チマオ さん プロフィール

  •  
チマオさん: 智勇兼備の闘将たれ
ハンドル名チマオ さん
ブログタイトル智勇兼備の闘将たれ
ブログURLhttp://chimaofuku.blog.fc2.com/
サイト紹介文永遠に先駆の大九州たれ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 178日(平均0.8回/週) - 参加 2018/03/27 00:59

チマオ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 励まし週間
  • 10数年ぶりに、前職時代の先輩(Oさん)とお会いしました。私が入社して間もない頃、仕事の面でずいぶんとお世話になった方です。Oさんは定年を待たずに、55歳くらいで退職され、自宅のある福岡へ戻られました。それ以降は地元の企業に再就職され、昨年までお仕事をなさったそうです。私より4歳年上ですから、来年で70歳になられます。私が今の事務所へ再就職したときに、近況を手紙でお伝えしておりました。それ以降、手紙や電話 [続きを読む]
  • 小説『新・人間革命』完結、池田先生に感謝申し上げます。
  • 2018年9月8日、日中国交正常化提言50周年の佳節である本日、25年の長きにわたる『新・人間革命』全30巻が完結いたしました。25年前に長野の地で執筆を開始され、同じ長野(研修道場)で完結なされた先生に心から感謝申し上げます。本日9月8日付け聖教新聞1面に原田会長は、(池田先生が命を削る思いで続けてこられた「ペンの大闘争」)と述べられ更に、(池田先生の戦いを貫くものは、ひとえに、恩師・戸田城聖先生 [続きを読む]
  • 100万遍のお題目
  • むせ返るような灼熱の8月が終わり、いくらか過ごしやすい季節になりました。今日から9月ですね。8月24日、おかげさまで母は無事に退院することが出来ました。地区の皆様の懸命なお題目のおかげと感謝しております。母が退院したその日、昨年8月から挑戦を始めたお題目が100万遍に達しました。まる1年かかりましたが、心地よい達成感があります。下半期がスタートし、新たな目標に向かって今日9/1から、地区唱題会が始まります。今 [続きを読む]
  • おふくろとの対話
  • 久しぶりに記事を投稿します。8月1日の夜、おふくろが入院しました。2011年10月から特別養護老人ホームに入所しておりますが、様態が悪くなり、かかりつけの病院へ搬送されました。担当医の診断では、腸管壊死とのことでした。おふくろは98歳になります。担当医から「本来であれば緊急手術を要しますが、年齢的に無理な状況です。対処療法で対応するしかありません」とのことでした。その日は仕事で長崎に出張してました [続きを読む]
  • Uさんとの対話
  • 今年も蓮の花咲く季節になりました。勤務先から帰宅中のこと。舞鶴公園のお堀に開いた蓮の花を見つけ、急ぎスマホでワンショット。あらためて、規則正しい自然のリズムに感心しました。「7月の本部幹部会は九州で開催!」との発表以来私達は、今回の本幹を数年ぶりの九州総会として意義付けました。九州は過去79回、池田先生に指導にお出でいただき、今回の九州総会を80回目の九州指導と受け止め、「最大勢力で本幹/九州総会 [続きを読む]
  • Sさんの入会記念勤行会
  • Sさんの入会記念勤行会に参加しました。ご高齢の身で、御形木御本尊を受けられました。さまざまな悩みを抱えておられ、ご家族のことや、ご主人、ご自分の健康のこと。ご高齢のご婦人にとって、本当に辛いことばかりです。背中は曲がり、歩きもご不自由されておられるSさん。そのSさん、つい最近までお仕事もなさっておられました。長年、Sさんへの対話を続けてこられたが、地区婦人部長さんでした。地道な対話の実践は、Sさんを入 [続きを読む]
  • 朝の挨拶と勇気
  • 今月から始めた聖教新聞の代配。先週の土日は前任者と一緒でしたが、今週から一人で配達しました。東の空は黒い雲で覆われており、雨が心配だったものの、何とか降ることもなく配り終えました。これまで雨を気に病むことはあまりありませんでしたが、新聞が濡れることを考えると、降らないでほしいと思うようになりました。ビニールに入った新聞を、以前までは何気にとってましたが、配る立場になって、配達員さんのご苦労を身で感 [続きを読む]
  • 聖教代配初日
  • 今日から、聖教新聞の代配をはじめました。15年ほど前に家内が代配していた頃、何回か手伝ったことがありましたが、配達先がその頃と変わらないところもあれば、初めて配達する先もありました。マンションも当時よりずいぶんと増えて、初めて見聞きするマンション名もあり、配達区域内の地図にさほどの変化はないものの、平屋だったところに新しくマンションが建ってたりして、頭の中の地図と整合性が取れず、少々慌てました。私の [続きを読む]
  • 経済革命(ある地区婦人部長さんの体験発表から)
  • 過日、専門部の定例会に参加しました。およそ5年ぶりでしょうか。参加のメンバーもかなり入れ替わっており、なじみのメンバーは数えるほどでした。それでも会場には、追加の椅子を用意するほどの参加者が。前職の課長職時代に、地元の専門部員さんから誘われて初めて部員会に参加しました。その後、縁あって21世紀会議委員長を賜り、しばらくは頑張って活動しておりましたが、いつしか組織も、部員会からも足が遠のき名ばかりの専 [続きを読む]
  • 聖教新聞の代配を始めます
  • 毎朝の通勤路に、今年もさくらんぼの実がなりました。毎年毎年この季節になると、通勤路の頭上に沢山の実をつけて、さくらんぼがなります。きちんと約束を守るように、自然は自らの役目を果たしますね。この5月から聖教新聞の代配を始めることにしました。理由は簡単、少しでもご恩返しがしたいから。8ヶ月間の就活の結果、現在の職場へ再就職できたから。何度も申しますが、64歳での再就職は至難です。しかしながら、祈りを叶えて [続きを読む]
  • 支部誓願唱題会
  • 今朝は支部誓願唱題会で出発しました。5.3までに仏法対話中の友人を幸せになってほしい、との祈りの唱題。終了後、各地区の代表がそれぞれ決意を述べ、一日のスタートを切りました。我が地区も多くの友人へ対話に挑戦中です。わたしも友人へ対話に挑戦しておりますが、なかなか納得してくれません。お互いに高齢になると折伏が難しいのか、と自らの壁に嘆いておりました。昨日の本部幹部会中継の中で原田会長は、ご自分の体験を [続きを読む]
  • 祈りは必ず叶う!
  • 再就職先へ勤め始めて10日が経ちました。初めて見聞きすることばかりで戸惑う毎日でしたが、なんとか全体像がうっすらと見えてきました。今週は業務に関する演習が続きました。来週は3日間の本部研修が控えてます。研修が終わると業務の一端を担うことになります。全て朝晩の唱題で乗り切っていきます!さて本日のテーマですが、このことをきちんと述べてみたいと思います。当然ですが、祈りを根本として活動することです。その基 [続きを読む]
  • 一流の人
  • 福岡・舞鶴公園前のお堀端。八重桜でしょうか。時折吹く強い風に枝が揺れ、ちょっとピンぼけ気味です。過日(4月4日付)の聖教新聞、名字の言には次のようにありました。長文ですが引用させていただきました。〈名字の言〉 2018年4月4日  帝国ホテル元社長の犬丸徹三氏は東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業後、ホテルに就職し、ボーイ、コックなどの仕事に就いた▼当時は職業への偏見が根強く、先輩からは“君の仕事は光輝ある [続きを読む]
  • 新出発しました
  • 百道の総合図書館脇に咲くユキヤナギ。旺盛な生命力で、この季節に咲き薫ります。今週から新年度、私も新出発しました。8ヶ月に及んだ就活を経て、再就職した先への勤務が始まりました。朝、行ってきます。夕、ただいま。この日常がいかに大切なことであるかを、身に沁みて感じてます。新たな職場で、心身ともにリフレッシュした姿を忘れず、更に、全てに感謝を忘れず、必ず実証を示して参ります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • アンギアーリの戦い展セミナーに参加して
  • 今日から新年度ですね。先週辺りから勢いを増していたサクラも、見頃のピークを過ぎて今日あたりが見納めとなりそうです。昨夜、区の中心会館である福岡西文化会館へ、「アンギアーリの戦い」展のセミナーに参加してきました。約30分間ほど、展覧会開催の経緯や有識者のコメントなどのビデオ上映があり、その後に、講師の講演でした。東京富士美術館から見えた講師の方(壮年部のかたでしょう)の、約1時間の話はかなり興味深いも [続きを読む]
  • ブログのタイトル「智勇兼備の闘将たれ」について
  • 百道中央公園のサクラも幾分散り始め、この土日がピークのようです。図書館の帰り、西に傾いた夕陽を受け、ほんのりとした色味を見せております。日中の色も嫌いではありませんが、朝夕の低い色温度の色味がお気に入りです。さてこのブログのタイトル「智勇兼備の闘将たれ」について、少し詳しく述べたいと思います。ブログ開設時の自己紹介と重複しますが、昭和48年学生部2年生、初参加の夏期講習会(学生部後期)でのこと。すで [続きを読む]
  • 聖教新聞の社説「台湾SGIに相次ぐ賞賛」を読んで
  • 昨日の聖教新聞社説が印象に残りました。台湾SGIに相次ぐ賞賛、サブタイトルに「冬は必ず春となる」を同志が実証、とありました(2018年3月29日付)。多少長くなりますが、本文から一部を引用させていただきました。「55年前の1963年は、台湾の友にとって、いわば“冬の時代”の始まりだった。この年の4月、戒厳令下の台湾で、学会の台北支部は、解散を命じられてしまう。職場をクビになり、御書や御本尊を没収された [続きを読む]
  • 地区唱題会終了後に
  • 今日は地区唱題会の日でした。毎週木曜日の午後1時から2時間。参加された方々、それぞれのご祈念を真剣に。導師は地区部長さん。会場の地区婦人部長さん宅は地区の拠点でもあります。皆さんのご友人に、幸せになってほしいとの一念のお題目。最初の1時間はちょっと辛いですが、残り1時間になると時間の経つのが早いです。唱題会終了後、3月度地区統監を。地区の現有勢力を皆で確認しました。全ての戦いに関係する大切なデータ [続きを読む]
  • 「アンギアーリの戦い」展、福岡展について
  • 日頃よく利用する福岡総合図書館、近くに百道中央公園があります。まもなく満開を迎えようとするサクラココのエリアには、学会の福岡中央会館があります。この福岡中央会館と道路を挟んで、福岡市博物館があり、この福岡市博物館で、いよいよ4月6日から、レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展の福岡展が始まります。昨夜の地区協議会で、この「アンギアーリの戦い」展を友好活動に活用しよう、という話になり、み [続きを読む]
  • 冬は必ず春となる
  • 私の住む福岡は、ここ数日来の暖かさに、桜のつぼみも一気に開き始め、まさに桜花爛漫の時期を迎える。自宅近くの公園では、まもなく満開を迎えようとしている。昨年末以来、殊の外厳しい冬でしたが、冬は必ず春となりますね。私事ですが昨年8月末に、長年勤めた前職を退職しました。60歳定年後5年間の再雇用契約でしたが、5年目の雇用契約に於いて、勤務先との条件が合わず、止む無くの退職に至りました。前職は34年間勤め [続きを読む]
  • 自己紹介
  • はじめまして昭和28年生まれの壮年部です。母の勧めで14歳の時、父と一緒に入会しました。以来50年間、なんとかしっぽにしがみついての信心です。8年ほど前から別のタイトルでブログを始めておりますが、日頃の信心と学会活動を通した自分の足跡を綴れればとの思いで、このブログを新た始めました。九州は福岡の地で、副支部長兼任の先駆長として戦わせていただいております。ブログのタイトルである「智勇兼備の闘将たれ」 [続きを読む]
  • 過去の記事 …