toushirashinban さん プロフィール

  •  
toushirashinbanさん: 投資の羅針盤ブログ
ハンドル名toushirashinban さん
ブログタイトル投資の羅針盤ブログ
ブログURLhttps://104ban.info/
サイト紹介文株式や投資信託等への投資にあたって、市場動静や社会情勢等をさまざまな視点から考察していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供348回 / 294日(平均8.3回/週) - 参加 2018/03/31 22:29

toushirashinban さんのブログ記事

  • 銀行の自主廃業が現実味を帯びてきた
  • 1月14日の日経新聞1面にいささかショッキングな記事が掲載されていました。「迫り来る銀行廃業時代」などという見出しの囲み記事です。マイナス金利の影響を受けて貸出金の利ざやが縮小しており、地方銀行103行中、23行が5期以上赤字を継続しており、その数は毎年2〜3割増えているというのです。預金者から預かった預金を有価証券で運用してなんとか黒字を維持している状況です。この低金利では債券運用も難しく、かと [続きを読む]
  • AIとロボットで社会は分断され格差が広がる
  • 昨年録画してあった金融革命なるNHKの番組を見ました。爆笑問題の二人が司会を務めていたシリーズものの一編で、AIやロボットをテーマにしていた回でした。ゲストとしてソフトバンクの孫正義さんと女性の方(名前は忘れました)が出ていました。NHKらしからず、予定調和のない議論が孫さんと女性が爆笑問題を交えて行われており、少々新鮮でした。番組を見ていて主な話題となっていたのは、AIやロボットが人間の仕事を奪 [続きを読む]
  • 独立系の投資信託委託会社への資金流入好調
  • 世界的な金利の低下と金融当局から批判的な見方をされたことから、毎月分配型の投資信託からの資金流出が止まりません。2017年から2018年にかけ、毎月分配型の投資信託の純資産は25%ほど減少しているもようです。その一方で比較的若い世代から支持されているのが独立系の運用会社が運用する投資信託。系列に属さないため、しがらみもなく、専門的な人材がより高度な分析により運用することで高い運用成績を残しているフ [続きを読む]
  • 少子化という言葉からは誤解が生まれる
  • 正月気分もすっかり収まり、連休ということもあって、大晦日に放送された朝まで生テレビの録画をようやく見ることにしました。1年の始まりということもあり、一つのテーマに絞られる感じではなく、総論的かつ抽象的な議論が多かった感があります。ところで、日本で問題となっている少子化問題。一見、結婚しても子どもを作らない、あるいは一人っ子が多くなってしまった結果という漠然としたイメージを持っていました。ところが、 [続きを読む]
  • 働き方改革により所得が減少していく中の有望銘柄
  • 8.5兆円。いささかショッキングな金額であります。今年4月から施行される働き方改革法案の施行による影響を大和総研が発表し話題になっているようです。それによれば、働き方改革にともなう残業の減少で最大8.5兆円もの給与が減ることになるというのです。8.5兆円という金額は1年間に日本人が受け取る給与の約3%に相当するとのこと。イメージがわきにくいので、単純に国民一人あたりにして考えるとだいたい7万円くら [続きを読む]
  • グーグルアドセンスの審査は見事に不合格
  • やっぱり駄目でありました。グーグルの詳しい審査ポリシーも知らずに応募したのですから。残念といえば残念、納得といえば納得です。審査を申し込んだのが年末ころだったから、回答まで10日くらいでしょうか。お正月休みを考えれば、迅速な回答をいただいたのではと思っています。審査に通らなかった要因はグーグルアドセンスにログインするとだいたいのところは示唆してくれていると思います。しかし、あくまで示唆であって明確 [続きを読む]
  • 損保代理店急減の要因は・・・
  • 損害保険は約9割が保険代理店によって売られているということです。しかし、その代理店の数がピーク時から3分の1にまでに減少しています。年2万件もの代理店が廃業している模様。原因は事業者の高齢化。後継者もいないため、店をたたまざるを得なくなっています。また昨今、販売者に求められる法的な義務が複雑になってきており、個人で対応することが難しいことも要因の一つとなっているようです。廃業する代理店は大型の代理 [続きを読む]
  • 相続税対策を考える人が増えている
  • なんともぜいたくな悩みではあります。相続税対策を考えなければいけないとは。持てる者、持たざる者、それぞれに悩みはあるのですね。ちなみに当方は持たざる者ですからそんな悩みなどあろうはずもありません。それに相続対策を考えるには少し若いかなとも思います。相続税がより多くの人にとって身近になったのは数年前、相続税の課税水準が下がったことからだと思います。私には無関係とはいえ、宝くじが将来当たるかもしれず、 [続きを読む]
  • 自衛隊員とトイレットペーパーの話
  • 某ニュース番組を見ていたら、にわかに信じがたいことが言われていました。自衛隊員はトイレットペーパーを自腹で負担しているというのです。そんなことってある?いくら経費節減っていってもトイレットペーパーを自腹で買えという会社があると聞いたことはありません。駅のトイレでもあるまいし。調べてみると・・・残念ながら、半ば本当の話でした。トイレットペーパーの使用量が一人1回50センチなどと決められていて、それで [続きを読む]
  • ストック・オプションが格差拡大に拍車をかけた
  • 1947−1975年まで、アメリカ人の平均的な労働者の労働生産性は98%上昇し、実質賃金も95%上がっています。ところが1976−2013年までは労働生産性は85%くらい上がっているのに平均給与は4%しか上がっていません。これはいったいどんな要因によるのでしょうか?多角的な複合要因からもたらされた結果であるとは思いますが、その中の大きな要因の一つとして「ストックオプション」の導入が挙げられるのでは [続きを読む]
  • Jリート投資考察(ワンルームVSファミリータイプ)
  • 一般的に景気後退時のJリート投資では住居系がオフィス系に比べて有利となります。そこで候補に挙げたのはサムティ・レジデンシャル投資法人(3459)。投資口価格は9万円弱と手が届きやすい価格帯。予想利回りも6%超とかなりの好利回りが期待できそうです。既に1口保有していますが、残念ながら評価損がでており、いわばナンピン買いといったところでしょうか。保有物件は全国に点在しており、約90棟。稼働率も95%弱 [続きを読む]
  • 景気後退に備えたJリート投資
  • 株価は将来の景気を先読みするといいます。ここ最近の世界株価の下落は今年の後半から、来年にかけて景気が悪化するであろうことを示唆しているものと考えられます。多少の景気後退で済めば良いのですが、ひょっとしたらリーマン・ショックの再来なんてことにもなりかねません。ところで年も明け、2019年の新たなNISA枠ができました。NISAでは損失が発生しても、特定口座との利益と相殺できないので、大きな利益が出な [続きを読む]
  • 祝日の日数と労働生産性との関係は・・・
  • 日本は先進7か国で労働生産性が最下位だそうです。ところで、日本はやたらと祝日が多いような気がして調べてみるとやはり・・・。いろいろなデータがあるようですが、あるデータによれば世界1位(17日)になっていました。労働生産性が低いのに祝日増やしたら日本の国力はますます弱くなるような気もしますし、労働時間を強制的に短くすれば創意工夫で労働生産性が上がるような気もするし、いったいどっちが正しいのか???す [続きを読む]
  • FC2ブログProで独自ドメインを取得
  • 無料ブログだと、アドセンス広告の圧倒的最大手、グーグルアドセンスの審査が通らないとのことです。というわけで今は、忍者AdMaxを利用しています。使い勝手もよく、わかりやすいのですが、どうも広告の種類が少ないようです。毎回毎回だいたい出てくる広告は同じものが多く、これではブログに来てくれても興味を引くことは難しいでしょう。そこで、グーグルアドセンスの審査を申し込むべく思いきってFC2ブログの有料版F [続きを読む]
  • スズキ、新興国通貨安のあおりを受ける
  • スズキ自動車の2018年11月の世界生産が前年同月比で8%減となったということです。生産台数で約27万台。年換算で320万台ペースです。世界のトップグループが1,000万台超であることを考えるとスズキの生産台数もたいしたものです。いずれは世界のトップ10に入ってくることは間違いないと思います。もっとも、価格帯が安いので売上ベースではもっと下になってしまいます。ところで、生産減少の主な原因は23か月 [続きを読む]
  • FRBの金利政策軌道修正の影響・・・
  • 株価は下落基調にあるとはいえ、目下アメリカ経済は好調を維持しています。失業率は3%台と最低水準。しかし、最近の株価の動きをみれば明らかなように世界的に景気後退の足音が高まってきています。FRBのパウエル議長は昨年4度目の利上げを決めて株価の下げに拍車がかかりました。もっとも、FRBも景気後退を危惧しており、2019年の利上げは3回から2回に引き下げる可能性が高いことを示唆しています。トランプ大統領 [続きを読む]
  • 米中による第二のヤルタ会談の可能性
  • 新年も明けました。今年も大変な年になりそうです。年末は骨休みを兼ね、本を読んだりネットテレビを見たり・・・。その中でも面白かったものを紹介させていただきます。いささか衝撃的でしたが、現実的な世界のシナリオでした。国際政治・米国金融アナリストの伊藤貫さんがチャンネル桜で話されていた今後の世界覇権のシナリオです。伊藤さんは普段ワシントンに住んでいる方で、世界の歴史や政治動向に明るく、しかも他の評論家と [続きを読む]
  • 中国の経済成長率は大本営発表?
  • 中国経済が失速しています。過去の過剰な設備投資により、需給バランスが崩れているところにアメリカからの圧力の影響。金融バブルの崩壊も徐々に進んでいるようで、今年はP2Pによる個人間貸し借りが法律で規制され、個人の経済破綻が急増しています。今年も経済成長率は6.5%程度の成長などと発表される見込みですが、人民銀行 貨幣研究所の人がアメリカの新聞のインタビューで今年の実質経済成長率は1.67%と答えてい [続きを読む]
  • 中国の経済成長率は大本営発表?
  • 中国経済が失速しています。過去の過剰な設備投資により、需給バランスが崩れているところにアメリカからの圧力の影響。金融バブルの崩壊も徐々に進んでいるようで、今年はP2Pによる個人間貸し借りが法律で規制され、個人の経済破綻が急増しています。今年も経済成長率は6.5%程度の成長などと発表される見込みですが、人民銀行 貨幣研究所の人がアメリカの新聞のインタビューで今年の実質経済成長率は1.67%と答えてい [続きを読む]
  • パスワード管理の重要性
  • セキュリティソフトウェア企業のSplashDataは毎年「最悪のパスワード」上位100を公開しています。その中のベストテンは以下のとおりです。1. 1234562. password3.1234567894.123456785.123456.1111117.12345678. sunshine9. qwerty10.iloveyouまあ、これらはパスワードというレベルではないですね。しかし、驚くことにかなりの人が危 [続きを読む]
  • パスワード管理の重要性
  • セキュリティソフトウェア企業のSplashDataは毎年「最悪のパスワード」上位100を公開しています。その中のベストテンは以下のとおりです。1. 1234562. password3.1234567894.123456785.123456.1111117.12345678. sunshine9. qwerty10.iloveyouまあ、これらはパスワードというレベルではないですね。しかし、驚くことにかなりの人が危 [続きを読む]
  • 擬似バフェット指標(2018年12月末)
  • 2018年の株式市場が幕を閉じました。今年は日経平均の年足が6年ぶりに陰線となりました。この成熟経済の中で6年間陽線を続けてきたことにむしろ改めて驚きます。民主党政権の超体たらく政治でいかに日本経済がめちゃくちゃにされたことがわかるというものでしょう。このところの安倍政権は若干方向性にぶれが生じ始めているとともに、国際経済も崩落のきざしが見え始め、来年は政治経済ともにますます荒れた状態になることが [続きを読む]
  • 擬似バフェット指標(2018年12月末)
  • 2018年の株式市場が幕を閉じました。今年は日経平均の年足が6年ぶりに陰線となりました。この成熟経済の中で6年間陽線を続けてきたことにむしろ改めて驚きます。民主党政権の超体たらく政治でいかに日本経済がめちゃくちゃにされたことがわかるというものでしょう。このところの安倍政権は若干方向性にぶれが生じ始めているとともに、国際経済も崩落のきざしが見え始め、来年は政治経済ともにますます荒れた状態になることが [続きを読む]
  • 年金資金が株の買い手から売り手に
  • 年金資金といえば巨額の資産を運用し、株式市場にも資金を投入してくれる巨大投資家というイメージがあります。しかし、世界的な高齢化、とりわけ先進国の人口の高齢化により、その構図が変わりつつあるようです。現役を退いて、年金をもらう人口の急増により、年金資産を売って年金の支払いに充てなければならなくなったということ。アメリカでもベビーブーマー世代の大量退職により確定給付年金はすでに資金の流出のほうが多くな [続きを読む]