鈴木綾那 さん プロフィール

  •  
鈴木綾那さん: これでも結構真剣です 2nd
ハンドル名鈴木綾那 さん
ブログタイトルこれでも結構真剣です 2nd
ブログURLhttp://3thlife.blog.fc2.com/
サイト紹介文住む場所も新たにして再スタート
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 22日(平均3.2回/週) - 参加 2018/04/03 09:21

鈴木綾那 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 痩せたのは……
  • 「何でそんなに痩せられたの?」って聞かれますブログでもリアルでも。一番の理由は夫である彼に恋をし続けているからー?と言いたいところですが多分そんなことないと思います(笑)出産して娘を育てることを楽しむ余裕なんてなくて、ただただ任務義務使命?なんだろう、やらなきゃこの子死んじゃうから!って思いだけで最初の3ヶ月ほど過ごしたと思います。ありがたい事に夜泣きもなくて黄昏泣きとかいう夕方はよく泣いてたけれど、 [続きを読む]
  • システムはよく分からないけれどPTA役員やってます
  • 多分システムというか仕組みはどの学校でもさほど変わらないのかもしれないけれどなんせ興味がなく、どんな三角形で組織が成り立っていたのか今までの学校のことも知らなくて。そんな私が、三角形の頂点の少し下三役四役と呼ばれる場所にいきなり鎮座するというとんだ罰ゲーム。しかも既に役員してる人たちはとても仲がよく、その仲間(仕事なのか地区なのか、はたまた飲み仲間なのか知らないけれど)から新たに人を呼んだようでつま [続きを読む]
  • ヤル気 不在
  • 引っ越して以来、毎日必ず夫が聞くこと「今日は何してた?」誤解のないように先にお伝えしますと別に監視されてるわけでもないし、夫は私の行動を把握したいわけでもないと思います多分その言葉の前後には(まだ友達だっていないだろうし、知らない土地であちこち出かけるような店もない田舎で)「今日は何してた?」(また家にいたの?寂しくない?暇じゃない?お金は足りてる?and more......)心配症あるある確かに土地勘もなければ、ふ [続きを読む]
  • 何でもない日のプレゼント
  • 夫は時々花束やスイーツを持って帰ってくるどちらかと言うと記念日関係に疎い私は、何の記念日だったっけ?と心中ザワつくんだけれどほとんどの時が「何でもない日」にあたる。わざわざ帰宅時に店に寄って選んで持って帰ってくる。それだけでも十分マメ夫だなぁと思うのだけれど年に数回消耗品ではなくてアクセサリーをプレゼントされます。仕事帰りに寄って選んで買って帰宅。もちろんそれは残業のない日だから出来ることなのですが [続きを読む]
  • 義親孝行
  • 4時過ぎぐらいからピンポーンピンポーンって色々と届きはじめる。言われたものだけ用意して後は、お義母さんお義父さんからのお祝いということで…と、ありがたく受け取る。自分のところの料理長?板前さん?何ていうんだろその人達駆使したものが届くから、もうすんごい。娘が蟹好きだからなのか「鍋できる一式だけ用意しておいてね」と言われてたんだけど出汁から蟹から野菜から全て届いて毎晩こんな夕食なら楽で美味しいのにーっ [続きを読む]
  • 親不在のお宅で遊ぶこと
  • 娘が昨日も遊ぶ約束をとりつけて帰宅した。「どこで遊ぶん?」「どこやろ?外かな?わからん」天気が悪く、その上寒い外で遊ぶには全く向かない日だと思うけどうちに来てもらえば?と提案したけれど相手は自分のところに来て欲しいと言っているようで。というのも校区の一番端あたりに住んでいるらしく、どこへ行くにも遠いみたい。そういうことか…待ち合わせはわかりやすいコンビニだったので、そこまで送っていきました。ここもまだ [続きを読む]
  • 新学期
  • 全てが初めての登校今回ばかりは、誰と一緒になるかなぁなんて甘い楽しみすらないクラス発表私もPTA役員ということで、早々にお仕事依頼があって娘と一緒に登校しました。当たり前ながら知らない人ばかり。見たことある人すらいない。ここまで知らない人だらけなのも清々しい気分になる(笑)私の集合時間に一緒に登校してしまい、少し早すぎた娘でしたが多分担任と思われる男の先生が挨拶してくれて多分同じクラスの女の子と思われ [続きを読む]
  • 友達を選ぶ親
  • 娘、こちらにも少しですがお友達がいます習い事関係が主ですがそのお友達のお友達も数人。1人、とても人懐こい女の子がいて。面白い子で秋終わりにも半袖な子(笑)で暗くなっても帰らない子携帯番号をしつこく聞いてくるから、私の番号を教えた娘の番号を教えるお友達を親が決めるのは正しいのか分からないけどなんとなく…春休みに入ってから毎日朝、昼、3時過ぎに電話がかかってきます。その1回の着信がとっても長い。長いんで [続きを読む]
  • ご近所観察
  • 前と違い、ご近所には家があって人がいて結局男の子ばかりしか見当たらないけどちらほら子供もいる。どうもまた子供がたくさんいる「新興住宅地」という筋から少し離れてしまったみたい。それでもまぁ一区画、ほぼ人が住んでなくて我が家と対角の端に自分の会社しかなかったことを思えば「ご近所さん」がいるのは面倒だけれど少しだけ安心。一つ前に「ここらは塀を作らない」的な話を書いたけれどそれはもちろん一般人一般家庭のはなしで [続きを読む]
  • 心機一転
  • 新居で目覚める初めての朝。こんな落ち着かないものだったっけ?(笑)天井が違う壁が違うまだまだ馴れない空間。昨日は近くのスーパーに行ってみた。やっぱり、車必須な土地は駐車場が大きい。コンビニの駐車場も広い。停めるの(出るの)めんどいから路駐するか入るのやめるか…なんて考える必要無さそう。近所に家がある両隣に家がある!(笑)広めに庭をとったから、片側のお宅とは遠いので音も気にならないのだけれどもう片方。我が [続きを読む]
  • 過去の記事 …