masterkry さん プロフィール

  •  
masterkryさん: tetsu
ハンドル名masterkry さん
ブログタイトルtetsu
ブログURLhttp://kuri2013.hatenablog.com/
サイト紹介文勉強法や高校入試突破の秘訣、塾から見た種々の教育問題について語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 35日(平均13.8回/週) - 参加 2018/03/22 12:13

masterkry さんのブログ記事

  • そんなことがよく言えますよね
  •  今朝から100マス計算でお馴染みの影山先生のツイートを見て驚いたのです。そのツイートがこれです。影山先生のツイート***************************************学校にお願いをして、漢字の定着調査をしてもらうと、中学年の漢字が7割、高学年の漢字が6割という六年生というのは一般的。でもその調査をするとそれがわかるので2度とやるなと現場から反発が来る。ではここを改善したら [続きを読む]
  • 教育は「北風と太陽」
  • 「北風と太陽」〜wikiよりあるとき、北風と太陽が力比べをしようとする。そこで、旅人の上着を脱がせることができるか、という勝負をする。まず、北風が力いっぱい吹いて上着を吹き飛ばそうとする。しかし寒さを嫌った旅人が上着をしっかり押さえてしまい、北風は旅人の服を脱がせることができなかった。次に、太陽が燦燦と照りつけた。すると旅人は暑さに耐え切れず、今度は自分から上着を脱いでしまった。これで、勝負は太陽の勝 [続きを読む]
  • みやぞんの言葉
  •  コメディアンのみやぞんの言葉がネットで話題になっており、大反響ですね。ツイッターにも流れてきました。その言葉は「自分の機嫌は自分で取って、人に取ってもらおうとしない」というものです。なるほど、その通りですよね。大人であれば、この言葉を多くの人が実践していますよね。また、この言葉を実践できないと大人とは言えないかもしれませんね。しかし、言うのは簡単なのですが、実はたいへん難しく、大人でも全員ができ [続きを読む]
  • 自宅までの地図を毎年提出するのは謎すぎる
  •  小中学校では、毎年、春先には決まった提出物があります。それは自宅と学校間の略地図です。通学路の把握が目的でしょうか、それとも家庭訪問のために使うのでしょうか…。通学路の把握はたいへん重要なことです。登下校時に、万一何かがあれば通学路を中心に調べたり探したりしますから、わかっていないのは問題です。生徒の安全を考える上でも非常に大事なことなのです。しかし、今はスマホがあるので生徒の家までの道筋は楽に [続きを読む]
  • 親にはことわざや慣用句を使って欲しい
  • 「足が棒になる」や「目から火が出る」のような慣用表現はたくさんあり、それらを用いることで的確に情報を伝えることができますし、また会話を楽しくすることさえできるので、たくさん知っていると何かといいのですが、このレベルの慣用表現を知らない子供は意外に多いのです。国語の授業で初めて知るのですよね。聞いたことがあるけど意味はわからないのならまだいいですが、聞いたことさえないというのですから驚きます。なぜで [続きを読む]
  • 朝課外に関して
  • 部活問題に似ている 最近、九州全域に見られる公立高校の「朝課外」が話題になっています。ゼロ時間目とも言われており、正規の授業の前に一コマを設けて勉強する時間を確保するものであるようです。7時30分からの45分間がその時間になっているようですね。これに対して生徒や教員から大きな不満があるようで最近バラエティ番組でも取り上げられていました。一番の不満は朝が早いための寝不足のようですね。通学に一あ時間程かか [続きを読む]
  • 自分の価値を上げようとしたことで価値が下がるとは…
  •  有名な人や実力のある人との関係をアピールすることで、自分の価値を高めようとするのは誰にでもあることだと思いますので、全否定はしません。しかし、過剰にアピールする人や、これ見よがしに自慢されるといい気はしませんし、むしろ、不快感さえ与え、下手すると嫌われるわけですよね。でも、組織の中には必ずこういう人がいるものです。問題は、過剰に自慢することで周りの人間からの評価が下がっていることに気が付いていな [続きを読む]
  • 「潔い」は英語で「graceful」といいます
  •  財務省の事務次官のセクハラ発言が問題になっていますが、また政権に打撃を与えるたもに使われそうでどうも釈然としないのですが、何よりも腹立たしいのが「潔くない態度」ですね。まだ、確定したわけではないですが、政治家や大会社の社長など立派であるべき人たちの潔くない態度にはうんざりします。自分を守るのに必死で恥も感じないで、見苦しく言い訳をしたり場合によっては責任を誰かに擦り付けたり、こんな大人の様子を見 [続きを読む]
  • 若草書店が全店閉店
  •  若草書店って地味でしたけど、ある意味奈良らしいところだったのですよ。近鉄電車の主要な駅の構内にあり、奈良を紹介する本や、歴史に関する本が充実していて、小さい店舗でも歴史系はがっつりスペースを取っていたのが、印象的でまた奈良人としては好感を持っていたのですよ。そんな若草書店もなくなるのはたいへん寂しいものです。特に近鉄電車を通勤・通学で使っておられる方はショックでしょうね。ネットで調べたら。、3月1 [続きを読む]
  • 英語の教科書を作るのにかかわる外国人が少な過ぎる
  •  中学校で使われている英語の教科書も昔と比べると随分とよくなりましたし、内容もより会話・口語表現を意識した内容になりつつあります。また、それでけではなく、前回の改定からはレベルも引き上げられ、かつての内容とはおおきく異なります。単語1つを取りましても以前は高校の教書に出ていたものが多く出されているのです。昔の感覚で教科書を見ると驚くほどレベルも高くなっています。しかし、フルカラーだしイラストや写真 [続きを読む]
  • 先生が根拠のない自信…
  •  政治家と生徒の言い訳はよく似ていて、思わず「そんなわけないやろ!」と突っ込みたくなるのですが、学校の先生も生徒とよく似ているところがあるのですよ。それは、頻繁に聞こえてくるのですが、公立高校の先生が言う「塾・予備校に行かなくてもいいですよ」という発言に関してです。ちょうどこの時期ですよね。これをよく言っておられるのは。入学してきた高校1年の生徒に言うのですよ。中には塾・予備校の悪口まで言う先生が [続きを読む]
  • 本気で子供を守る気があるのか…
  • そんな危機管理じゃダメだろう 中間考査の日程を確認しようと思って、昼に近隣のいくつかの中学校のホームページを確認していたのですが、ある中学校のHPに気になるものを見つけました。なんと、学校の見取り図がアップされていたのですよ。それも平面図と立体図の両方があったのです。これで学校の様子がばっちりわかるのですよ。職員室、音楽室、美術室、各教室、あらゆる部屋がどこにあるのかがわかるのです。例えば、〇年△組 [続きを読む]
  • 親も勉強するといいと思います
  •  親もたまに中学レベルの勉強をやり直してみようかと思うことがあるでしょう。しかし、今更、教科書を開くのはどうも…、子供と同じことをするのも…、でも中学レベルの位のことが曖昧なのも恥ずかしいし…、子供にバカにされるのも腹が立つし…、まあ、世の父母も勉強に対してはいろいろな思いがあると思います。そんな風に思うのなら迷わず勉強すればいいのですよ。 そんなに肩ひじ張らずには気楽に勉強できるいい本を見つけま [続きを読む]
  • 塾の「〇〇対策」をすべて信じてはいけない
  • 進学塾=「〇〇対策」のイメージ 進学塾と言えば、「〇〇対策」というイメージの方が多いのですはないでしょうか。特に学校の先生からのそういう目で見られているのかもしれませんし、保護者や生徒もこの「〇〇対策」を求めていると思います。確かに、塾は〇〇対策が好きですし、〇〇対策が塾の生命線でありアイデンティティでもあるかもしれません。対策という言葉を使わな塾はないでしょうね。最も一般的なのが定期考査対策、受 [続きを読む]
  • 厳しい採点基準の是非
  • ピリオドを忘れたために… 一カ月ほどすると各学校で中間テストが行われえます。中1の生徒にとっては初めての中間テストですから、きっと不安なことでしょうね。まあ、しかし、1学期の中間テストは一年で最も簡単なテストですから、それほど不安がる必要はないのですよ。でも、中1の生徒は経験がありません。問題が簡単だから大丈夫というわけにはいきません。不慣れがゆえにとんでもないミスや勘違いをしでかす危険があるのです [続きを読む]
  • そのやり方では伸びませんよ
  • 確実に伸び悩むダメな勉強の仕方 どの教科にも共通するダメなやり方を提示します。受験生で3つ以上該当すると上位校はあきらめないといけません。5つ以上該当すると高校受験を突破するのは難しいですよ。逆にこれらが一切該当しないようになれば成績はぐんと上がります。 ①やたらとまとめる ②同じことをばかりする ③答え合わせをしないで放置する ④分からないとすぐに答えや本を見てしまう ⑤模範解答を書き写す ⑥キリ [続きを読む]
  • 時間割はおしゃべりだ
  •  英数が週1回というのは謎に満ちた時間割 中学生の場合、英数の授業が週1回というのは不思議ですね。個別指導の塾ではあるでしょうが、集団授業の塾では明らかにおかしいですよ。もちろん、時間割も塾によって差異はありますけど、集団形式の授業の場合だと週3回の通塾が一般的というかオーソドックスだと思います。そのうちわけは週3のうち2回が英数、理社国は1回ですよね。理想を言うと理社国も週2回したいのですが、週3では無 [続きを読む]
  • 映画「空海」からの教訓
  • 映画「空海」について この前の日曜日はたいへん寒くて出歩く気にならなかったので、自宅で映画を見ました。最近は「アマゾンプライムビデオ」で頻繁に映画を見ているのですが、本当に安くついていいのですよ。(笑)さて、見た映画は「空海」です。新しい「空海」ではありませんよ。昔の「空海」です。1984年版の「空海」です。内容も全く違います。新しい「空海」は楊貴妃をめぐるサスペンスものですよね。(これもたいへん面白 [続きを読む]
  • 保護者の皆様の熱意には圧倒されます
  • 保護者会へご出席ありがとうございました! 本日は中3の保護者会でした。全員出席で、保護者の皆様の圧倒的な熱意を感じました。お忙しいところ、また遅い時間にも関わらずお集まりいただいただきありがとうございました。受験生の保護者会ですから全員出席は当然と言えば当然なのですが、通知文を一枚配布しただけで何も言わずに足を運んでくださる保護者の皆様には本当に感謝しかありません。更に、偉そうな私たちりの話を熱心 [続きを読む]
  • 英文法は要らない?
  • 英文法は忌み嫌うべきものか 昔から英文法を否定する人は結構います。テレビなどでも大声で批判している人は依然として多いですし、インターネットでは英文法を否定する内容のページは多くあります。そういう人たちが決まって言うのがこれですよ。「英文法ばかりやっているから日本人は喋れないんだ」そして、これを聞いた多くの人が「そうだ、そうだ、だから、日本の英語教育はおかしい…」「私も、英文法のために英語が嫌いにな [続きを読む]
  • 鍵は勉強に対する真面目さ
  • そりゃあ、素直な生徒が伸びるのですが…「どんな生徒が伸びますか?」と尋ねられたら、学校であろうが塾であろうが先生であれば答えは決まっています。それは、「素直な生徒」です。教えている立場の人間からするとこれほど大事なことはないのですよ。先生は勉強内容を教えるだけではなくて、勉強の仕方を指導するのですが、その指導通りにやる生徒とやらない生徒は同じ授業を受けていても全くと言っていいほど結果が異なるのです [続きを読む]
  • 伝統の前の思考停止
  • 伝統か人命か ここ数日この話題が大きく扱われてますね。今朝もワイドショーはどの放送局もこの話題ばかりでした。土俵に女性が上がれないという問題は今までにも何度も問題になってましたが、「伝統」という言葉で片づけられてきたように思います。今回は今までとは違い緊急時だったことが大きな問題になっているのですよ。これを機会に各方面で深く話し合いをしてもらいたいですよね。ただ、気になるのは今朝のワイドナショーで [続きを読む]
  • 公立高校へ通うには覚悟が要る
  • スタートから大きな差がついている 間もなく入学式ですね。公立高校は4月10日ですね。私立はもっと早いところが多いですよ。4月2日〜6日までに入学式があり、4月10日には授業が本格的に始まっているのです。学校によっては公立高校よりも1週間も早く始まっているのですよ。この時点で既に差がついているのです。だから、公立は気楽でいいと思うのか、それとも危機感を覚えるのかは人によって異なりますが、大学進学を考えているの [続きを読む]
  • 実力テストだから何も勉強しないで実力で受けます
  • 実力テストの意味とは「実力テストだから何も勉強しないで実力で受ける」と言って全く勉強しないで受けようとする生徒がたまにいますね。昔も今も必ずこういう生徒は少し存在しています。だいたい、学力の低い男子がよくこれを言うのですよ。一瞬「なるほど」と思うかもしれませんが、そうではありません。これは、見事な詭弁ですよね。実力テストは何もしていない現時点での実力を測るものではありません。実力テストは勉強をする [続きを読む]
  • 予習と復習はどっちが大事か...
  • 予習が大事か復習か大事か… これは一概には言えません。生徒の学力や年齢に大きくされます。また、教科や内容にもよりますよね。文系科目なら事前に調べたり教科書を読んでおくことくらいは誰にでもできますよ。学力は関係ないですよね。しかし、数学はどうでしょうか...。特に新出単元を予習するなどはかなりのハードルですよね。学校の教科書はそれほどわかりやすくは書いてくれていませんからね。数学が苦手な生徒にとっては [続きを読む]