うみさち・やまさち さん プロフィール

  •  
うみさち・やまさちさん: うみさち・やまさち
ハンドル名うみさち・やまさち さん
ブログタイトルうみさち・やまさち
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yosi_yuki
サイト紹介文山口県を中心に、花の情報や御朱印集め・趣味の話をいろいろと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 256日(平均2.4回/週) - 参加 2018/03/22 21:59

うみさち・やまさち さんのブログ記事

  • 神上寺で御朱印
  • バタバタして紹介できてなかったのですが、先週、下関市の神上寺(じんじょうじ)に行ってきました。こちらは、1300年前に開山した古刹だそうで、目にするあらゆるものが古い古い…。ちょっとドキッとするような景色があちこちで見られました。実際はもうちょっと薄暗くて、人はいるのにシンとしてるのです。異界への扉が開いてしまいそうなほど独特な雰囲気。そんなファンタジー小説、どっかにありそう気も。苔むした階段をひたす [続きを読む]
  • 龍蔵寺で御朱印
  • 超久々にお出かけをしてきました。最近、出かけても花が咲いていなかったり、お寺の方が留守で御朱印いただけなかったりと外れが多くて…(愚痴)。まあ、それはともかくとして。山口市の龍蔵寺を久々に散歩です。龍蔵寺は山口市では最も古いお寺だそうです。なんでも、約1300年前にさかのぼるんだとか。…歴史がありすぎて、よくわかりませんがすごいです。龍蔵寺といえば、特に有名なのが大銀杏。国の天然記念物に指定されている [続きを読む]
  • 鰐鳴八幡宮の彼岸花
  • 鰐鳴八幡宮で御朱印をいただいたので、心置きなく彼岸花見学しました。目がチカチカしてしまうくらい、どこもかしこも赤だらけです。石灯籠がよく似あいます♪綺麗な彼岸花の根には毒があるのだそうです。その毒で、墓場を荒らしにくるモグラを撃退しようと墓場周辺に彼岸花を植えたせいで、「彼岸花=死者の花=不吉な花」というイメージがついてしまったのだとか。もったいない。毒がある球根ですが、調理法によっては食べられる [続きを読む]
  • 鰐鳴八幡宮の御朱印
  • 長らくご無沙汰しています。最近、あまり出歩くことがなかったのですが、三連休ということもあってちょっと山口市小鯖まで行ってきました。この時期に小鯖といえば、有名なのが鰐鳴(わになき)八幡宮の彼岸花。参道にずらりと咲いている花を目当てに、広島から団体様がバスで来るくらいの名所です。この日も、満開の彼岸花が迎えてくれました♪花を愛でつつ、まずは参拝。鰐鳴八幡宮は通称、小鯖八幡宮といい、平安中期に御勧請さ [続きを読む]
  • 秋吉台のナデシコ
  • 秋吉台つながりで、同じ時期に咲いていた花も紹介。ナデシコです。ナデシコといえば、すっかり女子サッカーなイメージがついているのですが、これは正真正銘の野草。たぶん、カワラナデシコという花かな?普段あまり真面目に見ることがないのですが、ナデシコの花って結構分かれているんですね。それはそれで、可憐に見える不思議。こんなところも、昔から愛されている所以なのでしょうか。夏空の下で咲いている秋の七草というのも [続きを読む]
  • 美祢市秋吉台のイヌキクイモ(仮)
  • 暑くてどこにも行ってないので、過去の写真でお茶を濁す作戦〜。2016年の8月終わりに、美祢市の秋吉台に行ってきました。何か花は咲いてないかなぁーとウロウロしていたら、発見!綺麗な黄色の花がいっぱいです!まとめて咲いている様子は花束みたい♪太陽の光を反射して、まぶしく光っています。…で、なにかな? この花は。調べてみたところ、キヌガサギク?に似ているかなーと思ったのですが、キヌガサギクは中央が黒っぽいの [続きを読む]
  • 山口きらら博記念公園の山口ゆめ花博(準備中)
  • 久々の更新です。暑くて何もする気がおきなくてグダってたのですが、9月に山口きらら博記念公園である山口ゆめ花博の準備が着々と進んでいるという話を聞いて、ちょっと行ってきました。工事中の入り口を横目に見ながら奥に進むと、真っ白なきららドームが見えてきます。この形はクジラか亀に似ていると思ったのですが、確か違ったんだよなぁ。なんだったっけなぁ…。(検索)水鳥が羽を休めている姿がモチーフなのだそうです。う [続きを読む]
  • 下関市園芸センターのランタナ
  • 暑くなると、この花をあちこちで見るようになりましたねー。ということで、今回紹介するのは下関市園芸センターのランタナです。わー、いっぱい♪ランタナの原産地は中南米で和名を七変化というそうです。その名の通り、花の色が徐々に変化していくのだとか。中心辺りがまだ若い花で、徐々に色がついて外側のようなピンク色になるんですって。ランタナの基本といえば白とピンクという感じですが、ほかにも…オレンジと赤黄色とピン [続きを読む]
  • 山口で皆既月食
  • 7月28日は朝っぱらから皆既月食でした。ご覧になった方はおられますか?なにぶん、欠け始めが朝の3時24分〜とかでさすがに最初の内は寝てたのですが、それでもなんとか4時に起きて外を見てみました。おお、結構欠けてる! やっぱり、がんばって起きればよかったかも!カメラの性能的にいろいろ限界はありますが、神秘的です。皆既月食は月が地球の影に隠れてしまうことで発生する現象だそうです。今年の初めもあったけど、あの時 [続きを読む]
  • 鰐鳴八幡宮の鬼百合
  • 連日、暑くて暑くて何もする気が起きないのですが、過去の写真を引っ張り出してやる気をよみがえらせようと画策中。ということで、山口市小鯖にある鰐鳴八幡宮の鬼百合をご紹介です。春は桜、秋は彼岸花で有名な鰐鳴八幡宮の参道。夏には鬼百合がたくさん咲いています。鬼百合は下を向いて咲くので、撮るのがなかなか大変でした(笑)。でも、石灯篭とセットだとちょっと雅な雰囲気が出てきます。これを撮ったのは2年前の7月16日 [続きを読む]
  • 大照院で御朱印
  • 東光寺で聞いたからには行かないわけにはいかないでしょう!と、大照院にも立ち寄ることにしました。どちらかというと萩市内に近い東光寺とは違い、萩市の外れっぽいところにあるのが臨済宗南禅寺派の大照院です。残念なことに工事中で近づけませんでしたが、こちらの鐘楼門も国指定の重要文化財だそうです。もうちょっと近くで見たかったなぁ。惜しかった。立派な本堂の中にはとても大きな釈迦如来像があり、入って間近で拝見する [続きを読む]
  • 東光寺で御朱印
  • せっかく松陰神社に来たのだからと、東光寺にまで足をのばすことにしました。東光寺は松陰神社の裏手にあるお寺です。歩くとちょっと遠いし暑いので、車でひとっ走り。遠目からでもすぐにわかる、朱色の総門が見えてきました。なんというか、風格が違う…!と感動していたら、こちらは国指定の重要文化財だそうです。1691年に三代目藩主毛利吉就(よしなり)公が創建された、毛利家の菩提寺だとか。…道理で、佇まいが違うと思った [続きを読む]
  • 松陰神社で御朱印
  • 三連休最終日、ドライブがてら萩市の松陰神社まで足をのばしました。松陰神社は言わずと知れた幕末の思想家・吉田松陰を祀る神社です。昭和30年ごろに建てられただけあって、境内は綺麗で新しくて広々とした神社っぽくない雰囲気が漂っています。境内には松下村塾もあったり、宝物殿「至誠館」や吉田松陰の生涯を蝋人形で再現した「歴史館」があったりと、神社というより資料館といった風情。ですが、境内を進むとそこは神社。立派 [続きを読む]
  • 花の海のひまわり
  • 今日は山陽小野田市にある花の海に行ってきたので、花の海のひまわりを紹介します。いっぱいのひまわり♪今が満開…というわけではなく、これは4年前に遊びに行ったときの写真です。今年のひまわりは、まだ咲いてないらしいです。店員さんによると、20日あたりから咲き始めるとか。来週かぁ、残念!花の海はイチゴとかブルーベリーとかトウモロコシの収穫体験をさせてくれる、システム農場。その奥にあるひまわり畑は、文字通り [続きを読む]
  • 萩市むつみ地区のひまわり
  • 大雨が通り過ぎたと思ったら、連日暑いですね。蝉も鳴き始めたし、本格的な夏の始まりです。ということで、夏といえばやっぱりこれ!!という花をご紹介します。萩市むつみひまわりロードのひまわりです。いやー、暑いですね。ひまわりって見てるだけで、なんとも暑い!夏の日差しにあぶられて、ひまわりも暑そうです。行った私も暑かった…。去年だけど暑かった…。思い出しただけで暑い…。それはともかく。萩市のむつみ地区・伏 [続きを読む]
  • 船平山のゆうすげ
  • 雨で週末外出できなかったので、去年の7月半ばに撮ってきた写真を引っ張り出してきました。山口市阿東にある船平山のゆうすげです。ゆうすげはススキノキ科ワスレグサ属の花で、山の斜面に咲く、黄色い百合のような形をした花です。半透明な花びらが、なんとも美しい♪船平山はゆうすげの群生地で、毎年ゆうすげ祭りを開催しているそうです。今年はやるのかなぁ。とはいえ、ゆうすげは夕方に咲きはじめる花なので…昼間はこんな感 [続きを読む]
  • 下関市角島のハマユウ
  • 連日の雨で心の痛むニュースが続いていますが、こんな時こそ癒しを!ということで、3年前の7月に撮った花を紹介します。下関市角島にある夢崎波の公園のハマユウです。角島といえば、CMにも使われている橋が有名ですが橋を越えて、左のほうにまっすぐ行くと夢崎波の公園が見えてきます。その公園内にある角島灯台付近に、群生している花がハマユウです。真っ白い花が、青空と灯台に映えて良い感じ♪ハマユウはヒガンバナ科の多年草 [続きを読む]
  • 広島県のオカトラノオ
  • 6月終わりの土曜日、広島県廿日市市にあるウッドワン美術館まで行ってきました。その入り口近くで珍しい花を見つけて、あわてて撮影。なんの花でしょう。白くて面白い形をしています。根元から先端に向かって咲いていく花の重みで、箒みたいに垂れ下がっているのが面白いです。調べてみたところ、オカトラノオという花に一番近いような。…たぶん。オカトラノオは日当たりのよい野山に自生する花で、花が垂れ下がっているさまが虎 [続きを読む]
  • 防府天満宮で御朱印
  • 防府に来たんだし、やっぱりここは外せないよねーと防府天満宮にも行ってきました。相変わらず立派な鳥居です…が、なんだかキラキラしています。なんだろう?お祭りかな?と不審に思いながら階段をのぼっていくと、楼門もキラキラだぁ!ここで初めて、「七夕まつり」の看板を発見。七夕まつりだから、七夕飾りなんだ! 納得! 防府天満宮もそういうことするんだ!境内もキラキラです。なるほど、これは確かに七夕まつり!拝殿は [続きを読む]
  • 周防阿弥陀寺でアジサイと御朱印
  • せっかく防府まで来たのだから、とそのまま阿弥陀寺まで足をのばすことにしました。アジサイ寺として名高い阿弥陀寺です。アジサイ祭りは6月末で終わっていたのですが、まだちょっとアジサイは残っていました。山門改修のため、仁王像は別の場所に移されていたのが残念。ですが、アジサイの彫刻が素敵な橋をわたると暗い参道の向こうに光るアジサイが見られたり、珍しいアジサイの小さな花が見られたり、この、真ん中に咲いている [続きを読む]
  • 玉祖神社で御朱印
  • 大雨から一転、風は強いですが晴れた日曜日。前々から気になっていた玉祖神社(たまのおやじんじゃ)に行ってきました。古くて立派で美しい鳥居です。玉祖神社は周防国の一宮で、玉祖命(たまのおやのみこと)を祭神としているそうです。玉祖命というのは、三種の神器のひとつである八尺瓊勾玉(やさかのまがたま)を天照大神に奉納された神様なのだとか。なんかすごい話になってきた…!二千年の歴史があるともいわれる神社な [続きを読む]
  • 山口県セミナーパークのスイレン
  • 山口大学の大賀ハスの写真を見て、思い出したのでご紹介。山口県セミナーパークのスイレンです。花が咲いていたのは、講演会などがあるセミナーゾーンではなく、その手前・第5駐車場近くにある調整池でした。セミナーゾーンをかなりウロウロしてしまったのは、内緒。水に浮かぶ白い花が美しい♪スイレンにもいろいろありますが、これはたぶんヒツジグサという種類です。おそらく。きっと。ヒツジグサは日本の池や沼に広く分布して [続きを読む]
  • 山口大学の大賀ハス
  • 今咲いているのかなぁと気になる場所つながりで、こちらを紹介。山口大学キャンパスに咲いている、大賀ハスです。大賀ハスは、縄文時代のハスが現代によみがえった姿なのだそうです。千葉県で見つかったハスの種を、大賀博士という方が発芽させたのだとか。ロマンですねぇ。その幻想的な美しさは息をのむほどです。仏教に蓮の花がよく使われるのもわかります。縄文時代の人も、この花を見たり種を食べたりしていたのでしょうか。な [続きを読む]
  • 下関市戦場ヶ原公園のアガパンサス
  • 通勤中に珍しい花が咲いていました。いつだったか、どこかで見たことあったような…とフォルダを漁って発見したのが、この花。下関市にある戦場ヶ原公園のアガパンサスです。戦場ヶ原公園の奥のほうの花壇に植えられていました。撮ったのは2016年。今年も公園で咲いているのかなぁ。アガパンサスは紫君子蘭とも呼ばれているそうです。言われてみれば君子蘭に似てる!気がする!原産は南アフリカだそう。どうして下関市に植えられて [続きを読む]
  • 宇部のふくろうカフェ
  • 花でも御朱印でもないですが、宇部市のふくろうカフェに行ってきました。超!感動したので、思わず写真をアップです。ふくろうカフェ アウルの城は宇部市の中心市街地にあります。中はそこそこ広くて、ランチやカフェができるスペースとフクロウがいるスペースがあります。フクロウは仕切られた部屋にいるので、羽が飛んだり臭いがしたりといったことは全くありませんでした。むしろ、ガラス越しにカメラ構えてる人間がフクロウの [続きを読む]