病み人 さん プロフィール

  •  
病み人さん: 兵庫県神戸〇〇セ◯ターの病み人散文記
ハンドル名病み人 さん
ブログタイトル兵庫県神戸〇〇セ◯ターの病み人散文記
ブログURLhttp://kobesuiminsyougai.blog.fc2.com/
サイト紹介文兵庫県神戸〇〇セ◯ターの睡眠障害で苦しむ病み人職員のブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供508回 / 184日(平均19.3回/週) - 参加 2018/03/22 01:49

病み人 さんのブログ記事

  • 第2段階
  • 第2段階は確実に失敗しました。ネットで訴えるには策が甘かったようです。肉を切らせて骨を断つでいかないとダメなようです [続きを読む]
  • 無念
  • 無念、誠に無念何をすればよいのか私にはわからない。証拠集めだけは続けるしかない。決定的な失点を突くのを待つ。 [続きを読む]
  • 失敗
  • 見事に失敗しました。なるほど、さすがにネット界は色々と考えていらっしゃる。やはりIPアドレスがもっと欲しいところです。 [続きを読む]
  • 後退
  • 成果を確認したら、後退していたのでショックのあまり頭がおかしくなりそうでした。死ね!死ねっ!死ねーーーーーーーっ!!! [続きを読む]
  • 疲れ
  • しかし、もう疲れました。疲れてもやめるわけにはいきません。祈祷と実力行使第2波を続けてこそ私のため、同僚のため自死した友人、上司のため具体的にパワハラ人が裁かれるためにパワハラ人が自死した友人や上司と同じ目にあうようにやめるわけにはいきません。 [続きを読む]
  • 自明の理
  • 人にした仕打ちや言動はすぐに忘れるかもしれないが人からされた仕打ちや言動は一生忘れない。パワハラ人はそこがわかっていない。それが積み重なると、死に相当する罪となる未明の霊のような存在もそう言っていました。 [続きを読む]
  • 結果
  • 出ました出ましたとりあえずの結果が出たもっと出ろ改善が認められない限り波動のように続けなければならない。 [続きを読む]
  • 死後の世界
  • 死後の世界はどうなっているのか 私は6歳の時にそれを意識してから、ずっと考えてます。死後の世界はあります。しかし、それがどうなっているのかは私には分かりません。カルマとは業深く、天の思し召しのままに裁かれ、転生す。叔父が亡くなった時に、間違いなく語りかけて来たはずなのに、その時は私には分かりませんでした。その後の不幸を思い起こすと、叔父は私に何か訴えたかったのかと。南無大日如来南無阿弥陀仏南無盧舎 [続きを読む]
  • 憑依
  • 兵庫県神戸〇〇セ〇ターには 憑依しやすい奴がいる。 うひゃひゃひゃひゃひゃ! 私は男か女か 誰か説くか? 正体を暴し給え 方法はない。 うひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ〜 憑依しやすい奴がいる。 なりますまし。 憑依! わかる? そう見えても そうでないかもしれない 次元に潜航して闇で裁いて地獄に送る うひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ [続きを読む]
  • ブレ
  • 自分ではブレてないつもりかもしれないけど、ブレてるよ!!俺みたいなアホでもそんなことは覚えてるよ。ブレブレブレ!白日のもとに晒す!死ねーーーーーーーっ!!! [続きを読む]
  • 洗礼
  • 一度洗礼を受けることも必要でしょう今後もこういうことはあるということを身をもって知るべきなのです今まで通り同じようにはできないのです [続きを読む]
  • 因果応報
  • 死に給へ。因果応報は世の常死に給へ。因果応報は自明の理死に給へ。生きてきたようにしか死ねない死に給へ。貴殿が流させた涙と同じネガティブなエナジーが集結し死に給へ。黒天使が貴殿をバルバラへと導く。バルバラで永遠の闇に沈め死に給へ [続きを読む]
  • 職員の苦情相談
  • 職員の苦情相談というのがあるにはありますが、あんなもん全く役に立ちません。以前の職場で相談しましたが、何もしてくれず何も解決してくれませんでした。「それは職場の中で相談するべき」とか、できへんから来てるんやんか!こころのナントカとかも全く役に立たない。相談してもメールですらもその後何のフォローもない。しかしまあ、少しでも自体を改善するにはいよいよ苦情相談に行かねばならんのかと思います。何の遠慮もい [続きを読む]
  • ネット界
  • ネット界は奥深く闇深い セッティングするにはもってこいの場所とりあえずはここしか無いパワハラ人を闇で裁いて地獄に送る [続きを読む]
  • 祈祷の旅
  • 今日の祈祷の旅は発狂した私の精神を癒してくれました。具体的に氏名を書いて祈祷できるのは初めてです。私が普段私的にしている祈祷を寺社でしてもらえて感無量です。パワハラ人に天よりの誅が下り、悶絶する結果をたどることを希望します。 [続きを読む]