真愚 さん プロフィール

  •  
真愚さん: 政治を考える
ハンドル名真愚 さん
ブログタイトル政治を考える
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mag0/
サイト紹介文政局に流されずに政治を考える
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 27日(平均5.7回/週) - 参加 2018/03/29 22:03

真愚 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 昔話 全学連
  • 昔々、某日本国の多くの大学には立看板が並んでいた。テレビも普及し始めたけれどマスコミなんて言葉がその頃有っただろうか、壁新聞が並んでいた。大学内には正義の風が吹き荒れていた、講義もままならぬほど抗議の嵐が。学生たちは立ち上がって言っていた、吠えるように。 官憲の横暴を許すな、暴力反対。風は、大学の中から大学の外へも。頭にヘルメットを被り、口も鼻もタオルで覆い、手には背よりも長い角材を持った学生達が [続きを読む]
  • 昔話 豊田商事
  • 昔、豊田商事事件という大胆な詐欺事件が有った。名前も豊田でトヨタ自動車の関連会社を匂わせるものだった。金塊を売ると言って金塊を渡さず証券を発行して金だけはせしめる詐欺だったと思う。テレビで大々的に宣伝をして優良企業と感じさせるものだった。その規模が普通の詐欺より大きくて社会問題になった。その社長がマスコミの取り囲まれる中で、堂々と社長のマンションに押し入り殺してしまう事件が有った。当然マスコミはそ [続きを読む]
  • 女性議員のセクハラ申し入れ
  • 朝日新聞国会でも#MeToo 野党議員、セクハラ疑惑に抗議https://www.asahi.com/video/articles/ASL4N3DQJL4NUTFK00C.html?iref=comtop_video_01時事問題は感情に流されるから控えるべきだと個人的には考えていたけれど、あーあ、もう日本は死んだな。こんなヒステリー議員が多いんじゃ。「セクハラ」とか「#me too」 なんて言葉が飛び交ってるここは日本か。年寄りの繰り言でしかないが、日本語で話して貰いたいものだ。大 [続きを読む]
  • 自民も共産も立民もみんな違憲政党
  • もともと憲法の中に「政党」の文字は無い。そんな政党が政治に関わって良いのだろうか?。実際には選挙で政党名を記しますから、政党は議員と同等と見なすべきでしょうか。憲法48条に、こんな条文が有る。 何人も、同時に両議院の議員たることはできない。政党はこの条文に明らかに違反してます。1つの政党が衆参両院に跨がって所属しています。もしこの条文を守るなら、日本に1党独裁政党は存在しない。2党独裁はあり得るか [続きを読む]
  • 国会議決の憲法違反
  • 日本の国会議決で賛成何票反対何票と数値を気にする人は居ないでしょう。可決か否決しか気にしない。と言うより気にならないのかな。与党議員が200人居て野党議員が100人居たら、議決はほぼ200対100になるのは分かってるから数値を気にならない。これがアメリカだと議案ごとに何票になるか分からない。与党が出した法案に与党議員が皆賛成するとは限らないし、野党が反対するとも限らない。議員一人一人が法案を考え票 [続きを読む]
  • 熊本地震稲田
  • 熊本地震から早2年、の繰り言。地震が起きて、即時対策本部が出来た。その初日に防衛大臣だった稲田氏が対策本部を少しサボった様だ。それを野党議員が騒いで3日目には国会に呼び出した。何とも素早い対応だけど、素早さに一寸疑問を投げかけたい。稲田氏が対策本部を抜け出した事はけしからんと、国会が対策本部から稲田氏を引き抜く事は良い事なのか?。3日目と言えば自衛隊は被災地に展開してる真っ最中だろう。その対策本部 [続きを読む]
  • 保育園落ちた日本死ね
  • 昔の繰り言です。なかなかインパクトのある言葉で、それを山尾志桜里議員が国会で取り上げて、安倍首相も保育士の待遇改善を約束してました。でも私は早まった事をしたと思いました。言葉のインパクトに負けてしまったなと。「死ね」なんて言葉は、普通の人は使わないだろう。そんな言葉遣いするのはヤクザかクレーマーかモンスターペアレント位だろう。こんな言葉が基になって政策を変えるということがどんな意味を持つか。それを [続きを読む]
  • 選挙公約
  • 選挙になると候補者は公約を掲げます。近頃はマニフェストとも言うようで、違いが良く分かりませんが大雑把に言えば公約でしょう。公約って何でしょうか。候補者が有権者と交わす約束ですよね。例えば「消費税に反対します」と言って選挙を戦う。でもこの公約は憲法違反かもしれません。議会で話し合う前に結果を決めているのだから話し合いの意味はないです。自分の意見は変えない、約束したんだから変えられない。そんな人々が集 [続きを読む]
  • 選挙提案 投票率連動
  • 国政で、無投票というのは聞いた事が無いけれど、地方では良く有る。無投票当選というのは有権者がそれだけ政治に関心が無いって事だろう。有権者が無関心なら当選者は勝手な政治が出来る。まあ、信頼してるとも言えるのだろうけれど民主主義として疑問だ。少なくとも投票率50%を基本に政治を行うべきでは無かろうか。例えば市長選では、投票率50%得票率50%を超える有権者の支持を得た者が市長に成れる。それに満たない時 [続きを読む]
  • 選挙改変 争から競へ
  • 戦挙なんて皮肉っぽい言い方では嫌われるかもしれないので、少し真面目な提案でも。選挙では勝ち負けを気にするけれど勝ち負けというのは競争原理を尊んでる事ですね。一口に競争と言ってしまうけれど、競と争とは違います。競というのは人がその能力を競います。争というのは人と人が争うのです。100m走で言えば、100m走りきってどちらが速いかを決めるのが競うという事です。100m走りきらずに袖を引っ張ったり足を引っかけた [続きを読む]
  • 議員の戦挙対応3
  • 東北大震災からもう7年が経つ。震災の対応は、どの党も重要性大な事だと認識は一致してたと思われる。震災後の復興計画は一致協力して速やかに決まると思われた。しかし、実際は決まらなかった。遅々とした国会審議を見ていた被災者の中から国会に対する不信感が芽生えていた。「国会はわし等の味方なのか邪魔してるのか分からない」被災者の、そんな言葉をマスコミが報道していた。議員は対立者と同じ考えというのは大切なことじ [続きを読む]
  • 議員の戦挙対応2
  • 国会中継を見てると時々変な法案要請する人が居る。時代の変化に即して変更すべきではないかとか、新しい事例に対処する為に新法を作るべきではないかと政府に要請或いは要求、強要する人が居る。与党にも野党にも、一見もっともな事に見える。でも、それ本当に大事な事だと思ってるなら他人に遣らせようとせずに自分で法案作れば良いじゃないかと思う。議員には法案提出権は有るだろう。何故自分で作ろうとしないのか。日本の国会 [続きを読む]
  • 議員の戦挙対応1
  • 少し前の都議会で、セクハラヤジが問題になった。議員のくせに議会でセクハラ発言するのは不謹慎で怪しからんというものだ。マスコミも取り上げ犯人捜しが始まった。やがて犯人らしき者が名乗り出て セクハラを、謝罪し一件落着となった様だ。でも、落着なんかしていない。セクハラヤジというのは1つの行為じゃないのだ。正しくはセクハラ野次とかくべきかと思われる。セクハラという言葉と野次という言葉の複合語だ。セクハラが [続きを読む]
  • 選挙は戦争か選択か
  • 選挙が行われると各候補者は選挙事務所を構え、中に「必勝」の文字が躍る。鉢巻をする者も居る。メディアは、誰が勝つか、負けそうだと煽る。待てよ、選挙って戦争なのか?。何で勝ち負けを付けなきゃいけないのだ。あなたの子供にスポーツをさせようと、野球が良いかサッカーが良いか野球が勝ちでサッカーが負けなんて決め方有るのか。そんな決め方する様なら、犬も食わない夫婦喧嘩を煽ることにしかならないのじゃないか。勝ち負 [続きを読む]
  • 一票の格差是正には発想の転換を
  • 選挙の度に選挙無効の裁判が提起される様になって久しい。一票の格差是正がそれ程大事とも思わないし、平等が短所になる可能性もあるが、定数是正とか選挙区見直しとか、選挙の度に議題になる様ならもう簡単に決めて裁判提起は止めたらどうか。簡単なんだよ、ホントは、バカみたいに。国会議員は採決の時に、一人一票を議決として投じる。当たり前?。違うよ、議員一人一票である必要は無い。もともと議員は代議士と呼ばれる。つま [続きを読む]
  • 当選証書の憲法違反
  • 2012年の衆議院選挙に急拵えの日本未来の党というのが有った。何人かは当選し議員となった。比例制当選者が多かったと記憶している。だがしかし、選挙も終わって1か月も経っただろうか、日本未来の党というのは分裂消滅しその名は衆議院から消えてしまった。その時の議員は居なくなった訳ではないけれど、政党は無くなってしまった。議員は勝手に政党名を変え、集散し別政党名で議員として残った。選挙では候補者は選挙事務所を構 [続きを読む]
  • PL法 3
  • PL法というのは旧来2者間取引が原則だったものを3者4者間取引に拡大するものだ。モノの流れと責任の流れが異なり複雑になる。勿論2者間より3者間で取引合意出来ればそれは喜ばしい事である。製造者と消費者の中間に位置する販売者には頭ごなしに責任の遣り取りが発生しその正当性を担保しなければならない。消費者が販売者の頭ごなしに責任を求める権利を保証するならば、その反対の権利も保証するのが相当と考える。具体的に言え [続きを読む]
  • 証人喚問は法廷か
  • 今日は何やら賑やかだ。こんな賑やかな時に小声で話しても聞く奴は居ないだろうな。証人喚問はまあ無駄に終わると思ってた。国会が御大層に証人喚問なんて言ってるけど遣りたい事は警察の真似をして悪人を裁きたいだけでしょう。そして責任という絆で政権奪取したいだけでしょう。目的は何か。警官は消防士では無い、火事は消せない。場合によっては邪魔になることも有る。その認識が議員に有るかな。「全国の公務員に申し訳ない」 [続きを読む]
  • PL法 2
  • PL法で消費者が製造者に責任を問える時、中間に居る販売者の責任はどうなるのか。製造者の製品の品質維持義務を持っている事になる。変質した製品を消費者に渡して、それが下で製造者が消費者から責任を問われるのは不当だからだ。では消費者が販売者になる時はどうなるのか。例えば古くなった車を他人に売る時に、勝手に売れるか。消費者であろうと販売者の立場に立つ時は販売者の責務が生じる事になる。勝った時には無かったリコ [続きを読む]
  • PL法 1
  • もう5年位経つだろうか、セブンイレブンのある店主が本部を訴えた。弁当を廃棄するのは勿体ないから安売りして売ってしまいたいけれど本部が認めないのは不当だと訴えて裁判になった。判決は店主の勝ちとなった。それは今までの判例から当然の様に思われる。消費者と売買するのは店主である販売者であって本部は取引の部外者であって本部が口出しするのは不当ということだ。そういう判例は以前にも有って、商取引とは販売者と消費 [続きを読む]
  • 消費者庁は違憲
  • 消費者庁は消費者の味方をする省庁です。消費者とはなんでしょうか、お金を払って物品と交換する人です。反対側には販売者がいます。物品とお金を交換する人です。何故、お金を払う人の味方をしなくちゃいけないのか。消費者が個なら販売者も個です。公の役目はどちらかの個に味方するのは正しくない。平等の原則に反します。取引の片側だけ味方するという省庁は憲法違反だと思います。消費者庁を改め、公正取引庁とでもするべきと [続きを読む]
  • ごあいさつ
  • 初めまして、ブログなるものを始めようと思います。主に政治がメインになると思います。毎日は無理なので気長にしようかと思ってます。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …