nonchan-k さん プロフィール

  •  
nonchan-kさん: HRTech.com
ハンドル名nonchan-k さん
ブログタイトルHRTech.com
ブログURLhttps://nonchan-k2.com/
サイト紹介文Human Resource Technology
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 189日(平均2.4回/週) - 参加 2018/03/20 12:20

nonchan-k さんのブログ記事

  • 配偶者控除等申告書とは
  • 配偶者控除等申告書。覚えている方は違和感を感じるかもしれません。そう平成29年までは「保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」と言う書類でした。平成29年の税制改正によって、以前は年末調整で提出する書類の定番であった”扶養控除申告書”と”保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書”の2枚が”扶養控除申告書”、”保険料控除申告書”、”配偶者控除等申告書”と3枚になったのです。そのうち今回は配偶者控除等申告書を [続きを読む]
  • 保険料控除申告書とは
  • 年末調整について考えるときに、保険料控除申告書はほとんどの人が出す書類ですので欠かせない存在です。たとえば住宅ローンなどより生命保険に入っている人の方が圧倒的に多いので、住宅ローン控除申告書などより、より身近な年末調整の書類と言えると思います。そんな身近な保険料控除申告書について書いてみます。※この記事はサラリーマンの方、給与担当者の方、どちらでもわかるように別々にしています。サラリーマンの方はこ [続きを読む]
  • 配偶者の控除に関するまとめ なるべくわかりやすく単純化 〇〇の壁の問題も
  • 平成29年の税制改正により平成30年から配偶者の控除についてかなりややこしくなりました。とりあえずなるべくわかりやすくなるようにまとめてみました。パターンは27種類になるそうですが、単純化しています。おおまかな内容の把握のために読んでいただき、細かい部分はそこから枝葉に入っていただければと思います。※この記事はサラリーマンの方、給与担当者の方、どちらでもわかるように別々にしています。サラリーマンの方はこ [続きを読む]
  • 住宅ローン控除申告書とは?
  • 住宅ローンを組んだ人はほぼ確実に興味があるはずである住宅ローン控除ですが、1年目は確定申告をしたり、2年目からは年末調整ですんだりといろいろ複雑なようです。2年目から年末調整で住宅ローン控除を受けるには住宅ローン控除申告書が必要になります。※この記事はサラリーマンの方、給与担当者の方、どちらでもわかるように別々にしています。サラリーマンの方はこちら給与担当者の方はこちら  目次 サラリー [続きを読む]
  • 給与支払報告書とは?
  • 給与担当者にとって1年に1度の大イベント年末調整。そのゴールは書類の作成、提出です。そんな年末調整書類の代表格、給与支払報告書とはどんなものなのでしょうか。難しそうでカンタンそうな給与支払報告書についてまとめてみました。 目次 給与支払報告書とは?給与支払報告書は各市区町村が住民税を計算するために必要な書類給与支払報告書は個人別明細書と総括表がある個人別明細書とは?総括表とは?給与支払報 [続きを読む]
  • 年末調整のやり方 -サラリーマンの方も給与担当者の方も-
  • 年末調整と聞くと何を思い浮かべるでしょうか?サラリーマンでも給与担当者でも「今年は還付金がいくらかえってくるか?」ではないでしょうか?サラリーマンの場合は還付金のことが気になるのと同時に、扶養控除申告書等、またそれに付随する証明書等の提出のわずらわしさ。住宅ローンを組んでいれば住宅ローン控除のことも頭においておかなければなりません。給与担当者とすると年に1度の一大イベント。一番忙しい時期で一番忙し [続きを読む]
  • MFクラウド給与と人事労務freeeを比較 −年末調整編−
  • 給与担当者として年末調整は年に1度の大イベントと言っていいでしょう。その一番労力を要する年末調整は、逆にいえばこれさえ効率化できれば年間の給与業務の大半を効率化したと言ってもいいくらいの業務です。年間の給与業務について詳しくはこちらの記事をご覧ください。給与業務 年間スケジュール 給与の仕事が見えてくる給与業務 年間のスケジュールまずはわかりやすくするために一覧にしてみました。 社内税務署市区町村年金 [続きを読む]
  • MFクラウド給与と人事労務freeeを比較 −年末調整編−
  • 給与担当者として年末調整は年に1度の大イベントと言っていいでしょう。その一番労力を要する年末調整は、逆にいえばこれさえ効率化できれば年間の給与業務の大半を効率化したと言ってもいいくらいの業務です。年間の給与業務について詳しくはこちらの記事をご覧ください。給与業務の年間スケジュールから毎月のスケジュールで給与を把握しよう給与は、雇用契約などに戻づく給与額から社会保険料、労働保険料、税金を控除して、差 [続きを読む]
  • 人事労務freeeで年末調整がラクになるか?
  • 給与担当者として年末調整は年に1度の大イベントと言っていいでしょう。その一番労力を要する年末調整は、逆にいえばこれさえ効率化できれば年間の給与業務の大半を効率化したと言ってもいいくらいの業務です。年間の給与業務について詳しくはこちらの記事をご覧ください。給与業務 年間スケジュール 給与の仕事が見えてくる給与業務 年間のスケジュールまずはわかりやすくするために一覧にしてみました。 社内税務署市区町村年金 [続きを読む]
  • 人事労務freeeで年末調整がラクになるか?
  • 給与担当者として年末調整は年に1度の大イベントと言っていいでしょう。その一番労力を要する年末調整は、逆にいえばこれさえ効率化できれば年間の給与業務の大半を効率化したと言ってもいいくらいの業務です。年間の給与業務について詳しくはこちらの記事をご覧ください。給与業務 年間スケジュール 給与の仕事が見えてくる給与業務 年間のスケジュールまずはわかりやすくするために一覧にしてみました。 社内税務署市区町村年金 [続きを読む]
  • MFクラウド給与で年末調整がラクになるか?
  • 給与担当者として年末調整は年に1度の大イベントと言っていいでしょう。その一番労力を要する年末調整は、逆にいえばこれさえ効率化できれば年間の給与業務の大半を効率化したと言ってもいいくらいの業務です。つまり年末調整を効率化するのとしないのとでは雲泥の差があると思います。このブログでも取り上げているとおり最近ではクラウド型の給与計算ソフトが主流になりつつあります。それは例えばMFクラウド給与であり人事労務f [続きを読む]
  • 収入、年収、給与収入、所得、給与所得 ことばの違い
  • いろいろと記事を書いているうちに収入にもいろいろな呼び方があることに気づきました。収入、年収、給与収入などです。自分でもわからなくなってしまうのでここで簡単にまとめておこうと思います。 目次 収入、年収、給与収入収入とは年収はサラリーマンの1年間の収入給与収入とは所得、給与所得所得とはその他にもあるいろいろな所得給与所得とはまとめ 収入、年収、給与収入収入とは収入とはある期間に [続きを読む]
  • 通勤手当は課税か?非課税か? 所得税、住民税・・・
  • 手当には扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当、資格手当、役職手当、時間外手当などいろいろなものがあります。また手当には所得税や住民税がかかるものとかからないものがあります。通勤手当についてはどうでしょうか?今回は通勤手当の非課税限度額についてみてみたいと思います。 目次 通勤手当は基本的に非課税だが通勤手当には非課税限度額がある通勤手当の非課税限度額非課税限度額は住民税にも通勤手当の [続きを読む]
  • 甲欄?乙欄?その違い
  • 目次 甲欄、乙欄、丙欄とは?甲欄、乙欄、丙欄とは給与所得の源泉徴収税額表の区分のこと給与所得の源泉徴収税額表とは?源泉徴収税額表には月額表、日額表、賞与に対する源泉所得税の算出率の表の3つがある「月額表」は定期的な給与に使う「日額表」はその日ごとの給与に使う「賞与に対する源泉所得税の算出率の表」は賞与、ボーナス等を支払うときに使う「賞与に対する源泉所得税の算出率の表」を使わない例外甲欄、 [続きを読む]
  • 年末調整と確定申告の違い
  • 私が社会に出たときに、「年末調整」と聞いて「はっ?なんですか?」という感じでした。さらに「確定申告」と聞いて「えっ?なんですか?」という感じでした。数年サラリーマンをして年末調整をなんとなく理解し、転職したことによって確定申告をなんとなく理解して。年末調整、確定申告、何が違うの?そう、本質は同じなのですが、違いもあるのです。今日は年末調整と確定申告の違いについてです。 目次 サラリーマ [続きを読む]
  • 源泉徴収とは
  • 源泉徴収と聞くとどう思うでしょうか?サラリーマンの方で、意識の高い方でしたら「知ってるよ。毎月給料から所得税が徴収されていて、年末調整で清算するんでしょ?」。そんな人は少ないですよね?「ああなんか聞いたことがあるけど・・・」という方も多いのでは?そもそも国が税金をいかにとりっぱくれないかという考えのもと強制的に税金を吸い上げるシステムなのですから、知らないうちに抜き取られ、知っていなくて当然と言え [続きを読む]
  • 所得税とは
  • 税金。ヤな言葉です。できれば払いたくありません。しかし納税は国民の三大義務のひとつです。払わざるを得ません。国税庁は言っています。私たちが納めた税金は、国民の「健康で豊かな生活」を実現するために、国や地方公共団体が行う活動の財源となるのです。私たちは一人では生きていけません。税は、私たちが社会で生活していくための、いわば「会費」といえるでしょう。(出典:国税庁HP)ごもっともです。どんなに社会が嫌い [続きを読む]
  • 所得とは
  • 一般的に「所得ってなに?」と所得が問題になるのは、収入と所得の違いがわからないからでしょう。でも所得といってもいろいろな意味があるようで、日常的には所得は収入の意味で使われているとか、マクロ経済学における国民所得は違うとか、いろいろあるようですが、要は問題となるのは税法上の所得ですよね。そんな所得とはなんなのかを見ていきたいと思います。 目次 サラリーマンや個人事業主の方はこちらサラリ [続きを読む]
  • 収入とは
  • 確定申告や年末調整をしようとすると必ずぶつかる問題として、収入と所得の違いの問題があります。知っている人は当たり前のこと、知らない人は意外と知らない。でも例え源泉徴収、年末調整と会社にまかせっきりで済んでいて、収入やら所得やらと縁遠い人でも人生の中のどこかでぶつかる問題だと思うのですが・・・。ということで今回は収入とはなにかについてみてみたいと思います。 目次 サラリーマンや個人事業主 [続きを読む]
  • MFクラウド給与と人事労務freeeを比較 −賞与業務編−
  • 賞与業務は年2回(会社により異なります)。毎月の給与業務にプラスアルファとなるので負担感はそれなりです。しかし賞与業務の中身のほとんどは普段の給与業務と同じ。つまり普段の給与業務で効率的な業務を行うことができているのであれば、それほど問題でもなく、またそれ以上効率化の余地もないとも言えます。さて、このブログでも取り上げているとおり最近ではクラウド型の給与計算ソフトが主流になりつつあります。それは例 [続きを読む]
  • 人事労務freeeで賞与がラクになるか?
  • 給与業務の中で賞与業務の負荷をランク付けをすると、給与担当者にとってはBランクくらいでしょうか?私の勝手なランク付けですが、Aランクを年末調整、住民税決定通知書、Bランクを賞与、入退社、算定・月変、そしてCランクは毎月の給与業務だと思っています。このブログでも取り上げているとおり最近はMFクラウド給与や、人事労務freeeなどのクラウド型の給与計算ソフトが主流になりつつありますが賞与業務についてはどうなので [続きを読む]