hebel59 さん プロフィール

  •  
hebel59さん: ヘーベルハウスで、家を建てる。
ハンドル名hebel59 さん
ブログタイトルヘーベルハウスで、家を建てる。
ブログURLhttp://hebel59.blog.fc2.com/
サイト紹介文ヘーベルハウスの建築記。契約から引き渡しまでの記録を残したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 231日(平均1.5回/週) - 参加 2018/03/27 20:10

hebel59 さんのブログ記事

  • 木工事#2、下地補強のこと、施主取付け品の発注#2
  • 木の工事は順調に進んでいく。構造上必要な躯体だけの広々とした空間が、軽量鉄骨と木で作られた壁で仕切られていく。そう「部屋」が作られ、だんだんと完成形に近づいていく。壁や天井のところどころに見られる黄色の板。実はこれがとても大切。いわゆる「下地補強」だ。後で棚を取り付けるところや、僕たちが「下地補強」をお願いしたところには、黄色の板がはめ込まれていく。後で施主取付けを行う箇所については、この段階で下 [続きを読む]
  • 木工事#1、外壁の吹付、施主取付け品の発注
  • 構造見学会のあくる日。まず、ユニットバスが取り付けられた。そして木の工事のスタート。ネオマフォームの内側に、石膏ボードを固定するための木枠が次々と組み上げられていく。窓の内側には窓枠が取り付けられ、養生用のグリーンのテープで覆われている。壁が厚いヘーベルハウスは、普通の窓がちょっとした出窓みたいだ。小物類や飾りなどが置けそうだ。外に出ると足場にはブルーと白で彩られた「HEBEL HAUS」の「覆い」が取り付 [続きを読む]
  • 躯体工事#4 僕たちのタイムカプセル。
  • 躯体工事も4日目でほぼ完成。次の一週間は調整の予定だ。僕たちも忙しく、見に行くことはできなかった。地縄の時に約束していたイベントがある。躯体工事後の落書き。我が家の子供達はみんなとても楽しみにしていた。一週間の調整の後、その日はやってきた。好きなように書いていいよ、と言われテンションの上がった子供達。鉄骨に書いていくのかと思いきや、ヘーベル版に書きまくる・・・。壁にも床にもたくさん書いた。きっと、 [続きを読む]
  • 躯体工事#3 最初で最後の風景。
  • 躯体工事3日目。いよいよ躯体工事も大詰めだ。僕と妻は仕事を早く終え、子供達を連れて工事現場へ向かった。どうしても今日やっておきたい事があった。それは、今日という日を逃したら、もう二度とできない事であった。僕たちは最初にヘーベルハウスに間取りを提案してもらう時、屋上を希望した。でも予算の都合で断念(過去記事参照)。僕たちは屋上を諦め、屋根裏収納を採用した。そしてそこへのアクセスに固定階段を選んだ(過 [続きを読む]
  • 躯体工事#2 最終チェックは慎重に。
  • 躯体工事2日目。僕と妻は休みを取り、工事現場の見学に行った。残念ながら天気は雨。僕たちの心配をよそに、工事は粛々と進んでいた。かなり込み入った電線をよけて、次々と鉄骨や床のヘーベル版が飛んで行く。僕はすぐに見飽きてしまうかと思っていたが、いくら見ていても全く飽きなかった。2階の床にヘーベル版を敷いた後は、1階の壁。ほんのりだが、壁のヘーベル版が飛ぶ。様々なブログでよく見る光景。僕たちにもその瞬間が [続きを読む]
  • 躯体工事#1 変更契約へ向けた仕分け作業。詳細。
  • いよいよ躯体工事が始まった。工事前日、足場が組まれた。1日目は1階部分の骨組み。残念ながら休みではなかったので、夕方見学に行った。次の日は休みが取れたので、ヘーベル版や窓が飛ぶところを見られるはず。一気に進む工事。とても楽しみだ。少し遡って。変更契約へ向け、僕たちがしてきたことについて。以前にも少し書いたが、ここで詳細に振り返ってみたいと思う。まずは仕様のFIX。変更契約後の仕様変更は、手数料が発生 [続きを読む]
  • 基礎工事#2、僕たちの家に取り入れたかったもの。満足する家について
  • 基礎工事が着々と進む。妻は色々と気になるらしい。毎日、仕事帰りに立ち寄っている。僕はほとんど気にならないけれど。モルタルが入り、待つこと5日・・・型枠が外れ、とても綺麗な(そしてとてもしっかりした)基礎が出現。玄関になるところには、すでに断熱材が貼ってある。土を埋め戻し、通気孔にも網が。さぁ、躯体工事まであと一息だ。僕たちが、今回家を建てるにあたって、取り入れたかったけど取り入れなかったものについ [続きを読む]
  • 基礎工事#1、マンションの売却。
  • 地縄も無事に終わり、いよいよ新築の工事が始まった。最初は基礎工事。まずは鉄筋を組む場所を掘り・・・鉄筋が組まれ・・・型枠が完成。モルタルが入るのをしばし待つ。僕たちが新居で暮らすために、もう一つクリアしなければいけないことがあった。今住んでいるマンションを売却し、残っている住宅ローンを完済することであった。この件についても、僕たちは旭化成へ任せることとした。担当してくれたのは旭化成不動産レジデンス [続きを読む]
  • 地縄、インテリアショールームフェスタ
  • 解体には思ったより時間がかかった。お盆休みを挟んだこともあるだろうし、天候もあまり良くなかった。でも僕は、ヘーベルハウスの解体作業がとても丁寧なことも時間がかかった一つの要因だと思う。4軒隣の家も、時期を同じく建て替えの工事が進んでいる。日本が世界に誇る製造業最大手の住宅部門の会社看板が立っている。僕たちの家の解体に比べると、あっという間の作業だった。解体に時間をかけることが、良いことなのかはわか [続きを読む]
  • 新しくはじまる。解体と、着工。
  • 気づけば、変更契約から2ヶ月以上経っている。毎日、新しい家の完成を思いソワソワしている。8月上旬、ついにその日はやってきた。まずは旧家屋の解体だ。僕の両親の思い出がたくさん詰まっている家。解体するにあたり、心が痛んだこともあった。でも今は、新しい家族達と共に新しい思い出をたくさん作るため、感謝の気持ちを持ってその日を迎えることが大切だと思うようになった。お盆休みをはさみ、2週間ほどで解体は終了。ま [続きを読む]
  • 変更契約、完了。全ての打ち合わせが終わった。
  • 昨日、無事に変更契約に調印。3月に契約してから4ヶ月。まだまだと思っていたが、これで打ち合わせも全て完了。あとは着工を待つのみとなった。結果、僕たちの仕分けについては予定通り。ZEHの申請をしているため、窓の数や室内建具の数の変更はできなかったが、なんとか予算内に収めることができた。取りやめたものも多いが、追加したものもある。前回記事のハンギングフックもそうだが、僕的な奇跡もあった。それは「タッチレ [続きを読む]
  • プラスワン、12歳の誕生日。彼女のためにできること。
  • もう過ぎてしまったが、6月30日はわが家のプラスワンの誕生日だった。12歳。立派なシニアだ。それでも「お散歩」とつぶやくだけで飛び跳ねて喜ぶ。とてもおばあちゃんとは思えない。新居での、彼女のスペースはもう決まっている(過去記事参照)。床はサンゲツのクッションフロア。(画像はお借りしました)妻はタイルにしたかったようだが、コストのことも考えて少しリーズナブルなものにした。壁紙は標準の白。出入り口はヘ [続きを読む]
  • 変更契約まであと少し。僕たちが気づいた事。
  • 現在の状況について。「人事を尽くして天命を待つ」今週の金曜日(7月6日)が変更契約のリミット。そこに向け、営業担当のK氏と一昨日最終の打ち合わせをしてきた。なんとか当初の計画内に収まるように、妻と入念に「仕分け」作戦を練って挑んだ打ち合わせだった。そんな「仕分け」の詳細については、別途詳しく記すことにする。とはいっても、僕たちの「仕分け」は辛いものではなかった。むしろ、僕も妻もその作業をとても楽し [続きを読む]
  • アクセントクロス。僕たちの場合。
  • インテリアの打ち合わせも、何度か重ねると「チャレンジしすぎかな・・・」ということも普通になってくる。そんな風にして、僕たちの個室は、父の部屋を覗きすべてアクセントクロスがある。先日の「異端児」もそんなチャレンジのひとつ。もうひとつのチャレンジ。それは1Fの洗面所だ。以前、サニタリールームの記事で、バスルームにはブルーを選んだことを書いた。そこにつながる洗面所も、雰囲気は繋げたいところ。そこで選んだ [続きを読む]
  • 外壁。僕たちにとっての優先度。
  • 外壁の目地の種類と吹き付け色については、初めてデザインスタジオに行った時に決めた。正直、僕は何でも良かった。全体の優先度的には下の方。まぁ、妻に「濃い色目の吹き付け色がいい」と言われたときは「ちょっと・・・」となった訳だが。契約の時、見積書に書いてあったのは「VT目地」。1711仕様から、2階建てでも使えるようになった目地だ。K氏はなぜかそれを選んでいた。(ヘーベルハウスHPより。)色々な展示場を見て回っ [続きを読む]
  • 僕たちの家で、一番の異端者は・・・
  • そのきっかけは、初めてデザインスタジオへ行った日。設備を決める日だった。順調に進む中、トイレを決めることになった。K氏からの提案は1F・2FともTOTOの一体型。1Fはロータンク型に変更。2Fは家族用ということで一体型のままにした。問題は色だ。正直、トイレの色に悩むことなんてないと思っていた。「どちらとも白でいいです。」というのが僕たちの返答だった。そこでK氏が「最近はピンクを選ばれる方が多いです。風水的に [続きを読む]
  • 決め手はメタルスタッコ。僕たちの拘りの場所。
  • 昨日は、変更契約に向けた1回目の打ち合わせだった。現実を突きつけられた僕たちだったが、今はもう少し夢の続きを書こうと思う。結局、インテリアの打ち合わせは3回あった。2回目以降は、Dさんが僕たちのイメージを完全に理解してくれていて、素人では思いつかないような提案をしてくれた。本当に感謝。僕たちが拘った場所は2階ホール(過去記事参照)。元はK氏が提案した2世帯仕様だ(当初はキャンペーンがあった・・・結局 [続きを読む]
  • インテリアの打ち合わせの続き。ベッドについての考察。
  • 先回の続き。1回目のインテリアの打ち合わせ。長女の部屋。彼女のテーマカラーはラベンダー。初めは天井をアクセントカラーにすると言っていたのだが、結局壁をラベンダーに。その他は白にすることにした。それを聞いたのは打ち合わせ後。カーテンは再度選びなおさなければいけない。今までの長女からはあまり想像できない色だったので、何か心境の変化でもあったのか・・・?僕たちの寝室。カーペット。ホテルライクシリーズ。こ [続きを読む]