きまぐれ店主 さん プロフィール

  •  
きまぐれ店主さん: ことばこ 開けたり閉めたり
ハンドル名きまぐれ店主 さん
ブログタイトルことばこ 開けたり閉めたり
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yon0221/
サイト紹介文気まぐれ店主の気まぐれ日記。 フォトと言葉のコラボレーションもついでに。ゆるりと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 33日(平均2.3回/週) - 参加 2018/03/18 05:58

きまぐれ店主 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 月の橋を渡る 気まぐれ店主の独り言
  • 古い友が呟く。まったく、ここにあるものたちはどれもこれも、後ろも前も見失ったものばかり。なのに妙に静かで穏やかで。わたしはね、あんたには勝っているはずなんだよ、絶対にね。なのにここに来るとどうしてか少し後ろめたい。あんたのそのイチ抜けたみたいな毎日が羨ましいわけじゃないんだ。なのに、どうしてかね。ここにはオシャレな飲み物とかないのかい?友はそう言いながら満足そうにいつものお茶を飲み干す。店主の背中 [続きを読む]
  • 野花と向き合う。 気まぐれ店主の独り言。
  • 俯き加減な客がくる。不要なものを売れますか。うちは大切なものしか置かない。誰かの大切なものは、何処かの誰かの大切なものになる。本当に不要なものは貴方の知らないうちに消えてしまうもの。まだ消えてはいないのなら、もう一度抱えてみることだ。肩を落とした客は抱えたものをじっと見る。店主の背中で壊れた古時計の鳩が壊れた声で正午を告げる。 [続きを読む]
  • きまぐれ店主の独り言
  • 店主は本日休業の小さな札をドアノブに掛ける。店が休みでも困る人も落胆する人もいないのだが。律儀なのか習慣なのか。ふらり旅の先は隣町の商店街だったり、川向こうの野っ原だったり。これもまた何てことはない。 [続きを読む]
  • 今日の一枚
  • 路地裏のひなびた店は、自分の好きなものだけ並べた何とも無愛想な店だ。店主はゆっくりとお茶を飲む。ここだけは季節がゆっくりと流れる。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …