ボクオタおやじ さん プロフィール

  •  
ボクオタおやじさん: Boxingオタクのsports観戦記
ハンドル名ボクオタおやじ さん
ブログタイトルBoxingオタクのsports観戦記
ブログURLhttp://boxingotaku.blog.jp/
サイト紹介文40年以上ボクシングオタクです。 過去の名勝負や、他のいろんなスポーツも取り上げます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 211日(平均5.1回/週) - 参加 2018/03/25 13:36

ボクオタおやじ さんのブログ記事

  • ◆村田V2戦、DAZNでライブ配信
  • 2018.10.20 WBA世界ミドル級タイトルマッチ 王者 村田諒太 vs 挑戦者 ロブ・ブラント前日計量も、両者無事にパス、いよいよ明日は決戦です。試合の模様は、DAZNで10.21(日)11:00からライブ配信されます。お試し1か月無料(1か月以内に退会すればタダ)ですので、登録して見ようと思います。また、10:00から、WBO世界ミドル級王座決定戦のデメトゥリアス・アンドラーデvsウォルター・カウントンドクワも配信されます。これも楽 [続きを読む]
  • ◆村田諒太V2戦、間近。
  • 村田諒太のWBA世界ミドル級王座の防衛戦が、近づいてきました。現在、ミドル級の各団体の王者は、WBAスーパー王者・WBC王者 サウル・アルバレスWBAレギュラー王者 村田 諒太WBC暫定王者 ジャモール・チャーロIBFとWBOは空位となっています。ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が、3団体を束ね長期安定政権を築いていた状況は、09.15にゴロフキンがサウル・アルバレス(メキシコ)との再戦に敗れ、WBO王者ビリー・ジョー・ [続きを読む]
  • ◆メディナ vs 亀田和毅、AbemaTV生中継!
  • WBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦、同級1位アビゲイル・メディナ(スペイン)vs同級2位亀田和毅の試合がAbemaTVで生中継されます。TBS系列じゃないのは少しばかり驚きましたが、生放送で見れるのはうれしいですね。一方、チャンピオンのレイ・バルガス(メキシコ)が同級6位フランクリン・マンサニーリャ(ベネズエラ)と12月に防衛戦を行うようで、暫定王者決定戦の勝者とは次の防衛戦で戦うことになりそうです。和毅vsバ [続きを読む]
  • ◆元世界王者 高山勝成、アマチュア登録認定!
  • ミニマム級で主要4団体の王者となった高山勝成が希望していたアマチュア資格登録が正式に認められました。来春ぐらいから、東京オリンピックを目指して本格的に活動するようです。このアマチュア登録申請については、山根明前会長ら日本ボクシング連盟の前体制は認めませんでしたが、山根前会長がやらかしちゃって失脚し新体制となったことで、状況が変わり今回の登録につながりました。アマチュア資格取得を巡っては、まだ明確に [続きを読む]
  • ◆井上拓真、来年WBCバンタム級王座に挑戦か?
  • WBC世界バンタム級王座は、ルイス・ネリが山中慎介戦で計量失格で王座を剥奪されて以来、空位となっています。王座決定戦は、当初、同級1位 ノルディ・ウーバーリ(フランス)と、3位のペッチ・CPフレッシュマート(タイ)で行われる予定でした。また、指名挑戦者決定戦でマーク・ジョン・ヤップに勝利した井上拓真が、王者に挑戦するものと思われました。しかし、王座決定戦の交渉が進まず、結局、ウーバーリと、同級4位で元WBA [続きを読む]
  • ◆スーパーフライ級でもWBSS開催か?
  • WBSSのプロモーター、ザワーランド氏が、スーパーフライ級以下のWBSS開催の可能性を示唆しました。米ケーブルテレビ大手HBOがボクシング中継撤退を決定、これまでHBOが放送してきた「SUPERFLY」の興行が今後どうなるのか行方が注目されていただけに、WBSSが肩代わりする感じになるのでしょうか。スーパーフライ級の王者は、WBAがカリッド・ヤファイ(英国) 24戦全勝(15KO)、3度防衛中。WBCがシーサケット・ソー・ルンヴィザイ [続きを読む]
  • ◆拳四朗も素晴らしかった!!
  • 2018.10.08のトリプルタイトルマッチでは、井上尚弥のワンパンチKOがあまりに衝撃的だっただけに目立たなくなってしまいましたが、WBCライトフライ級王座の4度目の防衛に成功した拳四朗も、素晴らしい試合でした。拳四朗は、前回の試合で元王者のガニガン・ロペスを強烈なボディブロー一発で2RKO、今回も、元IBF王者ミラン・メリンドにほとんど何もさせずにTKO勝利と、素晴らしい戦いを見せてくれました。メリンドは、拳四朗の前後 [続きを読む]
  • ◆ゾラニ・テテの評価
  • ゾラニ・テテの評価は、かなり難しそうですね。25583kendobokuさんから、 「テテが無理せずに長い距離で安全運転で戦えば塩試合になりそう。」 としあきさんから、「テテは、強いと言われていますが、王座獲得は全て決定戦での獲得。 防衛戦では、帝里やバトラーに圧勝も、名のある相手は盛りを過ぎた選手ばかり。 無名相手に11秒KOで過大評価されていると感じます。正直、この1回戦から正念場では?」 とのコメントいただきました [続きを読む]
  • ◆井上尚弥、WBSS次戦はロドリゲスvsモロニーの勝者と。
  • 昨晩の衝撃のワンパンチKOの余韻がまだ残っています。井上尚弥は、スーパーフライ級時代は、その強さゆえなかなか相手に恵まれず、また、バンタム級王座を獲得したジェイミー・マクドネル戦も、マクドネルの減量が厳しく本調子ではなく、1RであっさりKOしましたが、世界の一線級と戦えるのかは未知数と言われました。そんな、実力を疑問視する声は、昨日の一戦で完全に払拭されたと言って良いでしょう。ルーシー・ウォーレン(米国 [続きを読む]
  • ◆井上尚弥、パヤノ、前日計量。
  • 明日のトリプルタイトルマッチの前日計量が行われ、井上尚弥、パヤノとも一発でパス。井上本人は絶好調を宣言、山中慎介が井上の圧倒的有利を予想するなど、楽観ムードが漂っています。集中力を切らさなければ、井上有利に間違いないでしょう。こうなると、気を付けなければならないのは油断だけでしょうね。WBSSのもう1試合、WBA世界スーパーライト級タイトルマッチに出場する、王者キリル・レリク(ベラルーシ)、挑戦者同級1位 [続きを読む]
  • ◆井上尚弥vsパヤノまであと3日!
  • 今日は、2018.10.07に行われるタイトルマッチの予備検診。井上尚弥も、拳四朗も体調は良さそうですね。なんといっても、注目は井上尚弥がどのような戦いを見せるかです。パヤノは、WBAスーパー王者に君臨していたアンセルモ・モレノに勝利した強者。油断できない相手です。モレノ戦は、やや荒れた試合で、結局負傷判定となりましたが、7日の試合がクリーンな戦いになることを祈ります。バッティングで負傷判定とか、ホールド寸前 [続きを読む]
  • ◆元IBF世界スーパーバンタム級王者小國以載が現役復帰!
  • 元IBF世界スーパーバンタム級王者の小國以載が現役復帰、12.01に再起戦。2012年からずっと痛めていた右手首を今年1月に手術したことで、再起を決意したようです。昨年9月の初防衛戦の岩佐亮佑戦は、いくら苦手なサウスポーとはいえ、見事な負けっぷりだっただけに、すっきりしての引退だったのかと思ってましたが、怪我が理由だったんですね。完治したようなので、また、タイトルを奪取したジョナタン・グスマン(ドミニカ共和国 [続きを読む]
  • ◆木村翔vs田中恒成 採点結果その2
  • 採点に関しては、さまざまな意見が出ていますね。このブログに頂いたコメントも、モメンタムさん「114-114のドローが妥当だと思う。 田中のパンチは軽かった。」 S.O.Bさん「118-110で田中。僅差のスコアは意外だった」と、見方が分かれています。7Rのスリップがダウンだった、また12Rの田中10-木村9は納得できないとして、木村陣営は抗議を考えているようです。(私は、7Rのスリップは印象に残っておらず田中10-木村9としました [続きを読む]
  • ◆木村翔vs田中恒成 採点結果
  • 昨日行われたWBO世界フライ級タイトルマッチは、田中恒成が2-0(116-112、115-113,114-114)の判定で勝利、3階級制覇を達成しました。映像を見た印象では、田中のほうが前半からよく動き手を出し、木村にプレッシャーをかけていて、木村もボディとかで地味に反撃はしていたものの、田中の快勝と言える試合だったと思いました。私の採点法では、田中がクリーンヒットを決めた2Rなど、はっきりと差の出たラウンドは10-8としています [続きを読む]