bababen さん プロフィール

  •  
bababenさん: 京都の弁護士 馬場充俊のブログ
ハンドル名bababen さん
ブログタイトル京都の弁護士 馬場充俊のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/bm210shi/
サイト紹介文京都市の弁護士馬場充俊はお急ぎの事案にも可能な限り迅速・丁寧に対応いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 33日(平均3.4回/週) - 参加 2018/03/21 10:46

bababen さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【事業者必見】英文契約書・国際取引の弁護士の活用①【民法改正対応】
  • 最近では、日本の企業も、法務部や社内弁護士(インハウスロイヤー)の体制を整え、英文契約書案のチェックを行うことはそう特別なことではないようになってきました。 しかし、企業の規模や、取引の規模によっては、まだまだそのようなことが難しいか、実践していないこともあります。 長い英文契約書の翻訳を弁護士に依頼したら、それだけでも弁護士費用がかなり高くついてしまいます。 しかし、英文契約書の事前チェックをしな [続きを読む]
  • (弁護士向け)養育費の支払いをしない相手方への強制執行
  • 京都の弁護士、馬場充俊です。離婚相談が多いです。今回は、備忘録というか、裁判所の書記官さんにアドバイス頂いたことを備忘録として書きます。ある依頼者が、過去に離婚調停で「養育費を月50,000円支払う」と約束したのに、相手方の元旦那が払わないので、強制執行をしてくださいというものですから、強制執行を申し立てました。相手方の元旦那は、最初は月50,000円を継続して払っていたのですが、途中で「収入が減っ [続きを読む]
  • 介護事故に関する証拠
  • 介護事故において、その事故が生じることがその時点において予見できたかどうか(「予見可能性」といいます)を立証する必要があります。そのためには、下記証拠を集める必要があります。 介護サービス契約書・重要事項説明書平成12年4月介護保険制度開始により、介護サービスの利用が、従来の「措置」から「契約」へ移行しました。適切な介護保険サービスの利用や提供がなされるよう、「契約書」及び「重要事項説明書」の作成が [続きを読む]
  • 【交通事故】実況見分は行かないといけないの?
  • Q 【実況見分は行かないといけないの?】交通事故で質問です。交差点の信号機が黄色から赤に変わる瞬間、前の原付バイクが急停止をし、私は慌ててブレーキを踏みましたが軽く当たってしまいました。本当に軽く当たったにとどまりますので、相手は怪我をしていないと思っていました。しかし、相手は人身届を出しました。すると、私は警察に呼ばれて、実況見分に立ち会うよう求められました。行かなければいけませんか? A 人身 [続きを読む]
  • 【最新判例】大阪高決29・4・28
  • 相手方が、抗告人らに対し、相手方を未成年者(15歳)と面会交流させる義務を履行させなかったとして、間接強制の申立をした事案について、間接強制をするためには債務者の意思のみによって債務を履行することができる場合であることが必要であるが、本件未成年者は相手方との面会交流を拒否する意思を強固に形成しているところ、本件未成年者の精神的成熟度を考慮すれば、抗告人らにおいて本件未成年者に面会交流を強いることは [続きを読む]
  • プリベント少額短期保険のMikataについて
  • プリベント少額短期保険のMikataを利用されたいというご依頼者様から初めてご相談を受けました。なにぶん私も利用は初めてなものでしたが、丸山弁護士がイメージキャラクターとして宣伝がなされていることは知っていました。約款などが保険会社から送られてきたので、私なりに利用される方向けに注意して頂きたい点を大きく二つあげたいと思いました。①法律相談を行う前に保険会社に事前連絡を行うこと②偶発事故とそれ以 [続きを読む]
  • 個人再生にあたって
  • 自宅に住宅ローン以外の抵当権は付いていないか住宅資金特別条項(民事再生法198条1項)を定めることができるのは、住宅ローンに住宅ローン抵当権以外の担保権が存在しないことが要件とされています(同項但書)。 自宅マンションの管理費の滞納がないかどうかマンション管理費については債務者の区分所有権及び建物に備え付けた動産の上に先取特権が認められており、マンション管理費に滞納がある場合には、これが民事再生法53条 [続きを読む]
  • 【コラム】隣人と境界でもめたときの対応は?
  • お隣さんとの境界トラブル発生・・・Aさんの家のお隣に住むBさんという人がいるとします。Bさんは、Bさんが所有するその土地を分筆して、Cさんに売却することとなり、測量が入ったところ、このとき境界をめぐるトラブルが生じました。その土地の一部(本件係争地)はAさんが長年自分の土地(お庭)の一部だと思って使っていたのですが、一方Bさんの測量士によると本件係争地はBさんの土地に含まれるものであると説明し、Aさんに対 [続きを読む]
  • 【最新判例】【相続】東京高判平成27年8月27日
  • 1 公正証書遺言につき、遺言者が公証人及び証人に対して遺言内容を具体的に語ることをしなかったもので、口授の要件を備えていなかったとして無効であるとした事例2 公正証書遺言の前に作成された自筆証書遺言につき、遺言者が遺言の意思を失っていたとして、無効であるとした事例 「被相続人は、公証役場訪問前には高度の意識障害によりコミュニケーションが困難な状態になることがあり、公証役場訪問後には救急外来を受診し意 [続きを読む]
  • 離婚に関する公的支援④
  • 就労支援①マザーズハローワーク各都道府県と中核都市には母子就業自立支援センターを置いているところが多いです。②職業訓練校母子家庭になって3年以内は雇用対策法による職業転換給付金により、訓練中に基本手当、受講手当、通勤手当がもらえる制度があります。ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金は、雇用保険の受給資格がなくても雇用保険の教育訓練給付金制度の指定講座を受講していた場合、受講料の20%(10万円上限 [続きを読む]
  • 離婚に関する公的支援③
  • 就学援助制度就学援助制度子どもたちが安心して楽しく学校生活を送れるように憲法・教育基本法・学校基本法などに基づいて義務教育である小中学校の子どもがいる家庭に学用品費や学校給食費などを市区町村が援助する給付金の制度です。 利用希望者は、就学援助申請書を学校、又は教育委員会に提出します。市区町村(京都市)の決めた所得基準(に基づいて認定の可否が決定されて教育委員会から就学援助認定のお知らせが届きます。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …