ノロい人 さん プロフィール

  •  
ノロい人さん: ホウ砂に吹かれて
ハンドル名ノロい人 さん
ブログタイトルホウ砂に吹かれて
ブログURLhttp://hebo-chan.hatenablog.com/
サイト紹介文発達障害持ち、ゲイ、吹奏楽経験者が書きたいことを書きたいときに書くブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 23日(平均9.4回/週) - 参加 2018/03/24 21:59

ノロい人 さんのブログ記事

  • 発達障害は武器になる…のか?
  • 発達障害。この言葉を目にすると、「空気が読めない」とか、「生きづらさ」といった、ネガティブな言葉が浮かんでくるものですが、その一方で、発達障害が有利に働くことがあるというポジティブな考え方もあります。今回はポジティブな立場から書かれた、成毛眞氏の『発達障害は最強の武器である』(SB新書)という本について触れていこうと思います。発達障害は最強の武器である (SB新書)新品価格¥864から(2018/4/14 13:39 [続きを読む]
  • 「ゲイあるある」が自分に当てはまるか考えてみた
  • colorfullife01.com検索エンジンで「ゲイ あるある」と検索してみたところ、このようなページを見つけました。普段はあまり話題にはしておりませんが、一応ゲイの端くれである自分にこの”あるある”が当てはまっているか考えてみました。外見編1.マッチョであるいいえ。全然マッチョではありません。一般的には“デブ”とされる体型です。しかも鍛えてない方の。学生の一時期は「ゲイたるもの、身体を鍛えなければなら [続きを読む]
  • 保守雑誌感想文【2018年3月】
  • 平素より大変お世話になっております。はてなブログで「ホウ砂に吹かれて」をやっております、ノロい人でございます。今回の更新は、月に一回の会社で取っている自己啓発系保守雑誌の感想文になります。天 わが材を生ずる 必ず用あり今月号のテーマは「天 わが材を生ずる 必ず用あり」という言葉でした。これは唐代の詩人・李白の言葉になります。通常、「材」という漢字を見ると、「木材」とか「鋼材」といったように、材 [続きを読む]
  • 「週休7日が幸せ」って極論ですよね、ヘンなの。
  • this.kiji.is 自民党の渡辺美樹参院議員が13日の参院予算委員会の公聴会で、公述人として過労死防止を訴えた過労死遺族に「話を聞いていると、週休7日が人間にとって幸せなのかと聞こえる」と発言、遺族側が16日、抗議した。渡辺氏は謝罪した。この、「話を聞いていると、週休7日が人間にとって幸せなのかと聞こえる」という発言、僕からすると、「そんなワケないでしょう」っていうカンジです。何を言っているのでし [続きを読む]
  • 和田秀樹氏『感情バカ』を読んで(2)
  • 早速ではありますが、今回は和田秀樹氏の『感情バカ』について、以前このブログで取り上げた続きを書いていこうと思います。どうか、最後までお付き合いくださいませ。第一弾はこちら↓hebo-chan.hatenablog.com第三章の感情バカになりやすい人を読んで前回は第一章を中心として、個人的に勉強になったな、と思ったことをまとめたのですが、今回の記事では第三章の内容について取り上げていきたいと思います。感情バカ [続きを読む]
  • 吹奏楽っぽいけど少し違う独特な編成の演奏
  • 普段YouTubeを使って、吹奏楽とか音楽の動画を見ることが多いのですが、その中でよく見ると、一般的な吹奏楽の編成とは違った動画を見つけたりして、「おっ、これは面白いな」と思うものがありましたので、今回、そういった動画をご紹介してみようかと思います。 フルートオーケストラによるスペイン奇想曲youtu.be編成としてはフルートオーケストラということで、各音域のフルートが勢ぞろいです。普段まず見ないようなフル [続きを読む]
  • 学歴フィルター以外のフィルターを考えてみた
  • 新卒の就職活動について、こんな記事を見つけました。↓↓news.careerconnection.jp早い話が、「難関大学以外にもいい学生はいるのは分かってんだけど、応募者をさばききれないから、学歴フィルターにかけるしかないんだよネ」って話です。まぁ、情報の不確実性だか非対称性だか忘れたんですけど、そんなカンジの市場の失敗で、こんな事態になっているってことなんでしょうけど、学生だって企業のことを「有名企業フィルター [続きを読む]
  • 和田秀樹氏『感情バカ』を読んで(1)
  • 感情バカ。すごくインパクトのある言葉ですね。この言葉のインパクトに惹かれて、和田秀樹氏の『感情バカ』という本を買って読みました。今回はこの本について、個人的に気付きのあったところについて取り上げていきたいと思います。感情バカ 人に愚かな判断をさせる意識・無意識のメカニズム (幻冬舎新書)新品価格¥842から(2018/3/11 17:00時点)脳科学からみた「感情的」とは「感情的」な人といわれて、どのような人物像が [続きを読む]
  • 中野信子先生の『シャーデンフロイデ』を読んで(2)
  • 早速ではありますが、今回は中野信子先生の『シャーデンフロイデ』という本に関する記事の続編になります。今回は僕がこの本を読み進めていった中で、「初めて知った!」と思ったことについて、書いていきたいと思います。シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感 (幻冬舎新書)新品価格¥821から(2018/2/22 22:25時点)前回の記事はこちらです。↓↓↓hebo-chan.hatenablog.com性交渉と愛情ホルモンについてこの本の中 [続きを読む]
  • 保守雑誌感想文【2018年2月】
  • 平素より大変お世話になっております。はてなブログで「ホウ砂に吹かれて」をやっております、ノロい人でございます。今回の更新は、月に一回の会社で取っている自己啓発系保守雑誌の感想文になります。「活機応変」とは今月号の保守雑誌のテーマは「活機応変」ということで、教養の無い僕のような人からすると、まず目にも耳にもしない言葉なのですが、こういった意味があるようです。 人生は機の連続である。機にはよい [続きを読む]
  • 中野信子先生の『シャーデンフロイデ』を読んで(1)
  • いきなりですが、質問です。「シャーデンフロイデ」という言葉はご存じでしょうか?この言葉はドイツ語から来ていて、Schadenfreudeと綴ります。この単語を二つに分解すると、Schaden=毒、損害freude=喜びというようになり、日本語で表すならば、「誰かが失敗したときに、思わず湧き起こってしまう喜びの感情」という意味になるようです。ここで、僕が「なるようです」といういい加減な(?)表現を使ったのは、「シャーデンフ [続きを読む]
  • 国家資格試験に合格して会社から表彰された話
  • 今週のお題「表彰状」今回ははてなブログより今週のお題をいただいての更新になります。「表彰された経験、ある?」ということですが、僕のような取り柄がない人間でもあります。どういったことで表彰されたのかというと、詳しくは書きませんが、とある国家資格の試験に合格して、会社から表彰してもらいました。(分析化学とか環境とか、そっち系の資格です。分かる人は分かるかと思います)今回はそのことについて触れて [続きを読む]
  • 「有給休暇取得理由を言わないといけない」という社会通念
  • 先日のことですが、職場の先輩が「有給休暇が欲しい」ということを上司に言いに行っていた場に居合わせてしまいました。その上司は理由をどうしても聞き出そうとして、「理由がないと認められない」なんて言い出したのですが、その先輩も先輩で、「ただ有給休暇が欲しいんです」の一点張りで、押し問答になりかけていました。後でその先輩から話を聞いたところ、上司が理由を聞いてこようとしてくることは、わかっていたのです [続きを読む]
  • 歪めた記憶を捏造する人は不幸になってください
  • 先日、仕事で取引先から、怒られる事態が発生したんです。そのことについて、納得いかなかったのが、相手が自分の非を認めなかった歪んだ記憶を捏造してきたっていうところなんですけど、特に「歪んだ記憶を捏造された」というところがどうしても許せなかったので、そのことについて取り上げてみようと思います。実は、このときに怒り返したくなるのを我慢しながら、思い出した本があったんです。それがこちらの本です。↓↓ [続きを読む]
  • 全日本吹奏楽コンクール2017中学校編Vol.1〜5を聴いてみて
  • 買いました。昨年の全日本吹奏楽コンクールのCDのことです。中学校〜高等学校〜大学〜職場・一般の部の17枚全てをちゃんとコンプリートしました。俗に言う大人買いってやつです。だって、聴きに行こうと思って、チケットの抽選申し込んだら、見事に外れてしまったので、せめてCDだけでもと思い、揃えたんです。まだ全部は聴けていないのですが、とりあえず中学校の部に関しては全部聴きましたので、その感想を書いてみたいと思い [続きを読む]
  • 吹奏楽コンクール課題曲の参考演奏は聴くべきか否か
  • いつも大変お世話になっております。はてなブログで「ホウ砂に吹かれて」をやっております、ノロい人でございます。今年の吹奏楽コンクール課題曲の楽譜や参考演奏が届く時期になりました。今回は「吹奏楽コンクール課題曲の参考演奏は聴くべきか」ということについて書いていきたいと思います。吹奏楽をやっている(いた)人の中には、「課題曲の参考演奏なんて聴くに決まってんじゃん、何でそんなこといちいち話題にすん [続きを読む]
  • 保守雑誌感想文【2018年1月】
  • 平素より大変お世話になっております。はてなブログで「ホウ砂に吹かれて」をやっております、ノロい人でございます。今回は月に一度の保守雑誌感想文を書いてみたいと思います。どうか、最後までお付き合いくださいませ。今月の保守雑誌には、シンクロナイズドスイミング日本代表ヘッドコーチの井村雅代さんの講演の内容が載っていましたので、そのことについて触れていきたいと思います。リオオリンピックの環境が最 [続きを読む]
  • ヒトは「いじめ」をやめられない、らしい。
  • 平素より大変お世話になっております。はてなブログで「ホウ砂に吹かれて」をやっております、ノロい人でございます。今回は脳科学者であります中野信子先生の『ヒトは「いじめ」をやめられない』と言う本について取り上げてみたいと思います。ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書)新品価格¥842から(2018/1/9 23:04時点)この本では、なぜいじめが起こるのか、ということについて脳科学的な視点から書かれていまし [続きを読む]
  • 100万円の使い途
  • お題「もしもお年玉で100万円貰ったら」いつも大変お世話になっております。はてなブログで「ホウ砂に吹かれて」をやっております、ノロい人でございます。今回はお題をいただいての更新になります。「もしもお年玉で100万円貰ったら」というお題ですが、ここでは単純に100万円の使い途について、書いていきたいと思います。使い途その1:奨学金の繰り上げ返済僕の実家は裕福な家庭ではなかったので、大学〜大学院では [続きを読む]
  • 東京大学を出なくてよかったさくらももこ
  • いつもお世話になり誠にありがとうございます。はてなブログで「ホウ砂に吹かれて」をやっております、ノロい人でございます。今回は、結構昔の本になるのですが、さくらももこさんと土屋賢二教授の対談本であります『ツチケンモモコラーゲン』という本からの内容について書いていきたいと思います。ツチケンモモコラーゲン (集英社文庫)新品価格¥596から(2018/1/2 09:26時点)この対談本の中の『東大を出たばっかりに…』 [続きを読む]