大宮わさび。 さん プロフィール

  •  
大宮わさび。さん: わたしは不登校でした(社会復帰した元ひきこもり脳内
ハンドル名大宮わさび。 さん
ブログタイトルわたしは不登校でした(社会復帰した元ひきこもり脳内
ブログURLhttp://hutoukoudeshita.blog.jp
サイト紹介文わたしの不登校に関する体験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新(ひきこもり支援相談士合格)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 236日(平均4.4回/週) - 参加 2018/03/21 23:56

大宮わさび。 さんのブログ記事

  • 不登校ひきこもりは病気か
  • 不登校ひきこもりは病気か否か、病院へ行く必要はあるのか、自分の経験をふまえてのおはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。30代まで尾引く登校拒否症、早期完治しないと無気力症にこれは、新聞記事のトップページに記載された見出しです。1988年9月16日、朝日新聞の夕刊にて。みんなが当たり前におこなう「学校へ行く [続きを読む]
  • 家族がカオス期の兆候に気づいたら不登校を回避できた?
  • もしも家族がカオス期の兆候に気づいていたら不登校ひきこもりを回避できたかについての考えや、社会復帰から10年の想いに関するおはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。カオス期(不登校初期)の兆候、お弁当を残すようになった高校1年の一学期の終わりごろ、高校に入った当初から仲良くしていた友人たちとの人間関係 [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりにとって、ネットは悪いだけじゃない
  • 不登校ひきこもりのほとんどがネット依存は誤った認識で、悪いだけじゃないんだよっておはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。携帯の電源を切って過ごした1年わたしは、高校1年生の冬から、不登校ひきこもりになりました。それからの1年、携帯の電源を切って過ごしました。ネットとは、つながりのない時間。わたしが、 [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりの子どもに無条件の愛を与えられないお母さんへ
  • 不登校ひきこもり状態にある子どもを、無条件に愛せず悩んでいるお母さん、自分を責めないでって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。親から子どもへの愛が途切れる日もある無条件の愛というと、何をしても許されるようなイメージをもってしまいます。だから、不登校ひきこもりになった子どもに対して、嫌な感情を [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりへ正論を伝えるタイミング
  • 不登校ひきこもりに対して、正論を伝えるタイミングは、停滞期(不登校中期)や回復期(不登校後期)がおすすめ、っておはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。不登校ひきこもり状態にあるときに、よく言われた「正論」わたしが、不登校ひきこもり状態にあるとき、わたしに対して、話しかける人の多くは、正論を口にしま [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりが問題行動を起こした理由
  • わたしがテレビをぶん投げたときに考えていた気持ちについてのおはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。テレビを壊したくなったわたしが、不登校ひきこもりになり、半年が過ぎたころのおはなしです。わたしは、停滞期(不登校中期)にあり、体内にエネルギーがあり余っていました。といっても、自分自身をコントロールで [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりは忍耐力が足りないわけじゃない
  • 学校は、我慢して耐えて通う場所なのかって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。学校は耐えるところ?不登校になる前のわたしにとって、学校は耐えるところでした。嫌で仕方がなかった。通信制高校や、大学へ進学して、まわりと同じように学校へ通うようになり、気づきました。いまの自分は、我慢して、耐えて、学 [続きを読む]
  • 元不登校ひきこもりの存在は希望であり絶望でもある
  • 元不登校ひきこもりが語る体験談は、子どもの年代によって、希望にも絶望にもなると気づいたって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。講演会の依頼を受けてわたしが不登校ひきこもり支援の活動をするなかで、講演会で、自分の体験談を話してほしいという依頼を受けたことがあります。わたしの体験は、人に話せるほ [続きを読む]
  • 通信制高校の先生の言葉。失敗は誇るべき敗北だ
  • 自分自身が「失敗」って呼んでいただけで、本当は「誇るべき敗北」も、たくさんあると気づいたって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。進路に悩んだ通信制高校3年の夏高校3年生になり、高校を卒業してからの進路を考える時期に起こった出来事です。わたしは、大学に対して、恐怖を抱いていました。通信制高校では [続きを読む]
  • 不登校ひきこもり、先生の訪問が憂鬱で家出した結果
  • 先生の訪問が憂鬱で家出した結果、安全地帯である自宅を取り戻し、心の栄養を蓄えることができたって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。先生が家にくる、憂鬱わたしが不登校ひきこもり状態になってから、何度も先生が我が家を訪問しました。担任の先生は、初めての担任で一生懸命って感じの若い男性。物理の先生 [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりが家族に自殺未遂を疑われた事件
  • 家族から自殺未遂を疑われたことによって、自分が透明人間ではなく、ちゃんと存在していると知ったって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。気づいたら腕に傷ができていたわたしが不登校ひきこもりになって半年が過ぎたころです。気がついたら、腕に切り傷ができていました。「気づいたら」と表現するぐらいなので [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりが長期化する家庭の特徴
  • 不登校ひきこもりが長期化する家庭には共通点があるなあって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。わたしが、自身の不登校経験で知り合った周囲の人間と話したり、不登校ひきこもり支援に関わったりしているなかで、長期化する家庭には共通点があるなあと感じました。兄弟姉妹へのフォローが足りない子どもが不登校 [続きを読む]
  • 通信制高校時代の親友と喧嘩して絶縁したから、学んだこと
  • 喧嘩する経験が不足していたため、仲直りするタイミングを見失った。そこから学んだことについての、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。わたしには、通信制高校時代にできた親友がいました。はじめてできた、親友でした。だから、とっても楽しい毎日を過ごしました。お互いの家に泊まったり、母も交えて、食事に行 [続きを読む]
  • 不登校後遺症に苦しんで、泣きながら目を覚ます日がある
  • 無意識の中で眠っている、不登校ひきこもり状態への恐怖に苦しんでいるって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。わたしが、不登校ひきこもりから社会復帰を果たしたのは、10年以上前の出来事です。でも、いまでも、あのときの、苦しい気持ちを、思い出す日があります。もう10年も経っているのだから、忘れているは [続きを読む]
  • 元不登校ひきこもりが、自分をいじめた人に会いたい理由
  • 高校時代に、わたしをいじめていた女性に会って、あのときの気持ち、それから、いまの気持ちを聞きたいって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。わたしは、高校生のとき、いじめられていました。無視や仲間はずれです。暴力をふるわれたことは無いので、軽いいじめだったと思いますが、ふいに頭の中によみがえるこ [続きを読む]
  • わたしはさっき生まれたところかもしれない
  • わたしが生きてきた時間は、自分が生きてきたと思い込んでいる日数より、ずっとずっと少ない日数なんじゃないかって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。数日前に書いたブログ、2メートル先の宇宙にも似ているのですが、わたしは、自分の記憶についても、信用できないと思いながら暮らしています。昨日、わたしは [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりから社会復帰に近づく親の関わりかた
  • 不登校ひきこもりである子どもが社会復帰しやすい家庭のお母さん、お父さんが自然と取り組んでいる関わりかたについての、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。不登校ひきこもりにとって、家は唯一の安全地帯子どもが不登校ひきこもりになると、親は、とりあえず焦ります。「早く学校へ行きなさい」「どうして学校に [続きを読む]
  • 不登校ひきこもり支援「待つ」は何もしないとは違う
  • 不登校ひきこもりである子どもに対して、お母さん、お父さんがサポートできることについての、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。「待つ」と「何もしない」は違う不登校ひきこもり支援の基本は、「待つ」ことだと、以前の記事に書きました。子どもが不登校ひきこもりになって、学校の先生や病院、支援機関へ相談す [続きを読む]
  • 2メートル先の宇宙を信用できない。精神科医から指摘
  • わたしが地球や日常生活に対して、疑問に感じている感覚のおはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。わたしは、自分の手が届かない場所に対して、本当に存在しているかどうか疑問をもつことがあります。たとえば、自分の2メートル上空。そこに何があるの? と聞かれたとき、多くの人は、空間が広がっていて、やがて、宇 [続きを読む]
  • 子どもは親を選んで生まれる。親も子どもを選んでいる
  • 子どもが親を選ぶ仕組みについて、わたしなりに考えている想像に関するおはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。わたしは、人間には、ふたつの部品があると考えている。ひとつめは「心」、ふたつめは「身体」心を個人が決めるもので、身体は遺伝により決まるものだと、わたしは考えているのだ。心は個人のもの。気持ちは [続きを読む]
  • 睡眠改革から1ケ月が経過。うつ状態になる頻度が減った
  • 睡眠改革によって、心のモヤモヤが軽減したって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。今年の8月後半、睡眠改革に取り組んだ話を書きました。あれから、1ケ月。自分自身の変化について、経過報告です。(・∀・) ちゃんと早寝早起きを続けていたよさいきんは、23時になるとパソコンを消して、睡眠準備を始める生活を [続きを読む]
  • 不登校ひきこもりの社会復帰には成功体験の蓄積が大事
  • 自分はたくさんの成功を経験しているのだと知って、自信につなげようって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。失敗したときは、何度も振り返ってしまいますが、成功したときこそ、なぜ成功したのか振り返る必要があります。成功した体験を蓄積できる人は、その成功を再現することができる。再現できる。ってことが [続きを読む]
  • 精神科医が考える「精神健康の基準」と元不登校ひきこもり
  • うつ状態になったことを自分で自覚して、生きづらさを軽減しようって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。わたしは本を読むのが好きです。本を読むと、自分の知らない物事に気づくからです。知らないことは考えることもできないから、知るって大事だなあと思って。百ページ以上ある本の中で、たった1行でも、自分 [続きを読む]
  • 不登校ひきこもり、母親に対して申し訳なく思う
  • 不登校ひきこもりになって母親に迷惑をかけた、感謝しているよって、おはなしです。こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。わたしは不登校ひきこもり状態にあるとき、ずっと思っていました。両親、特に母親に対して、申し訳ないなあと。子どもが不登校になると、お母さんが、周囲から責められることが多いです。お父さんも、わたしを [続きを読む]