予想屋マスター さん プロフィール

  •  
予想屋マスターさん: 予想屋マスター
ハンドル名予想屋マスター さん
ブログタイトル予想屋マスター
ブログURLhttps://www.keibariron.com/
サイト紹介文世の中には競馬予想が腐るほどあるが、回収率100%を超えられるのは僕の予想だけ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 25日(平均5.9回/週) - 参加 2018/03/31 18:45

予想屋マスター さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 青葉賞2018の競馬予想|オブセッションの巻き返しなるか?
  • 今週は、フルゲート18頭に対して19頭の出走登録馬があった日本ダービーのステップレース 青葉賞(2018年)の予想について解説する。 青葉賞は、オブセッションが1番人気となりそうだが、人気が割れそうな混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。 弥生賞組 6着のトラストケンシン(柴田大知)・7着のオブセッション(ルメール) 合計2頭が出走登録してい [続きを読む]
  • 皐月賞2018年回顧|伏兵エポカドーロが2馬身差の圧勝
  • 皐月賞は、ダノンプレミアムが出走を回避したことにより、単勝1番人気のワグネリアンのオッズが3.5倍という人気の割れたレースとなった。その混戦の皐月賞では、上位人気が総崩れとなり、波乱の決着となった。皐月賞を制したのは、7番人気のエポカドーロ(戸崎圭太)であった。競馬理論の予想では、スプリングステークスでステルヴィオとハナ差の競馬をしていたことは評価をしていたが、 離れた2番手を追走する展開に恵まれ [続きを読む]
  • <大阪杯2018回顧>スワーヴリチャードが悲願のG1制覇
  • 大阪杯(2018年)のレース結果について解説する。今年は単勝3.5倍のオッズの1番人気に推されたスワーヴリチャード(Mデムーロ)が悲願のG1制覇を果たした。また2着にペルシアンナイト(福永祐一)、3着にアルアイン(川田将雅)と、4歳世代が上位を独占。4歳世代のレベルの高さを象徴するレースとなった。そこで、競馬理論の競馬予想では、上位3頭について分析する。 まずは、スワーヴリチャードから。前哨戦の金鯱賞 [続きを読む]
  • ファインニードルが悲願のG1制覇
  • 高松宮記念(2018年)は、断然の1番人気に推されたレッドファルクス(Mデムーロ)が8着に破れ、波乱の決着となった。 その波乱の高松宮記念(2018年)を制したのは、2番人気のファインニードル(川田将雅)であった。 ファインニードルは、スタートを決めると、好位の外目を追走した。 そして、ファインニードルは、直線でも外からいい脚を使って、先に抜け出したレッツゴードンキをきっちりと捕え、高松宮記念(20 [続きを読む]
  • スワーヴリチャードが悲願のG1制覇なるか?
  • 今週のメインレースは、去年からG1に昇格した大阪杯(2018年)である。 大阪杯(2018年)は、レベルの高い4歳世代が人気を集めそうだが、絶対的な中心馬がいるわけではなく、混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、大阪杯(2018年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。 京都記念からは、2着のアルアイン(川田将雅)が大阪杯(2018年)に出走登録している。 [続きを読む]
  • クリンチャーの重賞連勝なるか?
  • 今週のメインは阪神大賞典(2018年)である。 阪神大賞典(2018年)は、12頭の出走登録にとどまっており少し寂しいが、天皇賞春を占う意味でも注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、阪神大賞典(2018年)に出 […]クリンチャーの重賞連勝なるか?は競馬予想の予想屋マスターで公開された投稿です。 [続きを読む]
  • ダノンプレミアムが2歳王者の実力を見せつける
  • 弥生賞(2018年)は、断然の1番人気に推された2歳王者ダノンプレミアムの圧勝で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、無敗馬同士の比較が難しいと判断していたものの、先行馬不在のメンバー構成を考慮して、ダノンプレミアムを本 […]ダノンプレミアムが2歳王者の実力を見せつけるは競馬予想の予想屋マスターで公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …