sasonedash さん プロフィール

  •  
sasonedashさん: SAS One Diver
ハンドル名sasonedash さん
ブログタイトルSAS One Diver
ブログURLhttp://sasonediver.blog.fc2.com/
サイト紹介文統計解析ソフトSASのプロシジャ,関数,データ加工,グラフ・RTF帳票作成法,ベイズ流を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 26日(平均5.7回/週) - 参加 2018/03/25 18:51

sasonedash さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • フォルダ構造の複製を作るツールをSASで開発する
  • フォルダ構造の複製を作りたいフォルダを指定すると、そのフォルダ構造のコピー(ファイル無し)を作るツールを生成するプログラムです。 *---「フォルダ構造の複製を作るツール.vbs」の出力場所(パス記入);%let _path=.;filename VBScript "&_path.フォルダ構造の複製を作るツール.vbs" encoding="sjis" termstr=crlf;proc stream outfile=VBScript resetdelim="goto"; beginSet Args = WScript.Arguments goto newline;Set Shell = [続きを読む]
  • Excel-Word-PowerPointの個人情報を削除するツールをSASで開発する
  • プロパティや個人情報を削除したいExcel,Word,PowerPointファイル(複数も可)をドラッグして「Excel-Word-PowerPointの個人情報を削除するツール.vbs」にドロップすると.vbsと同階層に、個人情報が削除された「_個人情報削除」と付与されたファイルが作成されるツールを生成するSASプログラムです。RTFファイルに使用することはできません。*---「Excel-Word-PowerPointの個人情報を削除するツール.vbs」の出力場所(パス記入);%le [続きを読む]
  • xlsをxlsxに変換するツールをSASで開発する
  • 拡張子xlsをxlsxに変換したいエクセルファイルを指定して「xlsをxlsxに変換するツール.vbs」上にドロップすると、拡張子xlsxされた同名のファイルをVBSと同階層に作成するツールを生成するSASプログラムです。 *---「xlsをxlsxに変換するツール.vbs」の出力場所(パス記入);%let _path=.;filename VBScript "&_path.xlsをxlsxに変換するツール.vbs" encoding="sjis" termstr=crlf;proc stream outfile=VBScript resetdelim="goto"; [続きを読む]
  • proc SQL -CASE式による条件分岐-
  • proc SQLにおける単純CASE式と検索CASE式の書き方の違いは以下のようになります。/* 単純CASE式 */proc sql; create table Class as select Name,Sex, case Sex when '男子' then 2 when '女子' then 1 else . end as SEXN from sashelp.Class;quit;/* 検索CASE式 */proc sql; create table Class as select Name,Sex, case when Sex='男子' then 2 wh [続きを読む]
  • Excelのセルの折り返しを全解除するツールをSASで開発する
  • セルの折り返しを解除したいエクセルファイルを指定して「Excelのセルの折り返しを全解除するツール.vbs」上にドロップすると、全セルの折り返しが解除された「_セル折り返し解除」と末尾に付加されたファイルをVBSと同階層に作成するツールを生成するSASプログラムです。 *---「Excelのセルの折り返しを全解除するツール.vbs」の出力場所(パス記入);%let _path=.;filename VBScript "&_path.Excelのセルの折り返しを全解除するツ [続きを読む]
  • フォルダにたまった画像ファイルを除去するツールをSASで開発する
  • 対象フォルダ内のファイルを何か1つでもいいからドラッグして「画像ファイル除去ツール.vbs」ツールにドロップすると、全画像ファイル(拡張子.png 又は .emf)を一斉削除するツールを生成するSASプログラムです。 統計のプロシジャを使用していると、プログラムと同階層にSASグラフ(SGPlot)をため込んでしまうことがよくあります。そのようなとき画像ファイルのみを削除できるようにと作ったものです。*---「画像ファイル除去ツール [続きを読む]
  • Excelのセルを折り返して全体を表示するツールをSASで開発する
  • セルを折り返したいエクセルファイルを指定して「Excelのセルを折り返して全体を表示するツール.vbs」上にドロップすると、全セルが折り返された「_セル折り返し」と末尾に付加されたファイルをVBSと同階層に作成するツールを生成するSASプログラムです。 *---「Excelのセルを折り返して全体を表示するツール.vbs」の出力場所(パス記入);%let _path=.;filename VBScript "&_path.Excelのセルを折り返して全体を表示するツール.vbs" [続きを読む]
  • Wordファイルの印刷の向きを判定するツールをSASで開発する
  • 印刷の向きを判定したいワードファイルがあるフォルダ内の1ファイルを指定して「Wordの印刷の向きを判定するツール.vbs」にドロップすると、それぞれのファイルの印刷の向きを判定したエクセルファイルをVBSと同階層に作成するツールを生成するSASプログラムです。 *---「Wordの印刷の向きを判定するツール.vbs」の出力場所(パス記入);%let _path=.;filename VBScript "&_path.Wordの印刷の向きを判定するツール.vbs" encoding="s [続きを読む]
  • Excelに含まれる改行コードを一斉置換するツールをSASで開発する
  • エクセルブック内の全シート内に含まれる改行コードを一斉置換したいファイル(複数でも可)を指定して「Excel改行コード置換ツール.vbs」上にドロップすると、全改行コードが「^n」の文字値に置換された「_改行コード置換」と末尾に付加されたファイルをVBSと同階層に作成するツールを生成するSASプログラムです。 *---「Excel改行コード置換ツール.vbs」の出力場所(パス記入);%let _path=.;filename VBScript "&_path.Excel改行コ [続きを読む]
  • Wordファイルを一斉承諾するツールをSASで開発する
  • 最終化したいワードファイル(複数でも可)を指定して「Wordファイルを一斉承諾するツール.vbs」にドロップすると、すべての変更を反映し、変更の記録を停止されて「_変更を反映」と付加されたファイルをVBSと同階層に作成するツールを生成するSASプログラムです。 マーカー、塗りつぶし、網掛け、囲み線、コメント等も一斉削除されます。*---「Wordファイルを一斉承諾するツール.vbs」の出力場所(パス記入);%let _path=.;filename V [続きを読む]
  • Excelブック内の全セル結合を一括解除するツールをSASで開発する
  • エクセルブック内の全シート内に含まれるセル結合を一斉解除したいファイル(複数でも可)を指定して「Excelの全セル結合を一括解除するツール.vbs」上にドロップすると、全セル結合が解除された「_セル結合解除」と末尾に付加されたファイルをVBSと同階層に作成するツールを生成するSASプログラムです。 *---「Excelの全セル結合を一括解除するツール.vbs」の出力場所(パス記入);%let _path=.;filename VBScript "&_path.Excelの全 [続きを読む]
  • SAS-Sgrenderによる等高線プロットの描画
  • 2次元標準正規分布について、RAND関数で発生させた方法と自作メトロポリス法で発生させた方法
    とを比較します。相関係数を変化させます。*---グラフの出力場所指定(パス記入);%let _path=.;ods graph
    ics/reset border=off;option nodate nonumber nocenter animation=start animduration=1.5 printerpath=gif animloop=yes;ods listing clo
    se;ods printer file="&_path.等高線プロット.gif" ;%macro plot(_no=);ods select none;dat [続きを読む]
  • 自作メトロポリス法による2次元標準正規乱数の発生
  • 相関係数が0.7である2次元標準正規分布について、RAND関数で発生させた方法と自作メトロポリス法で発生させた方法とを比較します。100回まで反復します。*---グラフの出力場所指定(パス記入);%let _path=.;data normal0; r=0.7;*相関係数; call streaminit(1); do i=1 to 100 by 1; x=rand("normal",0,1); y=rand('normal',r*x,sqrt(1-r**2)); output; end;run;data metropolis; retain i 1;pai=constan [続きを読む]
  • 過去の記事 …