Tea.Fujii さん プロフィール

  •  
Tea.Fujiiさん: 車中泊ステーション
ハンドル名Tea.Fujii さん
ブログタイトル車中泊ステーション
ブログURLhttps://motorhome-sta.com
サイト紹介文車中泊ステーションでは、キャンピングカーではなく普段使いのクルマでの快適な車中泊をご紹介しています。
自由文車中泊ステーションでは、キャンピングカーではなく普段使いのクルマでの快適な車中泊をご紹介しています。
普段使いのクルマとは、ミニバン、SUV、ステーションワゴン、軽自動車などです。
車中泊に便利なグッズの紹介や、車中泊に適した車の紹介、新車・中古車相場などをご紹介しています。
ジムニーでの車中泊の旅記録もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 258日(平均3.6回/週) - 参加 2018/03/18 10:58

Tea.Fujii さんのブログ記事

  • 【冬用グッズ】冬のドライブグッズ[2018年版]
  • 雪の降る地域に住んでいる方は毎年のことですから敢えて説明するまでもないですが、旅行などで雪の降る地域に初めて行かれる場合は不安ですよね。特に冬場は天候が変わりやすいですし、局所的に天気が悪いこともあります。万全の備えあれば憂いなしです。そんな方のために雪道のドライブグッズをまとめました。スコップ駐車場から出入りする時に、周辺の雪をかくのに無いと困るのがスコップです。冬の車中泊・ドライブの必携グッズ [続きを読む]
  • 【クルマ】スペーシア ギアで車中泊をEnjoy! できる予感?!
  • スペーシア ギア(Spacia GEAR)が12月にデビューします。SUV仕様でキャンプや釣り、サーフィンなどのアクティビティでの活用を打ち出しています。当然、車中泊での利用も想定範囲だと思われます。現時点で詳しいスペックはわかりませんが、外観はスペーシアに近く、基本性能もスペーシア、スペーシアカスタムと同等かと思われます。※スズキ株式会社の公式HPから画像を引用⇒スズキのスペーシア ギア公式サイトはコチラ買い替え [続きを読む]
  • 【テクニック】スマホで撮るだけ瞬間査定『DMM AUTO』
  • クルマの買い替えは、用意周到に準備してバッチリ成功させたいライフイベントの一つです。しかしながら、ほとんどの人は新しく買うクルマの比較検討や値引き価格にばかり気を取られて今のクルマの買取額に無頓着だったりします。今のクルマの買取額を新しく買うクルマの購入資金に充てることを考えると、今のクルマの買取額を正しく査定してもらうことは、とても大切なことなんです。ただ、そうはいっても手間がかかるようだと躊躇 [続きを読む]
  • 【テクニック】車の買取価格がぐんぐん上がる『ユーカーパック』
  • クルマの買い替えは、用意周到に準備してバッチリ成功させたいライフイベントの一つです。しかしながら、ほとんどの人は新しく買うクルマの比較検討や値引き価格にばかり気を取られて今のクルマの買取額に無頓着だったりします。今のクルマの買取額を新しく買うクルマの購入資金に充てることを考えると、今のクルマの買取額を正しく査定してもらうことは、とても大切なことなんです。相談は無料ですし、高価な買取額を提示してもら [続きを読む]
  • 【クルマ】新型デリカD:5で車中泊をEnjoy! できる予感?!
  • デリカ D:5(デリカ ディーファイブ)は、三菱自動車工業が製造・販売しているSUV・ミニバンで、世界で唯一のオールラウンダーミニバンをコンセプトに開発されています。ビッグマイナーチェンジされた新型の正式発表と発売は2018年度中を目途にしているようですが、予約受注は、2018年11月21日からはじまっています。パワートレインは、エンジンはディーゼル、駆動方式は4WDのみと、もっともデリカ D:5らしい売れ筋に絞りつつ、悪 [続きを読む]
  • 【グッズ】簡単ではない!湯沸かしグッズ[2018年版]
  • 車中泊では、キャンピングカーでもない限り、クルマは主に睡眠用に使い、車内で料理はせずに道の駅やレストラン等で食事するという人が多いのではないでしょうか。私も旅先の名物を食べたいということもあり、もっぱらそうしています。料理はしないとしても、お湯が必要な場面はかなりあります。お湯を沸かすことができると、コーヒーを飲んだり、インスタントラーメンを食べたり、湯たんぽに使用したりできて本当に便利です。とは [続きを読む]
  • 【冬用グッズ】その他の防寒アイテム[2018年版]
  • 冬の車中泊の防寒対策として、ベース、ミドル、アウターの3層の重ね着が重要ですが、服で覆えない頭や手も防寒対策を取ることで快適に過ごすことが出来ます。ニット帽シュラフではカバー仕切れないのが頭と首です。マミー型のシュラフならまだ良いですが封筒型だとほぼ無防備になるので帽子でしっかりカバーしましょう。耳までスッポリ覆えるタイプだとさらに暖かいです。洗濯しやすい化繊のものがおすすめです。モンベル リブニ [続きを読む]
  • 【冬用グッズ】寒い季節のベースレイヤー[2018年版]
  • 冬の車中泊の防寒対策ではシュラフが重要ですが服装も重要であり、就寝時の服装を工夫することで暖かさが随分違います。レイヤリングの基本的な考え方登山では、レイヤリングといって、ベース、ミドル、アウターの大きく3層で重ね着し、重ね着した衣服を脱ぎ着する事で気象の急激な変化や自身の体調の変化に柔軟に対応します。要は重ね着のことです。ベース肌に触れるレイヤーのことで、肌着と考えていただくと分かりやすいです。 [続きを読む]
  • 【冬用グッズ】寒い季節のベースレイヤー[2018年版]
  • 冬の車中泊の防寒対策ではシュラフが重要ですが服装も重要であり、就寝時の服装を工夫することで暖かさが随分違います。レイヤリングの基本的な考え方登山では、レイヤリングといって、ベース、ミドル、アウターの大きく3層で重ね着し、重ね着した衣服を脱ぎ着する事で気象の急激な変化や自身の体調の変化に柔軟に対応します。要は重ね着のことです。ベース肌に触れるレイヤーのことで、肌着と考えていただくと分かりやすいです。 [続きを読む]
  • 【冬用グッズ】寒い季節のミドルレイヤー[2018年版]
  • 冬の車中泊の防寒対策ではシュラフが重要ですが服装も重要であり、就寝時の服装を工夫することで暖かさが随分違います。レイヤリングの基本的な考え方登山では、レイヤリングといって、ベース、ミドル、アウターの大きく3層で重ね着し、重ね着した衣服を脱ぎ着する事で気象の急激な変化や自身の体調の変化に柔軟に対応します。要は重ね着のことです。ベース肌に触れるレイヤーのことで、肌着と考えていただくと分かりやすいです。 [続きを読む]
  • 【冬用グッズ】寒い季節のアウターレイヤー[2018年版]
  • 冬の車中泊の防寒対策ではシュラフが重要ですが服装も重要であり、就寝時の服装を工夫することで暖かさが随分違います。レイヤリングの基本的な考え方登山では、レイヤリングといって、ベース、ミドル、アウターの大きく3層で重ね着し、重ね着した衣服を脱ぎ着する事で気象の急激な変化や自身の体調の変化に柔軟に対応します。要は重ね着のことです。ベース肌に触れるレイヤーのことで、肌着と考えていただくと分かりやすいです。 [続きを読む]
  • 【テクニック】自動車保険の見積は『一括見積もりサイト』がおすすめ
  • 自動車保険の契約は、年に一度ですが、仕事やプライベートで時間が取れないと前の契約内容でそのまま更新する事が多いのではないでしょうか? (私はよくあります。)クルマを買い替えたり事故を起こしたりしなければ、大抵は前年度より安くなりますから、何となく割安感があって「まあいいかな」と思って良く考えずに契約してしまうこともありますよね。(これも私です。)大手保険会社であれば、事故対応やロードサービスのサー [続きを読む]
  • 【冬用グッズ】冬の必需品 シートヒーター[2018年版]
  • 今回は、車中泊の話では無く、冬のクルマの装備の話です。私の愛車、ジムニーJB23にはシートヒーターが標準装備されています。ジムニーにはおよそ似つかわしくない快適な装備ですが、雪道に強い4駆で寒冷地で使用されることが多いから標準装備されているのでしょう。私自身、シートヒーターを使うまではエアコンがあれば充分と考えていて、クルマを買った時は必要性をほとんど意識していなかったのですが、使えは使うほど無くては [続きを読む]
  • 【冬用グッズ】冬の必需品 湯たんぽ[2018年版]
  • 車中泊時の就寝の際、保温力の高いシュラフを使っていても冷え切ったシュラフに入るのは気が進みませんよね。そんな時シュラフを温める手段があると随分と違うのではないでしょうか。今回は湯たんぽについてご説明します。湯たんぽは、就寝する時間の30分から1時間程前にシュラフに入れておくとシュラフを温めることが出来ます。シュラフの背中から腰が当たるところを温めておくと、寝たときに体幹を温めることが出来、体全体を温 [続きを読む]
  • 【グッズ】車中泊専用シュラフ ロゴス:ミニバンぴったり寝袋
  • ロゴスから車中泊専用のシュラフが出て人気となっていますので、ご紹介します。その名は、「ミニバンぴったり寝袋」です。⇒ ロゴスの人気商品 ミニバンぴったり寝袋・-2 「ミニバンぴったり寝袋」の特徴二人で仲良く就寝できます二人が就寝できる大型サイズのシュラフです。二人で車中泊旅行をするときにはちょうどいいですね。ミニバン専用の設計なので、室内サイズに合っていて無駄がありません。分離すれば、2つの寝袋として [続きを読む]
  • 【冬用グッズ】寒い季節のシュラフ+α[2018年版]
  • 紅葉の季節になり、秋といっても夜中の冷え込みがきつくなってきました。3シーズン用のシュラフでは山などの高度の高いところに行くにはそろそろ心もとないですよね。今回は3シーズンのシュラフをベースに寒さをしのぐ+αのアイテムをご紹介します。勿論、冬用シュラフの+αとしても使えますよ。シュラフの2枚重ね服でも寒い時期は2枚重ねしますよね。その結果モコモコに着ぶくれして動きづらくなる。まさにそのイメージです。冬 [続きを読む]
  • 【冬用グッズ】快眠の必需品 シュラフ(冬用)[2018年版]
  • 冬の車中泊用のシュラフについて説明します。冬にシュラフを選ぶ場合は保温力が唯一の基準と言っても過言では無いでしょう。クルマは思っている以上に密閉性、保温性が無く、暖房を切った状態では外気温とほぼ等しい室温にまで下がります。風を遮れるので体感気温としては幾分寒くない程度であり、真冬の深夜から明け方の気温では低体温症となる可能性もあります。また、積雪時にエンジンを掛けっぱなしにして寝ると、マフラーが塞 [続きを読む]
  • 【冬用グッズ】冬の必需品 ホットブランケット(電気毛布)[2018年版]
  • 冬のドライブではエアコンが欠かせませんが、エアコンの場合暖かくなるのに時間が掛かったり、空気が乾燥したりという問題もありますよね。女性の方は冷え症のためクルマにブランケット(毛布)を載せて使用している人もいるかと思います。ブランケットがあるだけでも全然違いますが、ホットブランケット(電気毛布)だとヒーターが内蔵されている分更に暖かいです。ホットブランケット(電気毛布)の種類別の特徴電源により、USB [続きを読む]
  • 【旅】「新潟の絶景スポット」めぐり(5日目)
  • 一週間の休暇を利用して、2018年9月10日(月)から14日(金)の5日間、車中泊の旅に行ってきました。テーマは、「新潟の絶景スポット」めぐりです。新潟の南部、糸魚川・妙高から十日町・魚沼市のあたりを旅してきました。⇒4日目はコチラ【5日目】9月14日(金) 道の駅 うなづき⇒砺波チューリップ公園⇒白山比咩神社⇒山代温泉 源泉足湯道の駅 うなづき昨夜は土砂降りの雨で写真を撮れなかったので、朝取りました。 となみチューリ [続きを読む]
  • 【旅】「新潟の絶景スポット」めぐり(4日目)
  • 一週間の休暇を利用して、2018年9月10日(月)から14日(金)の5日間、車中泊の旅に行ってきました。テーマは、「新潟の絶景スポット」めぐりです。新潟の南部、糸魚川・妙高から十日町・魚沼市のあたりを旅してきました。⇒3日目はコチラ【4日目】9月13日(木) 道の駅 ゆのたに⇒枝折峠の滝雲⇒奥只見湖⇒道の駅 まつだいふるさと会館⇒道の駅 マリンドリーム能生⇒小滝川ヒスイ峡⇒道の駅 親不知ピアパーク⇒道の駅 うなづき道の [続きを読む]