ゆうひろこ さん プロフィール

  •  
ゆうひろこさん: 国際結婚23年!台湾人と楽しく幸せな夫婦のコミュニ
ハンドル名ゆうひろこ さん
ブログタイトル国際結婚23年!台湾人と楽しく幸せな夫婦のコミュニ
ブログURLhttps://ameblo.jp/taiwandreamproject/
サイト紹介文台湾人と国際結婚し23年の私から、いつまでも楽しく幸せな夫婦関係を育てるコツをお伝えします。
自由文台湾人と国際結婚23年の私がお伝えしたいこと
あなたは台湾人夫やその家族とのつきあい方に悩んでいませんか?台湾と日本の文化風習の違いにとまどっていませんか?私の経験が、ほんの少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 24日(平均9.6回/週) - 参加 2018/04/01 21:19

ゆうひろこ さんのブログ記事

  • 変わりゆく台湾の街角!ストリートアート@淡水
  • 台湾に限ったことではないけれど・・・ 長く生きていると、街の風景が時代とともにどんどん変わっていくのを感じます。 これは台湾北部の淡水(たんすい)という観光地のメインストリートから外れた路地。車やバイクが軒先に停めてある普通の光景の中に、ウォールペイント(これは階段だからステップペイント?)上段は淡水の夕陽、下段は淡水の夜景のようです。 以前はこんなのはなかったはず。 別の場所だけれど、こんな感じだ [続きを読む]
  • 甘酸っぱくてフルーティーな洛神花茶
  • 洛神花(ロウシェンホァ) 日本のガイドブックではほぼ「ハイビスカス」と訳されています。赤い色だし、私もずっと「ハイビスカス」と思いこんでいました。この間の蝶豆花茶(バタフライピー)をいただいた薬草博士から、洛神花茶(ロウシェンホァティー)を勧められた時に、尋ねてみました。 /洛神花(ロウシェンホァ)はハイビスカスですか?\薬草博士の答えは・・・違います!でした。 そして、英語で「ローゼル」だと教え [続きを読む]
  • いい夫婦じゃなくて、よい夫婦の日!の昼飲み
  • 暑くなったので、昼から夫婦で飲みに出かけました。 午前中、台湾人夫は仕事をし、私はランニングしたので、お腹もすいて、のども乾いている。いつものお店で待ち合わせして、先に着いた私はまずビール。遅れて到着した夫が席に着くタイミングで、予め注文していた料理が出てきた。 普段、なかなか休みが合わないので、たまにこうやって出かけるられるのは貴重です。 一緒に飲める夫婦で良かったなぁ台湾ではお酒を飲む人が少ない [続きを読む]
  • 台湾での挨拶の言葉に思うこと
  • 挨拶はコミュニケーションの基本です。世界各地の挨拶はその文化によって、なりたちが違いますね。 你好(ニーハオ)! 日本語では「こんにちは」と訳されます。でも、直訳すると「ご機嫌ですね」とか「素敵ですね」とか、良い状態を指す言葉です。実は、台湾で挨拶として你好(ニーハオ)はあまり使いません。堅苦しい印象があり、これを使って挨拶するのは観光客相手の商売人とか、親しくない間柄の場合などです。你好(ニーハオ [続きを読む]
  • 台湾で金運アップ!北投・關渡宮
  • 台湾人が信心深いのは、いまさら言うまでもないのですが 一か所にたくさんの神仏習合しているのは、合理的に参拝できるからなのでしょうか?(笑) 台湾で一番多いのが、航海の女神といわれる媽祖を祀っている廟。ですが、必ずそれ以外の学問の神様や商売の神様、そして観音様に・・・何体もあります。 その数が多ければ多いほど、廟そのものも大きく、そしてご利益も大きいというわけです。 有名なものの一つに、うちの実家から [続きを読む]
  • 台湾のドメスティックバイオレンス(DV)
  • たまたまネット記事でみつけたのだけれど台湾人男性と結婚を考えている日本人女性の悩み台湾人男性は結婚すると、DV男に変わる人が多くて心配とありました。 そこに回答する人たちのコメントに、いろいろな考え方があるものだなぁと感心するやら驚くやら。 台湾人男性がDVに変わるかどうかそんなもの、台湾人男性だろうが日本人男性だろうが、アメリカ人だろうが、世の中の男性だれしも可能性があるでしょ。 たしかに台湾人男性に [続きを読む]
  • 台湾移住するなら、どこ?
  • 先日の片倉ご夫妻の講演会でも話題になっていましたが、台湾にも地域格差がかなりあります。気候や物価、交通アクセスなど、観光ではなく、実際に生活するならと考えると、悩ましいところ。 かつて、リタイアした日本人向けのロングステイ集落が、台湾中部にあったと思うのだけど、今はすっかりその話を聞かなくなったということは・・・ 移住するには、なかなか難しい問題があるようですね。 さて、私の場合は、台北市の北のは [続きを読む]
  • 陶器の街「鶯歌(インゴー)」とはどんなところ?
  • 昨日の面白タイル記事つながり?!ここも迪化街と同じく、昔ながらの老街(ラオチェ)があって、陶器好きにはたまらない街。だけど、興味のない人、それがたとえ台湾人であっても全く相手にされない???私が何度も「鶯歌(インゴー)に行ってみたい」と台湾人夫に行っても、完全無視。だから、一人で台湾に帰省した時、行くぞっ!と張りきっていたんだけれど台湾人、しかも女性である姉や姪っ子にも、鼻で笑われた・・・どうやら [続きを読む]
  • オープン1周年!迪化207博物館で面白タイルみっけ
  • 台北観光で人気の迪化街ここは昔ながらの乾物、漢方薬、布市場、縁結びの神様、歴史的な建造物など見どころ満載。近年はクリエイティブな若者たちによるリノベーションカフェや雑貨店が次々とオープンして、幅広い年齢層のお客さんをとらえています。うちの家族はドライマンゴーを買うためだけに、迪化街に行ったりするのですが、行くたびに新しい発見があって面白い!オープン1周年を迎えた迪化207博物館 たまたまオープンしたて [続きを読む]
  • ディープな台湾好き必読!『台湾探見 Discover Taiwan』
  • 私が大好きな台湾在住ライターの片倉佳史さん・真理さんご夫妻。私は10年以上前から追っかけてきましたが(笑)、真理さんにお会いするのは今回が初めて!これまで真理さんはたくさんの著名なガイドブックや雑誌などをコーディネートされていますが、表に出られることがありませんでした。しかし、このたび単独著書を刊行され、その記念講演が大阪で開催されたので、私もやっとお会いできたというわけです。 『台湾探見 Discover T [続きを読む]
  • 青くインスタ映え!?台湾の蝶豆花茶(バタフライピー)
  • 昨日、インスタ映えの話を書いていて、急に思い出したものがありました。蝶豆花(バタフライピー)    これはちょうど1年前に姉のお友達にいただいたもの。 タイ原産の蝶豆花(バタフライピー)というブルーの花を乾燥させたものです。この乾燥した蝶豆花にお湯を注ぐと、みごとな青い飲み物になります。  ハーブにしては淡白な味で、ほんのり豆のような味がするかな。 これに酸性のレモンなどを加えると、青色が鮮やかな紫 [続きを読む]
  • インスタ映え?インスタバエ・・・
  • 最近、知った言葉で、衝撃的だったのが、この言葉! インスタバエがたかってるインスタ映えにひっかけて、インスタグラムに載せるため必死に写真を撮る人たちを揶揄しているのです。私ももしかしたら、インスタバエの幼虫かもしれません。 ブログやインスタ、Twitter、フェイスブック、ラインなど、活用しているかどうかは別にして、そのために写真を撮っています。私の場合、グルメも風景も何でもありのごちゃまぜ・・・これこそ [続きを読む]
  • 元カノ、元カレの話
  • 50をとうに過ぎた私が、元カノ、元カレという言葉に抵抗がないわけじゃないけど・・・ずいぶん昔、小学生の頃に法事で、田舎の親戚が集まっていた時のことを思い出しました。じいちゃんばあちゃんたちが「あの時、〇〇と△△が付き合ってて・・・」「実は××は○○を好きだったのに・・・」とか話してるのです。この人たちはその年になって、何を言ってるんだろうと、ドン引きしましたよ。でも、今、自分がその年齢に近づいてきた [続きを読む]
  • ちょっと待って!その台湾人オトコは大丈夫?
  • 台湾人男性は優しい優しさの度合いとか、人口比率を考えると、台湾人男性が優しいには納得です。しかし、優しさと優柔不断が混同している男性もいます。また、優しさと比例して、マザコン度合いも高くなり、彼女や妻の許容範囲が問われるところ。うちの場合は、結婚するときに台湾人夫に言われたこと、今でもはっきり覚えています。「この世の中で守るべき大切な女性が3人になりました。母、姉、そして、ひろこ。」 言葉遣いはこの [続きを読む]
  • 台湾の妖怪村
  • 以前、少しご紹介した台湾中部の渓頭林森公園。そこへ行ったついでに、というか、セットで回るのが定番コースのような妖怪村へ。 台湾なのに日本みたいな妖怪村全く予備知識のないまま、渓頭に来たなら、妖怪村にも行っとく?みたいなノリで連れていかれました。 妖怪村といえば、少し前に流行した妖怪ウォッチなのかと思いきや、意外にも昭和時代にタイムスリップしたかのような雰囲気! あとから調べてみると、台湾人と日本人の [続きを読む]
  • 台湾での介護・外国人労働者か日本人妻か
  • 世界的にも高齢社会の現在、どうしても避けられないのが介護。介護は誰がしますか?子どもが親の世話を見ることができれば、それはとても幸せなことですね。そのためには、例えば経済力であったり、住環境であったり、たくさんのことをクリアできてこそ実現できるのですから。私の両親は、近くに住んでいますが、母は自宅で面倒を見れる人がおらず、入院生活です。父の負担を考え、ヘルパーさんを頼むよりも病院を選びました。娘の [続きを読む]
  • 芦屋さくらファンランのハーフマラソン完走
  • 今日は寒かったけれど、マラソンにはちょうど良かったです。毎年恒例、同級生と一緒に参加する芦屋さくらファンラン。 同級生ランナー組と応援組でにぎやかなレースです。応援の力は本当に素晴らしいですね!応援されると、実力以上の力が発揮できるのですから。 ゴール前の数十メートルは遅咲きの桜並木。そこを抜けたところで、水色のTシャツの女性と競りました(笑) なんとこの水色のTシャツの女性は、70歳だそうです。今回は [続きを読む]
  • 売れないお笑い芸人並み、おしゃべりが止まらない夫につきあうには
  • 最近、台湾人夫のことがブログで書かれていませんが、というメッセージを頂きました。 気にかけていただき、有難うございます! ブログタイトルが、〜夫婦のコミュニケーション術〜というのにね。決して、夫のことを忘れていたわけではなくて 夫婦のことは生活すべて、家族や親戚、住んでいる環境、文化や習慣も含めたもので成り立っている そんな視点でブログを書いています。 では、あらためて最近の台湾人夫について(笑)仕 [続きを読む]
  • 日本人に人気のレトロな客家花布(客家柄)によせて
  • 台湾好き女子の間で、ブレークしている(と思われる) 客家花布(客家花柄)台湾には客家という民族がいて、固有の言語や文化を継承しています。この客家花布(客家花柄)は伝統的なもののひとつです。色合いはこれ以外にも何通りもの組み合わせがありますが、ビビッドな色づかいと大柄の花が特徴的な布です。 この布を使って、ポーチやクッション、テーブルクロスなど、さまざまな布製品ができています。最近でこそ、台湾でもじわ [続きを読む]
  • 清明節、台湾のお墓事情
  • 本日、台湾は清明節(チンミンチェ)春分の日から15日目、24節気の一つです。万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也(暦便覧)清浄明潔の略。晴れ渡った空には当に清浄明潔という語ふさわしい。地上に目を移せば、百花が咲き競う季節である。 生命の息吹を感じる季節でもあり、生命と清明がリンクしているという説もあります。そして、中華圏では先祖のお墓参りする日です。 ちなみに、台湾に近い沖縄でも同じように清 [続きを読む]
  • 花粉症ピークの日本!台湾に花粉症はあるのか?
  • 私は花粉症ではありませんが、会社の同僚たちは花粉症で辛い日々を送っています。その対策もなんだか大変そう・・・薬を飲むと眠くて仕事がはかどらないけれど、飲まないと鼻水がとまらなかったり、目がかゆくなって、どちらも仕事にならん!のだそうです。 台湾に花粉症はあるのか?そんな花粉症ピークの日本から、花粉症がない台湾へ避難する!という記事を読みました。その記事によると、台湾は杉やヒノキが日本に比べて少ない [続きを読む]
  • 中毒性に注意!台湾インスタントラーメン〜牛肉麺
  • 台湾の代表的な麺料理の一つ牛肉麺これは麺好きはもちろん、麺好きでなくても、台湾で食べてしまうものではないでしょうか。 台湾いたるところに牛肉麺のお店あり。 スープの味、麺の太さ、具材など、当然ながらお店ごとに違いがあります。スープの種類は大まかに2種類。あっさりとした清燉スープと、辛味のある醤油ベースの紅焼スープ。 私のお気に入りはあっさり清燉スープなのだけれど、時々、とても食べたくなるのが紅焼スー [続きを読む]
  • 日本と台湾の働き方、就職活動の違い
  • 今日、入社式という会社が多かったですね。うちの息子も昨日のうちに東京へ移動し、今日入社式を迎えました。私の母が、「あんな可愛らしかった子が、立派な社会人になるんやな。」と感慨深げにつぶやきました。 私も同じような気持ちです。「あんなに手のかかった息子が、成人して社会人になる・・・」 これから、しっかり独立してもらわなくては! さて、その入社式、世界ではどうなんでしょう? 入社式あるの?少なくとも一斉 [続きを読む]
  • 台湾の家族に贈る日本の桜その2
  • 桜が一気に開花し始めて、春らしい温かなお天気の日が続いています。うちの近所では、朝早くからお花見の場所取りレジャーシートが敷かれていました。 日本人でも桜に浮かれるくらいだから、外国人観光客の方が喜ぶのは当然ですね。 大阪城は見事に外国人観光客御一行様で大混雑だそうです。台湾人家族にたくさん桜を見せてあげたい!今日も私は、朝からランニングしながら、近場の桜の名所で撮影!住吉大社の枝垂桜 桜とともに他 [続きを読む]
  • 占い師じゃなくても易占いカード
  • 昨日は、自分でできる台湾のポエ占いについて書きました。 ポエ占いよりも、さらに詳しく内容を読み解きたい時に使うのが、易占いカードです。タロットカードの中国・台湾版というところでしょうか?当たるも八卦当たらぬも八卦といわれる八卦これの陰陽の組み合わせになるので、8×8=64卦、つまり64枚のカードで占います。 64とおりの意味があるのと、絵から内容がイメージしやすいのが特徴です。 私は昔から占いを胡散臭いもの [続きを読む]