アンティークメルスリー さん プロフィール

  •  
アンティークメルスリーさん: antique-mercerie アンティークメルスリー
ハンドル名アンティークメルスリー さん
ブログタイトルantique-mercerie アンティークメルスリー
ブログURLhttps://ameblo.jp/antique-mercerie/
サイト紹介文長い間フランス各地の蚤の市で探し求めたアンティークメルスリーを毎日紹介します。
自由文フランスのアンティーク手芸道具や材料、図案・本、レースや刺繍など紹介しています。紹介したものは販売しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供239回 / 234日(平均7.1回/週) - 参加 2018/04/02 22:30

アンティークメルスリー さんのブログ記事

  • ボーヴェ刺繍
  • 薄い生地にボーヴェ刺繍が施されています。刺繍の学校に入るまで、ボーヴェ刺繍の事は知りませんでした。ただ単にチェーンステッチだけでできた物?と思っていました。確かにチェーンステッチなんですが、リュネビル刺繍で使うクロッシェ針を使って作られています。プチプチ針を刺して、糸を引っ掛けて、、、慣れないと安定したチェーンができなかったり。シンプルですが、好きな刺繍の1つです。 [続きを読む]
  • セルロイドのボタン
  • 樹脂ボタンにも色々あります。セルロイドもその中の一つです。見分けるのには、摩擦を起こしたり、水に濡らしたりします。優しい丸みがあって、触り心地がいいです。Creemaで2つ300円で出品しています。Creema アンティークメルスリー [続きを読む]
  • 日本の養蚕
  • 1930年の高校の教科書(地理)をパラパラめくっていると、日本の養蚕が紹介されていました。その時代に生きていたわけではないけれど、懐かしい気持ちになってきました。 [続きを読む]
  • パイエット
  • オートクチュール刺繍やリュネビル刺繍によく使われているパイエット。(スパンコール)刺繍学校の先生に昔はゼラチンで作られていたと聞いた事があります。本当かな?と疑いながら、掌に1枚のせて、水を一滴たらしてみました。反対側の指でなぞっていると、あっという間に溶けて無くなってしまいました。古いドレスには、すっごく沢山のパイエットが付いていますが、雨の日は、着れなかったんでしょうね? [続きを読む]
  • 刺繍とニードルレースのテーブルライナー
  • 刺繍とニードルレース、どちらに先目がいくかと言うと、凝った仕上がりだったり、細かい仕上がりの方に目がいきます。どちらも同じぐらいだとしたら、レースの方に先興味を持ってしまいます。この作品もレースに目がいきます。直径5cmぐらいの作品を作った時に、ニードルレースは、ちょっと休憩!と思った事があります。この作品を作られた方は、何日?何ヶ月かかって完成されたんでしょうね。 [続きを読む]
  • 鍵付き缶
  • 鍵付きなので、大切な物が入れられていたんでしょうね。アクセサリー?お手紙?今日は、Creemaに糸とレースのモチーフ数種並べました。ボビンレース、クロッシェレース、クンストレース、バテンレース、テネリフレースの小さな物です。ハンドメイドの素材になればいいなぁと思っています。Creema アンティークメルスリー [続きを読む]
  • 紙製糸巻き
  • 糸巻き台紙に描かれた文字やロゴを見るのも好きです。この糸巻きには、天秤が描かれていますが、どういう意味を表しているのかな?とか、メダルがたくさん描かれているのは、沢山の賞を獲ったのかな?とか、曲線が多い模様は、刺繍の図案にも使えそうとか、、、。 [続きを読む]
  • 1920年の雑誌から
  • 1920年のプティ エコー デ ラ モードをパラパラめくっていると、クスッと笑える広告を見つけました。左が使用前のお顔で、右が使用後。こんなにシワがなくなるの?それも100年前から、、。欲しい、、、。見ていてクスッとなるので、こういうのは、額装して飾りたいなと思いました。 [続きを読む]
  • はさみ
  • 手芸バサミは色々あって、手芸店へ行っては気になるはさみを見つけては、コレクションした事があります。でも結局使っているのは、軽くて先が尖っていて、よく切れるはさみばかり使っています。これは、アンティークですが、どんな手仕事をしていた方が、使っていらっしゃったのかなぁと想像するのも楽しいです。 [続きを読む]
  • 縫い針
  • 指ぬきと比べてもわかるように、小さな小さな縫い針です。昔の針は、ドイツ製やイギリス製が多く出回っていたそうです。この針でどんな物を縫われていたのかなぁ。さぁ、秋の夜長、私も針を持ちます。 [続きを読む]
  • ボタン
  • 柔らかな色合いで、形も優しげで見ているだけで、まぁるい気持ちになるます。樹脂ボタンですが、種類も色々です。プラスティック、セルロイド、ベークライト、ガラリット、レジン、、など。見分け方は、難しいですが、セルロイドは、摩擦を起こすと薬品の匂いがするので、わかりやすいです。 [続きを読む]
  • ラミーの糸
  • ラミーの糸束です。古いのでやけもありますが、きれいな白です。ラミーは、とても丈夫な糸らしいですがこの糸は、Le Puyのボビンレースで使われていたのかなと思います。 [続きを読む]
  • 1912年雑誌の表紙
  • 優雅な雰囲気が漂う表紙です。同じ刺繍をする人間なのに、こんなにもちがうのが、、、と、情けなくなってしまいます。まず、姿勢を正して綺麗に出来上がるものを想像しながらメティエの前に座るとほんの1mmでも近づけるかなぁ。どんな手仕事も楽しくゆったりとした気持ちで、製作しないととダメですね。 [続きを読む]
  • 木製メジャー
  • 復刻版が出ていますが、昔の物は小さくて繊細な作りです。本来は、取っ手の小さな穴にレンズが埋め込まれていて、風景が見られるようになっていたようです。今ネットショップで販売中のものは、レンズが残っていますが、これは残っていません。このようなメジャーは、観光地でお土産として売られていたようで、必ず地名が書かれています。これは、モロッコです。 [続きを読む]