ミックン さん プロフィール

  •  
ミックンさん: 御朱印ドライブ
ハンドル名ミックン さん
ブログタイトル御朱印ドライブ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mickme1231/
サイト紹介文出羽三山周辺の神社を巡り、御朱印を頂く小旅行日記です。
自由文最近、御朱印拝受の趣味を持つようになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 34日(平均3.5回/週) - 参加 2018/04/01 08:03

ミックン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 湯殿山神社本殿
  • 今日(4/28)、参拝可能になりました。湯殿山神社本殿は、「語るなかれ。聞くなかれ。」ですから、多くは語りません。撮影は、ここまで。この先は、本殿で撮影禁止です。確かに、俺の拙い言葉より行って見たほうが良い場所です。人生観が、変わりますから? [続きを読む]
  • 光禅寺(山形市)
  • 山形の英雄、最上義光公のお墓がある光禅寺に行って来ました。平日で、霧雨が降る日。でも結構、お墓に手を合わせる人がいました。では、俺も?義光公、家親公、義俊公、それに義光公の死で殉死した家来の方の、お墓です。義光公の、善政がしのばれパワーもらった‼? [続きを読む]
  • 歌懸稲荷神社(山形市)
  • 山形駅から近いので、市街地のど真ん中にあります。斯波兼頼が建立した由緒があると云うことです。今年で、創建400年なので、御朱印に狐さんがありました。少しカラフル??ここには、山形城の三の丸跡があり、霞城公園から、そこそこの距離があるので、いかに大きな城だったかよくわかります。やはり、山形市内の神社らしく洗練されてい感じがする。神社の裏手に回ると、三の丸跡がありました。本当に、山形市の中心街のど真中で [続きを読む]
  • 八聖山金山神社(山形県西村山郡西川町)
  • 残念ながら、本殿は残雪の為に行けなかった全国唯一の鉱山の神なんです。だから、宮司宅には、石もいっぱいあった。俺の行く神社は、山深い場所が多いので、やはり渓谷。実は、強い川の音は何故か苦手であるが…御朱印拝受に行ったのですが、宮司さんに、コーヒーを勧められて、小一時間ほど、お話をしてきました。俺のつまらない質問?「何故、八聖山なのか?」→「それは、8つの山に囲まれているから」「何故、白い狐がいるのか [続きを読む]
  • 再び注連寺を訪れる(森敦「月山」の舞台)
  • 山形県も、??が散り初めの所も出てきました。そうなると、大好きな注連寺の七五三掛桜が、どうなってるか、気になり再訪。注連寺の隣にある、ロケ地になった家?は、この通りでした。今年は、大雪だったから。七五三掛桜約1ヶ月前に訪れた時は、雪に覆われて全く姿が見えなかったのに雪解けは早い。注連寺の隣にある、お墓も見えました。注連寺の少し上にある、十王峠。この先も行けそうだったけど、ここでやめときました左上に [続きを読む]
  • 湯殿山神社 里之宮(山形市)
  • 山形市の旧県庁隣にあります。小さい時から「なんでここに湯殿山?」と思ってました。三島通庸が、関係していると、今頃になって知りました山形市の、超市街地にも関わらず、静けさと、気品は、流石だなと思います。3枚の御朱印を拝受しましたが、結構時間が、掛かりました。御朱印を見ると、なるほど〜と思いました。受付の女性も巫女の姿です。今まで、辺境の神社を巡っていたので、都会(山形w)は違うなぁと、思った#山形市#湯殿 [続きを読む]
  • 金峰神社(蔵王権現堂) 鶴岡市
  • 鶴岡市市民の憩いの山、金峰山に登りながら、金峰山神社に参拝に行って来ました。#パワースポット社務所では住職が不在でした。俺が、遠方から来てるのを知って、住職を「先輩」と呼んでいる男性より、代筆して頂きました。緊張した様子で、出来上がりまで、かなり時間を要しました。何回か失敗して書き直していたようですが、その気持ちが、とても嬉しかったです。初めに、青龍寺行きました。残念ながら、お寺のガタガタは、不在 [続きを読む]
  • 鈴立山 若松寺(山形市天童市)
  • 若松寺は、別名縁結びの観音様で、パワースポットでも結構有名みたいです。若松寺にたどり着くまで、峠道があるのです。若い女性がひとりで、入れ替わり立ち替わり、参拝に訪れるのを目の当たりにすると、「なるほど〜」と思います。子育ての地蔵尊も祭られています。知識不足で、よく分かりませんが「花笠音頭」や、結婚=むかさり(山形弁)が関連しているようです。結婚せずに亡くなった人のために、死後の世界でのしあわせな結婚 [続きを読む]
  • 寒河江八幡宮
  • きょうは、あの日から40年たつんですだから記念に今日は、ド(笑)ホームの寒河江八幡宮に参拝してきました。御朱印です。ここは、隠れたパワースポットとして、結構有名なんです。特に安産、子宝にご利益があるそうですね。今まで感じなかったけど、神楽が流れていて、神聖な感じがします。年を重ねると、忘れることもあるけど、感じることもあるんだと思います。東西南北、杉に囲まれてますが、この時期に粉症に悩まされる俺も大丈 [続きを読む]
  • 湯殿山神社(大日寺跡) 山形県西川町大井沢
  • 日本全国春爛漫な感じですが、ここは全国ニュースのお天気コーナーでも、話題になることが多かった、山形県西川町大井沢にある神社です。上の写真を見ると、雪が少ないように見えますが、先に進むと、ブーツではなくて長靴で来るべきだったと、後悔しました。ズブズブ抜かりながら、鳥居をくぐりました。道無き道を、進んでいき参拝してきました。こんなに雪が多いのにもかかわらず、とても暖かい気持ちになりました。春の陽だまり [続きを読む]
  • 十王峠(本明寺〜注連寺)
  • 本明寺を後にして、はっと気付いた。十王峠やんそういえば、通行止めの看板も出ていない。行こう少し登って振り返ると、綺麗な山並み。名前が分かりませんがなんとなく、峠らしい道になってきたな。結構、水の音が大きく、ちと怖い。森敦が言っていた渓の木霊なんだな。と思った。更に登って行くと、、、なんだ、やっぱ行き止まりやん。でも、広い道の前で、行き止まりになってるので、楽々Uターン。でも、昔は、冬でも十王峠は、 [続きを読む]
  • 不動山 本明寺(山形県鶴岡市)
  • 即神仏がある本明寺に行ってきた。十王峠の入り口付近にある神社です。こう見ると、全く雪が無いのですが、階段を登ると雪また雪で、本堂も雪囲いで覆われていた。パンフレットは、白黒コピーです。本明海上人と本明寺の歴史が書いてあります。即神仏のある御堂で、住職の奥様?が本明海上人と本明寺のことを話してくれました。その間、俺は本明海上人と対峙しておりました。とても厳粛な気持ちになります。白い衣をまとってたけど [続きを読む]
  • 鳥海山大物忌神社 吹浦口宮
  • 森敦の短編小説「鴎」の舞台になった、吹浦にある神社です。どこか分かりませんが、森敦は奥さんと、この神社のすぐ近くに住んでいたそうです。小説の中にも、この神社が出てきますね。御朱印です。この階段の奥にも、石段がありました。オヤジには、少々ハードな階段はーはー言いながら、本堂へ。写真がショボ過ぎだが。若い頃は、神なんか信じない派だったのに、何故だろうか?体はへばっているのに、心が神聖になると言うか、穏 [続きを読む]
  • 湯殿山 注連寺(山形県鶴岡市大網)
  • 森敦の小説の舞台になった「注連寺」に行って来ました。どうしても、冬の注連寺に行きたかった。道路は、しっかりと除雪してるようでしたが、注連寺は雪が凄い。これが御朱印 #七五三掛 外見は、雪囲いがボロボロ。参拝者は俺ひとりどっから入ればいいのかとりあえず、鐘を鳴らしてお参りする。「ん〜。結構低音の音がするな〜。」人の気配はするが、人がいない。でも、ここまで来たんだから、このままじゃ帰れないので、周りを歩 [続きを読む]
  • 過去の記事 …