宅建士朗 さん プロフィール

  •  
宅建士朗さん: セミ宅建士の覚醒
ハンドル名宅建士朗 さん
ブログタイトルセミ宅建士の覚醒
ブログURLhttps://www.bandonjourneyhome.com/
サイト紹介文資格登録済みながら実務経験皆無のペーパー宅建士が基礎から不動産のアレコレを再勉強する記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 113日(平均3.2回/週) - 参加 2018/03/24 13:29

宅建士朗 さんのブログ記事

  • 宅建士 模擬試験
  • 宅建士試験の申込みがスタートしています。一般財団法人 不動産適正取引推進機構 | 宅建試験不動産取引に関する紛争の未然防止を図るとともに、消費者の保護と宅地建物取引業の健全な発展に寄与することに努めておりますwww.retio.or.jp また宅建士の模擬試験の実施要項も、有力な資格学校や通信講座から発表されています。⇒ LEC東京リーガルマインド⇒ フォーサイト⇒ 宅建 通勤講座 全国レベルの模試、一度は受験をおすすめしま [続きを読む]
  • ネット上に不動産を構築している人々
  • インターネット上のウェブサイトを不動産と捉えて、収益を積み上げている人たちが居ます。 ⇒ インターネット上で収益構造を組み立てる方法 初期費用が不動産投資や売買よりもはるかに低いところもメリットですね。 不動産業と同時並行でやっていくと、かなり強固な収益体制が作れそうです。 [続きを読む]
  • 相続で配偶者居住権創設の民法改正案
  • 相続分野において民法改正案が進んでいます。相続、配偶者の保護手厚く 民法改正案が衆院通過 相続分野の規定を約40年ぶりに見直す民法改正案など関連法案が19日、衆院本会議で可決、参院に送付された。高齢化が進むなか、残された配偶者が住まいと生活資金に困らないよう、保護を手厚くする。配偶者が自www.nikkei.com 新たに配偶者居住権なるものが創設されることがポイントに。2018年宅建士試験においては問題として出題はさ [続きを読む]
  • 宅建士試験インターネット申込注意点
  • 宅建士試験のインターネット申込は、2018.7.2(月)の9:30からとなります。パソコン環境が限定されるので、しっかりとチェックしてください。 OSWindows7〜10ブラウザInternet Exploer(バージョン10.0〜11.0)EdgeChrome、Safari、Firefox、上記以外のブラウザは使えませんデバイスパソコンのみスマートフォン、タブレットは使えません 申込み画面はコチラです。ただし、2018.7.2(月)の9:29までは、昨年の申込み画面が参考として表 [続きを読む]
  • 宅建士試験の公式発表がありました
  • 2018年の宅建士試験について、不動産適正取引推進機構から公式発表がありました。これからのスケジュールがわかります。一般財団法人 不動産適正取引推進機構 | 宅建試験 | 宅建試験のスケジュール不動産取引に関する紛争の未然防止を図るとともに、消費者の保護と宅地建物取引業の健全な発展に寄与することに努めておりますwww.retio.or.jp試験案内の配布インターネット申込み郵送申込み受験手数料試験日時合格発表以上の詳細が掲 [続きを読む]
  • 土地を放棄できる制度の検討スタート
  • 所有者が土地を放棄する制度について政府が動き始めました。現時点では所有権を取得したら、能動的に手放す方法としては、第三者に譲る(譲渡)売却する相続などになります。 今の日本には、不動産を自ら放棄する制度がありません。理由としては「不動産を捨てる人はいないはず」という思想があったからではないでしょうか。 だけども今は状況が変わってきました。例えば、空き家を処分できない人が増えていますし、衝撃的だったのは [続きを読む]
  • マンションの完成在庫の値引き
  • マンションの完成在庫って、初めて聞いたフレーズだったので、調べてみました。まだまだ無知なセミ宅建士です・・。完成在庫とは、完成しているのに、しばらく販売を続けているマンションです。つまり売れてない部屋がある、マンションですね。ディベロッパーとしては売り切りたい物件なので、値引きが期待できるものなのです。 例えば、ある新築マンションで、1年以上も販売中なら、購入の候補ではあります。もちろん諸条件あるで [続きを読む]
  • 住宅ローン審査が通りやすい銀行
  • 不動産と型銀行の融資や住宅ローンは、切っても切れない関係です。特に初めて住宅ローンを利用する場合は、とても悩むと思うんですね。不動産業者の提携する住宅ローンが良いのか、それとも口座を開設している銀行の住宅ローンが有利なのか・・・。そもそも審査が厳しいとか甘いとか、いろんな情報も乱れ飛んでいて、考え出すとキリがないのではないでしょうか。 住宅ローンの審査が甘いとか厳しいとか、銀行によって基準が違いま [続きを読む]
  • 宅建士と建物状況調査
  • 宅地建物取引業法の一部を改正する法律が平成30年4月1日より施行されました。中古住宅の売買の際のインスペクション、つまりは建物状況調査に関する情報の強化についての改正です。2018年度の宅建士試験に出題されて慌てないように、建物状況調査、インスペクションという用語と、建物状況調査制度概要リーフレットぐらいは読んでおいた方が良いかも。建設産業・不動産業:宅地建物取引業法の改正について(改正宅建業法に関するQ [続きを読む]
  • 宅建士資格は就職に有利か
  • 宅建士の資格を持つと就職や転職に有利であると言われていますが、本当でしょうか。本当と考えて良いのではないでしょうかね。 私が採用する立場だったら、宅建士資格を持っている方を優遇しますよ。不動産業界で働きたいという強烈な意思表示にもなるので合格はしておきたいところ。実際に求人情報を見てみると、やはり宅建士資格所有者は優遇という文言が目立ちます。業界最大級の求人数と豊富な非公開求人 何も宅建士だけに限ら [続きを読む]
  • 宅建士試験の過去問は何年分を遡るか
  • 宅建士の試験対策では、過去問を練習問題として解きまくる、という手法があります。私も繰り返し過去問を解きました。狙いは知識の定着です。 市販されている過去問集などは、法改正などによって変わっている部分を修正編集してるので、古い知識をインプットすることはありません。そこはしっかりしておかないと発行元の信頼にかかわるので心配無用です。 私が悩んだのは、何年分を遡って過去問を解けばよいのか、という点でした。 [続きを読む]
  • 宅建士のアルバイト求人情報をチェック
  • 宅建士試験を合格していても不動産業界で働いていない人は、たくさん居そうですね。私も宅建士試験に合格していながら、全く業界とは無関係の仕事をしていて、不動産に関してはド素人より少しマシな程度です(汗) これからは「副業」「ダブルワーク」「兼業」「在宅ワーク」「在宅勤務」などが社会的キーワードになって、どんどんそれらが当たり前になっていきそうな予感がしてます。同時に宅建士試験合格の実績のある人が、本業の [続きを読む]
  • 宅建士試験の合格率
  • 宅建士試験の合格率、気になりますよねえ・・・。一概に合格率と言っても、不動産適正取引推進機構が発表する前年合格率専門スクールや通信教育単位の合格率この2通りがあります。 まず、前年である2017年(平成29年度)の宅建士試験合格率は、15.6%が公式発表です。受験者数258,511人に対して、受験者数209,354人の中で、合格者数は32,644人となっています。宅建士試験は50問中35問以上の正解で合格なので、目標は7割超の得点になり [続きを読む]
  • 宅建士試験の難易度を他と比較する必要ある?
  • 受験を決心したときに、宅建士試験の難易度は、あまり意識しませんでした。他の国家試験と比較したり、年度ごとの変化を表したり、来年は上がるというウワサ話なども含めて、難易度について語られる情報は、ほとんど無視しました。 宅建士試験対策の勉強時間に反比例して、難易度は下がると思い込んでいたからです。なので比較対象と言えば自分でしたね。しっかり勉強すれば難易度は下がる、逆に、勉強をサボれば難易度は上がる。 [続きを読む]
  • 宅建士証の交付申請手続きの場所と必要書類
  • 不動産業界で働くには、やはり宅建士証の交付申請をして、正式な宅建士としてキャリアを積んでいくことが、オーソドックスな方向性になると思います。 宅建士証交付申請手続きについて、おさらいをしておきます。必要書類や費用など宅地建物取引士証交付申請書カラー写真 無帽、無背景、上半身、正面 縦3cm×横2.4cm宅地建物取引士交付申請手数料 4,500円今ある宅地建物取引士証のコピー1枚(更新の人のみ)印鑑(認印)資格登録完了通 [続きを読む]
  • 宅建士試験を免除される条件
  • 宅建士試験を受験した際は、申込み手続きの途中で、5問免除制度があることを知りました。「何これ、ラッキー!!」と思いましたが、免除される条件を知った瞬間に、ぬか喜び・・。 宅建士試験での5問免除の制度とは、登録講習を受講した人に対する処置です。登録講習の受講条件として、不動産業界に携わる人が、所属先が宅地建物取引業者として登録済み所属先で従業者証明書を発行済みこの2つを満たすことで受講資格を得ることが出来 [続きを読む]
  • 宅建士合格までの独学勉強時間の平均
  • 奇跡的に独学で宅建士試験に合格した私、宅建士朗が、どれほどの勉強時間で事を成し得たかを振り返りたいと思います。参考になれば幸いですが、決して、独学の勉強時間の平均的数字でもなんでもなく、あくまでも個人のデータです。 データと言っても「記憶」なんですけどね(汗)受験を決意したのが2003年の正月だったので、試験日までの期間も時間も十分でした。当時は会社員で、帰宅は19時から20時。それから食事なり入浴なりして [続きを読む]
  • 多摩ニュータウンの苦い思い出
  • 会社員だった頃の話ですが、お付き合いくださいませ。事の経緯は端折りますが、東京都の八王子市にある多摩ニュータウン内にある施設のトラブル対応のために、1週間ほど現地に滞在したことがあります。 トラブルを誘発した本人は、帯同すらしなかったという前代未聞の出来事でした!!↑今でもムカついてる・・。 トラブルの詳細は書きませんが、多摩ニュータウン自体の第一印象は、素敵なところだなあという事でした。そこに住まう [続きを読む]
  • 不動産業者の仕事
  • 不動産業者は、どういう仕事をして儲けているのでしょうか。ちょいと整理してみましょうね。不動産を開発する不動産を流通する不動産を管理するこの3つです。 雑過ぎましたね(汗)ひとつずつ、例を示しながら具体的に説明しますネ。不動産の開発は、土地を買ってマンションや商業施設、オフィビルなどを立てる企画をして、最終的には物件を売却したり商業施設に入居希望者からのテナント料で利益を得る、ディベロッパーとして儲けま [続きを読む]
  • 土地取引の取得価格の参考となるおすすめサイト
  • 不動産の取引価格、地価公示・都道府県地価調査の価格を、無料で閲覧できるサイトがありました。国土交通省のWEBサイトです。地価公示・地価調査・取引価格情報 | 土地総合情報システム | 国土交通省国土交通省が提供する土地総合情報システムです。不動産の取引価格、地価公示・都道府県地価調査の価格を検索してご覧になることができます。www.land.mlit.go.jp 不動産に関する情報って、ホントにいろいろ入手出来るようになった [続きを読む]
  • 宅建士試験当日に緊張をほぐす方法
  • 宅建士試験、当日はきっと緊張します・・・。と、本年以降に受験する方が読んでたとしたら、変な暗示をかけたくないのですけど、緊張して当然です。問題なのは、「緊張したらダメだ」「緊張はメンタルが弱い証拠」「あんたはすぐ緊張するから・・」とかいう周りの声に動揺してしまったり、気持ちが揺れることなんです。無責任なプレッシャーに対する戯言なんて、聞く価値無しですから(経験談)、うるさいなあと思って聞き流しましょ [続きを読む]
  • 宅建士試験の出題範囲は広い
  • 中学生や高校生の頃の試験前の口癖と言えば、「先生、試験範囲はどこですか?」あるある(笑) 何気に宅建士の試験内容を振り返っていた時、意外と出題範囲が広かった事に、改めて気付きました。2時間50問の4択でマークシート解答ですけど、これが曲者だったりします(汗)別のところを塗っちゃうとか・・・。 過去の宅建士試験の問題を見ると、出題の構成は、あまり変わっていませんよね。民法中心の権利関係法令上の制限税金や地価公 [続きを読む]
  • 不動産登記の費用や必要書類をざっと見る
  • 不動産登記については、ココを見るのが手っ取り早いです。下手に説明するより確実な情報を提供した方が良いですしね。不動産登記:法務局houmukyoku.moj.go.jp 今ではオンライン申請ができるんですね。 ということは、不動産登記情報もインターネットで閲覧出来たりするのでしょうか?どうやら不動産登記情報サービスは、存在していて、手軽に請求できるようです。登記情報提供サービス登記情報提供サービスは,登記所が保有する登 [続きを読む]
  • 不動産取得税の計算の概要
  • 不動産を取得(受け取る)の際に課税されるのが、不動産取得税です。その名前の通りの税金です(汗) 一応おさらいしてみますと、地元、福岡県のホームページには、この税は、登記の有無や有償・無償またはその原因(売買、贈与、交換など)にかかわらず、不動産(家屋、土地)を取得した場合に課税される税です。と書かれています。税率は原則、不動産の取得価格×4%ですが、平成33年3月31日まで、土地と家屋(住宅)は3%と軽減されます [続きを読む]
  • マンションをお得に購入できる時期がある
  • 自動車を買うなら、自動車会社が決算を迎える3月や4月がお得という話は、よく聞きますし、ディーラーに勤めている甥っ子も認めています。不動産業界も同じで、マンションを完売したい不動産業者が、決算時期を迎えるにあたって「たたき売り」とはいかないまでも、大々的なキャンペーンを打つことはあり得ます。 その時期は、3月と9月に集中します。それまでにマンションの完売つまり全戸引き渡しを目指すのは、営利を追及するとい [続きを読む]