いこく オーエル さん プロフィール

  •  
いこく オーエルさん: ニュースでインド Newspaper from India
ハンドル名いこく オーエル さん
ブログタイトルニュースでインド Newspaper from India
ブログURLhttps://newsdeindo.blogspot.in/
サイト紹介文インドの新聞から三面記事などを選んでます。ニュースで知る現在進行形のインド。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 8日(平均26.3回/週) - 参加 2018/03/31 00:51

いこく オーエル さんのブログ記事

  • 4月6日 犯罪、芸能
  • 本日は見出しのみで。Salman gets 5-year jail term (一面)映画俳優 サルマン・カーンに5年間の懲役刑◎ Woman murdered, husband assaulted during burglary (Chennai)夫は襲撃され、妻は殺害。 宝石類が盗まれた。- - 写真からだと裕福そうな家には見えないのですが、それでも強盗殺人が起きるとは。◎Man held for pushing wife from 11th floor (Chennai) 11階から妻を突き落とした。 MBAホルダーの夫と妻は普段から別居状態 [続きを読む]
  • 4月4日 事故
  • Kerala man’s organs save seven people(ケララ州) 男性の臓器が7名を救う交通事故で脳死判定を受けた29歳男性の6カ所の臓器(心臓、腎臓、肝臓、膵臓、手、目)が提供され、いくつかは既に移植された。心臓は州を超え、19歳の青年に提供される。- - 一人の身体からこれだけの臓器が提供されるのは珍しいらしい。日本では臓器提供者の個人情報はおおやけにされてなかったと思うが、インドでは顔写真に氏名まで公表。 しかしイン [続きを読む]
  • 4月2日 犯罪、
  • 4月2日Newspaper from India 犯罪Man arrested for trying to sell baby (Chennai)成語10ヶ月の女子新生児の父親(25歳)、携帯電話店に勤務。友人と共謀し、赤ちゃんを15万ルピー ≒ 25万5千円で某カップルに売ろうとした疑い。父親、友人の両名とも拘留された。赤ちゃんの母親は20歳。夫婦ともに貧しい家庭の出身。赤ちゃんの他に2歳の長男もいる。- - 他に道はなかったのか、と思うし、女の子だから見放されたのかもと思うと暗 [続きを読む]
  • 3月31日 制度
  • Lovers jump before train ( Chennai)日雇い労働の青年(24歳)と女子学生(20歳)が特急列車に飛び込み自殺。女学生の両親が二人の結婚を認めなかったのが原因。- - これは多分カーストの違いが根底にありますね。中流サラリーマン家庭でぼんやり育ったわたしには「身分違い」なんて映画やドラマの中の話だったけれど、インドで新聞を読み始めて、カーストの違いで起きている事件がなんと多いことか、に気づいた。わたしは南部(Chenna [続きを読む]
  • 3月30日 食
  • 広告> Apple (単数) ではなく Apples (複数)。< - - 単数形でいいたくなるわたしはまだまだ英語に不慣れです。日本産ではなく米国産。< - - ふじりんごは日本特有かと思っていたら、違うんですね。食> 日本食は味も見た目も大切。 なんと “ Me de taberu Nihonjin (Japanese people eat with their eyesの一文も。 ◎ Fishy experiments 寿司ピザ、寿司サンドイッチなどが インドのレストランチェーン(Fatty Bao.Mumbai, Ba [続きを読む]
  • 3月29日、窃盗、結婚
  • ◎ ガンジー暗殺の再審却下Re-opening Gandhi death case a futile exercise: SCマハトマ・ガンジー暗殺の再審は無意味。最高裁。最高裁は、事件が全国的に重要であるという点は申請者に同意するが、「真実は既によく知られている」として却下した。- - 暗殺の再審と聞くとJFKみたいですが、ガンジー氏にしても独立運動家スバス・チャンドラ・ボース氏(Subhas Chandra Bose、カレーの中村屋はラース・ビハーリー・ボース氏)にし [続きを読む]
  • 3月28日 日本、教育、銀行
  • Robots may play a role in elder careロボットはお年寄りのケアができるかもしれない写真は東京のあるケアハウスでペッパー(ヒューマノイド)が体操を指示しているところ。2025年までに高齢者ケアを担う人材は38万人不足になるとみている。日本政府はその不足を補うために、こうしたロボットの開発に資金を提供している。- - インドは大家族が主流なので「孤独死」はピンとこないかもしれない。更に人件費も安いので資格を問わなけ [続きを読む]
  • 3月27日
  • 3月27日 南インド欄、Freebies flow in Karnatakaカルナタカ州、立候補予定議員によるばらまき開始。選挙日程が開示されると「選挙運動」が制限されるため、立候補予定者達は「今のうちに」と有権者へギフトを配っている。圧力鍋、食器、ゴミ箱、壁掛け時計、サリーなどなど。 - - 日本人の感覚だと「そんなものもらっても. . .」かもしれませんが、こちらでは低収入層の有権者がこういうギフトの主なターゲット。◎インド式、尊敬 [続きを読む]
  • 3月26日
  • Chennai ローカル欄Travelator ready, but open to public only from April 14動く歩道完成。一般利用は4月14日から予定より7年遅れ。 600メートルの動く歩道の費用は8億ルピー(≒13億円)。インド空港機関によると「工期延長で費用が2倍に膨らんだ」◎Battle royale: Wrestlers engaged in a match held during a tournament organised on the occasion of Ram Navami at Belapur village in Navi Mumbai on Sundayこれは映画「ダ [続きを読む]
  • 3月25日
  • 3月25日政府(外務省)広告、Newspaper from India一般入境不可のKailash (カンリンポチェ) 山、入境(登山)者募集標高6,500m超え、Kailash (カンリンポチェ)山は信仰の象徴でもある、入境は許可制。資格:18~70歳のインド国籍者。選考:抽選。応募:オンライン。応募先のホームページには 「万一死亡された場合、遺体はインドへ還ることはできない。中国で火葬される」などの記載があり、なんだか物々しさを感じました。-- 山という [続きを読む]
  • 3月24日
  • 3月24日 週末版Instapick Cherry Blossoms。 ニッポンのさくら!3月中旬から桜の満開と共に日本は春の訪れを迎える。桜の名所として新宿御苑、吉野山、富士山など。- - インドにも桜を見たいと思ってる人達がいるのかも。と思うとちょっと嬉しい。◎建築界のノーベル賞、プリツカー賞。 2018年度は インド人建築家 Balkrishna Doshi が受賞。 [続きを読む]
  • 3月23日の一面
  • 3月23日の一面、 Newspaper from IndiaParents of underage drivers will be taken to task: police未成年者の違法運転は保護者が罰せられる「18歳以下の運転はその親を罰する」とChennai Traffic Policeが発表。昨年は19名、今年は既に2名の若者がバイク事故で死亡。- - 若者の無免許運転。交通事故が減らない原因のひとつと見た。 他の州 でも同様の措置が取られている。◎ Chennai 漁港での1枚 ◎ 生活 < 食 > Gasを使わない [続きを読む]
  • 3月22日
  • 3月22日 Chennai ローカル。Newspaper from ChennaiTwo transgenders get permanent jobs at government hospitalsトランスジェンダー2名、政府系病院に就職で笑顔チェンナイの政府系病院。4年間の契約社員勤務の後、2人は規定の年齢制限を超えているが正規雇用となった。- - 昔ながらの慣習が色濃いインドでトランスジェンダーは差別の対象でもある。今回のように活躍の場が広がるのは新しい流れが生まれている証拠。この国も少し [続きを読む]
  • 3月20日
  • 3月20日 Chennai ローカルMen posing as couple to rob house in T. Nagar caught夫婦を装った男性2人組の泥棒、逮捕物件を見せてもらうふりをして医者宅を訪問。 応対した医師を脅し金庫を開けさせようとしたものの、家人が物音で気づき、助けを求めて家を飛び出した。結果、近所の人、警備員につかまりボコボコにされた挙句、警察に引き渡された。とのこと。警察でも更にボコボコにされたのは想像に難くない。- - インドでは「悪 [続きを読む]
  • 3月19日
  • 3月19日の一面S Durga will hit the screen, with a little help from fans過去にもクラウドファンドによる映画製作はあったが、一般公開はなかった。大手製作会社でなく、インディーズ映画が通常上映される稀なケース。過去にもクラウドファンドによる映画製作はあったが、一般公開には至らなかった。 「ソーシャルメディアにより協力者が集まりやすくなった。結果、映画ファン、支援者達が組織的に活動できたおかげ」と監督。- - [続きを読む]
  • 3月18日
  • 3月18日Tamil Nadu州、Newspaper from ChennaiCentre says no to extending PDS sugar subsidy to allTN州が公共配布制度(PDS)で砂糖の補助金適応拡張と金額変更を申請したが中央政府は却下。- - システムがよくわからないのですが 低所得者層(AAY)187万、優先世帯(PHH) 765万は補助金によって砂糖が市価の約半値で購入できる。TN州では毎月33,600トンの砂糖が必要だが中央からは1,860トンしか支給されず不足分を調達するのに補助 [続きを読む]
  • 3月17日
  • 3月17日Tamil Nadu州の頁We must abandon colonial mindset:Vice-President of India 植民地的な考え方はやめよう英国外交官出席の会合にてNaidu副大統領が発言。「我が国の教育は植民地的な考えから抜け出し、自国の歴史・文化に重きを置くべき。多くの言語を学ぶべきだが、まずは母国語が第一。英語を学ぶのは良いが心までも『英語の人』になってはならない。また、政府は憲法に従い誰もが信仰を選ぶ自由を確保するべき。」映画 [続きを読む]
  • 3月16日
  • 3月16日のローカル欄Nutrition kit for pregnant women妊婦さんに栄養補助キットをインド、Tamil Nadu 州は 指定プログラムを受けて妊娠した人にRs.4,000 (≒6,800円)相当の栄養補助キットと現金Rs.14,000(≒23,800円)を支給する。- - インドは日本のような少子高齢化問題には直面していません。40歳以下が人工の半分以上です。とすれば、何故こんな優遇システムが? [続きを読む]
  • 3月15日
  • 3月15日のローカル欄 Newspaper from Chennai油漏れ被害の漁師に補償金Fishermen hit by oil spill to get compensation昨年1月に起きた船舶衝突による油の流出。高等裁判所は事故により漁ができなくなった漁民 11万人にまず14億ルピー(≒24億円)の支払いを認めた。漁民側が請求している残りの10億ルピー(≒17億円)については両船舶の保険会社の合意待ち。- - インドでも『保険』の概念はまだまだと思ってたけど、徐々に浸透しつつ [続きを読む]
  • 3月14日の一面
  • 3月14日の一面、Newspaper from ChennaiAadhaar link deadline extended indenfinitelyインド版マイナンバー、口座などとの紐づけ〆切を無期限延期Aadhaarは個人の生年月日、指紋、眼の虹彩などを採取し、各人(国民・外国人在住者) に番号を発行する仕組み。銀行口座、携帯電話番号と関連付けないと口座凍結、電話は不通になるとのお達しがあり、国をあげて大人も子供も番号取得、次いで銀行・携帯窓口で同番号を登録、と てんやわ [続きを読む]
  • 3月13日
  • 3月13日のChennaiローカル欄 Student peeps out, dies after hit by pole.運行中の電車から外をのぞいていた男子大学生、電柱に当り、車外へ落ちて死亡。(写真はムンバイのデモ参加者。電車事故とは無関係) 察するにドアが無いので、そこから身体を乗り出していたのでは、と。- - 確かにこちらのローカル電車、ドア開け放しで走ってますが、こういうことが起きてしまうところがなんというか不謹慎ですが漫画みたいで、笑っちゃいけ [続きを読む]
  • 3月12日、Local & Nation
  • 3月12日のローカル欄Child tight body thwarts 63 marriages in nine months児童権利団体が9ヶ月間で63の結婚を阻止14歳の女子学生。置き忘れた本を届けてくれた同級生が低カーストの男子だったということで女生徒の家族が「けしからん、もう学校には行かせない、すぐ結婚しろ」と30歳男性との結婚をセッティング。結局児童権利団体がその結婚を阻止できたのだが、同団体はTN州で児童婚阻止だけでなく、100人以上を児童労働から救 [続きを読む]
  • 3月11日のビジネス欄
  • Ola's electric vehicle fleet test on Nagpur roads stuttersインド中央辺りのNagpurでOla (ソフトバンクも出資したオンライン配車サービス) が電気自動車実験中。充電ステーション不足、走行区間制限、充電待ちの車列が渋滞の原因、と散々な模様。運転手だけでなく、市民からも不評。- - インドは2030年までにガソリン車販売を禁止して電気自動車へ移行したいと発表していたのですが、道のりは険しそう。がんばれ〜。◎日曜版。 [続きを読む]
  • 3月10日の一面と Chennai ローカル欄
  • ここChennai空港で過去10日間に外貨密輸 5件、GOLDの密輸12件を押収。これって組織ぐるみなんだろうか?追記 3月21日。 約3週間新聞を読んでいて気づいたのだが、「空港でGold の押収」は週に1ー2回は記事が出る。Chennaiではよくある犯罪なのか。 不思議。◎一面。ストーカー行為被害に遭っていた女子学生(20歳)が学校で試験を受けた後、路上で刺され死亡。彼女に結婚を迫っていた男性(26歳)は警察から警告も受けていた。 [続きを読む]