橘右近 さん プロフィール

  •  
橘右近さん: *Ren|恋愛ファンタジー小説サイト
ハンドル名橘右近 さん
ブログタイトル*Ren|恋愛ファンタジー小説サイト
ブログURLhttps://ucon-tachibana-actor-life.com/
サイト紹介文こちらのサイトは「生きる」をテーマに、私が感じた大切なことを小説で表現しています。
自由文あなたが今この時を生きる意味は必ずあるということ。それは、考えるのではなく、作っていけばいいんです。自分を信じて作ればいい。それが、あなたの生きる自信と誇りになります。だから、生き抜いてやりましょう。楽しく、強く、誇り高く。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 19日(平均9.2回/週) - 参加 2018/03/31 20:49

橘右近 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • R18作品の威力
  • ヤバい……ヤバいですよ、コレ。 公開するまでは結構どきどきものだったのですが、いざ一日経つと人間慣れるもので(笑) R18作品を公開しました!!! こちらのサイトでも公開するにあたって、年齢認証のプラグイン... [続きを読む]
  • Gallery
  • 過去イラストが主ですが、せっかくなので公開しますw デジタル アナログ 漫画(線画) Q&A(描き方のポイント) があります。 落書きから本気出して描いたものもありますw ※イラスト内にある『鴻月 玲こうづき れ... [続きを読む]
  • SCENE16:かわいい天使【牙白】
  •  ピピッという電子音の後に1班上原から連絡が入った。それは地下ルートの確保と、そこにある朧の存在、そして2層となっている地下1階部分にある制御室に向かうという内容だった。地下に向かった方が得ようとしている資料も多いことか... [続きを読む]
  • SCENE15-2:出迎えた者は?【智孝】
  • 「それにしても酷いですね。本当に俺達が来る少し前に襲われたんでしょうか?」  野田実春が傍らに寝転がっている人を見つめながら、誰ともなく質問を投げた。それに遼太朗が答える。 「傷口の状態から見ても、ちょっと怪しいけどな。... [続きを読む]
  • SCENE14:出発前【有羽】
  •  ここ字守育成施設では、その能力と特技によってクラス分けされていた。  情報収集を主に担う『華クラス』。武器の所持・使用が認められ、字守の補佐として実戦の場に向かう役目を担うのが『影クラス』。朧を扱い、それの回収や魄の浄... [続きを読む]
  • SCENE13-2:秘密【聖】
  •  不安と恐怖が混在した顔だった。有羽自身に自覚がないのか、助けを求めるような眼差しを智孝と晟へ向けた。 「あくまでも推測だけどね。でも、リーズであった可能性の高い犠牲者が浄化された時、君の体に異変が起きた──あそこでは言... [続きを読む]
  • SCENE13:秘密【聖】
  • 「やっぱり、伊藤先生と晟だったんだね」  約束通り、指定された部屋を訪れた有羽と、その傍らに立つ二人の男性の姿を見て聖はそう言った。 『調べ物』をするには最適な環境が整っている小部屋に招き入れ、各々は近くの椅子に座る。聖... [続きを読む]
  • SCENE12:賭け【智孝】
  •  これは賭けだ。せっかく向こうから舞台を用意してくれたんだ。のってみようじゃないか。  二日前に仲間から得た情報を元に、智孝は次の依頼内容を話した。補佐や調査を主に担う『影クラス』に向けて話す表向きの内容ではない。今後チ... [続きを読む]
  • SCENE10-2:必要なこと【有羽】
  • 「とりつかれた人にとってはツライし、いらないものだと思っちゃうけど、私はその経験はあっていいと思ってる。人間ぽくなるっていうか。何かあれば頭使うでしょ?私、考えたりするの好きなんだよね。知らないことを知ったりとか、全然違... [続きを読む]
  • SCENE9-3:興味【聖】
  • 「こちらは玖堂有羽くどう ゆばちゃん。見た目通りかわいくて明るくて元気。誰にでもすぐに打ち解けられて、心が強い人ね。私の方が年上だけど、有羽の方がずっと大人だわ。洞察力とそれを表現する能力が高いから、私も助かってるの。言... [続きを読む]
  • SCENE9-2:興味【聖】
  • 「珍しいな。っていうか、初めて見たな。聖がナンパしてるとこ」 「ナンパじゃないよ」 「いやいや、いいことだよ。聖って、あんま人に興味持たないもんな」 「それはまあ……ほとんど同じような会話になるから、話す意味ないなと思っ... [続きを読む]
  • SCENE9:興味【聖】
  • 「魄は、私達にとって必要?」──講義の途中、そう発言した彼女は今、僕の目の前で親友でもある樫倉晟と談笑していた。  晟が教室内に響き渡るような声を上げたため、その場にいた全員の注目を一斉に浴びた。しかし、そんな晟から皆の... [続きを読む]
  • SCENE8:準備【智孝】
  •  そろそろ動き出してもいいな。  三年という年月をかけて得た情報と、先日起きた向こうからのアクションに、智孝は静かな闘志を燃やしながら決意した。  字守という一種の傭兵施設でもある幹部の人達からの命めいもあり、智孝はその... [続きを読む]
  • 天使の階段
  •  今日も雨が降っている。  憂鬱以外の感情の持ちようが無い僕は傘を開くと学校を後にした。  雨は、嫌いだ。  視線を地面に落とすようにして歩き出す。  そんな僕を擦り抜けて雨の中でも他の生徒達は賑やかな笑い声を振りまいて... [続きを読む]
  • 過去の記事 …