anemone さん プロフィール

  •  
anemoneさん: anemone
ハンドル名anemone さん
ブログタイトルanemone
ブログURLhttp://anemone3anemone4.exblog.jp/
サイト紹介文フィルムカメラでぽちぽち撮っています 手仕事作品などはデジタルでも撮ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 26日(平均15.3回/週) - 参加 2018/03/29 18:22

anemone さんのブログ記事

  • 4.23
  • 朝顔かー朝顔ねー心の隅で芽生えていた一昨年は苗を買ったけれどことしは種を撒こうかないっち年生シュロ縄で網を作るのは手に傷を作ってもと二の足を踏んでいたら100円の店で麻ひものツル植物用の網に出会うお風呂の窓から見えるようにターフのように網を設置買い足した土を作男の手で植木鉢に入れてもらうさぁ!種を仕入れに行こう. [続きを読む]
  • 4.21(夕刊)
  • フィルム貯蔵庫にモノクロフィルムがありましたそーだモノクロ撮ろう!徒歩圏にあるが現像に中2日工場に出すから10日かかるというツンツンの店員さんの店と通常は交通費はかかるが(先日歩いて行けちゃった)現像は中1日で4-5日でできるいつもの親切なコイデさんとそーだコイデさんに出そう!さていざカメラにモノクロフィルムを入れるとあこの色鮮やかな春になんとしようデ... [続きを読む]
  • 4.20
  • すきなサクラに会いに行きました駅のホームの窓から背伸びして覗くとまだちらほら咲きかしらと思えたのにちかくに行くとほぼ満開でした蕾のほうが色濃くて大人っぽいヒトにもそういうことはありますね. [続きを読む]
  • 4.19(付録)
  • 素敵なブログで拝見したポークソテー・オレンジソースを作ってみました「くらしの手帖」を立ち読みして仕込んでおいた塩豚を使ったのでちょっとちがうかなと思ったけどいつものビギナーズラックでとてもおいしくできました焼豚にはいまも凝っていてお買い得な塊肉をみつけると脂身の入りかたを見ていますそんな自分をこの世でただひとり「ヤキブタニコル」と呼んでいます. [続きを読む]
  • 4.18
  • まぶしい赤です写真を撮りはじめたころ赤を赤く撮れなくてがっかりすることが多かったです街のなかでのスナップなどでどこかにちょこっと赤いもののある写真がすきだったりしたのです彼岸花もあの朱赤に撮れず紅ショウガの赤でした露出の調整がうまくないのですまず「ロシュツ」って言えないのですからね. [続きを読む]
  • 4.17(夕刊)
  • いつも伺うブログにて妄想山登りをしましたほんとうに歩いて登って植物を見ているようでうれしくなりましたそしてそのあとはけっこうな坂道を上っていつもは行かないスーパーへたぶん退院してから2度めですこれも妄想山登り!頂上で買ったお茶をクイッと飲んで下りました母が手術のあと治り切らず1週間ごとに1度の治療を6回受けましたひとりで通院して注意事項を何度も確認して1... [続きを読む]
  • 4.17
  • 最寄りの私鉄の駅から3つ先の小都会までいつぞや線路沿いに歩いたときはとちゅうに大きな川があり人の渡れる橋はなくやむなく断念したのでした入院中にその話をすると病院まで3時間かけて歩いてきたという息子が別の行き方を教えてくれましたそして昨日ふと思い立ち小都会までの歩行に挑みました大きな橋を渡って川をクリアそのあとちょっと直進しすぎてやや遠回りをしたけれど小1時... [続きを読む]
  • 4.16(夕刊)
  • 100円で譲ってもらったきのうのモッコウバラはとても大きな枝で居間や玄関トイレにも切り分けました居間では陽にあたってたおやかな枝にあつまるやわらかな黄色ちいさなちいさな房は浅い花挿しに生けてトイレのドアをあけるとふうわわわ〜とよい香りです. [続きを読む]
  • 4.16
  • 藤浪が試合中笑顔なだけでも嬉しいンゴ野球ファンの掲示板にあったコメントですお父さんが息子を見守るように同年代が友人を心配するようにお母さんもおじいちゃんもおばあちゃんもひさしぶりの好投をよかったねよかったねと胸をなでおろして喜んでいます藤浪くんのあどけなさの残る笑顔はきっと人の心に響く何かを持っているのですね藤浪くんに「勝ち」がつくのが待ち通しい楽しそうに野球をする... [続きを読む]
  • 4.15
  • ランチはたのしかったけれど非日常的であったためか心身ともにクタクタになりましたいやしかし...と歩きにでかけるとこのあいだまでなにもなかったスズラン予定地にスズランがいっぱい咲いていて絵に描いたような二度見をしました撮らねばならん帰り道のあの店ではモッコウバラのでっかい枝を仕入れてユッサユッサと持ち帰りました雨風の予報だからそのまえに切って分けてくださるのでしょ... [続きを読む]
  • 4.14(整理)
  • MOのなかの画像をみたこのごろは使っていないのでずいぶん前のものあまり残さないほうだけどそれでもあれこれ思い出にみたいに保存してある古いHPの記録撮影会写真展オフ会若いわたしもいるおじさまたちから批評された写真たち当時からくすぶっていた想いうまかーないけどそこまでわるくないのではふふふ... [続きを読む]
  • 4.14
  • アイスクリーム作りは続く先日は有名なアイスのハーゲ…を最後に混ぜて甘みの少ないバニラができました製菓材料のチョコクランチはそれだけを食べるとどうなんだろうと思ったけれどバニラにのせてついでにサブレに使うクルミも小さく砕いてのせると香ばしくおいしくできましたメープルシロップだけの甘みで作ってみたいのですが分量はどれくらいがいいかなとぼんやり考えているところです... [続きを読む]
  • 4.13(付録)
  • 女性はお茶でもランチでも人数分の手土産を持ってくるでしょうなくてもいいんじゃないかなぁと思うけど自分だけ何もなしでいただくだけというのもつらい病友のふたりは街情報の豊富な人たちどこそこのなに...にすこぶる詳しい小都会のきれいなお店をみても喜んでくれそうなものがみつからなかったもーいいや....と退院後に撮った写真から数枚ポストカードにプリントして差し上げた自分... [続きを読む]
  • 4.13
  • 21才くらいのころに東京に進学した友人を訪ねて「どこに行きたい?」と問われ答えた地名のところに昨日は行きました夜中に目が覚めてそのまま起きています. [続きを読む]
  • 4.12
  • 病友とのランチの日となりましたランチっていうのさえ気恥ずかしいのに「女子会について」というメールに返信している自分にも笑ってしまいます都心ではないから大丈夫というけれどネットで見たら高級そうなお店でこのところのカジュアルな装束ではちょっとどうだろうとここ数日頭の隅にあった懸念をそのまま抱いて当日を迎えてしまいました. [続きを読む]
  • 4.11(付録)
  • 強風ですベランダではまたサンダルが東南角のギリギリのところで助けを求めていましたまってろよーひょろんと長いわたしでさえ折り畳まれて飛ばされそうでしたこれから八宝菜に入れるウズラの卵を買いにいきます. [続きを読む]
  • 4.10
  • よいことばかりではなく同じ病気の方の治療が立ち行かなくなった状況訃報も耳にしています薬が効いていったんこうして普通に暮らせていることを幸運だったのだと痛感しますなんども絶望したのに忘れそうになっています自分を甘やかしてはいたけど大切にはしていなかったと省みて変えていきたいと思っています                                   (写って... [続きを読む]
  • 4.9(夕刊)
  • 「お元気そうになられましたね」背後から話しかけられましたいつもの川沿いに小規模な高齢者用グループホームがありますわたしがカメラを持って歩くのを職員の方がご存知だったそうです昨年後半にきゅうに見なくなり年末か新年あたりから以前とはちがう雰囲気で….とどこかでだれかに見られていたりするものなんですね「いつか写真を見せてください」「もしよかったら飾らせてください」と... [続きを読む]
  • 4.9
  • なにごとも体験しないと分からないとは思わないけれど微妙かどうかズレは生じる病友のふたりは移植を受けていてわたしは未経験謙虚に接することを忘れずにいたい暖かくなって3人とも外にいたらランチをしよう夢の話がもうすぐ実現する. [続きを読む]
  • 4.8(就寝)
  • この週末は「桜と梨の花祭り」職員の方々がひとつひとつつり下げておられた新調の提灯を眺める人のひとりになろうと川沿いを歩きに出た駅のほうに向かうと小学生くらいのそっくりの兄弟がかわいい笑みで駅舎を眺めていた「たのしみなんだぁー」と言っている完成を待つ同志!翼みたいな屋根の枠組みができたたのしみだよね. [続きを読む]
  • 4.8
  • 家人の荷物を送り出すとき超短髪のままドアをあけた業者の方はプロごく普通に応対してくれたベリーショートの人は多くたぶん街を歩いてもどうってことはないだろうわりとクリクリした顔なので栗のような頭もフィットするもうちょっとかな. [続きを読む]