シュン さん プロフィール

  •  
シュンさん: ある日の美術
ハンドル名シュン さん
ブログタイトルある日の美術
ブログURLhttp://www.aruhibi.com/
サイト紹介文絵に文字クリエイターのシュンです。仙台にいて絵を描いたり書など、もろもろ美的なことを研究してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 275日(平均3.9回/週) - 参加 2018/03/18 10:17

シュン さんのブログ記事

  • 手のひら
  • よく手のひらってありますよ。僕は、いつも経済的にカツカツなんでよく手のひらを見ます。はたらけど、はたらけど、猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見つめるんす。by啄木僕の場合絵を描きたくて働かないので暮らすのがしんどいだけなんですが。下のやつは饅頭みたいですが、これは手のひらです。手のひらにはだいたい見た感じ8つの骨がありますよね。ちょっとね、いつ誰に聞かれてもササっと描けるようになったら男だぜ!とか [続きを読む]
  • 目のあたり
  • 目のあたりを覚えたく存じ候。目のまわりの筋肉は2階層で理解するらしい。左上のやつが骨から直ぐ上の階層で、左下がさらにその上にある筋肉でして。目が四つもあると怖い。こわっ!!怖いので、ホラー調にしてみました。右側は上が神経で下が血管です。いつも頭蓋骨を描いているときに、何だろうね、この穴は?鼻のとなりとか、目の上のところに小さな穴が開いていて、これじゃ、ここから水が漏れちゃうよ?!と不思議に思って [続きを読む]
  • 肩のところ
  • 肩には大きく4つか5つの筋肉がくっついています。棘上筋と棘下筋と小円筋と肩甲下筋の四つです。あとは、えーと大円筋があります。この絵では描かれてませんが、小指に当たる筋肉が大円筋です。ところで絵には「ちょくじょうきん」と書いてあります。これは僕が読めない漢字だったのでフリガナをふったんですが、間違っていました。正確には「きょくじょうきん」でした。「きょくじょうきん」でも「ちょくじょうきん」でも聞こ [続きを読む]
  • 広頚筋(広頸筋)
  • 人にはたくさん筋肉がありますよね。ちょうど顎の下あたりから首のあたり一帯に伸びる筋肉に広頸筋ってあるんです。口を力いっぱい、いー!ってした時に皮膚の表面に見えるやつです。薄っぺらい筋肉でね、下のギザギザのことろがチャームポイントです。筋肉の始まりと終わりを、学術的な表現では起始と停止と言っていて。「起始」は中心に近い側を、「停止」は中心から遠いところを指します。(ウィキペディアより)広頚筋(こうけ [続きを読む]
  • ドガの彫刻
  • ドガの彫刻を見た。写真だけどさ。それで「あ!!!」と思う。それで、何が凄いんだろうか?と模写してみたんです。ドガの、この凄さはどこから来るんでしょうかね。自分も「あ!!!」と思われるような作品を作れるようになりたいもんです。 [続きを読む]
  • 日なたのダイダイ
  • 僕はダイダイが好きだ。橙を見ると、なんだかグッとくる。橙が赤に近づいていくと、少しずつ気持ちがさめてくる。橙が黄色に近づいていっても気持ちが離れていく感じがあるんだな。そういうことで自分のテーマカラーはオレンジなんだろう。だから他の色を塗るときより少しだけ大切にしていきたい。 [続きを読む]
  • 留め金
  • 最近は仕事先に電車を使うことが多いです。電車はレールの上を走っていく乗り物で。朝、駅のホームで電車を待っているとレールがよく目に入るもんです。レールをよく見れば、すべてボルトで固定されているわけじゃありません。レールに穴を開けてボルトを止めることはそもそもしてないようです。それじゃ、どうやってレールを固定しているのかといいますと、2種類の留め金で固定されています。ひとつは小さな鉄の板片でレールの足 [続きを読む]
  • 夜に光り
  • 夜に見る光りって微かなものでも、何故だかね、尊いもののように感じます。 [続きを読む]
  • 取っ組み合う
  • こんばんは、寒いのに半袖で居るシュンです。最近はさ、覚悟しました。人物をドガのように描けるためには描きまくるしかないんだよね、きっと。しかも、単に見て描くだけじゃなく、構造を理解して描くようじゃないとドガのようには、きっと、ならないよな。人物ってむつかしいなぁ。それで、先月あたりから、指三本分だから、6センチくらいの厚さの医者の為の解剖学の本を借りてきて、それ見て描くことにしました。右手をご覧くだ [続きを読む]
  • だんだんと秋
  • 最近はさ、風もひんやりしてきた仙台です。だんだん、だんだん秋だなぁ。緑も枯れた色、そう、こんな感じの色になってきて。色ぬりしてきて、もう20年近くなるけれど、文字なんて子供の頃からやってきて、今でも毎日やってんです。文字も、色ぬりも、何だってこんなお金にもならないようなことに必死になってるのさ。誰に見せても、ピンときてないでしょう?文字を書いていると、いつになったら良い字が書けるんかなー?と思う [続きを読む]
  • 字を書いているうちに日が暮れて
  • 今日は、無性に文字を書きたくて書きたくて文字書き三昧の一日でした。それでも、なんだかまだ書き足りなくてウズウズしています。朝は2時くらいに目が覚めましてね。0時くらいに寝たのにすぐに起きてしまいました。それで、2時間くらい字を書いたでしょうか、疲れたので寝ました。次に目覚めると6時でした。それで、また文字を書き始めて、2時間くらい書いて疲れて寝ちゃいました。午後からは仙台メディアテークという場所で宮 [続きを読む]
  • 平成30年俊一個展風景(9月16日〜30日)
  • 平成30年(2018)の個展風景、9月30日本日17時までやって終了です。小さな展示ですが、思っていたより良く出来ました。まだ終わってませんが、これまでお越しくださいました皆様、ありがとうございました??#個展開催中 #仙台 #抽象 #風景画 #油彩 #アクリル画ほとんどが、額装されていませんが、それでも、まぁ、良い感じ。グチャグチャ系の絵は、小奇麗な会場にピッタリきました。左の箱の中に色を塗った作品はとて [続きを読む]
  • 色を塗ること
  • 僕は人に説明することが苦手です。いつも結論から話していこうとするので、苦しくなります。今日、まさにその時があったけど、うまく色ぬりのことを説明できませんでした。それで悔しいので今後のために、一言で色を塗るってことは何なのか?を前もって用意しておきたい。それであれば、忘れなければさ、不意の時にも対処出来るかもしれません。色を塗るってことは何だろう?一言で表現すれば「自分を知り、自由を知るってこと」 [続きを読む]
  • 桜色の
  • 単色というのを大事にしていこう。自分にしかない単色を追求していきたい。単色に見える変化の中にこそ個性を込めていけるようになろう。色ぬりと文字は似ている。個性に捕らわれると個性が潰れていく世界。しかし、何が個性なのか?と聞かれても返答に困る世界。 [続きを読む]
  • 太陽光発電を買うってこと
  • エネルギーというのは他の追随をゆるさぬ一つの美だ、と感じるのは僕だけじゃないだろうと思う。あの眩しすぎる太陽の熱と力。太陽が無かたったら、草木も生えないし、そもそも地球すら無かったろうね。太陽に限らず、小さなロウソクであってもよく見つめれば確かに美しさがそこにあります。人類はエネルギーを作るために相当な労力を費やしてきたし、今現在も私たちは電気料金から再エネ発電賦課金として再生エネルギー開発の応援 [続きを読む]
  • バックホー
  • バックホーはスゴイよ。バックホーの絵を描こう。一人で何日もかかる穴掘りをチャチャッとやってしまう奴バックホーを見ると、希望と悲しみと怒りが交錯するスコップしかないときには、バックホーがあったらなと思うバックホーが山を平らにしたところに立つと悲しみと怒りがやってくるこんな調子じゃ富士山が平地になる日も遠くないかもね [続きを読む]