ranko さん プロフィール

  •  
rankoさん: 東京とエスパルスと音楽の野心的な日々
ハンドル名ranko さん
ブログタイトル東京とエスパルスと音楽の野心的な日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/shibainuranko/
サイト紹介文在東京エスパルスサポの野心的観戦日記です。 時々音楽関係の情報なんかも発信したりしなかったり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 138日(平均2.7回/週) - 参加 2018/04/01 18:13

ranko さんのブログ記事

  • 正念場の始まり、遠きに行くは必ず邇きよりす vs C大阪
  • 終戦記念日のミッドウィーク大阪決戦。悔い改める深重な心持ちで観戦しておりました。 前半の中継を見ながら、解説者の口ぶりが何か聞き覚えがあるなぁと思っていたらあぁ、学生時代に良く聞いていた山下達郎のNHKラジオ、サンデーソングブックの雰囲気だなんて大らかに構えていた矢先の失点。 ここ数試合、ディフェンスは中央はしっかり保っていますが、どうもサイドが緩いですね。なんででしょうか。 久しぶりに帰ってきたクリス [続きを読む]
  • 越すに越されぬ箱根の山 vs 川崎フロンターレ
  • ここ最近は川崎戦はエスパにとって上位浮上の試金石みたいな試合になりますね。川崎相手に勝利、善戦できるようならこのチームは本物なんじゃないかと実感できる。しかしそんな期待は毎回見事にはじき返さ、結果首を垂れるの繰り返し。。。 開始数分でドウグラスのビューティフルゴールが決まった時には今日こそは!との期待を持たせてくれましたが、そんな淡い期待は長続きせず。 今日のエスパルスは戦術的にチグハグで、後手後手 [続きを読む]
  • 久しぶりに音楽の話題^^
  • 台風がまたまた来てるとか、でも今日はとっても涼しくて快適。 久々に音楽の話題です。静岡、島田、お茶畑をテーマに友人の結婚式に作った曲をあげました。英語の歌詞ですが、もしよければ聴いてみてください。 https://www.reverbnation.com/junteck27/song/29883106-evergreen-field [続きを読む]
  • 過酷な真夏の夜の対決、月夜にツキを呼び込めず vs 鹿島
  • 京都、名古屋は連日40℃に達しているとのこと。この暑さは過酷です。東京でも敢えて昼間に外出しようなんて気になりません。 ナイトゲームとはいえ30℃近く湿度も高い中では、選手の動きが重いのもいたしかたなし。 北川はややキレを欠き、前半から万全とはいえないコンディションのようでした。好調時の彼であれば、前半一本目のチャンスで仕留めていたはず。代表では激暑中東での戦いなどもありますからね、ここで踏ん張って欲し [続きを読む]
  • 蝉さんも暴れる3連勝!安心安全のディフェンスラインは健在 vs 鳥栖
  • ご飯を食べているとベランダでバタバタと音が。蝉さんが紛れ込んじゃったようで、まさに夏休みの風物詩。静岡ではよくカナブンと蝉の共演ダンスが見られましたが、東京に来てからは珍しいのでなんだか懐かしい。 早い梅雨明けで昆虫たちも興奮、勇み足気味なんでしょう。 我らがエスパルスは勇み足どころか、しっかりと地に足をつけた内容での3連勝。素晴らしいクリーンシート!ディフェンス陣最強!ロングボールやクロスはほぼ100 [続きを読む]
  • 熱風列島を席捲せよ! vs 横浜FMプレビュー
  • さすがにこりゃ暑すぎだらぁ、なんて声が静岡方面から聞こえてきます(笑朝の地下鉄は夏バテ気味の方々、日本橋のビジネス界隈は日中は人通りも少なく表情は物憂げ。。。 エスパサポぐらいですかね、この烈火の日本列島でなぜかニコニコ元気なのは(笑)そして、うちの母校は高校野球でついに準決勝進出!??ここまで来たら、27日の決勝で甲子園出場を決めて翌28日の横浜FM戦を勢いづかせてくれ。がんばれー掛高! さて、土曜日の [続きを読む]
  • しっかり観戦できずにすみません。。。 vs G大阪
  • 熱い、暑い、とにかく暑い日が日本列島を覆っております。土曜日に約半年ぶりにフットサルをしてきましたが、この暑さの中では全速力をするたびに脳がくらくらしてしまいます。 高校野球で母校が勝ち進んでいることもあり、今日はだーいぶ上機嫌です^^上機嫌過ぎてお酒が進み過ぎて試合観戦に集中できておりませんでした・・・ごめんなさい! ほんと、今年のJリーグ夏の陣は過酷だと思います。こんな環境で本当に東京でオリンピ [続きを読む]
  • 勝負はここから、継続あるのみ! vs C大阪
  • まっこと不思議なチームです、エスパは。とんじゃかないけんねぇ。どん底まで落とすだけ落としておきながら、ひょこっと顔を出す春のつくしみたい。 チーム状態は決して万全といえるような状況ではなかったでしょう。練習試合で勝てず、天皇杯で相手の2軍に勝てず。90分走れないなどと情けないコメントした選手もあり。。。 そんな状態のなか、半ばサポも半信半疑に今日の試合を観戦していたでしょうしかくいう自分はそうでしたよ [続きを読む]
  • 宴の終焉とこれからの向かう先
  • ワールドカップも終焉を迎えようとしております。後半途中でフランスが3−1でリード。 クロアチアがやや優勢なままでも、フランスにはまだ余裕がある。かつてのシャンパンフットボールといった華麗なサッカーではなく、質実剛健といった堅いフランスはデシャン監督のもと勝負強さがある。 延長3連戦を戦い抜いてきたクロアチアの回復具合が懸念されていたが、さすがは世界のトップチームはそんな過酷な状況でも見事に走りぬいてい [続きを読む]
  • 受け入れ難し敗戦の陣かな 天皇杯 vs甲府
  • 前評判を見事にひっくり返した日本代表の再現を期待しましたが、我らがエスパはさすが、一切の裏切はなく、むしろ悪評をさらに下回るていたらくを見せつけてくれますね…試合を見ていないのと、仕事中、かつ乱心気味なので手短に(笑)落胆ポイントは大きく2つフルメンバーでサブ主体の甲府に負けてどうする?「90分走るコンディションが整っていない」金子よ、プロとしてそんな無責任なコメントしてて、ああそうでしたかと受け入 [続きを読む]
  • 真価の問われるJリーグ後半戦スタートへ! 天皇杯 vs甲府
  • ながーいワールドカップ中断期間も終わり、今週はいよいよ天皇杯からエスパも再開。思いのほかワールドカップを満喫していましたが、それでも土曜の準々決勝観戦を境にすぱっと気分をオレンジへ切り替え。 久しぶりに世界のサッカーを堪能した感想としましては(まだ終わってませんが笑)世界のサッカー趨勢が激しく「フィジカル中心のアスリート化」へ舵を切っているいることへの驚き。 でかくてうまい、しかも戦術理解度も高い、 [続きを読む]
  • 熱戦、激闘!ひとつの夢の終わりは新しい夢の始まり 日本vsベルギー
  • 熱戦、激闘、そんな言葉がぴったりの興奮の試合でした。代表の試合でこれほどの名勝負を見せていただいたのは、いつぶりでしょう。 寝不足なんのその!ポーランド戦の消化不良の反動もあってか、これぞサッカー、これぞフットボールだ!といった試合を魅せてくれて、素直に嬉しく代表選手たちに感謝です。 ベルギーはタレントの宝庫。チームの成熟度もここ数年で一番ということもありどういった試合展開になるかは全く予想ができま [続きを読む]
  • 筋書きのないドラマ 王者ドイツの予選リーグ敗退
  • 波乱含みの今大会でしたが、まさか王者ドイツが予選リーグで敗退するとは誰が予想できたでしょう。筋書きのないドラマ、それがサッカー、フットボールですね。 アジア勢として、唯一日本だけが決勝トーナメント進出の望みが残ったわけですが、王者ドイツに一矢報いた韓国はようやく韓国らしい気迫を見せてくれたと思います。GKのチョ・ヒョンウは特に素晴らしかったです。 穴がなく、そつない、堅く、とにかく強いのイメージしかな [続きを読む]
  • ドウグラス獲得へ、 久しぶりのエスパ話題!
  • http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/spulse/topics/506196.html 情けなくも、日本 vs セネガル戦は前半で寝落ち ( ̄_ ̄ i)梅雨の中休みに浮かれ、がっつり遊び体を動かしてしまった成れの果て。歳には抗えません。 さて、レビューを観る限り勝てるチャンスもあったようですね。前半を少しだけ観ていた限りは、セネガル強しの印象でしたがあの後で日本側も対応に慣れたんでしょう。 試合中に修正しながらの試合運びがで [続きを読む]
  • ワールドカップ7日目 最強GKたちの対決にも注目!
  • 日本列島は半端ない大迫が席捲しております笑セネガルの試合を観ましたが、想像以上に組織的なチームですね。あぁ、恐ろしや。 さて、グループリーグは波乱含みの展開で、いわゆる強豪国が軒並み苦戦しております。アルゼンチンは予選敗退の危機、ブラジルは激戦のすえコスタリアに辛勝、ドイツは勝ち点3を目指して明日2戦目。果たしてどうなることやら。 固いところはポルトガル、スペイン、フランスといったヨーロッパ勢でしょう [続きを読む]
  • ワールドカップ5日目 嬉しい誤算!そして進化への一歩。
  • 日本代表、やってくれました!まだ一勝だけ、次が大事という頼もしい選手たちのコメントからして勝って兜の緒を締めよを体現してます! 自分も含めメディアも決して肯定的な意見が少なかった今大会の日本代表ですが、見事にその逆境を跳ね返すかのようなプレー、そして結果を残してくれました。厳しい批判をしていましたが、素直にごめんなさい!嬉しい裏切りをありがとう! 改めてサッカーは何があるかわからないです。開始早々で [続きを読む]
  • ワールドカップ4日目 恐るべしメヒコ!そこは日本の目指すべき先なのか?
  • 地震、雷、火事、おやじ、なんて言いますがこの中じゃ地震の脅威が圧倒的ですよね。 今朝方の大阪地震で関西の生活は未だ揺れ続けていることかと。一刻も早く普段の日常を取り戻して頂きたいです。 さて、激震といえば昨日のドイツ vs メキシコでにおけるドイツの敗戦。ドイツ紙ではどう伝えているかと言いますと、レーブ監督の険しい表情を一面にしてDie große Stille 大いなる沈黙、との見出し。 敗戦はショックだったようです [続きを読む]
  • ワールドカップ3日目、統計検定あるある
  • 業務上、統計検定を受ける必要がありまして、本日がその試験日でした。過去問を見ながら統計検定毎回のあるあるなのですが、問1が必ずや下記のようなJリーグ関連の問題で、設問に集中できなくて困ります。 問1 次の表は、2017年度のサッカーJリーグのチーム年間総得点のデータである。 各カテゴリー別でチーム毎の総得点(川崎 71、C大阪65.... エスパルス36....甲府23)、カテゴリー別平均総得点(J1 44.06点)、標準偏差(J1σ [続きを読む]
  • toto予想とワールドカップ観戦日記 1,2日目
  • エスパルスの試合がないと、週末の世界はこんなにももぬけの殻。勝っても負けても、あんなに弱くたって( ̄_ ̄ i)、やっぱり欠かせない要素なんですね。 さぁ、ワールドカップが開幕しました。せっかく4年に一度の大会ですし、楽しまなきゃ損ということでtotoも購入し、できるだけ観戦してみようと決めました! 最終目的はエスパに還元できるような、フットボール新視点を身に着けるために! 6/14 ロシア vs サウジアラビア 5-0前 [続きを読む]
  • 歴史の終わり。。。日本代表とエスパルス と北朝鮮
  • 予定調和史≒歴史の終わり北朝鮮とアメリカ合衆国の歴史的首脳会議と称された本日の記事。 「歴史の終わり」とは、国際社会において民主主義と自由経済が最終的に勝利し、それからは社会制度の発展が終結し、社会の平和と自由と安定を無期限に維持するという仮説である。民主政治が政治体制の最終形態であり、安定した政治体制が構築されるため、政治体制を破壊するほどの戦争やクーデターのような歴史的大事件はもはや生じなくな [続きを読む]
  • あまり触れたくないけれど。。。日本代表とエスパルス
  • ワールドカップへの準備は危機的といっていいじゃないでしょうか。代表チームそのものの準備ではなく、日本国内の観る側として。 テレビやメディアからは無音無風で放っておかれたまま早くも開幕5日前。スポーツといえば大谷選手、もしくはつい最近まではアメフトの話題。 余談ですが、話題のアメフト2校がうちの兄弟出身校で複雑な心境。 さて、ここまで盛り上がらない原因は一にも二にも代表の人気のなさによるでしょう。原因は [続きを読む]
  • 今更言うことではないのかもしれない
  • 日本代表のメンバーが発表されまさしたね。残念ながら我等がエスパルスから選ばれず。当然といえば当然。西野ジャパンの3バック機能せず。至極当然。フットボールとはそんなに単純なスポーツではありません。エスパルスが今調子悪いからといって、監督を変えたらうまくいく、この選手を入れたらうまくいくそんな短期で推し量れるスポーツではないんです。それでも数パーセントの可能性にかけたと豪語するJFAを信じてみるのもいいで [続きを読む]
  • アマチュアとプロの違いってなんじゃらほい? ドイツの記事から
  • Jリーグはながーい中断期間に突入してしまいました。木端微塵に打ちのめされた川崎戦を最後に、陰鬱な時間を過ごしているサポも多いことでしょう。かくゆう、僕自身もそのうちの一人です。 振り返りたくもない試合でしたが、目を背けてばかりもいられない。いったいエスパと川崎の違いはなんだったのか? ひいては日本代表と世界のトップレベルとの差は?個人の差、チーム戦術、運、フォーメーション、監督、それぞれに思うところ [続きを読む]