今庄和恵@神戸元町コネクトロン さん プロフィール

  •  
今庄和恵@神戸元町コネクトロンさん: 鵲への道〜ゼロから始める氣鍼医術
ハンドル名今庄和恵@神戸元町コネクトロン さん
ブログタイトル鵲への道〜ゼロから始める氣鍼医術
ブログURLhttps://kasasagi.hatenadiary.jp/
サイト紹介文鍼灸ど素人が鍼灸学校に入学、氣鍼医術をいかに習得していくかの記録です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 125日(平均0.8回/週) - 参加 2018/04/03 07:49

今庄和恵@神戸元町コネクトロン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 鍼灸学校に入学してショックだったこと
  • 学校に入学して4ヶ月が終了。3年間=36ヶ月とするなら、1/9がすでに終わってしまった。たったの4ヶ月で解剖学と経穴の分厚い教科書がほとんど終わってしまった。恐ろしい。右の耳から詰め込まれたものがまんま左の耳から溢れ出ているという感じです。習ったことは一体どこに定着してるの??入学が決まったとき、研究会の先輩治療家諸氏から「学校に入ったらショックなことがあるよ」と言われたですが、ええ、まさに!ショ [続きを読む]
  • 鍼バージンを捧げました!
  • 先日は氣鍼医術研究会の普通部でした。講師は鬼の中村泰山先生でした。嘘です、鬼ではありません(どっちやねん。ほんとは菩薩のような方なのに、出来の悪い生徒のためにあえて心を鬼にしてビシバシと指導してくださるのです(平身低頭。宿題はやってきましたか?と言われ、しゅ、宿題?そ、そんなものあったっけ??虚実がちゃんとわかるように、という宿題でしたね。では左右どっちが虚しているか、見てください。はぁ?何いって [続きを読む]
  • 子午が効かないことはない
  • いいものがいいとわかるためには、自分自身のレベルをあげないといけないと言われますが、つまりバカにはいいものの良さもわからない、ということですが、鍼灸学校に行き始めて知識が些少なりにでも増えるにつれて、ますます氣鍼医術のすごさがわかってきました。氣鍼医術のテキストを初めて読んだとき、これすげーじゃん!治って当たり前のシステムじゃん!と思ったのがますます強化されてきましたYO!!いや、ひょっとすると広い [続きを読む]
  • 裏内庭160壮から7壮に激減の良否は?
  • 猫に小判、豚に真珠、その意味を身を以て体験させていただいています。漢医堂に研修生として入らせていただいて1ヶ月ちょっと、間近で葛野先生の治療を見させていただいて、その治しっぷりのすごさに、やばくね?となってます。素人同然の私なんかじゃなくて知識も経験もある治療家の方だったら、さぞかし得るものが多いのだろうなー、と。見聞きしたものをアウトプットできる専門用語の語彙をもっと増やさないと、アンモナイ [続きを読む]
  • 65点のお灸〜初めてのツヤのある脉
  • みなさんご存知のように(知らんか)4月から毎週土曜日は漢医堂に研修生として入らせていただいています。研修生とはありがたい制度ですねー。ろくすっぽ知識も技術もないのに患者さんを触らせていただけるのですよ。某所では研修生になるために費用が発生してましたが、そうですよね、学びの場ですから学ぶほうこそお金払うのが本来の在り方かもしれませんね。土曜日はほぼ固定常連メンバー、ベテラン患者さんばかりです。そのベ [続きを読む]
  • 初めてのスパルタ治療
  • みなさんご存知のように(知らんか)私は毎週献血ルームで無料リーディングのボランティアをさせていただいています。参考エントリー: なぜ献血ルームで無料リーディングをしているのか昨日は月曜だったので本来は献血ルーム詣での日だったのですが、サボりました(ダメじゃん!。いえ、サボっていません(どっちやねん。正当な理由があります。胸が痛かったのです。朝、目は覚めているもののオフトゥンから出られずにいると、 [続きを読む]
  • 初めての良脉
  • こんにちは!相変わらず脈が全然読めないダメ人間の私がやってきましたよ!!はぁ(超嘆息。時間は前後しますが、初めての研究会参加の時(初めての鍼)午後からの実習、犠牲者はS先生でした(私と組まされた、の意)。テスターを使って奇経鍼法で見つけたものを、自分の押手でそれ以上の状態に持っていく、という恐ろしい実習です(鬼ですか、中村泰山先生は!)。どこに鍼をもっていけばいいかもわからないので、S先生が「ここ [続きを読む]
  • 初めての「ナイトウ式」(督脈上連続糸状灸)
  • ナイトウ式って何?それ、食べるもの?美味しいの?というそこのあなた。説明しよう!(タイムボカン風に読んでください。ナイトウ式とは、督脈上に連続して絹糸状灸を行うものです。ナイトウさんという患者さんに施灸したのが最初だからそんな名前がついたんだっけな(おぼろげ)。氣鍼医術というか漢医堂の造語です。何よりこれを早く出来るようになりたかったのですよねー。効果絶大ですし。漢医堂の代々の研修医はとことんこれ [続きを読む]
  • 初めての裏内庭
  • ベテラン患者さんが続きます。みなさん快く私のへなちょこお灸を受けてくださいます(平身低頭感謝!次の指令は裏内庭。穴の場所わかるかしら、と思ったけどしっかり跡がついてます。おうちでもお灸されてる優等生患者さんです。自分では線香を近づけるだけで、艾を使ってやったことはありません。不思議ですねー、燃やし尽くしても熱くない、と言われるのは。そうか、これが熱くないのか。女性は右から、男性は左からスタートして [続きを読む]
  • 初めてのお灸
  • みなさんご存知のように(知らんか)4月から毎週土曜日は漢医堂三ノ宮分院で研修生をさせていただくことになりました。研修生といっても何ができるわけでなし、受付とベッドの片付け、鍼やお灸の準備ぐらいです。何を言っているの、私!研修生の最も重要なミッションは患者さんに触れさせていただいて、脈を見せてもらうことじゃないの!!人によって脈がすごく違うのはわかりましたが、相変わらず探るのにすごい時間かかりますし [続きを読む]
  • 初めての違い(艾の捻り方)
  • というわけで(どういう?)すでに学校は始まっており、「初めて」のことがいっぱいあったのですが、ブログにアップする時間がありません!追い立てられる日々に吐きそうです!!みなさんご存知のように(知らんか)私が目指すものは経絡治療、学校は国試のためだけ、でも氣鍼医術をちょっとは広めれたらいいな、と思っていたのですが。が。経絡治療の「け」の字も口に出せる雰囲気ではありません!!ひととおりすべての科目の授業 [続きを読む]
  • 初めての鍼
  • 学校の授業が始まる前に、氣鍼医術臨床講座普通部の新年度がスタートしました。これまでは撮影係でしたけど、今回からは受講生です!!緊張でドキがムネムネです!!!!治療家としてすでにキャリアを積まれていて、何年も継続して受講されている方々がほとんど、以前は1年生、2年生とクラスが分かれていましたが、現在は合同での授業です。講師は中村泰山先生先生方には釈迦に説法でしょうけれど、とテキストに沿って初歩的なこ [続きを読む]
  • 気になる収支
  • とある治療家の先生に、鍼灸学校の同期で現在も鍼灸の仕事をしている人が片手もいない、と伺って驚きました。鍼灸師になるのって、ごっついお金かかる、ってイメージがありますが、ま、専門学校ってだいたいお金かかりますけど、医療系ならなおさらですよねー。うちのチビが農業高校の動物科に入学したとき、卒業後の進路に動物系の専門学校への入学を希望していた生徒さんが少なからずいたんですが、先生が「お金かかりますよ」と [続きを読む]
  • 脉がわからない!
  • 以前に「家族のためのお脈拝見法」というプチ講座を開催いたしました。私はいつものように撮影係だったので、実習に参加することはなかったのですが、参加者のみなさんが「あ、変わった!」とかって脈の変化を感じていらっしゃるのを見て、そっか、脈って素人でも触ったらわかるんだ、と思っていたのですが。が。自分の脈はテケトーに見てたんですけど、改めて他の方の脈を見せていただいたらですね。ね。絶望的にわからん [続きを読む]
  • ごあいさつ
  • 中国の伝説の名医、扁鵲(へんじゃく)。※画像はWikipediaより扁鵲の鵲、これはカササギなのです。※画像はWikipediaよりカササギといえば天の川に橋をかけて織姫と彦星をつなぐという七夕伝説が有名ですね♪扁鵲先生はカササギに乗って治療に飛び回っていたそうです。※葛野玄庵先生 所蔵なんでカササギなの?と調べてみたら、この記事が一番納得でした。鵲と扁鵲〜魏志倭人伝鳥考陰陽思想を体現した鳥がカササギと [続きを読む]
  • 過去の記事 …