Rteftef さん プロフィール

  •  
Rteftefさん: お砂糖4杯入れてください
ハンドル名Rteftef さん
ブログタイトルお砂糖4杯入れてください
ブログURLhttps://osatou-4hai.com/
サイト紹介文SLEという持病のある母から、31週で生まれてきた息子の成長記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 205日(平均3.9回/週) - 参加 2018/03/18 18:11

Rteftef さんのブログ記事

  • 124枚目
  • 『夏休みの思い出』という作文は結局作文用紙に144枚書いたキューリくんなのであるけれど、実は現在取り掛かっている別の作文があり、それは博物館を訪れた校外学習のことを描いたものである。現在124枚目。図鑑を眺めることが好きで特に読書家ではない彼が、なぜこんな膨大な量の作文を書くようになったのかはよく分からないところだけれど、本人曰くとにかく筆をすすめるのが楽しくて仕方がない、ということだ。大人が(私 [続きを読む]
  • 夏休みの思い出を綴る
  • 相当久しぶりに投稿。というのも、私の調子が7月初旬から悪く(精神的、肉体的両方)、夏休み中は旅行以外は寝たきりであった(といっても旅先でも私だけは寝たきり)。ところがいよいよ学校も始まり、朝夕は秋の気配を感じるようになった最近、なんとなく調子が戻りつつあるような自覚が出てきた9月。先日の大きな台風の日に玄関前で転倒、脚を8針縫うという大けがをしてしまい、医師には絶対安静を命じられ、再び寝たきり生活に舞 [続きを読む]
  • 発達外来へ行く
  • 夏をエンジョイしている、とは言い難く、7月の初旬頃から私の調子が悪い。故になかなかブログが更新できていない。◇さて昨日は数ヶ月ぶり小児科の外来。キューリくんは診察には全く興味がなく、病院に併設されているレストランのカレーライスが楽しみで仕方ないといった様子。親の心配をよそにとはこういう時にも使うのだろうか。◇学校で問題を起こしてくるキューリくんなので(主に授業に集中していない)、学校がお休みの今、親 [続きを読む]
  • 家族3人、辛かった7月
  • 7月も今日で終わりだが、家族3人、それぞれにとって辛い1ヶ月だった。月の初めに期末テストがあり、これが終われば楽しい夏休み、のはずだったのだが。◇キューリくんは終業式前に体調を崩し、何日か学童保育を休んだ。微熱を抱えながら、何とか終業式だけは出席したが、口の悪い友達に「お前どうせスターウォーズのこと大して知らないんだろ」といったことを言われ、しょんぼりしながら帰ってきた。帰宅後に熱が上がり、さらに1週 [続きを読む]
  • 父も母も鬱である
  • ここ最近毎朝。予定している時間に起き上がれない私たち夫婦。どちらが先に鬱に迷い込んだかというのもはっきりしないけれど、とにかく同時期に具合が悪くなったことには違いない。その中でキューリくんを育てていかなくてはならないのはとても苦痛であることは確かである。けれど小学校2年生のキューリくんは、案外色々なことが自分で支度ができたりしているので、鬱夫婦には助かっている。私の鬱というのは、双極性障害というの [続きを読む]
  • 読売新聞社へ見学に行く
  • あとは終業式を待つばかり。キューリくんは暇なので学童で行くという遠足に昨日は参加させた。行先は大手町にある読売新聞社。ああそういえば私が小学校中学年の時に確か社会科見学で訪れたのを覚えている。そちらへ低学年のキューリくんがはやくも伺う、というわけである。楽しく過ごせるのであろうか。などと心配をしたのは無駄だったようで、キューリくんは手に大きな新聞らしきものを大事そうに抱えて帰ってきた。私が見学した [続きを読む]
  • ピュアな心
  • つい先日、キューリくんから学校帰りに電話があった時。いつもキューリくんはそうなのだけれど、通話が終わった後、終了ボタンを押さない。だからこちらが切らなければ会話がずっと続いた状態になるのだ。電話を持たせて1年と数か月、彼はまだその仕組みを分かっていない。でその時、どうやらお友だちと一緒に帰っている様子だったので、悪趣味ではあるけれど、普段キューリくんはお友だちとどんな会話をしているのか聴いてみたく [続きを読む]
  • デジタル時計はおにいさんの証
  • 「お母さん、ピンポンが聞こえないからラジオ消してくれる?」毎週楽しみに聴いている番組だというのに、私は半ば強引にラジオの電源を切らされる。「お母さん、ピンポン来た?」「まだ来てないよ。夕方くらいに来ると思うよ」「えー!」悲鳴に近い声。キューリくんは前日の夜、アマゾンにてデジタル時計を購入したのであった。1年生の時から欲しがっていたので、一年越しにようやく叶う、手に入る夢なのだ。ポチリとボタンを押し [続きを読む]
  • ADHD児の将来の夢
  • キューリくんも一般の小学2年生と同様に、色々な習い事をしてきたし、している。くもん、空手、英会話、サッカー、スイミング、絵画教室。今はパニックになるのを避けるために、厳選してスイミングと絵画教室しかやらせていない。それしかやっていないの?と思うお母さまもいるのかもしれないけれど、我が家の場合正直この2つを完璧にこなすのだけでも、一週間の内で相当の労力を使い果たすのだ。まずは1つの理由として、私が双 [続きを読む]
  • 登校拒否再発
  • 昨日の朝、制服を着替えるところまではよかった。全て順調のように思えたのだけれど。突然「学校へ行きたくないな」と始まってしまった。こういう場合、無理やり力づくで学校まで引っ張っていっても、結局学校でトラブルを起こすだけだったりするので、行きたくない理由を丁寧に聞くことにした。「ミホちゃんがいじわるを言ってくる」「ルイくんにいじわるを言われる」。これはいつものこと。少し意地悪なお友だちがいるらしいのは [続きを読む]
  • 嘘も方便
  • 昨日は最終下校が3時だというのに、なかなかメールが来なかった。キューリくんの学校では子供が学校へ出入りするとランドセルに密かに入っているICタグが反応して、親の携帯へお知らせが来るというしくみになっている。それなのになかなかメールが来ないのだ。こういう時、キューリくんに電話しても、だいたい繋がらない。というのもキューリくん、どうやら校門を出てから携帯の電源を入れているようなのだ。だからこちらが用事が [続きを読む]
  • 飽きる
  • 「お母さん、世界一好きだよ!」「キューリくん、宇宙一好きだよ!」「えー、ぼくの方がお母さんのこと好きだよ!」最近毎日のように取り交わされる挨拶代わりのこの言葉。いったいいつまでそんな風に真剣に想ってくれて、いつまで言ってくれる言葉なのだろうか。そう。今ここにとっ散らかっているトミカの車でさえ、今は愛しているのかもしれないけれど、いつかは飽き、見向きもしなくなることだろう。飽きるということは、成長を [続きを読む]
  • ベビーパウダーの季節が来た(夏到来)
  • 「お母さん。首にあせもができているみたいだから、ベビーパウダーやって」いや、ベビーパウダーとはあせもを治すものではなくて、防ぐものなのだけどね、キューリくん。夏。今年の夏は例年よりずっと梅雨明けが早く、『もう夏』である。日光過敏の私からすると地獄の日々であるけれど、キューリくんにとっては今年のように特別早い夏は、大歓迎であるのだろう。あっちへ連れてけこっちへ出かけたい、毎晩かき氷のデザートにシロッ [続きを読む]
  • 期末テスト
  • 朝4時半。いつも私が起きる時間である。しかし最近体調が悪くてなかなか起きることができずに、何度も目覚まし時計をかけ直し、結局はキューリくんが登校するギリギリまで寝ていたりする。ところが今朝は、何故か目覚ましなしに4時半前にキューリくんが1人で起きて、そして毎日決められた時間の20分間だけ動画を観ていたらしい。確かに決められた時間内で動画鑑賞をやめたのは褒めてあげたい。けれど何故最近は私も起きられな [続きを読む]
  • ADHDだと分かっちゃいるが怒鳴ってしまう
  • 頭では分かっている。最近ではそれに備えて心を安定させる薬も増量している。なのにそれが仕事であるかのように、一日に1回はキューリくんを怒鳴る。つまりキレてしまう。いや、1回なんてものじゃない。実際のところは数え切れないほどキレまくっている。自分のペースを大切にしたいキューリくんと、時間を無駄にせず、てきぱきと手早く片付けてもらいたい私。この2人が同じ空間にいて、衝突しないわけがないのだ。ほぼ真逆なの [続きを読む]
  • 片付けられない理由はADHD以外にもある
  • キューリくんは指示をされれば片付けられるのだけれど、自分で部屋の散らかりに気付いて、つまり自分自身で空間をプロデュースして整理整頓をする、ということができない。勿論ADHDという障害がために整理ができないのは明らかであるけれど、彼の動きを観察していて思うに、実はこれ以外にも理由がありそうだ。それは捨てるのが勿体ないと、物を大切にするが余りに物をため込んでしまう習性があるということ。◇先日キューリくんの [続きを読む]
  • 階段を上る
  • 「1階で勉強するのって、何か落ち着かないんだよね」まるで毎日勉強をしているようなこちらのお方はキューリくん。「2階の自分の部屋でしよっかな。その方が静かだし」もうすぐ期末テストなので、勉強をしようと持ち掛けたところ、こんな風にキューリくんが言ってきた。もちろん毎日など勉強はしていない。むしろ毎日は勉強していない。全然勉強していない。「でもさ、1人で2階へ行くの、怖いんだよね」両親とも心でズッコケる [続きを読む]
  • 白いクリームを強く勧められる
  • 「お母さん、クリーム塗ってみたらいいんじゃない?」最近のキューリくんの口癖になりつつある。クリームというのは、顔にできたシミやソバカスを薄くするというクリームらしく、どうやらテレビ通販番組か何かで見たらしい。ちなみに自宅にはテレビを置いていないので、おそらく病院の待合室や薬局で見たのであろう。つまり非日常の空間で見せつけられたシミクリームの宣伝は、キューリくんにとって、とてつもなくインパクトがあっ [続きを読む]
  • 女子目線男子目線
  • 最近深い祈りで始まる我が家の朝である。どうかキューリくんが学校へ行ってくれますように。どうかヘソを曲げずに登校してくれますように。さてキューリくん、キューリくんもただただ闇雲に学校をお休みしているわけではない。一応彼なりに筋は通して学校を休んでいるらしいのだ。昨日の晩、夜眠る前にこんな話になった。『女子がカッコつけているから学校がヤダ』これは昔でいうブリッ子のことを指しているようだ。キューリくんと [続きを読む]
  • 登校拒否未遂
  • 昨日の朝、何となく心の調子が悪いのか、のんびりとした緩慢な動作で朝を過ごすキューリくん。時計を見ているのか?という位にスローペースで物事を進めていく。そうでしょうそうでしょう、行きたくないのは分かる。だって昨日は大嫌いな国語、算数、理科があるんだもの。そりゃあ登校拒否の心に拍車がかかるってものだろう。けれど決して教科のせいにはしない。「レイくんが意地悪してくるから学校へは行きたくない」と言い訳をす [続きを読む]
  • 池袋へ行く
  • 私は池袋という街に降り立つと必ずといっていいほど東西南北の感覚がなくなり、迷子になってしまう。昨日もやはりそうだった。サンシャインの水族館へ行く前に、西武デパートの上にあるレストラン街でランチをしよう、という計画の元、早速改札を出て西武デパートを探す。がデパートがない。改札付近の黒く速い人の流れ。私は目を凝らしデパートを探したけれどない。「お母さんお母さん!」と呼ぶ声が背後からする。見るとキューリ [続きを読む]
  • 水泳記録会と大掃除
  • 昨日は3か月に1回のスイミングクラブの水泳記録会であった。キューリくんは選手なので、他にも試合や記録会など土日は潰れることが多いが、昨日の記録会はスイミングクラブ主催のものになる。ところでキューリくん、この3カ月というものの、実際に具合が悪いこともあったのだけれど、主にはサボりで水泳の練習を休んでおり、週2回以上練習に参加しなければならないところを、週1回、若しくは練習に全く出ない週なども存在して [続きを読む]
  • 学校をサボる
  • 昨日の朝のこと。朝食はキューリくんの希望でホットケーキであった。できたてのホットケーキ。キューリくんは早速ナイフで切り分けようとする。ところが上手く切り分けられない。ギーコギーコとノコギリみたいに切るものだから、ケーキが潰れたようになってしまった。「うわーん」大きな声で泣く。波乱の始まりだった。すかさず私がフォローに入る。「キューリくん、ホットケーキはね、押すように切った方が上手く切れるんだよ。ほ [続きを読む]
  • 発達外来通院
  • 最近の状況を伝えに昨日は発達外来へ。私としてはキューリくんが『読み聞かせを毎日のようにせがむようになった』『工作がより複雑で精巧になった』『デッサンが上手くなった』など、良い点が見つかりうれしく思っていることをお伝えした。一方で、学校からの報告としては、いかにキューリくんが学校生活を乱しているか、というネガティブな情報しか耳に入ってこないので、家と学校ではキューリくんへの評価がかなり異なる、という [続きを読む]
  • 見た目では分かりにくいADHD
  • 「お母さん。ぼくさっきカワイイって言われちゃった」「誰に?」「さっき、角のところ。お姉さん3人に言われた」キューリくんは納得のいっていない様子。小学2年生ともなればだ、「オレは男だ」という意識が強くなってくるのだろう。『カワイイ』なんて言われたことが誉め言葉ではなくてバカにされたように思えたようだ。ちなみに角のところ、というのはよくドラマや映画のロケ地になっているところなので、女優さんや俳優さんに [続きを読む]