父さんが愛し合って出来た子供達であふれています。ですが、それが叶わないご夫婦、夫を必要とせず母になりたい女性もいるのです。この日本国においても、女性だけで子供を育てていく方は、これから増えていきます。貴方のしようとしていることは、これ [続きを読む]
  • 精子提供を受ける前の不安
  •  私はまだご提供の実績がないのですが、先輩提供者のブログを見ると、やはり提供を受けようと考える女性はドナーと会うまでの期間がとても不安に感じるようです。見ず知らずの男性から遺伝子、精子を貰うという行為ですから、当然と言えば当然かも知れません。世間からみればまだ理解されにくい行為ですし、既婚の女性であれば男性不妊の旦那様を傷つけたくない葛藤もあるでしょう。ですが、提供者と面談をして一度信頼関係が築け [続きを読む]
  • 婚難の中で「私の選択シングルマザー」②
  •  今日も青森県のローカル新聞からの引用になります。他県の方はすいません。尚、新聞では今日の記事が第5回目で最終回とのことです。「結婚には向かなかった」というタイトルで愛知県に住む39歳の女性のお話でした。この女性は、30歳で結婚し33歳頃から妊活に励み、不妊治療も試みましたが上手く行かず、夫婦仲がギクシャクし離婚に至ったとのことです。夫と離婚協議を始ている最中に、新しい男性と出会い、妊娠、出産に至 [続きを読む]
  • 大都市の提供者は大変そうです
  •  毎日自分のブログを書くと共に、他の提供者のブログをチェックするのも日課になっています。毎日毎日更新するマメな提供者は一部ですが、数日に一回の方は結構います。その中でも、辞めてしまった人、受け入れの制限をしている人など、東京や大阪では精子提供を受けたい女性の数に対して、精子提供者の供給能力が追い付いていないのではないかと思います。これだけ精子提供の依頼があるのであれば、私の所も沢山依頼が来ても良い [続きを読む]
  • 婚難の中で「私の選択シングルマザー」
  •  今日は青森県とその近郊にお住まいの方に限定した内容になります、他地区の方はご了承下さい。青森市に本社のある新聞、東奥日報にタイトルの記事が連載されています。電子化されておらず、記事の内容も著作権に触れる恐れがあるため、限定的に引用します。本日は第4回で、米国の精子バンクを利用して妊娠した漫画家「華京院レイ」さんの記事でした。この方は、FTMではなく、Aセクシュアル、無性愛者ということでした。ですが、 [続きを読む]
  • 精子提供活動を批判する方の心理 2/2
  • 昨日の続きになります。Channel FARM:子供が欲しくてもなかなか出来ない女性、結婚したくてもなかなか結婚できない女性もいると思います。女性を助けたい、そういう思いもとても大切で凄く良いことだと思います、本当にありがたいことだと思います。でも、この方法は家族関係、人間関係までも崩壊してしまうと思います。S:お姉さん、自分で言ってることが最初と最後で矛盾してませんか?尚、大阪の夢音符先生はご出産実績40人超 [続きを読む]
  • 精子提供活動を批判する方の心理 1/2
  •  一昨日のブログの続きの内容になります。私も含め、ほぼ全ての精子提供者が他者からの批判に曝されながらこの活動をしています。中には、酷い誹謗中傷に耐えかねて活動を頓挫してしまった方もいるかも知れません。ほとんどの精子提供者や精子提供を受けようと考えている女性は、この動画を見たことがあるかも知れません。https://www.youtube.com/watch?v=JDMS3beeUYI2014年2月のクローズアップ現代で精子提供サイトが特集された [続きを読む]
  • また一人精子提供者が引退されました
  •  以前も私が好意的に感じていると書いた関東のシリンジ法限定精子提供者、ゆきのぶさんが本日で新規の受付を終了されたそうです。継続中の方には引き続きご提供するそうですが、ゆきのぶさんの精子提供活動も一区切りと言ったところでしょうか?ブログを開設されて542日だそうで、何人かの女性はゆきのぶさんの精子で新しい命を育まれていきました。本当にお疲れ様でしたとゆきのぶさんには申し上げたいです。また活動の再会に含 [続きを読む]
  • 精子提供活動に対する批判
  •  まず、タイトルの内容に関するブログを書く前に、昨日でブログを開設してから2ヶ月経ちました。毎日の訪問して下さるIPは100前後ですが、皆様に読んで頂けているという励みの元に2ヶ月頑張れました。またこれからもブログの更新、実際のご相談や面談等をしっかりと頑張って行きたいと思います。最初の頃に、東京の先輩提供者から「新しい提供者でも基本的には、毎日毎日、blogを更新することで、2ヶ月やり抜けばほぼ必ず依頼者 [続きを読む]
  • 1周期当たりの妊娠可能期間
  •  今日はたまひよONLINEがらの引用です。どうしたら妊娠するのか知っていますか?【妊活たまごクラブ】 既にこのブログを読まれている方は、私以上に妊娠のメカニズムに詳しい方も多いと思われますし、妊活中の女性もいらっしゃるでしょうから、釈迦に説法のような点もあるかと思いますが、稚拙な点はご容赦下さい。記事の中では性交日となっていますが、私の場合は精子提供者なので、シリンジ法も含めた精子提供日と読み替えてい [続きを読む]
  • 精子提供者として人とどう接するべきか?
  •  色々なご意見、批判を頂くものの、このブログの更新も含めて活動は続けております。今日は、精子提供者として他の方とどう接するかという私の考えです。精子提供者が接する人達に関しては、まず提供を希望する女性、カップルやご夫婦の方であればパートナー(男女問わず)、情報交換をする他の精子提供者、批判や意見を書き込んだりメールして下さる第3者・・・。こう言った方達だと思います。どんな方達であれ、私の活動や私自 [続きを読む]
  • バイオリズムの悪い時
  •  詳細は伏せますが、私のミス、過失により他地区のある精子提供者様にご迷惑をお掛けしてしまいました。原因はその提供者様に対して守るべき約束を、私がすっかりと忘れてしまったことによるものです。先日、愛情くんに「この青森県の提供者は信用できません」と書かれた(修正済み)は、やりとりしていた方からの放火であり、私も被害者のような状態だったのですが、今回は完全な私の失火、ミスでした。決して悪意はあった訳では [続きを読む]
  • 東北に精子提供の需要はあるのか?
  •  さっぱり提供依頼のメールが来ないので、大分不安になってしまいました。昨日ですが、大阪の大先輩ドナーの方に、同意書のフォーマット利用許可と東北での提供実績を聞いてみました。教えて頂いた先生のご提供活動に支障がでるので詳しくは書けないのですが、さすが10年の大ベテラン、実績は数件あるそうです。本来であれば関東の先生に聞くべきなのですが、あまりにも実績が多く人徳者の先生なので、きっと東北からも東京や名 [続きを読む]
  • 胎児のエコー写真
  •  昨日、関東でシリンジ法オンリーで活動されている、ゆきのぶさんのブログに胎児のエコー写真と提供を受けた女性からのメールが掲載されていました。喜ばしい限りで、本当におめでとうございますと申し上げます。シリンジ法オンリーの方なので、提供希望者の女性とは面談と精子の受け渡し作業のみでご懐妊に至った訳です。決して肌の触れ合いがなくても結果を残せるということを実証されている訳で、若いのに大変立派な提供者だと [続きを読む]
  • 性同一性障害で初の保険適用手術
  • 今日は山陽新聞デジタル版の記事からの引用です。性同一性障害で初の保険適用手術 岡山大病院、費用自己負担3割に心と体の性が一致しない性同一性障害、所謂GIDの方に対しての性転換手術に対して、日本国内で初の保険適用手術が施術されたようです。皆さんは性同一性障害という方達の存在にいつ頃気付かれましたでしょうか?私が知ったのは、2001年からの金八先生第6シリーズで、鶴本直(上戸彩)という性同一性障害(この場合は [続きを読む]
  • 日本で活動する個人精子提供者の数
  •  先日、ある東京の精子提供者の方のブログに、国内で活動する精子提供者は40〜50人と記載されていました。私も正確な統計は取っていないのですが、実態としてはそれ位の数ではないかと思います。数を調べようにも、提供者のブログやHPの数を辿るしかないのですが、2014年とか2015年から長期放置されている方も散見されます。サイトが閉鎖されていれば活動を終了したと判断できるのですが、休眠状態でサイトが残っている方はノーカ [続きを読む]
  • 医師が自分の精子で患者の不妊治療、生まれた子供らが提訴
  • 今日は、北米CNNの記事から引用します。医師が自分の精子で患者の不妊治療、生まれた子供らが提訴 1980年に誕生された方が提訴されたので、実際にこの医師が精子提供をしたのは1979年頃、40年近く前の出来事だと推測できます。現在はインターネットが発達し、私のような個人精子提供ドナーからの精子提供を受けることも可能な時代になりましたが、40年近く前のパソコン通信すらなかった時代でも、不妊に悩む女性からの精子を渇望す [続きを読む]
  • シリンジ法の具体的な提供プロセス
  •  本日、関西で精子提供をしておられる、ひかり様のブログにシリンジ法でのご提供に関する具体的な説明がありました。精子提供ボランティア ひかりスタリオンと同時期に提供活動を始められた方ですが、かなり熱意のある方で、特に本日のブログは図面や写真入りで大変読みごたえがありました。こういう方と切磋琢磨して提供活動に邁進していければ、私としても大変喜ばしい限りです。私もまだシリンジ法キットを購入していなかった [続きを読む]
  • 精子提供者になれるか?
  •  今日、県内在住の30代の男性からですが、「提供者になれますか?」という短文のメールを頂きました。 たぶん、私のブログをあまり見ていない方なのだと思うのですが、私も2月に始めたばかりで実績なし、他の方のコンサルティングをする能力はありません。他の先輩提供者をみても、新規に精子提供を始めようとする男性に対してコンサルティングをしてくれる方はほとんどいないような気がします。例外として、提供者歴10年の大阪 [続きを読む]
  • ご意見は多数頂いております
  •  2月に活動を開始してから、まだ面談までの実績はありません。3月は活動実績が全くゼロでした。始めたばかりであり、何分地方での活動なのでこれが現実です。ご相談のメールはゼロですが、ブログのコメント欄にご意見は多数頂いております、大変ありがたい限りです。リニューアルの際消えてしまいましたが、男性からのご意見も頂いており、そちらも大変嬉しく思います。一番多いのは、私がこの活動に対し、ただ「ヤリタイ」だけ [続きを読む]
  • 選択的シングルマザーの法的な位置付け
  •  今日は弁護士の先生のブログからの引用です選択的シングルマザーの法的問題このブログの説明では、匿名の精子提供者から提供を受けて妊娠した女性を例にしていますので、今後私からの提供でも当てはまる方が出てくるのではないかと思います。まず、非婚で出産した子どもは,非嫡出子(婚外子)となります。できちゃった結婚で婚姻届けを出す前に出産する場合も非摘出子になります。血縁上の父は匿名の精子提供者ですが、私も含め [続きを読む]
  • 39歳以上でもご提供します
  •  他の提供者様のブログに、提供年齢を39歳までに制限している方がいます。実際に精子提供で妊娠を達成するのは、精子提供者、提供を受ける女性共に大変な努力が必要な行為であり、成功の可能性を追求すると女性の年齢を30代までに制限するのもやむを得ないのかも知れません。しかし、それではまだ妊娠の可能性のある40代の女性に対する精子提供者としての使命を果たせないとスタリオンは考えます。決して、ご提供を30代ま [続きを読む]