asupapa0910 さん プロフィール

  •  
asupapa0910さん: ゴルフ月イチ2年で70台!
ハンドル名asupapa0910 さん
ブログタイトルゴルフ月イチ2年で70台!
ブログURLhttp://asupapa111.blog.fc2.com/
サイト紹介文ベストスコア78 いつの日か72 ゴルフパープレーとマラソンでサブフォーを目指すオジサンのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 104日(平均2.0回/週) - 参加 2018/03/29 21:05

asupapa0910 さんのブログ記事

  • ゴルフスイングはパッティングの延長
  • ショートパットが入るようになったのは、左肩を支点に、インパクトまで支点不動を意識するようになってからこれでパッティングに自信を持てるようになったロングパットもそこそこ寄るようになってきたそして、思い出したのが「ゴルフスイングはパッティングの延長」パッティングもタイガー・ウッズが言っているように、スイングだがようやく実感できるようになってきたインパクトまで支点不動これが動けば、左右へのミスが出る最近 [続きを読む]
  • スイングイメージは直線というのは共感できる
  • 2009年にプロコーチの中井学さんが、「スイングイメージは直線」というレッスン本を上梓している。最近書店に出向くと、「ゴルフは直線運動(スイング)で上手くなる!」という本を目にする。内容は確認していないが、私のイメージも直線である。特にインパクトゾーンは、直線のイメージ中井プロは、4スタンス理論ではB1らしいが、同じパラレルだからだろうか・・・円軌道をイメージすると、ボールが曲がる想えば、昨年不調の時は丸 [続きを読む]
  • ゴルフスイングに軸は無く支点がある
  • 「ゴルフスイングに軸は無く支点がある」とは、Sメソッドの佐久間馨氏の言葉であるS字に曲がった人間の背骨の構造から、確かに1本の線を身体に想定するのは無理がある俗にいう軸とは、イメージとしてとらえるのが正解なのだろう私自身も左一軸とはいえ、軸はイメージせず、支点を意識しているこの支点の位置は、4スタンス理論のタイプによっても変わってくると思われるいわゆるBタイプは、黄色(首の付け根・頸椎)、青色(右 [続きを読む]
  • 今年の初ラウンド18.6.15〜K型ワンプレーンスイングの復活
  • 5時起床予報通り雨の宇都宮だが、今日は今年初のゴルフのラウンドを鹿沼で行う車で45分程度の山岳コース、トミーヒルズゴルフクラブ鹿沼コースここは、難易度も高く従業員の対応も良い メンバーでなくとも電話1本で一人でもラウンドさせてくれるそうだ帰りには、生みたて卵のサービスがあった。数年ぶりの雨の中のラウンドだったが、実に楽しい1日だった スコアはともかく笑クラブハウスに入り、にこちゃんボールを見つける [続きを読む]
  • 左膝を伸ばすタイミングが早いとトップになる
  • 先日のリーダーボードに乗った打撃で思い出したが左膝を伸ばすタイミングが早いとトップ気味になる昨年は、トップが多かったが、やはりこの左膝を伸ばすタイミングが早かったようだ私のスイングは、左サイド、左膝を伸ばしてパワーを出すのが特徴だがインパクトギリギリまでは、下半身、左膝の角度をアドレス時と変えずに安定させる必要がある総じて、アマチュアのスイングは、ボディターンを意識してか身体、関節、各部位を動かし [続きを読む]
  • リーダーボード打撃練習18.6.7
  • リーダーボードを持参して久しぶりにいつものレンジへリーダーボードに乗って打撃するのは、6年ぶりくらいである乗ったことがない人にいきなりやらせると、まず怖がってできない日々のジョギングで鍛えても、このリーダボードはやはりキツイゴムを4本セットしてはまず打撃は出来ないだろうこのイメージでスイングすると、ボールがほぼストレートに飛ぶ再度素振りを繰り返そう・・・ [続きを読む]
  • リーダーボード再び・・・18.5.30
  • ゴルフスイング練習器リーダーボードは、平成24年3月に新品で入手後暫く愛用していたが、ある理由から手放すことになった手放した後は、既に生産していないものなので、ネットオークションでは、高騰し一時は、45,000円までいった記憶があるが、数年粘って、ようやくそれなりの価格で再ゲットすることができた。使い方については、以前教えてもらったコーチから口止めされているので、公開はしないもう一度70台を目指し、これでス [続きを読む]
  • 今年になって未だにラウンドはゼロ
  • 暇を見ては、楽天ゴルフのサイトを見ているのだが今年になってラウンドは今だゼロしかし、極端に落ちないように素振りは毎日するようにしている今日は、仕事の合間を見て、素振りのスイングを確認すべくいつものレンジへやはり予想通り、ボールを左に置きすぎる、或いは身体を速く開く、左肩を開くのが速いと左に引っ掛けるボールが出たドライバーは、戻ってくれた・・・・低弾道のドローで、狙ったスポットに落とせるようになって [続きを読む]
  • ボールの位置をいろいろ変えて打つ
  • 今日は30℃近い 5月にしては珍しいが暑いのは大好きだということで、昼休みにいつものレンジへミスショットが出ると、まず第一にスイング軌道を疑うが私の場合、スイング軌道は毎回のように撮影してきて自信があるのでボール位置を疑うことにしている今日は、ダフリ気味の球が多いドライバー、6番アイアン全てそこで、ボール位置をいろいろと変えて打ってみた私の場合、効き目が左で、4スタンス理論ではA2タイプになるので、他 [続きを読む]
  • 飛ばそうとするときは左サイドを伸ばしている
  • 今日もレンジへ未だ模索中しかし、どんなスイングをしても叩こう、飛ばそうとするときは、自然に左サイドをグーンと伸ばしているのが判る効き目が左だからボールも左において左サイドで捌くが左にボールを置きすぎると、左にプルが出るので要注意左膝の折り曲げをするとそれだけ右股関節が回旋できて、ボールが飛ぶようになりボールとの間合い、ハンズアイコミュニケーションがとりやすくなるやはり、このスイングしかないのか・・ [続きを読む]
  • 2つのスイングの違い18.4.26
  • 26日は、仕事の合間にいつものレンジへ上と下で、違うスイングをしているつもりアドレスは一向に代わり映え無しで、どんなスイングをしてもK型になる。なるほど・・・やはり4スタンス理論は信憑性が高い。どんなスイングをしようとも、外観的には変化なししかし、実際にはこの2つのスイングで弾道がまるで違う後者のほうが弾道が高い上方、ライトサイドスイングの場合、背骨を右にチルトさせるがそれは、右サイドに空間を作り、よ [続きを読む]
  • 朝の素振り18.4.19
  • 5時に起床して、5キロ走って朝食を摂って、今度はスイングプレーンを確認するまたインサイドに引きすぎるようになっていたが、修正できたか・・・シャフトがクロスするのは、漸く直った素振りの時は特にひどいが、フェースが反っているう〜ん・・・5か月振りにラウンドしたいが、なかなか日程が組めない [続きを読む]
  • ゴルフもマラソンも継続しないと下手になる
  • 一昨年の春と夏に2回80を切ってこれでもうゴルフは大丈夫だと高をくくって、その後全くクラブを握らずそれから1年以上経過して、昨年秋のコンペで自分でも信じられなかったが100を叩いてしまったただ呆然としていた ほんとうに自分がゴルフをやっているのだろうかとアプがトップしたり、3連続OBを打ったり全く信じられなかったゴルフは甘くなかった・・・やらなくなれば、下手になるしかも、一気に落ち込むその後慌てて練習場に [続きを読む]
  • 飛距離よりも正確性と方向性が重要
  • ヘリテイジで米ツアー初優勝を飾った小平選手だがショットの精度にはつくづく感心したやはりゴルフは飛距離、どれだけ飛ばすかよりも飛距離の正確性と方向性が重要こちらのWEBページ → 「世界トップレベル”を証明した。小平智、精密無比のドライバーショット」ドライバーの平均飛距離が、271ヤードでは米ツアーでは飛ばないほうだが、フェアウエイキープ率は85%以上300ヤード以上飛ばしても、曲げていては予選突破、上位進 [続きを読む]
  • 小平智選手米ツアー初優勝18.4.16
  • 今朝5時に起きてBSを付けたら小平選手が、優勝争いをしているではないか・・・ビックリしてしまったネットでは、一足早くプレーオフを制して小平選手米ツアー初優勝の文字TVやネットワークは時差で遅れているのか・・・まぐれは無いでしょう 彼の実力ですね以前、タクシー事件を起こして、以来この選手は好きではなかったがこういうメンタル強い奴、勝負師気質の奴がやはり勝つんだなと思った。昔でいうと、飲む打つでグリー [続きを読む]
  • 左重心スイングでレイドオフを取り戻す18.4.14
  • 5時起床今日は、身体を休めるためにジョグはお休みしてレンジへいくつかの左軸スイングを試みる自宅で確認したところ、左重心スイングでついにレイドオフを取り戻したゴルフをやらなくなって、レイドオフが出来なくなってしまった・・・左重心スイングは、トップでより左足加重になるので、左に寄るイメージになるA2タイプの私には、違和感はないというか、むしろ打ちやすい左画像が、左重心スイング 右画像は通常の左一軸ドロ [続きを読む]
  • 思い出の練習場にて・・・6番アイアンショット画像18.4.13
  • 仕事の合間にレンジに行こうとクラブとカメラを持参今日は、中学・高校時代に通った岡本台ゴルフ練習場へ思い出の練習場で、未だジュニアゴルファーが珍しい時代で、よくただでボールを打たせてもらいましたあれから36年・・・すっかりオッサンになって、道具が良くなったにもかかわらず飛距離は確実に落ちているドライバーはドローで、アイアンはフェードを打つそのため、フェースの向き、アドレス、ボール位置などを工夫して1球 [続きを読む]
  • 未だにできないインパクト以降のフェース面の管理
  • 何年やってもできないのがインパクト以降でのフェース面の管理フェースコントロールというのか・・・ツアープロは、例外なくフォローでフェース面がストレートに抜けてフィニッシュでは、地面を向くか、直角になっているが私の場合、空を向いている。これができない限りは、決してスイングは完成しないし、弾道も安定しない。以前教えてもらったことだが、なんとか出来るようにしたいものだ。実現するためには、1.ボディターン 2. [続きを読む]
  • 本日のドライバーショット画像18.4.11
  • 仕事の帰りにいつものレンジへやり直しをしているスイングの確認をするため50球ほど打つ背骨を右に傾けるのをやめて起こす。すなわち右肩を上げる。左肩・左腰・左膝のラインを一直線にする。インサイドに引きすぎている。シャフトがクロスするのが一遍に改善されて、レイドオフになりつつある。この位置にクラブをテークバックで上げる。左重心でも、クロスタイプの人は左に重心移動をするため、頭が左に動く。私はパラレルタイプ [続きを読む]
  • ストロンググリップ・インサイドアウトの軌道でスライスする理由
  • 両手をストロングに握って明らかにインサイドアウトの軌道でスイングしているのに、右に出て右に曲がるスライスになることがある軌道がインアウトでもフェースが開いていれば当然こうなるわけだが被せてアドレスしても、どうしてフェースが開くのかこれはクラブを身体の回転と同じく下から振る或いは目標方向に振ってグリップエンドが左に流れるために起こる現象のようだクラブは、上から下に振るこの動きを小脳にインプットできれ [続きを読む]
  • テークバックはどうでもいい
  • 今朝5時に起きて4キロ走ってそれからレンジへ最近思うのだが、ゴルフはテークバックなどどうでもよくダウン、インパクト、フォローのプレーンが重要要は、ヘッドをボールにどのような軌道で当てるのかフェースをややかぶせ気味にして、身体を気持ち右に向かせてドローを打っているもう、これで行こう これで・・・ [続きを読む]
  • ドローフェードの打ち分け特にフェード注意点
  • 佐久間氏は左右への打ち分けを極端にやって見せていますが実際、私が打つ場合は僅かなフェースの開閉とスタンスの移動左がドローで、右がフェードの打撃元来4スタンス理論A2タイプのためか、ドローが苦手フェードを打つ際、いわゆる飛距離が出るパワーフェードになっていない場合はフェースの開閉が出来ていないのが原因クラブが進歩しても、やはりスイングは変わらず開いたフェースを閉じる動作が必要になる基本はスクエアグリ [続きを読む]
  • 絶好のゴルフ日和が続く中、Sメソッドを再考する18.3.29
  • 月曜日夕方以降体調を崩し昨日まで臥床今日も体調はイマイチだが、仕事があるので出かける寝汗をかくぐらいだったが・・桜も季節外れの満開で実に良い天気だ・・・外に出れば気分も晴れるラウンドしたら最高だろうな〜約1年8か月毎月200キロ前後走っているせいか、地に足が付いてきたとでもいうのか、これまで学んだゴルフ理論が系統だって頭の中に整理されている・・・4スタンス理論、左一軸打法、スタック&ティルト、ゴルフ潜在 [続きを読む]
  • アーム型パッティングを検討中
  • オーストラリアのオジー・モア氏のスイングは、ボディスイング・アームスイングの2つがある。いずれもゲーリー・エドウィン氏のライトサイドスイングの改良型とも思える。これらのスイングは、A2タイプの私には実にマッチしており、摩季れい子さんのボディターンスイングもほぼ同じ理屈だ。そのオジー・モア氏のパッティングも、ボディ型とアーム型に分かれるが、アーム型のほうが再現性に優るらしいこちら → 小池幸二の最新左 [続きを読む]