風林火山 さん プロフィール

  •  
風林火山さん: 風林火山のFX戦略メモ
ハンドル名風林火山 さん
ブログタイトル風林火山のFX戦略メモ
ブログURLhttps://fuurinkazan.muragon.com/
サイト紹介文FXで生計をたてるための戦略を記録する
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供387回 / 262日(平均10.3回/週) - 参加 2018/03/26 18:08

風林火山 さんのブログ記事

  • 12月12日8時45分
  • AUDUSDのポジションを閉めて、年内のトレード終了へ(予定)。 EURAUDが反発を停止して下落に転じている。AUDが下げを減速し、今度はEURが レンジ下限の1.1300をトライする気配。下抜けするかは微妙なところ。 GBPが最弱。宝くじ的に持ってるGBPUSDのショートは利が乗ってきているので、 このまま宝くじ的に継続する。 色々考えた末に持ったポジションがうまくいかず、何も考えずにポンと持 [続きを読む]
  • 12月10日23時00分
  • NZDUSDのショートからは撤退。AUDNZDの大きな売りを感じる。再びパリティを 目指すのかも知れない。ドル円は112.20でストップのポジションメイクのオーダーを 入れたが、またしてもつかず。ドル円は一体何が起こっているのかさっぱりわからない。 全体として朝から今までの相場は非常に難解。ドル円は下落から一転して上昇。 EURUSDは上昇のち小緩み。AUDUSDが安値から小幅反発したのに対し、N [続きを読む]
  • 12月10日8時00分
  • AUDUSDが0.7200を下回ったレートでシドニーが始まっている。NZDUSDは朝方の 指標が上向いて、0.6870上まで買われたようだが、また下落を開始している。 AUDUSDとNZDUSDのショートでいいように思われる。EURUSDはレンジの真ん中で やりようがない。ドル円が112.20を割り込むような動きを見せるなら注意したい。 [続きを読む]
  • 12月9日 週足日足の様子
  • USDJPY:週足は114円の重さを確認し、日足もいつ落ちてもおかしくない形状だが、      なかなか下落しない。112.20を終値ベースで下抜けると新展開の模様。 EURJPY:128円台のもみ合い継続中。上は重いのだが127円半ばがなかなか切れない。 GBPJPY:BREXIT要因が強く、チャートを見る意味がないのでしばらくGBPがらみの      戦略は様子見。 AUDJPY:下落継続を示 [続きを読む]
  • 12月7日23時30分
  • やはり雇用統計では方向感が出ず揉み合い。あとはFOMCだが、その後はすぐ 海外が休暇に入ってしまうので、今年はこのまま流して終わらせることが濃厚と なってきた。AUDUSDのショートを継続しているが、NZDがこの状況で各通貨に 対して際立って高い気がするので、NZDUSDもショートを構築。ただこれらの ポジションはそれほどひっぱるつもりなし。年内は112.20を下抜けなければドル円は もう手をださ [続きを読む]
  • 12月7日12時30分
  • 午前中にドル円がじり安の展開になる可能性に期待したが、そうはならずAUDJPYも大した押し目がなかった。昨日の米中関係懸念からのAUD売りは、これ以上大きな相場に 拡大する様子はなく、レンジの収束に向かいそう。AUDJPYのショートをSQにした。 今晩の雇用統計で来週以降の相場の、何かヒントとなるものがでればいいか、可能性は 低いと思う。今年の相場もFOMCまでと思っていたが、その間大した動きにな [続きを読む]
  • 12月7日 日足の様子
  • USDJPY:下落の雰囲気はあるものの、実体はまだ112.30-113.30のレンジ内もみ合い。      112.20あたりを下抜けすると様相が変わってくる。 EURJPY:128.00を中心としたもみ合い。レンジを収束している模様。 GBPJPY:GBPUSDとEURGBPを含め、BREXITが落ち着くまで様子見。 AUDJPY:高値から3円下落して、さらに下落の可能性が高いが、81円を明白に [続きを読む]
  • 12月6日23時00分
  • 自分の取引通貨内で、依然としてAUDが全面安の状態が続いている。 円が強いが、EURとGBPも堅調だ。そのあとに続くのがUSD。そしてCADやNZDが AUDに次いで弱い状態だ。AUDJPYと同様、本日相当額の対EURでのAUD売りが出ている 模様。このせいでEURJPYが下がれない状態が続いているように見える。 ということで、今晩のトレードはAUDJPYのショート1本に絞る。世界的に株安の様相。 [続きを読む]
  • 12月6日13時30分
  • AUDJPYの投げ売りを中心としたリスクオフの相場が続いている。日本株に続いて、 昨日休場していたNY株式も大きく下落を迎えるようだと、さらなるドル円クロス円の 下落が生じると考える。このアジアでの下げを見て、ロンドンは一度買ってくるかも 知れないが、そこを新たな売り場として、ショートを増やしたい。残り少ない今年最後の大きなチャンスとなる可能性がある。素直にまっすぐ勝負していきたい。 [続きを読む]
  • 12月6日10時30分
  • 日足が示唆していたAUDの下落ターゲットを、対ドル、対円、対ユーロすべてこの 90分間でほとんど達成してしまった。ドル円と各クロス円が下落しているが、メインは AUDJPYの投げ売りだったと思う。先月コツコツ積み上げたAUDロングを、すべて吐き出す様相。やはり月曜日の窓開けが効いた印象。米中関係の底の深さを市場があぶり出して いる。さらなる下落を予想。AUDJPYのショートを構築。ストップは82円 [続きを読む]
  • 12月6日 日足の様子
  • USDJPY:112.50-113.50の相場といったところか。現状何の印象もない。 EURJPY:続落はなかった。明白な128円割れでショートもしくは129円で売り。 GBPJPY:BEXIT次第だが、143円以下は堅い印象。 AUDJPY:弱い。81.50程度まで下落の可能性。 NZDJPY:マーケットはロングの模様。77円前半程度まで下落の可能性あり。 CADJPY:84.00のレンジ下限ま [続きを読む]
  • 12月5日17時00分
  • ドル円の112.60近辺はかなり強いサポートに成長している模様。本日はさすがにNZDUSD も頭が重く、全体的にはドル買いの相場になる模様。ドル円のショートはひとまず手仕舞う。EURJPYを少しショートしたが、感触ははっきりしない。とりあえず、本日続落して 終わるのかを確認してから、本格的に売ったほうが良さそうだ。GBPが今晩も波乱の展開を迎える雰囲気。 [続きを読む]
  • 12月5日10時00分
  • ほとんどの通貨ペアが月曜日に空けた窓を埋めにきた。唯一NZDUSDだけ異常に強く 続伸している。この通貨ペアをドル売り相場の指標と考えているので、トレードは しないが注視したい。ドル円のショートを継続。GBPUSDが1.27を下抜けると走りそう なのだが、あまりに上下の値動きが激しく、トレードしづらい。代わりにEURを売って いこうと思う。ドル売り相場を念頭にやはりEURJPYのショートでいきたい [続きを読む]
  • 12月4日11時00分
  • ずるずる下落しているドル円を少し売っておきたい。すぐに下がらないにせよ、 上値のリスクは113.80程度と思われる。ドル円では表れていないが、AUDJPYやCADJPY などで、円はだいぶショートに傾いている印象だ。 [続きを読む]
  • 12月4日8時45分
  • USDCADを除いて、どの通貨ペアも24時間前とそれほど変わらないレベルにいる。 日足にも大きな兆候はでていないが、AUDについては上昇の調整を示唆している。 EURAUDの戻り売りは本日に関しては見送り。EURJPYはまた129円台の戻りを売る。 全般的にはまだ大きな動きは見込めない。本日も夕方以降からの参入になる予定。 [続きを読む]
  • 12月3日19時30分
  • ドル売り相場になりつつあると思うのだが、イタリアの後にメルケル、そしてマクロンと 政治的な問題がでてきたEURが強くなるのは難しい。BREXITで不透明なGBPも同様。 ということでEURを売りAUDやJPYを買うトレードを継続すべきと思う。円もまだ それほど強いとは思えないので、128円前半ではEURJPYをいったん利食おうと思う。 EURAUDも1.53前半は利食い、1.54台でまたショート。 [続きを読む]
  • 12月3日17時00分
  • ドル安の展開になりつつあり、ドル円も頭が重くなり、EURUSDも再び1.14台に近づいて きたのだが、ドル以外の通貨間の強弱の幅が大きすぎて、今一つ信用できない。 そこでいわくつきの129円台のEURJPYをショートし、最強通貨のAUDをEURに対して ロング。ということで、ドルストレートは触らずに、EURJPYショートと、EURAUDロングでしばらく様子を見ることにする。 [続きを読む]
  • 12月3日8時45分
  • 米中会談の結果を受けてリスクオンとなり、円全面安の相場となっている。想定通り AUDUSD、NZDUSD,USDJPYは窓を空けて上伸して始まっている。先週からポジションを持ち越していないかぎり、この上昇にマーケットは乗れていないと思われる。乗れずに 逆張りから入って窓を埋めにゆくのか、目をつぶって高いところを買っていくのか。ここは予定通りどういった値動きになっていくのか、静観したい。いずれにせよ [続きを読む]
  • 12月2日 月足週足日足の様子
  • G20での米中会談の結果として、中国に対する追加関税が回避されることとなった。明日の市場はとりあえず、この報道の消化から始まると思われる。ということで、予想される 動きとしては、AUDやNZDが窓を空けて上伸して始まること。ドル円に関してもNY引け値より上値で始まる可能性がある。現段階での日足の分析はあまり意味をなさない。 USDJPY:月週日足ともに何もぱっとした印象なし。ただ114円台は引き続 [続きを読む]
  • 11月29日23時00分
  • トレードの方針は変わっていないが、22時半の指標の結果、今月の収益がまあ満足のいく 水準まで達したので、ポジションをすべてSQにして、今月のトレードを終了する。 軍勝5分を以って上と為す。中庸が肝心。今晩のFOMC議事要旨と週末のG20で予定されている会談の結果をみて、戦略の確認をして来月に備えたい。来月は20日のFOMCを見て 実質21日の金曜日までで、年内のトレードは終了となるだろう。あと3週 [続きを読む]
  • 11月29日22時00分
  • GBPの売りにつられたのか、EURUSDは一時1.1350近辺まで下げたが、そこから反発 している。ドル買いの相場からドル売りの相場に転換しつつあるという考えに、自信を 深めている。ドル円は上がったところを売り増し。EURUSDは下がったら買いの スタンスで臨みたい。1.13台をキープし、再び1.1450トライの展開になっていくと予想 する。 [続きを読む]
  • 11月29日14時30分
  • EURJPYのショートは見送ることにする。パウエル発言の後、なぜかクロス円は上昇した が、ドル円の売りが単に遅れただけかも知れない。いずれにせよ、発言をきっかけに 明白にドル売りの相場となっており、ドル円のショートに集中することにする。 やはり何の保証もなくパウエル発言直前までドルを買い続けた市場の動きが気になる。 市場の大きなまちがいだったが、相場は得てして後で振り返ったみた時に、こうした 小さ [続きを読む]
  • 11月29日8時30分
  • パウエル議長がハト派寄りな発言をする可能性は、かなりの論評で予想されていたと 思うのだが、それにもかかわらず、市場が直前までドル買いを進めていたのには、 ちょっと驚いた。想定通りEURUSDは月曜日の1.13台まで回復したが、この先1.14台まで 続伸するのかは、今のところ不明。ドル円も114.00あたりでやはり失速したが、クロス円 全般が上昇して、ドル円の下げ幅は限られた。ドル高が一服してドル安 [続きを読む]
  • 11月28日20時00分
  • EURUSDの1.1270あたりの攻防を見ていたが、この再度の1.12台でマーケットは 自信満々の売りに傾いている印象で、ちょっと気に入らない。夜中2時のパウエル議長の 発言で、まあ12月の利上げは覆らないにせよ、ちょっとハト派の内容に傾けば、ユーロの ショートカバーが出て再び1.13台の可能性がある。この1.1220-80ゾーンは敢えて勝負 せずに、ショートカバーして静観することにする。 それほ [続きを読む]