マヨジー さん プロフィール

  •  
マヨジーさん: マヨジーが行く
ハンドル名マヨジー さん
ブログタイトルマヨジーが行く
ブログURLhttp://www.mayoji.com
サイト紹介文マヨネーズ好きなジジイが行動したことを書き連ねます。 アリゾナトレイルや徒歩日本縦断の記事があり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 205日(平均2.7回/週) - 参加 2018/03/20 12:01

マヨジー さんのブログ記事

  • 赤湯温泉から紅葉の苗場山
  • こんにちはマヨジーです。苗場山へ行こうと決めた。さあ準備だ!とパッキングした荷物がやけに重い。このせいだ!未だかつて登山で3リットルのワインを持ったことは無い。重いはずだ。いったい苗場山で何をしようと言うのか?集まったメンバーは4人。笠ヶ岳でビバークしたHさん、その時に一緒にだったMさん、新たにKさん。そしてマヨジー。10月7日(日)苗場山にはいろんなコースがあるが、その中でも面白いと思ったル [続きを読む]
  • 不帰ノ嶮(かえらずのけん)
  • こんにちはマヨジーです。今回は天気の様子を見ながら白馬岳方面に行くことにした。白馬岳の滑落した場所にも再訪したいと思っていた。その記事についてはこちらwww.mayoji.com約、2ヵ月前の話だ。そして、行きたかった不帰ノ嶮を絡めて道を辿った。嶮とは山が高くけわしいことを意味するらしい。不帰(かえらず)という文字のせいで、ただならぬ場所のイメージを与える。不帰ノ嶮に行くために猿倉に着いた。ここは [続きを読む]
  • 通行止め登山道でビバーク⁉?
  • こんにちはマヨジーです。ヒルに血を吸われてから1週間以上過ぎ、吸われた箇所はさらに目立ってきた。しかし、痒みは治まりつつある。さて、今回も登山の話だ。実は1人で南アルプス行こうとしていた。しかし、天気が悪そうだ。そんなところにHさんからのお誘い。Mさんとテント泊登山に行くという。そちらの方が天気が良さそうだと判断して彼女達に同行をお願いした。行った山は笠ヶ岳。クリア谷から登り笠新道へ下山するコー [続きを読む]
  • 日本三大急登
  • こんにちはマヨジーです。☆☆ おわび ☆☆前回のヒルの話題で、マヨジーは痒くも痛くもないと表現してましたが、間違ってました。ヒルさんすみません、あなたはマヨジーに後遺症を残しました。謹んでおわびします。ヒルに血を吸われた夜中。あまりの痒さで目が覚めた。蚊に刺された時より痒い。ムヒを塗っても、オイラックスを塗っても痒い。赤みが増して、少し盛り上がってる。吸われた翌々日、登山靴の中に痒さをしまい [続きを読む]
  • 真っ赤っか
  • こんにちはマヨジーです。台風のせいで天気が不安定だったが、少しだけ西上州の山をハイキングした。目指したのは秋葉(あきや)山。歩き出しから雨だった。登山道から外れたところを歩いてるうちに、急斜面+岩となったので撤退した。登山道がわかりにくい山だ。たぶん、鹿道を歩いたのだろう。雨具を着て歩くと雨で濡れるのと変わらないくらいに汗で濡れる。サウナ風呂からの撤退は正解だと自分に言い聞かせた。さて、そ [続きを読む]
  • 瑞牆山のカンマンボロン
  • こんにちはマヨジーです。8月23日。台風が近づいていた。でもまだ雨が降っていない。仲間たちと山梨県の瑞牆山へと向かった。瑞牆山には山と高原地図でいくつかのルートがあるが、記載されていない道がある。その道のある場所には約1200年前に弘法大師が霊場選定の為に来ている。そして、大きな洞窟の下の岩にカンマンボロンという梵字(ぼんじ)を刻んだ。しかし、調べてみると梵字の場所はルートからは隠れている。カン [続きを読む]
  • ロングトレイルで使うテント
  • こんにちはマヨジーです。今日は新たに購入したテントのリポートだ。今までにもテントを試してる。その記事はこちらwww.mayoji.comwww.mayoji.com何回も試すのはロングトレイルで使うテントを決めるためだ。ロングトレイルでは何か月も共にする相棒だ。試してるうちに、マヨジーにとってロングトレイルで何が大切なのか絞り込めてきた。それは①1日歩き通して、寝るためには簡単に設営できることが大切。(こ [続きを読む]
  • ロングトレイルで使うテント
  • こんにちはマヨジーです。今日は新たに購入したテントのリポートだ。今までにもテントを試してる。その記事はこちらwww.mayoji.comwww.mayoji.com何回も試すのはロングトレイルで使うテントを決めるためだ。ロングトレイルでは何か月も共にする相棒だ。試してるうちに、マヨジーにとってロングトレイルで何が大切なのか絞り込めてきた。それは①1日歩き通して、寝るためには簡単に設営できることが大切。(こ [続きを読む]
  • 白馬散々(雪渓に挟まる)
  • こんにちはマヨジーです。登山に行くと写真を撮って来るが、今回は写真は無い。なぜなら登山でスマホを壊してしまったからだ。でも、壊れたのがスマホだけで良かった。マヨジーは壊れてない。7月12日(木)夜通し運転して白馬岳の登山口猿倉荘の駐車場に着いたのが4時、1時間の仮眠だけで歩き出した。白馬岳に行くには普通は白馬尻を経て大雪渓を通って進み直接白馬岳へと目指すコースが人気だ。大雪渓は軽アイゼンで登れる。 [続きを読む]
  • 白馬散々(雪渓に挟まる)
  • こんにちはマヨジーです。登山に行くと写真を撮って来るが、今回は写真は無い。なぜなら登山でスマホを壊してしまったからだ。でも、壊れたのがスマホだけで良かった。マヨジーは壊れてない。7月12日(木)夜通し運転して白馬岳の登山口猿倉荘の駐車場に着いたのが4時、1時間の仮眠だけで歩き出した。白馬岳に行くには普通は白馬尻を経て大雪渓を通って進み直接白馬岳へと目指すコースが人気だ。大雪渓は軽アイゼンで登れる。 [続きを読む]
  • 奇跡の靴下
  • こんにちはマヨジーです。歩いても歩いても破れない登山用靴下がある。それがこのDARN TOUGH という靴下だ。アリゾナに持っていった二足の靴下のうちの1つ。アリゾナトレイルや他の山のハイキングなど500キロくらい歩いたから、この靴下でアメリカを250キロは歩いたことになる。もちろん日本での登山でも使ってるので、かなりの距離を歩いた。しかし丈夫だ。DARN TOUGH とはバーモント州ノースフイールドで40年間靴下作りを行 [続きを読む]
  • 奇跡の靴下
  • こんにちはマヨジーです。歩いても歩いても破れない登山用靴下がある。それがこのDARN TOUGH という靴下だ。アリゾナに持っていった二足の靴下のうちの1つ。アリゾナトレイルや他の山のハイキングなど500キロくらい歩いたから、この靴下でアメリカを250キロは歩いたことになる。もちろん日本での登山でも使ってるので、かなりの距離を歩いた。しかし丈夫だ。DARN TOUGH とはバーモント州ノースフイールドで40年間靴下作りを行 [続きを読む]
  • 高尾山より1メートル低い山、西上州・鍬柄岳(石尊山)
  • こんにちはマヨジーです。暑いのに低山ハイクをしてきた。鍬柄岳(くわがらだけ、標高598メートル)は高尾山と標高1メートルだけしか違わない、駅から登れる山という意味では高尾山と同じ、神様としての存在感もあり、山頂から望める展望も高尾山に負けない。なんだか似てる・・ただ、違うのは西上州特有の岩だ。山頂へは鎖場が待っている。だから、訪れる人は少ない。ここへ行くには上信電鉄の千平(せんだいら)駅が便利だ [続きを読む]
  • 高尾山より1メートル低い山、西上州・鍬柄岳(石尊山)
  • こんにちはマヨジーです。暑いのに低山ハイクをしてきた。鍬柄岳(くわがらだけ、標高598メートル)は高尾山と標高1メートルだけしか違わない、駅から登れる山という意味では高尾山と同じ、神様としての存在感もあり、山頂から望める展望も高尾山に負けない。なんだか似てる・・ただ、違うのは西上州特有の岩だ。山頂へは鎖場が待っている。だから、訪れる人は少ない。ここへ行くには上信電鉄の千平(せんだいら)駅が便利だ [続きを読む]
  • 南八ヶ岳(権現岳)の花たち(2018.6.22)
  • こんにちはマヨジーです。前回の南八ヶ岳の3日後、同じく南八ヶ岳の権現岳に行ってきた。観音平から入り青年小屋を通る人気のコースだ。今日はその時に見た花たちだ。同じ地域なので前回と同じような花が多い。しかし、その中にも別の花を発見した。登りだしてしばらくするとある横顔にも見える岩だ。「やあ!元気かい! 」と言ってるようだ。ギンラン(銀蘭、ラン科、ギンラン属)キンラン(金蘭)というのもあるらしい。金 [続きを読む]
  • 南八ヶ岳(権現岳)の花たち(2018.6.22)
  • こんにちはマヨジーです。前回の南八ヶ岳の3日後、同じく南八ヶ岳の権現岳に行ってきた。観音平から入り青年小屋を通る人気のコースだ。今日はその時に見た花たちだ。同じ地域なので前回と同じような花が多い。しかし、その中にも別の花を発見した。登りだしてしばらくするとある横顔にも見える岩だ。「やあ!元気かい! 」と言ってるようだ。ギンラン(銀蘭、ラン科、ギンラン属)キンラン(金蘭)というのもあるらしい。金 [続きを読む]
  • 南八ヶ岳(硫黄岳から阿弥陀岳の稜線)の花たち
  • こんにちはマヨジーです。6月19日は梅雨の晴れ間を確認して八ヶ岳に行ってきた。梅雨の時期までは稜線に花が多いらしい。高山の花を勉強中のマヨジーにとって、この時期の晴れ間は貴重だ。まずは美濃戸口から歩き出す。美濃戸口へはバスもあるので、人気の登山口だ。しかし、平日の朝6時に歩く人は誰もいなかった。歩き出してから多く見る花がシロハナノヘビイチゴ(白花の蛇苺、バラ科)イブキトラノオかムカゴトラノオたぶん [続きを読む]
  • 谷川岳馬蹄形の花たち
  • こんにちはマヨジーです。谷川岳では多くの花を見ることができた。しかし、マヨジーは花のことを説明できない。覚える前に名前が分からなすぎる。ネットや図鑑で調べるものの、分からなかったり、間違っておぼえてたりとした。花の名前をすぐに言える人はカッコいい!マヨジーもそうなりたい。なので、今回は忘れないようにするための意味も込めて調べたことを記事にした。以下、谷川岳馬蹄形で見た花だ。歩いて見た順になっ [続きを読む]
  • 谷川岳馬蹄形で試したテント
  • こんにちはマヨジーです。前回の谷川岳課題だったテントについてだ。試したテントはJuza Field Gear Light and Easy Sheiter Dx だ。軽量さが魅力だ。www.juzafieldgear.com前回試したテントが中国製だった。www.mayoji.comしかし、これは日本製だ。これはテントというよりツェルトと同じジャンルと考えた方が良いだろう。足もの側のポールが付属するがペグや引綱は付属していない。テントを重量を軽くすると [続きを読む]
  • 谷川岳ハイキングでの食事
  • こんにちはマヨジーです。7日から8日にかけて谷川岳馬蹄形ハイキングをしてきた。とても天気に恵まれた、というより暑かった。谷川岳は夏のようだった。さて、前回の宿題だった山での食事とテントについてだが、今回は食事について。2018年6月7日白毛門登山口をスタートしたのは朝の6時。朝の食事はコンビニのサンドイッチで済ませた。登る準備はオッケーだ。谷川岳に登るのとは全く反対側にある白毛門の登山口をスタート [続きを読む]
  • 谷川岳ハイキングの準備
  • こんにちはマヨジーです。以前、この時期に谷川岳に行ったら花?が美しかったのを思い出した。よし!谷川岳に行こう!そして、どうせ行くなら以前から歩きたかった馬蹄形という周回ルートを歩こう!谷川岳馬蹄形というのは馬の馬蹄の形のように周回してくるコースで人気がある。このコースを1日で回ってしまう健脚もいるがマヨジーは1泊2日をかけて歩く計画だ。白毛門という山から入り朝日岳を超えて、清水峠まで標高を下 [続きを読む]
  • 日本縦断その後(帯広カニの家)
  • こんにちはマヨジーです。3200?の徒歩旅行を終えたマヨ坊のその後の話だ。雌阿寒岳を登って、オンネトー湖でテント泊した翌日の話になる。1980年9月9日(火)帯広に向かおうと思った。青年の家のひとのご厚意で国道まで車に乗せてもらった。昨日雌阿寒岳で知り合った人と一緒にヒッチハイクをする。国道に出てヒッチハイクするも通る車は少ない。そんな中、猛スピードの車が自分たちから離れた場所に止った。離れた場 [続きを読む]
  • 日本縦断その後(雌阿寒岳の隠れた秘話)
  • こんにちはマヨジーです。近くの桜の名所の公園に行くとサクランボかついていた。甘い・・しかし苦い一粒でやめたさて、またマヨ坊の時代に戻ろう。雌阿寒岳に登ったマヨ坊は雌阿寒岳が好きになった。深い森の中にある活火山。山頂近くから火口の方を見ると吸い込まれそうだった。その雌阿寒岳で起きた物語を数日後に知ることになった。9月11日(木)層雲峡のあたりからヒッチハイクで移動を試みた。すると、芝を満 [続きを読む]
  • 日本縦断その後 登山(雌阿寒岳)
  • こんにちはマヨジーです。日本縦断の記事は終わったのだが、その後に体験したことがマヨジーの人生に影響を与えてる。今夜は日本縦断後のマヨ坊の話だ。マヨ坊(1980年のマヨジー)は日本縦断を終えてヒッチハイクをしながら移動した。その間に北海道の山に登ることになる。日本縦断の荷物のまま登山をするマヨ坊だ。1980年9月7日 阿寒湖に来た。お土産屋さんで何も買わずにウロウロしてたら着なさいといわれて写真撮影。 [続きを読む]
  • 「じいとばあ」に会いに行く
  • こんにちはマヨジーです。国道254号線、下仁田から佐久へと向かう道の途中に「じいとばあ」というお店がある。以前、この店は優しいおじいさんとおばあさんが営業してる店なのだろうと思っていた。その後、何年も過ぎ、会ったこともないのに2人の長生きを喜んだ。しかしその後、その店の名前の由来は違うということがわかる。今日はその「じいとばあ」に会いに行こう。彼らに会いに行くには「じいとばあ」の店から約1キロほ [続きを読む]