うに博士 さん プロフィール

  •  
うに博士さん: うに博士の ゆら〜り サボテン研究室
ハンドル名うに博士 さん
ブログタイトルうに博士の ゆら〜り サボテン研究室
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/hannachiekosho
サイト紹介文牡丹類(アリオカルプス)、兜、銀冠玉など魅力的なサボテンを自らの手で作り出すため研究しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供245回 / 238日(平均7.2回/週) - 参加 2018/03/24 17:54

うに博士 さんのブログ記事

  • ルリ兜 錦
  • かぜ薬が 効かないわけです・・・診断の結果 風邪では無く 咳ぜんそく でした・・しばらく咳は 続くそうですが 原因が分かって ホッとしました 写真はルリ兜 実生苗手前の 兜は ベースの緑色が うすく落ち着いた 雰囲気。斑入りサボテンは 花が咲いていなくても華やかさがあって いいですね〜  [続きを読む]
  • デュラ 銅鑼丸 どうなんだ?
  • 仕事がら いろいろな人と 会話する。くちグセが 「逆に・・・」 の人には まいった。会話の 節々に 「逆に・・」を入れられると逆の逆で もとに戻って・・また、逆になって・・もとに戻って・・そんなことを 考えていると 脳の回路がショートし頭から ゆげが 出てくるそしてだんだんと ランナーズ ハイのように 楽しくなる 写真はコピアポアの仲間 デュラ (銅鑼丸) 実生苗9月下旬から 成長点に うごきが見 [続きを読む]
  • メロカクタス にメロメロになりた〜い
  • 昨日は サボテン フレーム そうじフレームのビニール内側を ぞうきんで 拭きました。ぞうきんは まっ黒・・・予想以上に ヨゴレている ビニールが 汚れたままだと 太陽の光を さえぎってしまうのでフレーム内の温度が 上がりにくくなる。そして 何より きれいにすることで気分も 晴ればれ スッキリする 写真は小型のメロカクタス マタンザナス 実生苗そして 肌色が きれいな 層雲 実生苗トルコ帽のような  [続きを読む]
  • ペクチニフェラ 金貨より サボテンでしょ
  • この週末 実家に 帰省したときのこと父が 「記念金貨を インターネットで 申し込んでほしい」と言ってきた。天皇陛下 在位30年を記念した 1万円 金貨価格が な! なんと 13万8千円 (ill゚д゚)こ、これは 高齢者を狙った アラ手の詐欺!?天皇陛下の名を悪用するとは 不届き千万 ・・・それが・・・詳しく調べてみると 詐欺では 無かった。金貨1枚に含まれる金は 20グラム現在 金1グラム 約4,000円な [続きを読む]
  • 仔が 増えている・・・花籠 
  • この花籠は わが家に来て 6年主頭は小さく 3cmほど購入時は たしか 仔が3つしか 付いていなかったはず・・・今では 全稜から 仔が 顔を出しています 1稜 1仔に 制限して バランスの良い 群生株づくりができるのかも しれませんが・・・仔を はずす 勇気が無く 放置しています。小さな花籠なので このまま どんな群生株に 生長するのか見守りたいと 思っています。サイズや 肌の色など イマイチです [続きを読む]
  • ブラボー!!  ブラボアナス
  • 華やかな選手たちが氷の上で舞う フィギュア スケート観ていると ひときわ花のある選手が いるもって生まれた資質努力や練習だけでは 身につくものではなさそうだ。凡人の博士には 想像すらできない スゴイ オーラを氷上で放っている。写真はブラボアナス 実生苗普段は 素朴で 存在感が・・・無い 花のときぐらいは ココロの中で 叫んで あげよう「ブラボー!!」 [続きを読む]
  • 兜 月とスッポン
  • 兜には いろいろな顔があるすばらしい兜の 背後に みすぼらしい兜どちらも 実生苗・・・月とスッポン です。今日の主役は スッポン 兜カタチは イビツで 白点もマバラ早々に 処分しよう と思っていましたが・・・ふと 兜 栽培 初心者だったころを思いだすどの場所が 兜の生長に良いのか!? この みすぼらしい兜を使って 試行錯誤しました。あるときは フレームの外で 育ててみたりまた あるときは 強光線の [続きを読む]
  • ホルスティー ココロの時代
  • ホルスティー 実生苗 から 新しいトゲが出てきました。よ〜く見ると頭のテッペンあたりから 黄緑色の 新トゲが 見えます!!・・・・肉眼では 確かに 見えました・・・ココロの目で 見てください。そして・・・昨年 気づいていたのですが1苗だけ ちょっぴり 斑が入っています下の写真の ○の中・・・どうか ココロの目で見てください [続きを読む]
  • グイグイ キテます 連山
  • 昼夜の温度差で 風邪ぎみです クスリに たよらず もちまえの 免疫システムで 治してみせる!!・・・気合は充分だがこれで 今までに何度 風邪を こじらせたことか 育児や仕事に追われ 不規則な生活やっぱり 早めに病院で クスリをもらうのが イチバンです ・・・さてサボテン フレームなど 環境を整えるとグイグイ 生長する苗もある。連山 実生苗連山(亀甲タイプ) 実生苗今よりも 栽培技術が未熟だったころ [続きを読む]
  • 早熟の 花牡丹モンスト
  • 小学1年の息子が ようやく オセロ ゲームのルールを 理解しはじめた。対戦するときは 全力で 息子に 勝たせてやる。一方小学5年の娘は 1年生のときから 手ごわかった。全力で 勝ちに いっても 負けてしまう。父の威厳を示すため 勝者をたたえつつ 懸命にわざと負けてやったんだぞ〜という雰囲気を かもす余裕を 装うのに 必死だ笑顔も ひきつる 写真は花牡丹モンストの 実生苗(直径11cm)昨年8月に  [続きを読む]
  • 兜 最後の花 
  • 兜の花も 今年 最後かなあ〜 ポツンと 一輪 咲きました。兜 実生苗球体を よ〜く 見ると・・・なんだか 割れ目(稜と稜の間)が 毛深くなってる・・・新しく出てきた白点が フサフサこれは。。。もしや 花園化 という現象か?フサフサ感が出て うれしいような 白点とアレオーレの模様が乱れて 悲しいような 複雑な 気持ち・・・これから どうなっていくのか!? 要観察です  [続きを読む]
  • 大躍進のカープ へこたれない気持ち 黒牡丹
  • 日本一は 逃したが リーグ3連覇は スゴイ!すこし前まで カープといえば Bクラスの常連チーム練習しすぎて 逆に カラダを壊しているのではないか・・・!?そう 思わせるくらいの練習量そして どんなに ボロ負けしていても あきらめない。熱狂的な カープ ファンから 罵声を浴びせられても必死に ボールを追いドロだらけになって 走るそんな カープ選手の ひたむきな姿に 心を うごかされる大学を卒業し 社 [続きを読む]
  • 花びらの白い色は・・・?
  • 白系の花が たくさん咲いているなあ〜夜は・・・日本シリーズだー!!われらがカープ 白星の予感が してきた〜 結果はソフトバンクに 完敗・・・白星ではなく 白旗・・でした ♪花びらの白い色は〜 コイびとの色〜・・・♪応援しすぎて 頭が おかしく なってきた〜 [続きを読む]
  • ちっちゃい三角牡丹 
  • キャ〜玄関先で 妻の悲鳴何ごとだ!?小学校の制服を着た 血だらけの女の子が 立っている・・・「ハッピー ハロウィン!!」うちの子の同級生が 仮装して お菓子を もらいに来た何がハッピーなのだろうか・・・仮装するのは 欽ちゃんの仮装大賞だけで いいのだが 写真は小型タイプの三角牡丹 実生苗一人前に ツボミを あげてきた〜こじんまりとした わが家に ピッタリです  [続きを読む]
  • 赤むらさき だちたる ラウシー
  • 就寝前に 久しぶりに ストレッチしたら翌朝 ものスゴイ 筋肉痛 で 起きあがれませんでした  身も心も 柔軟でありたい 写真は太陽光を ガンガンに当てて 育ててきた ラウシー(カキコ)今年は 30%ほど 光線をカットして 育ててみました。ふっくらとして 赤むらさきに 染まってキタ〜下の写真は直射日光のもとで 育てていたころの状態(2017.12月 撮影)観賞価値は ガタ落ちですが野性味あふれる 風ぼうも [続きを読む]
  • 竜剣丸 いと をかし
  • モミジバフウ(別名 アメリカフウ)の 並木道日に日に 赤く 染まっている秋の深まりを感じながら この並木道を マイカーで通勤するのが ちょっとした 楽しみになっていますそれが・・・なんと 紅葉がクライマックスになる前に バッサリと 刈り込まれているではないかー!? 紅葉⇒落葉 してしまうと 清掃作業が大変になることは 分かるが・・・ガッカリもし 清少納言が見たら 「いと わろし」と言ったに ちがい [続きを読む]
  • ハッピー ぼたん
  • 小学5年の娘が「平成の つぎの元号は 何になるの? ハッピーとか いいじゃん」・・・ハッピー元年、ハッピー2年・・・かあ〜たしかにハッピーでもないのに ハッピーな気分になる・・・さてサボテン フレームの中は 牡丹類で 花ざかり青磁牡丹 実生苗三ツ疣 青磁牡丹 実生苗三角牡丹 実生苗姫牡丹 実生苗 黒牡丹 実生苗今年は 土砂崩れなど 災害の多い年でしたがフレームを のぞくと なんだか ハッピーになっ [続きを読む]
  • ホムセンのボタン その3 ネコナカイガラムシ退治
  • サボテン ネコナカイガラムシが 付着した牡丹玉まずは 水攻め流水を あてながら やわらかいブラシで 洗い流しそして カイガラムシに効果のある薬剤を たっぷり散布幸い 初発だったので きれい スッキリした感じです。ただ 油断は できません。成虫や卵は 水をはじく ロウ質の分泌物でガードされていて薬剤が 届きにくい。薬剤が 効いていなければ 再発してしまう。そこで植え付ける土の中に オルトラン粒剤など [続きを読む]
  • ホムセンのボタン その2
  • 持ち帰った ホームセンターの 牡丹玉を ぬきあげてさっそく 身体検査・・・表土は ノリ のようなもので 固められている。持ち運びには便利だが サボテンの生長には良くないぬきあげた 牡丹玉の根を よ〜く 調べる根の状態は 活力があり良好だだが 白く小さなツブには 要注意肥料(マグアンプK)などの白いカスは 問題ないが ビミョウに うごく白い虫などは 放っておけないどれどれ〜 ミケンにシワをよせて 見る [続きを読む]
  • ホムセンのボタン その1
  • ホームセンターで サボテンを購入することは まず・・・無い寒冷紗を買いに ホームセンターを訪れたときのこといつものように サボテン コーナーを チラ見する。こけしフォルムの緋牡丹が赤や黄色 ピンク ひときわ鮮やかに 並べられているふと 足元を見ると 仕入れたばかりの いろいろな種類のサボテン苗が 置いてあった。その中で 目に とまったサボテンが 下の写真の 牡丹玉よ〜く 見ると ひとつ ひとつ 顔 [続きを読む]
  • キュートな 牡丹
  • サボテン フレームを のぞいて びっくり!なんとも かわいらしい 花わが家の牡丹類で こんなに キュートな花は ほかに無い亀甲ゴジラ 実生苗連山(実生株)も 咲いていました〜昨日は 朝から サボテン フレームを新設スペースができると 購買意欲が ぐ〜んと 上がります。 気づけば 新設フレームは 購入したサボテンで ぎゅうぎゅう詰め・・・そうなってしまっては まずい!自家育成している実生苗の 行き場 [続きを読む]
  • 大忙しの サボタージュ
  • 今日は 一日 サボタージュ仕事は 休むが 怠けてなんていられない博士は サボテンたちの お世話で 忙しいのだ!太陽高度の低下とともに 庭の陽当たり具合が 変わってきている。太陽が一番低くなる冬至のときでも陽あたりの良い場所にサボテン フレームを増設します!写真はカールしたトゲが キュートな ペレスデラローサエたくましく 生長しています。上の群生株から カキコした大小さまざまな苗も 少しずつ大きくな [続きを読む]
  • イボに恋して
  • 食欲が 臨界点を超えそうです過ごしやすい季節フレームの中のサボテンたちも 居心地よさそう温度計は 最高45℃付近まで上がり 朝は10℃近くまで下がっている。フレームの中の 3年生 兜を 手にとってみるとこれまで ただの白い点だったアレオーレが存在感を増しています中心から フサっとしたアレオーレが出てきている兜のアレオーレ直径1cmを超える 大きなものは「大疣(おおイボ)」と呼ばれる。これら ルリ兜 [続きを読む]