藤尾 恒 さん プロフィール

  •  
藤尾 恒さん: 国語のサプリ〜間違えがちな日本語を知る〜
ハンドル名藤尾 恒 さん
ブログタイトル国語のサプリ〜間違えがちな日本語を知る〜
ブログURLhttp://machigaegachi.blog.jp/
サイト紹介文《 読み書き・語彙力・和漢の教養 》  「脳トレ」にもなるBlogです。
自由文※多くの人が間違えがちな 漢字、ことばや表現、四字熟語 等の他、教養としてわきまえておきたい国語の知識を紹介していきます。 8割正答なら、あなたの国語力は一応のレベルでしょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 269日(平均4.1回/週) - 参加 2018/03/25 02:02

藤尾 恒 さんのブログ記事

  • 使える四字熟語***
  • ※誤字を訂正してください。(訂正後の)読みも忘れずに。 (A)繁規縟礼(B)破魔顕正(C)波瀾万乗 <答・ポイント> 大切です。ぜひ確認を!◆一生使える国語知識を、無理なくこの1年で!◆ [続きを読む]
  • 使える四字熟語***
  • ※意味通りになるよう□を埋めてください。読みも忘れずに。(A)電光□火 :動きが非常に素早いことのたとえ。また、非常に短い時間のたとえ。(B)得意満□ :事が思いどおりに運び、誇らしさが顔全体に表れるさま。(C)読書百□ :繰り返し熟読すれば、どんな書物でも意味が自然とわかってくる。(D)二□背反 :論理的にも事実的にも同等の根拠をもって成り立ちながら、両立することのできない矛盾する二つの命題間の関係 [続きを読む]
  • 漢字の迷い道***
  • <漢字の読み書き>(A)格天井(B)三和土(C)長押(D)いよいよ〔しわす〕(E)〔かきいれどき〕で忙しい(F)来年の〔えと〕は? <同音異義語>(A)営業マンを〔そくせい〕する。(B)イチゴの〔そくせい〕栽培。(C)酒の肴(さかな)を〔そくせい〕する。<どの字を使う?>【込・混】(A)電車が〔こむ〕(B)負けが〔こむ〕(C)手の〔こんだ〕細工(D)人〔ごみ〕 <答・ポイント> 大切です。ぜひ確認を!◆一生使える国語知識を [続きを読む]
  • 間違えたくない言葉と表現***
  • <1>間違っている箇所を訂正してください。 留守を守ってくれ、と依頼される。 <2>間違って使われています。その理由を。 「さくさく」 今度の新曲は悪評さくさくだ。<3>使われ方や解釈で、正しいのはどちらですか? 「たまさか」 A)その人とはたまさか出合っただけのこと。 B)たまさかその歌手のコンサートに行った。<4>〔***〕を埋めてください。〔***〕見て花を折る:  むやみに事を行なわず、時と場合に応じて [続きを読む]
  • 漱石の足跡***
  • 大正5年(1916)12月9日、夏目漱石死去。49歳でした。誕生から死去までの間の様々な事歴を、順に並べ替えてください。≪事歴≫・「方丈記」を英訳する。・「漱石」の号を初めて用いる。・松山中学で教鞭をとる。・中根鏡子と結婚。・第一高等学校兼東京帝大英文科講師となる。・正岡子規を知る。・帝国大学文科大学英文科卒業。・第五高等学校講師として熊本へ赴く。・修善寺の大患。・英国に留学。・中村是公と満州、朝鮮を旅行。 [続きを読む]
  • この人は誰?***
  • この人は誰でしょう?1872年(明治5年)〜1896年(明治29年) 小説家・歌人 東京生れ。小学校中退。中島歌子の歌塾「萩の舎」(はぎのや)で和歌、古典を学ぶ。15歳で兄を17歳で父を亡くし、その後は女戸主として一家の生計を支えることになった。19歳で東京朝日新聞の小説記者・半井桃水(なからい・とうすい)に入門、小説家を志し、翌年処女作「闇桜(やみざくら)」を発表。その後も「文学界」などに寄稿を続けたが、22歳での「 [続きを読む]
  • 漢字の迷い道***
  • 《 漢字の読み書き 》  A)瞥見 B)無碍 C)玄孫  D)まなむすめ E)はぐくむ《 同音異義語 》 ※意味を考え、書き分けてください。  A)借金を〔せいさん〕する。  B)乗り越し運賃を〔せいさん〕する。《 どの字を使う? 》 【超・越】 A)人間の能力を〔こえる〕。  B)峠を〔こえる〕。  C)度を〔こす〕。 D)10万円を〔こえる〕金額。<答・ポイント> 大切です。ぜひ確認を!◆一生使える国語知識を、無 [続きを読む]
  • 間違えたくない言葉と表現***
  • 1. 間違っている箇所を訂正してください。  泥のように疲れたよ。 2. 間違って使われています。その理由を。  「珠玉の」  珠玉の長編がベストセラーになり、文壇にデビューした。3. 使われ方や解釈で、正しいのはどちらですか?  「小春日和」  A)早春の小春日和の一日。  B)11月の小春日和の一日。4.〔***〕を埋めてください。 〔***〕の火 :燃えひろがって野原を焼く火。勢いが盛んで防ぎ止められないものの [続きを読む]
  • 親しむ四字熟語***
  • ※意味通りになるよう□を埋めてください。読みも忘れずに。1.徹□徹尾 :最初から最後まで。終始。あくまで。けっして。2.鉄心□腸 :強く堅い精神や意志のたとえ。3.□滴穿石 :小さい力でも積み重なれば強大な力になることのたとえ。4.東□西走 :あちこち忙しく走りまわること。<答・ポイント> 大切です。ぜひ確認を!◆一生使える国語知識を、無理なくこの1年で!◆ [続きを読む]
  • 和漢の知識***
  • 「論語」の中に、孔子が自らの人生を語った有名な言葉があります。それには、「15歳で学問に志し、・・・・・、70歳になったら心のままに行動しても道徳の規範を外れることはなくなった」とあります。夫々の年齢において孔子はどのように成長したのか? 「・・・・・」の部分の問題です。各年齢での孔子の有様を、下記から選んでください。1.15歳 2.30歳 3.40歳 4.50歳 5.60歳 6.70歳A)〔志学〕学問に志す。 B)〔知命〕天よ [続きを読む]
  • 漢字の迷い道***
  • 《 漢字の読み書き 》 (01)瞠目 (02)挽歌 (03)このままでは、失敗するのは〔ひつじょう〕 (04)〔はざかいき〕《 同音異義語 》 ※意味を考え、書き分けてください。  A)作物が〔せいいく〕する。  B)孫が〔せいいく〕する。  C)稚魚が〔せいいく〕する。  D)〔せいいく〕の恩 《 どの字を使う? 》 【切・斬】 A)野菜を〔きる〕  B)〔きり〕捨てご免  C)電源を〔きる〕  D)期限を〔きる〕  E)世相 [続きを読む]
  • 間違えたくない言葉と表現***
  • <1>間違っている箇所を訂正してください。 残されたご遺族のことが心配だ。 <2>間違って使われています。その理由を。 「代物」 頭も切れるし、実行力もある。彼は頼れる代物だ。  <3>使われ方や解釈で、正しいのはどちら?(A)あんなやつに負けるとは業腹だ(B)こんな時でも少しも慌てない。業腹な男だ。  <4>〔***〕を埋めてください。〔***〕に帰す :跡形もなくすっかり焼けてしまう。<答・解説>を確かめる [続きを読む]
  • 親しむ四字熟語***
  • ※問題文の意味に即した組み合わせを見付けてください。読みも忘れずに。 <天涯・天道・天壌・天空・天真・天罰>と <海闊・無窮・孤独・是非・爛漫・覿面>で。(A)度量が大きく、こだわりのないこと。また、そのさま。(B)天の道は果たして正しいのだろうか、それとも間違っているのだろうか?(C)行為の結果がたちどころに現れること。   悪事を働くと、その報いとしてすぐさま天が罰を下すこと。(D)天地とともに永 [続きを読む]
  • 味わいたい名高い文章***
  •   ※味わいたい名高い文章。1.作品名/2.作者/3.書かれた時代は?   竜馬は突如、中岡をみて笑った。澄んだ、太虚(たいきょ)のように   あかるい微笑が、中岡の網膜にひろがった。  「慎ノ字、おれは脳をやられている。もう、いかぬ」   それが、竜馬の最後のことばになった。言いおわると最後の息をつき、   倒れ、なんの未練もなげに、その霊は天にむかって駈けのぼった。   天に意思がある。   としか [続きを読む]
  • 漢字の迷い道***
  • 《 漢字の読み書き 》 難解漢字〜動植物編〜 (01)大鮃  (02)柳葉魚  (03)鯊 (04)諸子  (05)鵺《 同音異義語 》 ※意味を考え、書き分けてください。  A)先生に〔しんろ〕を相談  B)北東に〔しんろ〕をとる  C)機体は〔しんろ〕を外れた  D)台風の〔しんろ〕《 どの字を使う? 》  【叶・適・敵】 A)彼には〔かなわない〕  B)願ったり〔かなったり〕  C)理想に〔かなった〕人  D)〔かなわぬ〕 [続きを読む]
  • 間違えたくない言葉と表現***
  • 1. 間違っている箇所を訂正してください。  誰が犯人かの目鼻は付いたのかい? 2. 間違って使われています。その理由を。  「無い袖は振れぬ」  突然意見を求められても、無い袖は振れない。3. 使われ方や解釈で、正しいのはどちらですか?  A)せっかくの休日だったが、色々と用事があり、   ゆくりなく過ごした。  B)今日、ゆくりなくも旧友の訪問があった。4.〔***〕を埋めてください。 〔***〕評 :第三者が [続きを読む]
  • 親しむ四字熟語***
  •  ※問題文の意味に即した組み合わせを見付けてください。読みも忘れずに。 <長身・懐疑・珍味・遅疑・美味・鳥尽>と <弓折・佳肴・痩体・弓蔵・逡巡・痩躯>で。(A)ぐずぐずとして、いつまでも疑い、決断せずにためらうこと。(B)目的が達せられた後には、それまで重用されていた者が捨てられるとい   うことのたとえ。(C)背丈が高く身体つきがやせていること。(D)めったに食べられない、大変おいしいご馳走。<答 [続きを読む]
  • 和漢の知識***
  •  〜〜 「正倉院展」 〜〜   毎年、この時期になると話題になるのが、奈良国立博物館で催される「正   倉院展」です。   「正倉院展」とそれに関わる事柄を整理しておきましょう。1)以下、国宝について述べたものです。〔***〕の中を埋めてください。   日本にある美術工芸品(文書類を含む)、建造物などの〔1.***〕のうち、   とくに価値が高く、保管・管理について国が補助する必要のあるものが国   宝とさ [続きを読む]
  • この人は誰?***
  • この人物は誰でしょう? 1882年(明治15年)〜1940年(昭和15年) 俳人 現山口県防府市生れ。早稲田大学中退。10歳の時の、父の浮気を苦にした母の自殺が、その生涯に影を落とした。神経衰弱で大学を中退し故郷に戻ってからの20年強を、生活苦や家庭崩壊の中で過ごす。43歳で出家。間もなく行乞放浪の日常を送ることとなる。俳句は、30歳を過ぎて荻原井泉水(はぎわらせいせんすい)に師事し「層雲」に属したが、その自由律によ [続きを読む]
  • 迷う漢字***
  • 《 漢字の読み書き 》 地名を読む〜関東・甲信越〜 A)安曇野市 B)茅野市 C)東御市  D)真岡市 E)男体山 F)空木岳《 同音異義語 》 ※意味を考え、書き分けてください。  A)〔じろん〕を曲げない。  B)〔じろん〕は無視できない。《 どの字を使う? 》 【形・型】 A)扇〔かた〕の土地。  B)〔かた〕破りの方法。  C)〔かた〕にはまる。 D)ピラミッド〔がた〕の建物。<答>を確かめる ※「間違いに [続きを読む]