鶴木マキ さん プロフィール

  •  
鶴木マキさん: 悩みの源
ハンドル名鶴木マキ さん
ブログタイトル悩みの源
ブログURLhttps://turuki-tublog.muragon.com/
サイト紹介文悩みがない人なんていない!!でも悩まない方法ってわからないから悩むんです。その悩みの源考えていきまし
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 188日(平均3.9回/週) - 参加 2018/03/21 21:53

鶴木マキ さんのブログ記事

  • クワガタの生涯
  • 生物部の息子。 今年何度目かの高尾山野宿をしてきた。 こんな時期に何がとれるのだろうか?と思っていると メスのクワガタを持ち帰った。 見つけた瞬間友人と 「(嫁に)行き遅れたな」 と言ったそうな。 この種類のクワガタ、越冬できない。 高尾山。夜は既に寒い。 気軽に日帰りできるけれど涼しい。 この時期にこの個体がいることが凄いのだと息子はいう。 「その上こいつ。欠けてるところもないし」 そう。虫は痛 [続きを読む]
  • どこから来るのか?どうしてくるのか?
  • なんのことかって言えば久し振りに「悩み」について考えてみようと。 もうすぐ10月。 会社は年二回大きな人事異動があります。 ひとつは4月、もうひとつは10月。 今回私の職場でも2名転勤者がでます。 しかも同じ部署だし私と直接仕事で関係がある人たちが一度ってことはなかなかないこと。 ちょっと驚いている周囲です。 私的には、まぁそんなものだろう。 今この人たちとの関係性はかなり正常化されており、安定し [続きを読む]
  • 樹木希林さん
  • 統合医療の聴講10月3日|https://ameblo.jp/hasuna-f/entry-12406212936.html からだの不調を総合的に考えていく講座が始まります。 初回は無料となりますので初回だけでもご興味がある方はお聞きください。 病院では聞けない話です。 [続きを読む]
  • 別れ
  • 10月と4月は大きな人事異動があります。 同職場内でさんざん大変な思いをしてきた人との別れがもうすぐ来るという、突然そんな状況になりました……。 詳細は以下に書いてます。 [続きを読む]
  • リーデイングは自分を表しています
  • 先日リーディングの講師役をしました。 月に一度実践生は、生徒の方たちにSkypeでレッスンをします。 これは実践生にとって大変貴重な教えるという時間となります。 習う立場とまた違う緊張感があり、皆さんのリーディングの手だすけになるよう導くお手伝いができるようになればいいのですが、答えが分からないお題でやる時は自分たちも手さぐりで答えを見つけていきます。 毎度のことながらなかなかしっくりする日本語に [続きを読む]
  • 花火って不思議
  • 先日単身赴任の主人のもとに行った。 会社の側で花火大会があるという。 会社でも数発分の花火代を出し、組合と会社の折半で観覧シートも購入したのだが、人が集まらないから家族も参加可能なのでどうかと誘われた。 ……「誘われた」と私は思っているのだが、主人は言っただけだというが、まぁ誘われたことにしておく。 ここのところ忙しいのか、今度のお盆も帰宅しない様子なのでこちらから顔を見に行った。 まぁ、いてもい [続きを読む]
  • ひとりごと
  • 連日暑い。 いくらエアコン入れてても、社内空調が循環してないのか、寒いところと暑いところに別れているらしく、私のところは暑くて死にそうになる。 全くどこからもエアコンの送風が届かないらしく(バックにコピー機と太いコンクリートの柱あり)昨日は朝から死にそうになるも部長出張で使っていないサーキュレーターを直接当てる。 若い頃は体に厚みもなかったから、こんな風に直接受けていたらお腹も痛くなってしまったし [続きを読む]
  • 日々の話③
  • 先日単身赴任の主人が帰ってきた。 なので「日々の話②」に書いた話をした(もしよろしければご覧ください?これの前の記事です)。 すると、 配慮が足りないのは上司だ という。 えっ‼どういうこと? 新人がまずそんなこという時点でなってないけど、そう言ったとしたら、ダメだって一番上が言わないと という。 誰を一番大切にしないとならないかと言えば、その部署で働く女性。 気持ちよく働いてもらうのが一番なんだ [続きを読む]
  • 日々の話②
  • 先日会社で健康診断があった。 血液検査の順番を待っていたのだが、なかなか取れない人が多いらしく暫し待ち時間があった。 私の横には人事部の新人が座った。 彼女とは仕事で書類のやり取りをするのでなんとなく知っているのだが、時間があったのでどちらからともなく話し出した。 彼女は元気の良い子でクリクリと可愛らしい瞳をしている。 話していて屈託なくてとても性格が良い。 若くて可愛くて性格も良くて元気がよろし [続きを読む]
  • 日々の話
  • 先日の朝、通勤電車が遅れていて気がついたら終点。 席をたつともうみな足早にドアの外に。 ふと見ると行く先に折り畳みの傘が落ちている。 この時間がないときに‼と思ったものの見つけたから拾わないわけに行かず。 電車の外に出ると車掌が出てきたので渡そうとすると、 そこに落とし物届けるところありますから って行ってしまう。……私も時間ないけど職員さんも忙しいのだろう。 さっと届けて足早に乗り換え階段を下り [続きを読む]
  • 林遣都見たさでみた「闇金ウシジマくん」
  • 映画「闇金ウシジマくん」予告篇 映画「闇金ウシジマくん」を見る。 林遣都が出てなければ絶対見ない類いの作品。 だから他のこのシリーズについては全く知らない。 ひとこと、ヤバイところから簡単にお金借りちゃダメ?ってとこでしょうか。 林遣都の役はチャラいイケメンたちを全面にあげてイベントを開き、そこに群がる女の子たちと、その女の子たち目当てに集まる男の子達から金を巻き上げるイベントサークル代表。(イケ [続きを読む]
  • 林遣都くん見たさでみた「花芯」についての続き
  • 本日リーディングのレッスンに行き、はすな先生と「花芯」の話をした。 (レッスンより雑談が長くなるのが私の悪い癖なんだが、先生にはいつも本当にありがたいと思っている) 越智と園子の箱根の夜から二人の関係はズレて行った点を私にはよく理解が出来なかったが、先生に話して納得がいった。 園子は初めての越智との逢瀬のあと、「深淵を覗いてしまった」といい、自分の恋は終わってしまったと感じたのだけど、越智の方はそ [続きを読む]
  • 林遣都くん見たさでみた「花芯」のあらすじと感想
  • 林遣都が出演していた映画だったので「花芯」をみた。 瀬戸内寂聴の原作を映画化したものだ。 瀬戸内寂聴をきちんとよんだことがあるだろうか?と思うと覚えていない。 もっとも、大人にならないと読んでも……。 この話の主人公園子は戦前の人物。 第二次世界大戦後のことが中心となる。 いいなずけの雨宮(林遣都)は文学部に進学しているが、理系に転向する(これがまだ戦時中の話)。それは徴兵制を免れるため。それを主 [続きを読む]
  • 講座お休み?卒業?
  • 本日、朝日カルチャーセンターで習っていた中上先生のエッセイ教室の区切りを付けました。 山本先生の教室から数えると6年ほど通っていたことになるのでしょうか。 最初は自分が気に入っている文章を書く山本ふみこ先生に実際にお会いしたくて始めたことがきっかけでした。 その山本先生の都合でカルチャーセンターでの講座はおやめになったけれど、その後を私の好きな作家のひとり、中上健次のご令嬢、中上紀先生が引き継ぐと [続きを読む]
  • 高野山へ
  • 週末、国際カウンセラー協会で高野山へ行ってきました。 師匠のはすな先生は開祖弘法大師空海を以前からリーディングしていて、空海さんと話をなさいます。(言葉でなくビジョン…でだと思いますが、はすな先生はその人の特徴をとらえた言い方もなさるので聞こえる?耳なのか頭の中なのかわからないですがこともあるのだと思います) 今回は空海の開いた高野山に行こうということになったわけです。 和歌山県は関東地方からは遠 [続きを読む]
  • 新幹線にて
  • やっと週末。 今週まったりと長かった。 やることはあるんだけど、仕事も慣れてコツもつかめてきたしむしろ、 おお、そうだったね、それは気がつかなかったよ なんてことも言って貰えたりして平穏無事に過ぎていくのだけど。 思えばここまで来るのが大変だったのに、大変さが過ぎると人というのは辛かったことも悩んだことも忘れてしまう。 私はバカなのか?と思うくらい忘れてしまう。 でもそれはやっぱり忘れてはならない [続きを読む]
  • ごーき・ゆーき
  • 山田裕貴くんのTwitterから いや、何が大変かって。 それは日々Twitterを漁り、人の呟きばかりみていたら、何も頭で考えてないのか、考えることができなくなるのか? 頭のなかが受信機状態に陥るという。 こんなことは今だかつてなかったように思う。 書きたいことがあっても時間がなくて、気がつけば書かないうちに通りすぎていく思考たち、っーのはあっても。 頭の隙間のどこかにポロポロと漏れ落ちて霧とな [続きを読む]