ゆるり不動産 さん プロフィール

  •  
ゆるり不動産さん: ゆるり不動産・活動情報
ハンドル名ゆるり不動産 さん
ブログタイトルゆるり不動産・活動情報
ブログURLhttp://fanblogs.jp/yururifudousan/
サイト紹介文ゆるり不動産です。活動情報と日々思うことを書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 92日(平均2.8回/週) - 参加 2018/03/20 02:02

ゆるり不動産 さんのブログ記事

  • 「ひきこもりについての相談場所」説明会に参加しました。
  • 私は、今年、平成30年4月から岡崎市市民活動団体ひきこもりを考える会ゲートキーパー「おじぎ草」に参加するようになりました。今回の説明会は、この「おじぎ草」が主催で行われたものでした。想定していたよりも多くの方々が参加されました。しかし、実際問題として、この説明会に参加できない方、そもそも今回の説明会の存在を知らない方を含めるとこの地域では水面下ではもっと多くの当事者の方がいると想定されるでしょう。 [続きを読む]
  • はじめて学ぶ手話
  • こんにちはゆるり不動産、代表の瀬戸口です。本日から11月まで手話教室が始まりました。この教室は『入門編』ということで、手話の存在は知っているが、実際やることは初めての人が対象の教室です。ちなみに、この「入門編」の次にくるのが「基礎編」です。平たんで長いステップを一段一段少しずつクリアする感じですね。果てしの無い道のりです。私は、手話ができることによって人との関わりを増やしたいと思っています。今、私 [続きを読む]
  • 気付くということ
  • 6月10日、日曜日今日も、交流協会の日本語教室に参加しました。本日は昼頃から雨が降るとのことで出足が鈍ると思っていましたが、皆さん、思っていたよりも参加して頂きました。私は、今年度からの参加なので状況はまだよくわっていませんが、毎回毎回ベテランのボランティアさんに説明を受けながら少しずつ取り組んでいます。日本語は、自身個人から見て難しい部類の言語ではないかと思っています。ひらがな、カタナカ、漢字(音 [続きを読む]
  • 『ひまるん』ってご存知ですか
  • 皆さん、「ひまるん」ってご存知ですか?これは、愛知県弁護士会の公式キャラクターだそうです。おひさまか、ひまわりかよくわからんキャラクターです。なんでいきなりこんな話をするかと言うと、実は先日、「裁判見学」に行ってきたのです。弁護士の方が案内人になっての裁判所ツアーです。30名ほどの参加者がいました。裁判のしくみや裁判傍聴そして、法廷見学!傍聴は傍聴席からの風景ですが、法廷(裁判官側)側からの風景は [続きを読む]
  • 自分の死について
  • 5月26日、「自分の死を考える集い」に参加しました。これは、「大往生したければ医療とかかわるな」の著者、中村仁一先生が京都でおこなっている会に賛同した方々が名古屋でも定期的にこの問題を取り上げて講座を開いている集まりです。興味のあるテーマは殆んど参加しています。今回もシェアハウスを運営されている方からのお話でした。このシェアハウスを終の住み家として生活している人のお世話をされている方からお話を聞く [続きを読む]
  • 全て出来ない けれど 何か出来ること
  • 先日、5月20日、日曜日、日本語教室に参加しました。少しずつ慣れてきたように感じます。しかし、その反面、自分に足りない面も見えてきます。人と関わるわけですから、単に日本語を教えるだけに留まらず日本での生活全般において助言すべき責任的な要素も当然あるわけで、いい加減な気持ちで取り組むことは絶対にできません。先日も、教室に参加している外国の方から家族を日本に呼び寄せることで相談を受けました。子供の学校 [続きを読む]
  • 自分から逃げない為に
  • 雨の多い時期になりますね。さて先月5月を振り返ってみます。5月の後半は、いろいろと個人的には行動しました。ひきこもりの会は、家族会、当事者会それぞれに経験者として参加しました。ここでいつも感じているのは、このような”集まり”という存在があることの大切さです。特に、ネットの環境が発達して会わなくてもコミュニケーションがとれる社会ではありますが、それだからこそ、リアルに対面して話す場は意味のある存在と [続きを読む]
  • 野生生物のメッセージ
  • 6月3日、大府市図書館2F会議室で石井正己教授の「遠野物語・野生生物のメッセージ」という題のお話を聞いてきました。石井正己教授は、NHKの100分de名著にも出られたこともある方ですね。間近で拝見できました。東北は不思議な魅力があり、いつか行ってみたいと思っています。かつて山には狼がいました。人間にとってその存在は脅威であったそうです。遠野物語で語られているお話には、今の私達には理解し難いものもあります [続きを読む]
  • 何も知らない
  • 6月2日、高橋哲哉「憲法9条をかえて本当によいのでしょうか」の講演会に参加しました。実際問題として、憲法9条だけを守ることばかりに視点が向いているけど、日米同盟をどうするのかというところにも視点を向けなければならないことに気付かされました。まぁ、ここでは、この話はここまでにしておきます。こうした講演会に出向くと何時も思うには、「何も知らない」ことを痛感させられます。実際は、新聞やメディアで報じられ [続きを読む]
  • 社会の中へ、まずは一歩前に出てみた
  • 視界は一歩前に出るか否かで景色がガラリと変わります。思い起こせば、私の幼少期の頃は、まだ空地も多く走り回る場所はいくらでもありました。時には隣町まで足を伸ばすこともありました。一歩前に出る、と言う言い方は、時に賛否両論あるでしょう。私は、良い意味で捉えています。行き詰まる時は、視界は現実よりも見えていません。人間関係でも同じです。視点を変えるために私は、まだ、知らない場所に足を踏み入れてみます。初 [続きを読む]
  • 本当に良い関係って何だろうなっ、と考えました。
  • 不動産屋の活動情報と言いながら物件情報や不動産情報を殆んど流しもせず、ただ、だらだらと自分の他愛のない話でお茶を濁しているばかりで、本当に不動産屋なのかと疑われそうですね。まぁ、変り者です。しかし、いろんなタイプのお客様が居るように不動産屋もいろんなタイプが居てもよいと思うのですが。どうですか?13日 日曜、大府市の国際交流協会の日本語教室に参加しました。あいにくの雨降りなので、外国の方は殆んど来て [続きを読む]
  • ゆるり不動産の 「ゆるり」という屋号に込めた想い
  • 今は、とにかく物事の流れが「急」です。早さを競っています。先日、池上さんの番組でこんなことを聞きました。「あと何年かすると、ノーベル賞受賞者が激減する」ということです。なんでも、研究費が削減され、直ぐに利用価値があるものにしか優先的に研究費が出ないそうです。たぶん、あっという間に中国に抜かれるでしょう。効率を求めすぎているのです。それは、研究分野に限らず、全ての業界に共通していえること、いや、社会 [続きを読む]
  • 客付け という位置づけ  マイノリティーであり続けるということ
  • この記事をご覧になっているという事は、たぶん他のサイトの情報もご覧になっていることでしょう。多くの場合、巷にある大手の不動産屋か古くからある地域密着型の地元の不動産屋を一般論的に評価格付けした内容に終始していることでしょう。そして、多くの場合、その少ない情報の中から、しかし、他のサイト、多くは個人が掲載しているブログから、その良し悪しを判断せざるを得ない事になります。そして、記載記事は、こうした一 [続きを読む]
  • 大府市6次産業化推進戦略 について
  • 大府市6次産業化推進戦略 案 に関する意見募集が平成30年3月23日〜4月22日で行われ、今回は私も意見を送りました。大府市から意見の概要と市の考え方が公表されています。http://www.city.obu.aichi.jp/contents_detail.php?frmId=36106日本の農業を取り巻く状況は国際競争も加わり激しさを増しています。大府市も同様なのです。農業従事者の高齢化、後継者不足、耕作放棄地の増加、混住化の拡大、農産物の価格低迷など [続きを読む]
  • ひきこもりを考える会「おじぎ草」 に参加しました
  • 先週に続き、今週もひきこもりの会「おじぎ草」に参加しました。第四金曜日は、当事者の会です。今回は9名の参加です。第四金曜日の参加は今回初めてででも、行って良かったと思います。毎月一回の集まりですが、こうした「集まり」がやはり大切だと思います。誰かと話す場があることが些細な事だけど結構、すごい効果を生み出すと思います。会の様子は、次回から少しずつ紹介していくつもりです。私にとって今年は、人と関わる年 [続きを読む]
  • 担当者が代わられたんですか。 そうなんですか
  • 新日本法規出版で書籍購入をされたことはありますか?開業してすぐの頃、出版社の営業の方から電話を頂き、書籍の案内を受けました。ほら、弁護士ドラマでよく見ますよね、事務所の書棚に分厚い黒塗りの辞書みたいな判例集や契約実務マニュアル、それらの書籍の出版社ですよ。「開業すると、こういった方面からも営業がくるんだね」数日後、私の事務所のエリアの担当者が来られて不動産関連の実務マニュアルなどを紹介されました。 [続きを読む]
  • 大府市国際交流協会 日本語教室 に 参加しました
  • 大府市国際交流協会 日本語教室 に参加しました。この教室は、月に2〜3回程、日曜日の午前中に開かれ大府市に住む日本に来て間もない外国籍の方が日本語を楽しく学ぶことを目的とした集まりです。日本語教室以外にも様々なイベントが開催されていますが、私が今月から関わったのが、この日本語教室です。平成30年4月は8日、15日、22日の日曜日にあり8日を初日といて現在3回目の参加です。初日にお会いしたベトナムの [続きを読む]
  • ひきこもりを考える会「おじぎ草」に参加しました
  • 毎月第三金曜日に集まりがあり、今日初めて参加しました。参加した理由は、今の活動にも関係しますが、人との関わりを増やしていきたい事も理由の一つですが、やはり自分の事でもあるこの問題に共有できる人との関わりをつくりたいことが大きな理由としてあります。私は、この個人事業としての不動産屋をする前は、介護の仕事をしてました。しかし、この介護の仕事と不動産屋開業の間には約3年のブランクがあることは今まで話して [続きを読む]
  • ゆるり不動産の進む道
  • 日常、散歩をしている時でも、用事があって目的の場所に行く途中であっても、注意深く街並みを観察してみましょう。空き家になっている住宅はないかな?空き店舗になっているところはないかな?他社の看板が出ていなかったら登記簿から所有者を調べ確認してみたりして。売りたいのか、貸したいのか、管理して欲しいのか?それとも相続の問題でもめているのか?それとも、そもそもそんなことではなく、既に他社が動いて一連の活動は [続きを読む]
  • あなたが部屋を借りるとき  私が部屋を借りるとき
  • この記事を偶然にも読んでいる貴方に少し聞いてみようと思います。勿論、同業の不動産関係の方はスルーして頂いても構いません。人生、生きている間、自分の持ち家を持ちたいと考えている方はどれだけいらっしゃるのでしょうか。ちなみに賃貸でも良いと考えている方は、人生、一生涯に何回住む場所を変えようと考えていますか?また、人生で何度、住宅など不動産の事を考えることがありますか?多分、数える位に少ないと思っている [続きを読む]
  • なごや集約連携型まちづくりプラン(案)について
  • パブリックコメントをメールで出しました。私の知識不足で既に検討されている内容もあるかもしれません。それに、今回は、初めての行為でしたので、意見内容にしても拙いかもしれません。(意見)●おそらくこのプランで言っている拠点市街地の魅力では、”多様な交流を生み出す高次都市機能の集積”、”豊かな公共空間”、”高い回遊性”のことを掲げているが、これを”なごやの魅力”とするのですか?”名古屋の魅力”を名古屋市 [続きを読む]
  • パブリックコメント
  • 公的な機関が何か行う前に広く一般に意見を求めるようなことらしいが、このパブリックコメント一体市民のどれだけの人が意見を出しているのでしょうか?平成28年は、20回ほど公表された計画がありましたが、多く意見が出された計画でも707名ほどです。少ないと0名。その707名提出があったものは市立幼稚園の今後のあり方についてであって、子供をもつ親にとっては関心の高い問題であるにも関わらず707名って、少なく [続きを読む]