大宮わさび。 さん プロフィール

  •  
大宮わさび。さん: わたしは不登校でした(社会復帰した元ひきこもり脳内
ハンドル名大宮わさび。 さん
ブログタイトルわたしは不登校でした(社会復帰した元ひきこもり脳内
ブログURLhttp://hutoukoudeshita.blog.jp
サイト紹介文わたしの不登校に関する体験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新(ひきこもり支援相談士合格)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 268日(平均4.2回/週) - 参加 2018/03/21 23:56

大宮わさび。 さんのブログ記事

  • うつ病を経験して、わたしが得たものは、自分に向き合う力
  • わたし自身のうつ病経験から得た、自分に向き合う力や、人生を他人に託して失敗を避けようとする癖のおはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。仕事辞めたら、楽になるよわたしは不登校ひきこもりからの社会復帰をしました。そのあと、社会人になり、今度はうつ病になって、会社を退職した経験があります。そのときに診察 [続きを読む]
  • 兄弟で不登校ひきこもりになる原因は家庭環境が悪いから?
  • 兄弟で不登校ひきこもりになる家庭が多い原因は、家庭環境が悪いからなのかって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。兄弟で不登校ひきこもりになる家庭が多いわたしが不登校ひきこもり支援に関わっているときに気づいたのですが、兄弟で不登校ひきこもりになる家庭が多いです。たとえば、上の子が不登校ひきこもり [続きを読む]
  • 不登校ひきこもり、祖母への気持ちの温度差に気づく
  • 祖母が苦手な自分を責めていたけど、世界中の人を愛せる人はいないんだから、これで良いんだと気づいたって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。敬老の日の出来事いまから、4ケ月前、8月の出来事です。姉より、敬老の日のお祝いのことで連絡がありました。わたしたちは、他の従兄弟たちと違って、一緒に暮らしてい [続きを読む]
  • 短文)自分の価値を他人のなかに求めるなんて苦しすぎる
  • 人間関係での息苦しさを見つめてみると、自分の価値を他人のなかに求めていたことに気づいたって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。自分の価値を他人のなかに求めるなんて苦しすぎる。さいきん、人間関係で息苦しさを感じる出来事がありました。悩みの中心がどこにあるのかわからないモヤモヤが、ずっと、心のな [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりの原因を姉に推測及び謝罪された
  • お姉ちゃんが感じていた、わたしが不登校ひきこもりになった原因と、嫌な思い込みから解決されたいなあっておはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。不登校ひきこもりの原因を姉に推測及び謝罪された先日、お姉ちゃんと話していると、急に真剣な声、深刻な顔で、正座をして、「過去の出来事で、謝りたいことがある」と言 [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりに悩む家族に幼少期の接し方を指摘するのは卑怯
  • 過去の出来事を後悔するよりも、未来に向かって、いまを悩んでみよう。周囲に惑わされずに、って、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。お知らせ:文章の最後に、メッセージへのお返事があります。お母さんが責められたら、子どもだって傷つくわたしが不登校ひきこもりになった頃、親戚のおばさんに言われました。「 [続きを読む]
  • わたしには生きる価値がある。うつ状態で自信を失うときに
  • 自分に自信がなくなったときに、思い出してほしい。うまくいかない日にも、誰かが認めた価値はあるんだって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。わたしには生きる価値がある「生きているのではなく、生かされている」って、お笑い芸人さんが漫才かコントで話していました。このフレーズ、よく聞く気がするなあ。と [続きを読む]
  • くだらない日々の想いを短文で(ブログに関するお知らせ)
  • 人の役に立つ文章を書こう。長い文章を書く力を鍛えよう。文章を繋げる力や、段落を分ける力を磨こう。と思って、ブログを始めました。ブログを始めて、半年が過ぎ、まとめるほどじゃないけど、ふと考えた文章たちが、貯まってきました。メモにせっせと溜め込むのも、つまらないし、せっかくなので更新していこうと思います。タイトルに、短文)の記載があるものは短文かつ、くだらない文章です。ところで。くだらない。の中に、素 [続きを読む]
  • 薬(抗うつ剤)を飲まないという選択と妊娠、出産
  • わたしが選んだ、抗うつ剤と飲まない治療法について、妊娠や出産を経験してから想うことって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。抗うつ剤に対する医師の言葉わたしが、自分がうつ病なのだと自覚したのは、あの日でした。会社で涙がとまらなくなり、なんとかしなければ、気持ちを明るくする薬を飲んで仕事をがんば [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりが感じていた学校生活でのストレスの原因
  • 不登校ひきこもりになったわたしが感じていた学校生活へのストレスの原因は、失敗を恐れ過ぎる心が生み出していたのかもしれないって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。 翌日の準備に1時間かかっていたわたしが中学生のころ、学校生活に関連して、不安を感じる日が多くありました。そのなかで、一番大きなスト [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりの子どもをもつ親の性格傾向
  • 不登校ひきこもりの子どもをもつ親の性格傾向と、子どもの社会復帰には親の変化が欠かせないって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。不登校ひきこもりの子どもをもつ親の性格傾向不登校ひきこもりの子どもをもつお母さん、お父さんの性格は、完璧主義の人が多いように感じます。子どもの教育にも熱心で、積極的に [続きを読む]
  • 髪の毛を抜く癖(抜毛症)が発生したらうつ状態の危険信号
  • うつ状態に近づいてくると発生する、わたしの髪の毛を抜く癖(抜毛症)と、その対処法っておはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。髪の毛を抜く癖(抜毛症)って、なに?抜毛症とは、漢字の意味通り、毛を抜く癖のことです。髪の毛を抜く人が多いようです。ダメだと思いながら抜いている人もいれば、無意識に抜いてしま [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりのわたしに友達ができなかった理由
  • 友達ができないのを深刻に考える必要はないんだよって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。友達への憧れわたしは、幼少期より、友達と呼べる存在のいない生活を過ごしており、家族を含む、まわりの人間からは、一人が好きな人という印象を持たれていました。でも、わたし自身は、なんでも話せて信頼できる友達が欲 [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりは病気か
  • 不登校ひきこもりは病気か否か、病院へ行く必要はあるのか、自分の経験をふまえてのおはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。30代まで尾引く登校拒否症、早期完治しないと無気力症にこれは、新聞記事のトップページに記載された見出しです。1988年9月16日、朝日新聞の夕刊にて。みんなが当たり前におこなう「学校へ行く [続きを読む]
  • 家族がカオス期の兆候に気づいたら不登校を回避できた?
  • もしも家族がカオス期の兆候に気づいていたら不登校ひきこもりを回避できたかについての考えや、社会復帰から10年の想いに関するおはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。カオス期(不登校初期)の兆候、お弁当を残すようになった高校1年の一学期の終わりごろ、高校に入った当初から仲良くしていた友人たちとの人間関係 [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりにとって、ネットは悪いだけじゃない
  • 不登校ひきこもりのほとんどがネット依存は誤った認識で、悪いだけじゃないんだよっておはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。携帯の電源を切って過ごした1年わたしは、高校1年生の冬から、不登校ひきこもりになりました。それからの1年、携帯の電源を切って過ごしました。ネットとは、つながりのない時間。わたしが、 [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりの子どもに無条件の愛を与えられないお母さんへ
  • 不登校ひきこもり状態にある子どもを、無条件に愛せず悩んでいるお母さん、自分を責めないでって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。親から子どもへの愛が途切れる日もある無条件の愛というと、何をしても許されるようなイメージをもってしまいます。だから、不登校ひきこもりになった子どもに対して、嫌な感情を [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりへ正論を伝えるタイミング
  • 不登校ひきこもりに対して、正論を伝えるタイミングは、停滞期(不登校中期)や回復期(不登校後期)がおすすめ、っておはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。不登校ひきこもり状態にあるときに、よく言われた「正論」わたしが、不登校ひきこもり状態にあるとき、わたしに対して、話しかける人の多くは、正論を口にしま [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりが問題行動を起こした理由
  • わたしがテレビをぶん投げたときに考えていた気持ちについてのおはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。テレビを壊したくなったわたしが、不登校ひきこもりになり、半年が過ぎたころのおはなしです。わたしは、停滞期(不登校中期)にあり、体内にエネルギーがあり余っていました。といっても、自分自身をコントロールで [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりは忍耐力が足りないわけじゃない
  • 学校は、我慢して耐えて通う場所なのかって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。学校は耐えるところ?不登校になる前のわたしにとって、学校は耐えるところでした。嫌で仕方がなかった。通信制高校や、大学へ進学して、まわりと同じように学校へ通うようになり、気づきました。いまの自分は、我慢して、耐えて、学 [続きを読む]
  • 元不登校ひきこもりの存在は希望であり絶望でもある
  • 元不登校ひきこもりが語る体験談は、子どもの年代によって、希望にも絶望にもなると気づいたって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。講演会の依頼を受けてわたしが不登校ひきこもり支援の活動をするなかで、講演会で、自分の体験談を話してほしいという依頼を受けたことがあります。わたしの体験は、人に話せるほ [続きを読む]
  • 通信制高校の先生の言葉。失敗は誇るべき敗北だ
  • 自分自身が「失敗」って呼んでいただけで、本当は「誇るべき敗北」も、たくさんあると気づいたって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。進路に悩んだ通信制高校3年の夏高校3年生になり、高校を卒業してからの進路を考える時期に起こった出来事です。わたしは、大学に対して、恐怖を抱いていました。通信制高校では [続きを読む]
  • 不登校ひきこもり、先生の訪問が憂鬱で家出した結果
  • 先生の訪問が憂鬱で家出した結果、安全地帯である自宅を取り戻し、心の栄養を蓄えることができたって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。先生が家にくる、憂鬱わたしが不登校ひきこもり状態になってから、何度も先生が我が家を訪問しました。担任の先生は、初めての担任で一生懸命って感じの若い男性。物理の先生 [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりが家族に自殺未遂を疑われた事件
  • 家族から自殺未遂を疑われたことによって、自分が透明人間ではなく、ちゃんと存在していると知ったって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。気づいたら腕に傷ができていたわたしが不登校ひきこもりになって半年が過ぎたころです。気がついたら、腕に切り傷ができていました。「気づいたら」と表現するぐらいなので [続きを読む]