うに博士 さん プロフィール

  •  
うに博士さん: うに博士の ゆら〜り サボテン研究室
ハンドル名うに博士 さん
ブログタイトルうに博士の ゆら〜り サボテン研究室
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/hannachiekosho
サイト紹介文牡丹類(アリオカルプス)、兜、銀冠玉など魅力的なサボテンを自らの手で作り出すため研究しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 186日(平均7.3回/週) - 参加 2018/03/24 17:54

うに博士 さんのブログ記事

  • エステベシー ディスコカクタス
  • ディスコ カクタスの仲間は名前のとおり ディスク(円盤)のように扁平に 育ってくれる。初心者には ありがたい サボテンです。写真はピッカピカの肌のエステベシー カキコ今春 植え替えて ひとまわり 大きくなりました。花座ができて 良い香りの花が咲くまでまだまだ 年数は かかりそうこれからの成長が 楽しみです [続きを読む]
  • デュラ (銅羅丸) コピアポア
  • 【郷に入っては 郷に従え】日本に来たのだから 日本の風土に順応しろ!サボテンのクセに 暑いのが苦手とは 何ごとだ!そんなグチを 言いたくもなる。暑さが苦手な コピアポアの仲間 デュラ(実生苗)風が通るスペースで育ててみましたが・・・暑かったようです。そこで もう少し涼しい場所に移動させることに・・・秋らしくなったこともあり脇の芽の中心付近に成長しているようすを確認!下の写真も 成長点付近が うごき [続きを読む]
  • 素肌で勝負 緋冠竜
  • ついつい トゲに注目しがちな トゲ サボテン肌の色合いで 印象が ガラリと変わる。この緋冠竜は 肌が青白く それだけで 高級感や気品を感じる。 一方 下の緋冠竜は 肌がグリーンで 素朴な 雰囲気写真では 分かりにくいが並べて育てていると 雰囲気の違いが 良くわかる 銀冠玉など その他のサボテンも肌色が 青白い青磁色〜白色のようになると気品を感じる。「色の白いは 七難 隠す」という 昔の ことわざは [続きを読む]
  • おめでたい 緋冠竜
  • 冬に しぼんでいた球体は ふくらみ重量感 アップしていますトゲは無いものとして 球体だけ眺めると疣銀冠玉のように見えてしまう疣銀冠玉から トゲが出てきたかのような錯覚すら覚える逆に銀冠玉が 緋冠竜の疣に近づいたのか?はたまた 育児疲れで 頭が どうかしてしまったのか?いずれにしても緋冠竜も銀冠も 魅力的なサボテンに ちがいない 写真の緋冠竜(実生株)は 紅白の うねったトゲも含めて『和』の オモム [続きを読む]
  • 兜 みのる
  • イヤ イヤ期 まっただ中の 2歳の娘とつぜん 真夜中に めざめ 「しろいー」 といって さわぎはじめた。「夜だから 静かに寝なさい!」そんな理屈が 通じるはずもない。親の都合を押しつけると 手におえなくなることは 目に見えている。真夜中に 娘と一緒に 家の中を探しまわり 「しろいー」なるものを 30分ほど 探索し見つからぬまま・・・娘は 納得した表情で 眠りについた。娘の気持ちに 寄り添う日々は  [続きを読む]
  • 真赤激(マッカゲキ) 緋冠竜
  • 地元カープが リーグ優勝 目前です!そういえば 中学生のとき 熱狂的 カープ ファンの先生がいました。上下 ユニフォーム姿に カープ帽 かぶって 学校に来ていた先生なつかしい〜 普段着として カープのユニフォームを着こなす人は 良く見かけるが仕事着として 着ている人は あとにも さきにも この先生 ただひとりです 写真は 緋冠竜 実生苗ひときわ 真っ赤な 新しいトゲが出てきています。真っ赤に 過激 [続きを読む]
  • らしくなってきた ホルスティ
  • 2才の娘が イヤイヤ期 まっただ中何を言っても『イヤ イヤ』・・・そして大騒ぎ。ック〜 育児ストレスたまってきた〜 でも これも 成長の証娘の気持ちに寄り添っていればイヤイヤ期は きっと乗りきれる! 【天の声】がんばってるパパ     ほうびに サボテン 買っても良いぞヨッシャー  元気が出てきた!心身とも疲れると どこからともなく 天の声がきこえてくるありがたや〜合掌写真はディスコカクタス ホル [続きを読む]
  • マメ爆弾の襲撃
  • 毎年 この時期 マルカメムシが 大量に わが家に やってくる。原因は近くにある 傾斜面の草刈り。すみかを失った マルカメムシが洗濯ものに くっついたり 庭木などに群がる。洗濯ものに まぎれて 入室を許した マメ爆弾(マルカメムシ)はちょっとした刺激で お尻から発憤し EMOIENU fragrance を漂わせる。 刺激しないよう ティッシュで ふんわりくるんで 外に出してやる今年は 庭のイチジクの木に 群 [続きを読む]
  • 半分 青い  天平丸 腐る
  • ♪あなーたと暮らしたーわずかな時間 通り過ぎればー楽しかったわー これ以上 わたしがーそばにいたならーあなたがダメになってしまうのねー♪お気に入りだった 天平丸 (実生苗)わが家にきて 2年半日当たり&風通しの よい場所で 育ててきました。異変に気づいたのは 今年7月稜と稜の間に 茶色いシミ(ダイズ大)を発見!!そこから 徐々に腐れのような症状が拡大し 現在(下の写真)に至っています日本の高温多湿が [続きを読む]
  • 白星 モコモコ
  • 昼夜の温度差で サボテンたちは 元気なのにわが家では 風邪が 蔓延しています。3人の子どもたち 同時に風邪をひき 同時に回復してくれると親としては ありがたいのですが・・・リレーのバトンをパスするかのように ひとり治っては ひとり風邪をひき・・・順番に 風邪を ひくので 看護も長引くそして もれなく 看護疲れの博士にも バトンが まわってくる1周でゴールなら良いのですが2週目(別の病気)に 突入す [続きを読む]
  • カイガラムシに 効かないわけだ・・
  • 我が家には カイガラムシは いない!とくに フレームの外で育てている たくましいサボテンにカイガラムシなど つくわけがない!勝手に そう思っていましたが・・・今年1月 ベランダで育てていた光琳玉の成長点に カイガラムシがついているのを 初めて発見 さらに 先日のこと 雨よけスペースの雷帝にも カイガラムシが いるではないか!カイガラムシが くらいついていた場所は 下の黄色のマルのなかツマヨウジで  [続きを読む]
  • 練習用の実生苗 情ウツル
  • 練習用に いろいろ試した 烏羽玉です。雨よけスペースで育てていましたが 年明けから フレームの中に戻してやりました。アレオーレが まだ ちょっと汚れていますが 肌は きれいになりました。きわだった特徴もない烏羽玉・・・勝手に自家受粉し タネが コンスタントに採れるので練習用に タネまきしていました。下の写真が その実生苗です。練習用とはいえ これくらいの大きさになると 情がうつってしまうかわいいも [続きを読む]
  • 花籠 タネが小さくて 見えなーい!
  • 「タネが小さくて 見えなーい!」ハズキ ルーペを購入するのも 時間の問題かもしれません。1円玉の周りにある 黒いツブツブが 花籠のタネです。くしゃみは 禁物下の写真の黒マルに タネが一粒 見えます。これを ピンセットでつまんで 回収していきます。極小タネは 吸引式 イヤークリーナーで回収するそうですがわが研修室では 先のとがったピンセットで ひと粒 ひと粒 気持ちを込めて タネを集めています。一歩 [続きを読む]
  • 花のカンムリ 淡雪丸
  • 小学1年の息子の参観日勉強がデキるタイプではありません。席は いちばん前が指定席先生の話は うわの空・・・こっちばかり見ている  それでも休憩時間には 友だちとドッヂボールで汗を流し日に日に たくましくなっています 写真はふわふわサボテン 淡雪丸さわっても まったく痛くありません。花は 派手さこそ ありませんが 花の冠のように咲いて キュートです  マミラリアの仲間は フレームに入れなくても それ [続きを読む]
  • サボテンの肥やし あくどい業者
  • 8年 サボテンを やっているとあくどい業者に お目に かかることもある。それでは あくどい業者を 発表しまーす!といって 発表できたら 気分は スカッと するでしょうでも そんなことは しません。「罪を にくんで 人を にくまず」あやしい苗を 高額で売りつけられたことも含めて 失敗から学ぶことが たくさんあるすべて サボテン研究の肥やしだ!ひらきなおると 無敵になれる・・・苗の購入は 信頼できる相 [続きを読む]
  • 期待ふくらむ 綾波
  • 「子どもを寝かしつけて・・・せんたく物を干して ブログでも書くか・・・」そう思いながら 子どもと添い寝をして 不覚にも寝入ってしまった。ふっ! と目がさめ 夜な夜な リビングにもどると 干したはずの せんたく物が まだ洗濯機の中に そのままある・・・・・・夢の中で 洗濯物を干していたのです ブツブツ言いながら 2回目?の せんたく物を干す 博士でした 写真は 綾波 実生苗今夏の猛暑にもかかわらず  [続きを読む]
  • パワハラと暴力と・・・サボテンづくり
  • ワイドショーを にぎわしている体操女子パワハラだの・・・暴力だの・・・ブッソウな話だ暴力的なストレス環境は脳を委縮させ 創造的な発想や動きを にぶらせる人間社会に どんどん ロボットが入ってきて将来は クリエイティブな部分だけ ヒトが担っていくことになる。そんな社会に向かっているのに 日本のトップクラスの選手・関係者が 暴力やパワハラとは 情けない暴力やパワハラとは無縁の サボテン研究室ゆる〜りと [続きを読む]
  • 強風対策 安全地帯
  • 今年最強の台風21号庭の雨よけスペースで育てているサボテンはフレームの中に避難しフレームに入りきらないサボテンは家の中に避難しました。トゲサボテンを家の中に置くと 子どもたちの危険地帯になってしまうので安全なサボテンをピックアップ しています 野外フレームは 強風で吹き飛ばされないよう工事用の防風ネットで スッポリと フレーム全体を覆い防風ネットの端を ブロックや石で 押さえつけています。 結局  [続きを読む]
  • 花火のような ルエッティ
  • 今年 最強の台風21号 何ごとも無く 通り過ぎてほしい。我が家は 台風の進行方向の左側なので それほど風は強くないと思いますが念には念を入れて 強風対策しています  写真はなんとも 小さくて かわいらしいサボテン ルエッティ。昨年12月7日に 台木から 切り離し 乾燥させ自根が ちょこっと出はじめたのは 5月27日根が活着すると 縮んでいた球体が 花火のように ふっくらと ひろがりました  [続きを読む]
  • うつくしい 兜
  • 昨年は兜の交配・タネどり・タネまきを セッセと やったので今年 兜の交配は ひと休み〜と思っていましたが・・・・・・・・交配してしまいました やっぱりこんなに美しい兜 指をくわえて花を見てるだけではモッタイナイ                兜 実生株 [続きを読む]
  • 高山性のサボテン 光琳玉 
  • 昨日は この夏 初めて エアコン無しで 過ごせました。ようやく 秋の気配です。安心しては いられません 今年イチバン強い 勢力の台風21号が接近している強風対策は 万全にしておきます  写真は2年間 我が家の厳しい スパルタ環境に耐えてきた 光琳玉風にも マケズ 直射日光にも メゲズ 少しずつ 大きくなっていました。今春から 環境を変え光線を30%ほど カットした 風通しの良い場所で育ててみると・ [続きを読む]