マダム鈴木 さん プロフィール

  •  
マダム鈴木さん: viva ! 鈴木ファミリーHyper
ハンドル名マダム鈴木 さん
ブログタイトルviva ! 鈴木ファミリーHyper
ブログURLhttp://lovelynoel1998.blog.fc2.com/
サイト紹介文ノーフォークテリアとジャックラッセルテリアのハイパーな日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 62日(平均2.7回/週) - 参加 2018/03/25 00:32

マダム鈴木 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 東京サイクリング
  • 暦は、5月も終わりに差し掛かりました。ああ、なんて時の経つのは早いのか・・・ということで、ちょっと蔵出しネタです。・・・脈略ないけど。いつもだけど。ぶらりと東京サイクリングしてきましたよ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ぶらり栃木
  • 世の中はウキウキ・ゴールデンウィークに突入しましたね。なんか、連休多くないですか ?祝日やたらと増えてないですか ?ウキャウキャしすぎじゃないですかっ !!春・夏・冬休みと年間を通して休みばかりな気がしますよ。鈴木家に祝日はねぇ ! 4週7休のブラックで働いています。ちょいちょいシレ〜と、4週6休にしてくるので油断なりません。上司のあだ名は「ロケットマン」です。マダム鈴木です。日本で働いてます。日々、騙されな [続きを読む]
  • 伊豆モンサンミッシェル
  • 静岡ケーンは堂ヶ島をワンコと散策しているとふと目に飛び込んできた景色がとても気になる。「むむむっ ! あれはー !!」まさかのモンサンミッシェルでは ?「ホントだー ! モンサンミッシェルだー !」ハルのテンションも上がっているようなのでレッツ ! モンサンミッシェル !にほんブログ村 [続きを読む]
  • 犬と歩く 堂ヶ島めぐり
  • 時節は「春眠暁を覚えず」の候となりました。朝が暖かくなり、つい寝坊しちゃった !というニュアンスで使われていますが本当は「夜明けが早く、いつの間にか朝が訪れてる、、春だなぁ」と中国の有名な詩人が詠ったものだそうで。冬は寒くて朝起きれず、春はうららかで起きれない夏は暑さに目覚めのクーラーを付けて、もうひと眠りし秋は気持ちよく眠り続ける。・・・そう、いつだって朝は起きれません。マダム鈴木です。今宵も人間 [続きを読む]
  • 犬と楽しむ ステキ食堂
  • 二十四節気では、「穀雨」になりました。たくさんの穀物を潤す春の雨の季節。雨の名前も、降り方や降る時期、時間帯、また季節や感情によってもさまざまな呼び名で呼ばれています。穀物を育む雨を 「瑞雨 ずいう」草木を潤す雨を 「甘雨 かんう」春の長雨を 「春霖 しゅんりん」早く咲いて、と花に促す 「催花雨 さいかう」日本人の自然に対する繊細な感覚がニュアンスの違いを感じて、多彩な表現を生み出しています。我が [続きを読む]
  • 東京サイクリング
  • 二十四節気(にじゅうしせっき)は半月毎の季節の変化を示していますがこれをさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候(しちじゅうにこう)です。七十二候は、時代の気候風土に合うように、何度も変更されてきました。今の七十二候は、明治時代に改訂されたものちなみにニュースなどでも使われる「気候」という言葉は、この節「気」と七十二「候」からとったものなんですYO !昔の人ってスゴイ !! [続きを読む]
  • 美しき世界
  • 新年度を迎え、毎日が幽体離脱です。たまに、離脱したまま帰ってきません。マダム鈴木です。平均体温は3 5 , 5℃です。かろうじて生きています。やっとのひとり休日。犬たちには申し訳ないけれど、今日は寝させて。もう洗濯ひとつしたくない。とソファで毛布を頭から被ってうずくまっているといつもなら、「ねぇ ! 休みなの ? 休みだよね ?」と目をキラキラさせて、ワホワホと飼い主に全力でプレッシャーをかけてくるチンピラた [続きを読む]
  • 魚は友達
  • 日本では四季以外に二十四節気という細やかな季節の移ろいを表す言葉があります。「清明」 せいめいちょうど今頃の時期をそう呼びます。すべてのものが清らかで生き生きとする頃のことで若葉が萌え、花が咲き、鳥が歌い舞う。生命が輝く季節の到来を表します。いきなり初夏のような暑さに殺意を覚えていますマダム鈴木です。すでに生命の危機を感じていますひと足早い海開きをしたあとは、釣りを楽しみましたよ。「しっかり釣って [続きを読む]
  • 独唱
  • 千葉りーひるずは、印旛沼を桜サイクリング。桜満開になると、花散らしの雨が降るのが説なのに今年は雨の気配なく、いつ花を散らすのかとドキドキ。こんな年もあるんですね。「ボクらはきっと待ってる 君とまた会える日々をさくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ」そう、この県立印旛沼公園は想い出の公園です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 桜サイクリング
  • 例年より一週間も早く、千葉りーひるずの桜が満開になりました。日本人の心、 So ! それは桜 !!毎年、桜が満開になった途端に花散らしの雨が降りいつも満開を愛しむタイミングを逃しがちなのですがなぜか今年は降らない。降る気配がない !!・・・ワナですか ? トラップですかー ?い、いいんですか・・・ ? 満開を愛でて良いんですかぁぁぁぁ !!サンキュー ! 神 ! 信仰心は大切ですね。マダム鈴木です今日も腹黒です?と、言う [続きを読む]
  • 深冬
  • 東京の桜は満開を迎え職場から見下ろす隅田川は桜見物の人でゴッタ返しています。今日は5月上旬の陽気だったそうです。・・・桜満開、早すぎじゃない ?カムバック ! ウィンター !ウェルカム ! スノー !アイラブ・冬 !!気合が入ったところで参りましょう。さぁ、寒さで震えろ !今シーズン最後の雪旅は、朝から深々と雪が降る1日でしたにほんブログ村 [続きを読む]
  • シンクロニシティ 愛しいキモチ
  • シンクロニシティという言葉を知っていますか ?誰もいない雪山で、のんびりと時間を過ごしせっかくの良い天気だから、山頂まで登って神様にご挨拶して来ようということに。神秘の鳥居と、私たちが呼んでいる鳥居の奥へと向かいます。そう、すべてはこの鳥居をくぐった時から始まったのかもしれません。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 犬と過ごす 雪山時間
  • 冬シーズンは、トータルで20日くらい雪山へ向かっています。そのうちの6〜7割を白馬で過ごしています。叶うならば、無職になって信州の山奥で自然三昧で暮らしたい。ルールルルー ! と呼んでキツネと友達になりたい。思う存分、野山を駆け回りたい !でも、無職になったらブルーシート暮らし間違いなしなので高額当選を願うしかありません。宝くじなんて買った記憶も買う予定もないので生い先短い資産家の後家を狙うしかありません [続きを読む]
  • フライング・ジャック
  • 我が家の五男坊、ジャックラッセルテリアのハル。言わずと知れたスーパー・ウルトラ・ハイパー・ボーイ。ジャックのハイパーっぷりはご存知でしょうが知ってました ? ジャックってね・・・「わひょー ! ! 」大抵、ジャンプしているんですよ (怖)ということで、ハルのジャンプ特集です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 犬と行く 白馬・スノートレッキング
  • 東京では桜が見頃を迎え、盛り上がってます、、、が !そんなの関係ねぇ ! おっぱっぴーですよ。こちとら、パソコンがいつまで持つのか仕事の手を抜いて、ブログ更新と戦ってるんダ !!マダム鈴木です。そのときにしか出せない奇跡の爆発力を出しています。しかし、その奇跡の爆発力は仕事で出たためしがありません。さぁ、雪を見せてやろうじゃないか。白馬の雪山・スノートレッキングのスタートです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • アイアム・ジャック
  • ダックスフンドで、犬の天才っぷりを知りゴールデンレトリバーで、犬の優しさを知りトイプードルで、犬への愛しさを知りました。ノーフォークテリアで暗雲が立ち込めジャックラッセルテリアで私の心と体が崩壊しました。思い出で生きています。マダム鈴木です。蓼科旅行でチェックアウトを済ませ、荷物を積み込みさぁ、家路へつく前にトイレさせましょうかね。と、犬たちをサンポへ。「うおぉぉぉーーー !! 」・・・それ、トイレ [続きを読む]
  • 音のない世界
  • 雪を楽しむのなら、やはり2月。ということで、今年も夫婦で2月にありったけの有休を申請しましたが見事に夫婦で玉砕しましたよ。なので、通常のお休みをすべて雪に捧げました。長野ケーンは、女神湖をぶらりします。犬ランキング [続きを読む]
  • ホントにあった山の夜の恐怖
  • そう。その世にも恐ろしい物語は標高1500メートルの山の上、しかも真夜中に起きたのです。「快適〜 快適ぃぃ〜♪」今シーズンからソリをバージョンアップしました。MサイズからLサイズへ サイズアップ !!メーカーも色も同じなのに、なぜかサイズアップしたLのがMより安かったという切なさ。人生ってこんなもんですよね。マダム鈴木です。犬ランキング [続きを読む]
  • 犬と行く 厳冬の霧ヶ峰
  • いま、密かにブームになっている「しいたけ占い」をご存知ですか ?普段は神も信仰も上司の言葉も、まったく信用しないマダムですが会社の若い子たちが、こぞってキャーキャーしてるのを見てちょっと見せてもらったら、まさかのシンデレラ・フィット ! ←使い方間違ってます蠍座は、デフォルトで「切羽詰まっている」ということがあります。蠍座の人生って「何だかよく分からない事態を気合いと根性と『そのときにしか出せない奇跡 [続きを読む]
  • 過去の記事 …