hebel59 さん プロフィール

  •  
hebel59さん: ヘーベルハウスで、家を建てる。
ハンドル名hebel59 さん
ブログタイトルヘーベルハウスで、家を建てる。
ブログURLhttp://hebel59.blog.fc2.com/
サイト紹介文ヘーベルハウスの建築記。契約から引き渡しまでの記録を残したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 64日(平均2.8回/週) - 参加 2018/03/27 20:10

hebel59 さんのブログ記事

  • インテリアの打ち合わせの続き。ベッドについての考察。
  • 先回の続き。1回目のインテリアの打ち合わせ。長女の部屋。彼女のテーマカラーはラベンダー。初めは天井をアクセントカラーにすると言っていたのだが、結局壁をラベンダーに。その他は白にすることにした。それを聞いたのは打ち合わせ後。カーテンは再度選びなおさなければいけない。今までの長女からはあまり想像できない色だったので、何か心境の変化でもあったのか・・・?僕たちの寝室。カーペット。ホテルライクシリーズ。こ [続きを読む]
  • 1回目のインテリア打ち合わせ。子供部屋について考える。
  • 先回の打ち合わせで建築申請に影響するような諸元はFIXし、建築申請、ZEHの申請も予定通りに済ませることができた。すこぶる順調だ。順調すぎて少し物足りないくらいに。外構の打ち合わせから2週間後。2度目のデザインスタジオ。待ちに待ったインテリアコーディネーター(IA)さんとの打ち合わせ。僕たちを担当くださるのはDさん。インテリアについてはこの2週間、僕たちなりに色々と考えていたが、カーテンについてはノープラン [続きを読む]
  • 僕たちの間取り:7人家族の収納について。1階編。
  • くどいようだが、我が家は7人の大所帯。必要最低限と言ってもやはり荷物は多い。収納はできる限りたくさん欲しかった。今日は我が家の収納について書きたいと思う。まず最初にシューズインクローク。やはり人数が多い我が家ではどうしても欲しかった。特に要望はしてなかったけれど、一番最初のプランから付いていた。玄関との仕切りには引き戸を採用。シューズインクロークがあるため、玄関は見た目重視。コンパクトな間接照明付 [続きを読む]
  • シアタールーム化計画。楽しい悩み事。
  • 昨日の続き。寝室シアタールーム化計画。幸い、スクリーンにできそうな壁はある。プロジェクターを導入することは早々に決まった。問題はスピーカーだ。僕たちの部屋の広さは6畳。まぁ、広くはないが、寝室としては十分。そこにたくさんのスピーカーを置くことは困難なので、バータイプにしようとおもい、リサーチを始めた。僕が一番初めに気になったのはYAMAHAのYSP-5600。YAMAHAホームページより。このバーのなかに46個のスピ [続きを読む]
  • 即、却下!から始まること。僕たちの有意義な時間。
  • 「5.1chリビングシアターシステム」DESIGN BOOKでこれを見つけ、僕たちの寝室にどうかな?と思った。僕も妻もテレビ番組は見ない。映画は好きだが、現状見る余裕はない。(子供が4人もいて、共働きとなるとそれなりに大変だ)でも子供達も少しずつ成長し、少しは余裕も出てくるのかと。シアタールームを作るような余裕はないけど、寝室にシアターシステムつけるのはどうかな?と。何回目かの打ち合わせで提案してみたが、営業のK [続きを読む]
  • 雨の日の展示場。外構について。新たな妄想。
  • 今日はひどい雨だった。しかし、外構について1回目の打ち合わせ。いつもの展示場へ向かった。我が家は実家の建て替えを予定している。今ある外構は、使える部分を積極的に残していこうと思っている。当初はあまり外構へのこだわりはなく、工事の都合で撤去しなければいけないところ以外は残そうと思っていた。だが、打ち合わせが進むにつれ・・・やはり、新しい家に合う外構にしたいと思うようになった。ヘーベルハウスのホームペ [続きを読む]
  • 僕たちの家の間取り:リビング。妻の誕生日。
  • 先回の続き。リビングについて。最初の提案では20畳に少し足りないくらい。窓も普通の引き違い。隣に6畳の和室兼仏間兼客間。南側の真ん中の一番良い場所を普段使わない和室にするのは「もったいない」というのが最初の印象だった。そこで、少し変更することにした。まず、和室を少し削り4.5畳にし、リビングを横に広くした。間口が広くなったことで、フォールディングウィンドウを採用することができた。それから、和室とリ [続きを読む]
  • サニタリールーム:標準の設備から生まれるもの
  • 先日、デザインスタジオを訪れた話を書いた。1階の設備はほぼ悩むことなく決まったように思う。サニタリールームもそのひとつ。バスも洗面台もヘーベル標準で決まった。洗面台はパナソニックのSシリーズ。片引き出しタイプ(写真はカタログ)。色はアルベロホワイトにした。少しニュアンスのある白。いつもならウォールナットかブラックにするところだが、バスルームに合わせよう、と妻が決めた。で、バスルーム。LIXILのSシリー [続きを読む]
  • 朝の動線、1日の始まりは気持ち良く。てきぱきと。
  • 朝の動線のはなし。ウチは共働きで家事は完全分業制。妻は洗濯。僕はキッチンにこもり、弁当と朝ごはんの準備。とにかく朝は忙しい。特に女性は、お化粧やヘアスタイリング。身だしなみにも時間が掛かる。そんなことを、特に伝えていたわけではない。でも最初に営業のK氏が持ってきたプランには、そんな僕たちの日常を見透かしているかのような「配慮」がされていた。例の2階のホール。洗面所、洗濯機、その隣にはキャンティベラ [続きを読む]
  • 夢を叶えるための場所。落胆からの希望の光。
  • 2階ホール。このスペースは、自分たちの夢を詰め込もうと決めた(もちろん予算内でだが…)。というのも、標準のミニキッチンを確認した時の衝撃がすごかったからだ。その、なんというか普通な設備に、かなりがっかりした。自分たちの理想からは、相当妥協しても無理なものだったのだ。展示場を見て回り、なんとなくこうしたいというイメージはあった。まぁ、例えばこんな感じだ。そうするにはヘーベル標準では無理なことがわかり [続きを読む]
  • 僕たちの家の間取り:収納、もしくは秘密基地
  • 二回目の投稿で、リビングクロークについて書いた。妻は最後までもがいていたが、結局諦める事にした。というのも、僕たちの家は決して収納が少ないわけではない。一番最初のプラン作成時に出した、収納についての希望はパントリーが欲しいというくらい。後はヘーベルにお任せだった。そして、提案された間取りに驚く。1階はシューズクローク、階段下収納(のちにワンのためのスペースになるが)、パントリー2箇所、押入れ。2階 [続きを読む]
  • なぜヘーベルに決めたのか? #2
  • そんなある日、営業K氏は父を例のプレゼンに誘った。これがその後の方向性を変えた。父は僕たちが思う以上にヘーベルハウスを気に入ったようだった。最初のプランを立てるため、K氏が実家を訪れた時は「あそこは高いんだろ?」と少し心配そうだった。しかし、モデルハウスに行ってからはその頑丈さに感心していた。僕たちの住む地域は、いつ大きな地震があってもおかしくない。少し高めの金額を出してでも、ヘーベルハウスを建てる [続きを読む]
  • なぜヘーベルに決めたのか? #1
  • 今日は2度目の打ち合わせ。それについては、またいずれ書こうと思う。今日は先回の続き。僕たちはなぜヘーベルハウスに決めたのかを書こうと思う。まず、営業担当のK氏のプレゼンテーションは完璧だった。見事なくらいに。ヘーベルハウスと他の住宅メーカーの間には、圧倒的な『壁』があることがわかった。まさに『比類なき壁』なのだ。でも僕の出した結論は『オーバースペック』だった。30年保証は素晴らしい。でも30年後? [続きを読む]
  • ヘーベルハウスを知る。
  • とにかくたくさんの選択肢を持ってみようと、僕たちは違う展示場に向かった。この日は特に見るところは決めずにいた。最初に目に入った「一条工務店」へ。「i smart」という、今時のモデルハウス。家全体を床暖房で暖めているという。心地いい暖かさだった。ひとしきり全体を見せてもらい、営業さんとしばし話す。僕たちの求める広さでは、やはり結構な坪単価になりそうだった。60〜70万といったところか。話終わった後、もう一棟 [続きを読む]
  • 日はさかのぼり、2月の事。住宅展示場を訪れる。
  • 実家を建て替える、と決めた2月。早速住宅展示場を見に行くことにした。僕たちは当初、ローコスト住宅で充分と考えていた。予算的な問題もあったし(我が家夫婦はともに40代である)、部屋数があれば問題ないと思っていたから。とりあえず、ネット広告で気になっていた「アキュラホーム」を見に行くため某展示場を訪れた。小雪の舞う日だった。土曜日だというのに、人もまばらな展示場。とりあえず一番最初に目に入ったセキスイハ [続きを読む]
  • 僕たちが家を建てる事を決めたわけ。
  • 今日は僕たちが家を建てる事を決めたわけについて書こうと思う。長い間難病と闘っていた母が、昨年亡くなった。母の生前から、良い関係を構築していた父と僕たちの一家は、同居を考えた。が一つ問題が。4人の子供がいる僕ら家族が父と同居するには、今の実家では部屋数が足りない。どうしても、あと一部屋欲しかった。リフォームという選択肢もあったが、中途半端な増築をするよりは、思い切って建て替えをしたほうが良いのではな [続きを読む]
  • リビングクローク、つけますか?
  • 前回書けなかったリビングクロークの事。リビングの収納については、ずいぶん頭を悩ませていた。ファックスやプリンタ、学校や保育園のプリント類、料理の本・・・見せたくないものがたくさんある。某展示場へ行った時、それを解決できる!と思う収納を見つけた。それがリビングクローク。こんなの。壁と壁の間に通り抜けできる収納を作れたら良いなと。それもT氏に相談したが、「かなり場所をとりますよ」と苦い言葉。リビングは [続きを読む]