リンさん さん プロフィール

  •  
リンさんさん: リンさん「の」
ハンドル名リンさん さん
ブログタイトルリンさん「の」
ブログURLhttps://rinsanno.com
サイト紹介文30代で糖尿病予備群と診断された男の糖質制限ブログ。幼少期からのデブを終えるために様々な方法を模索中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 209日(平均5.3回/週) - 参加 2018/03/19 08:12

リンさん さんのブログ記事

  • マナーへの勘違いと、その延長線上にあるオジサンと老害
  • 日本が社会主義国だと仮定すると、安い賃金で安価な製品を品質良く作る事に主眼を置いている意味がよく分かります。富は平等に分配される為に存在するわけですから、収入の差は決して大きくないと考えられるのでそれが成立します。しかし現実の日本は資本主義国であり貧富の差は大きくなっています。つまり労働環境は社会主義的で経済は資本主義で回っている事に全ての問題が集約されているわけです。ここらの勘違いが社会を大きく [続きを読む]
  • 1030運動は食いハラなのか?
  • 何でもかんでもハラスメントをつければ問題史できるような風潮に便乗した形になってしまうのは心外な部分がありますが、食いハラはスポーツの世界や学校給食などで問題となっているので取り上げる事は悪くないのかもしれません。食べなきゃ大きくなれんぞとかそういう考え方は「お母んかよ」って感じですが、たっぷりの愛情と科学的事実が同居していない文言は暴力になるのでしょうね。 [続きを読む]
  • 必要とされる老害? 不要な老害?
  • 何故これほどまでに老人やオジサンが社会における憎まれ役になってしまったのでしょう。価値観の変遷についていけないから? 超高齢化社会における当然の帰結に思える老害ですが、どうにも正しい抑止力としての老害は重要だそうです。そんな事を言っているから老害認定されているような気がしなくもないんですけどね。 [続きを読む]
  • 何故、努力が報われないのか?
  • 目標に向かって努力する姿勢は美しいものだとされています。直向きな姿を見てそこに感動を得るわけですが、本人にとって大事な努力ではなく、見ている側にとって美しいものだけを努力と呼んではいないでしょうか? 美徳を重んじる人種だった日本人は美徳の形だけを追い求めて形骸となったものを固辞しようとしているだけなのかもしれません。 [続きを読む]
  • 日本企業の陥ってしまった病をカラテカから学ぶ
  • 日本企業の形が完璧だったのは終身雇用と年功序列が機能していた時代の話であって、現代その価値と機能が崩壊しかけているという事は日本企業の形も崩壊を始めていると言えます。そこで始まったのが現状維持という名の、崩壊を見えないようにする隠蔽工作です。問題を先送りにしてしまうが故に、手に負えないくらいに大きくなって初めて見えるわけです。 [続きを読む]
  • 怒りの本質と現状
  • おはようございます。リンさんです。 ロスジェネ世代と呼ばれる世代が社会や組織の中で中間管理職になる年齢になってきたようです。 この世代は就職氷河期から雇用を非正規に鞍替えされる時代を生きたせいで、正社員として生活する為に... [続きを読む]
  • 根性論というオジサン問題
  • 人生経験と自分の思考的豊かさが比例していると考えているヒトは多いですが、それは逆である事が分かっています。子どもの感受性が豊かであるように、最も思考が柔軟なのは若い内であると言えます。という事は年上というだけで意見が尊重されるというのは間違いの元になりかねません。若者は何も無いと思っている時点で自分が何も持っていないという事なわけです。 [続きを読む]
  • 人生において労働はどんな役割を持つのか?
  • 人生において労働の位置がおかしな事になっている状態が日本という国に蔓延しています。会社や組織に所属して生きていく事と労働が過酷な事は別問題のはずですが、日本では同じ問題のように語られます。ヒトとして生きるべきなのに、ヒトとして生きていけない社会構図が存在しているのは実に問題です。 [続きを読む]
  • 便秘ってどういう状態なの?
  • 便秘って気になりますよね。しかし日本人って便に関して非常にネガティブな感情を抱きがちです。汚物という認識はまあ仕方ないとしても、1日1回は排出しないといけないなんて本気で思っていたりします。細か過ぎるのはストレスになるので、出る時ゃ出るし、出ない時ゃ出ねぇくらいの気持ちが必要だと思うわけです。 [続きを読む]
  • 自主管理と投薬管理に求められるものの違い
  • 求められているものが違うという事は、その違いから片方を否定してしまうという事になりがちでもあるという事です。問題点を挙げて改善を見出すという事と頭ごなしに否定するという事は全く逆の思考プロセスを辿って着地するものです。支持するものを否定された時、まるで自分自身が否定されたように感じるのは事実ですが、そこは気にしないほうが良いわけです。 [続きを読む]
  • 青物信仰とは何なのか?
  • 常識的な考えになるまで広まった物事を否定するのは難しいものです。「それ、オカシイでしょ?」と言っても「そういうもんだから別にオカシクなくない?」で済んでしまうからです。それは文化をヒトが共有出来た理由でもあるわけですが、間違ったものを共有すると否定するのに時間がかかってしまうという欠点も理解しておかないといけません。 [続きを読む]
  • 人生において心が動く事が何故重要なのか?
  • どうにも心穏やかに過ごす事とは悟りのようなもののように思われている節があります。反対に心豊かに過ごす事は若々しいイメージといった所でしょうか。しかしこの2つは反発するものではなく、同時に存在させる事の出来る感情です。今回は年を重ねると割と失いがちな心が豊かに動く事の重要性を考察します。 [続きを読む]
  • アイスマンと最後の晩餐
  • アイスマンとは5300年前に生きていた人類の事です。死亡した後、氷河に閉じ込められた為に冷凍ミイラとして完璧な状態で残っていました。この希少なご先祖様は人類がどのような生活をし、どのような食生活を送っていたのかを理解する大事な手がかりを持っています。アイスマンが食べていたものこそ人類原初の食事であるからです。 [続きを読む]
  • 7/22はナッツの日
  • 木の実が重要なのはドラクエで学んだわけですが、現実世界でも木の実、つまりナッツは素晴らしい食材です。恒常的に能力が上昇するかどうかは分かりませんが、体内の代謝を円滑にする栄養素を豊富に含み、アンチエイジングも期待できます。それでも、ナッツだけを食べれいれば健康になれるとかそういうウマい話はないわけです。 [続きを読む]
  • 不調は内から現れ、内に向かって改善していく
  • 身体を労わりましょうなんて簡単に言いますし、それが当たり前であると思う所はあります。ですが不調は身体からのサインであり、そのサインの読み方を誤れば身体を労わるどころの話ではなくなります。分かりやすい不調の改善だけを優先すると良くないというのはちょっと分かりにくい話かも知れませんが、結構大事な話でもあります。 [続きを読む]