noke5866 さん プロフィール

  •  
noke5866さん: 白血病闘病記-食べ歩きブログのはずが
ハンドル名noke5866 さん
ブログタイトル白血病闘病記-食べ歩きブログのはずが
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/noke5866
サイト紹介文50過ぎて急に急性骨髄性白血病を発症。治療の経過や感じたこと、入院中に読んだ本の感想など書いてます。
自由文急性前骨髄球性白血病の治療の経過を患者目線で綴っております。2018年3月の発症を機にブログ開始。
ブログ慣れしてないのと、専門知識が不足している点について大目に見てください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 230日(平均5.7回/週) - 参加 2018/04/03 13:32

noke5866 さんのブログ記事

  • 食べある記47 ボジョレーヌーボー
  • 恥ずかしながら、儀式には毎年度一応参加。乗せられ感満載だけど、世間に背を向けても仕方ない。酒関係は何でも応援。左からボジョレービラージュヌーボーセレクションプラス@2680、ボジョレービラージュヌーボー@2280、普通のボジョレーヌーボー@980。左2本は最大メーカー、ジョルジュデュビュッフ製。ど定番ですみません。一番右のはペットボトル。最初見たときはビックリしたけど今は慣れっこ。ビラージュと付くのは少し高め [続きを読む]
  • 食べある記45 大公楼(旗の台)
  • 旗の台へは病気の診察に度々訪れる。血液の病気なので、診察時間の2時間前に来て採血を済ませておく必要がある。採血から診察までの間時間が開くので、その間に食べあるくのである。さて、病院の真ん前にある「大公楼」。大変失礼ながら、見栄えがちょっとあれなので(はっきり言いにくい)、近いにもかかわらず敬遠していた。最近旗の台で行ってない店が減ってきたため、勇気を出して近寄ってみると・・。思ったより汚くない!(言っ [続きを読む]
  • 読書感想文46 「文明崩壊-滅亡と存続の命運を分けるもの(下)」
  • 遂にジャレド・ダイアモンド博士の3部作がこれで終わり。この下巻は環境破壊への警告が多くを占める。ダイアモンド博士はイデオロギー偏向はなく、冷静に環境破壊の問題について述べている。正直なところ、この問題について意識が低かったが改めなくてはならない。反省。問題解決に成功した社会例として日本が挙げられている。戦国時代、城づくりのために広範囲で森林が破壊された。それが江戸時代徳川幕府の育林政策で森林再生を [続きを読む]
  • 食べある記44 雅楽(あざみ野)
  • あざみ野の名店雅楽。会社帰りにふらっと。そして11月の限定。”海老味噌ラーメン”休前日でもないのに、背後に青鬼が・・(意志の弱さを表してます)。美しい赤スープ、と思ったら、表面に赤い海老油が。海老の味濃ゆいー。濃厚味噌味スープだけど、どんどん飲んでしまう。いい材料を使ってるので、身体にいいはず(自らに言い聞かせ)。麺は通常の味噌と同じ太麺。この濃厚スープには太麺が合う。細麺だとしょっぱくなってしまう [続きを読む]
  • 食べある記43 トラットリア シャント(江田)
  • 10月秋晴れの日に訪れたのが江田駅近くのトラットリア シャント。https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140201/14044703/店先にスペインの国旗。店の入口。食べ歩き28「花だん」と同じビル。1階が飲食店2店舗になっている。その時書いたように、江田周辺では貴重な飲食店。店内2人テーブル×10(4-6名用に組み替え可能)+カウンター4席。先客2後客なし。店先に掲げられたメニュー。ピッツア&パスタランチ(2人で@3200)を注 [続きを読む]
  • 食べある記42 コスタセラアマローネ(イタリアワイン)
  • 正式名称はコスタセラ・アマローネ・デッラヴァルポリチェッラ・クラシコ2012マアジ。@6000とちょっとお高めのワイン(値段は店やビンテージによって異なります)。今回は「イタリアワインは難しい」シリーズではない。とても分かりやすい特徴的な味である。昔会社の近くに合ったフランス料理店のソムリエも絶賛してた。個人的にお薦めしたいワイン。 DOCG名はアマローネ、イタリア北部ヴェネト州の産。このワインは葡萄を陰干し [続きを読む]
  • 食べある記41 蕎麦 魯庵(たまプラーザ)
  • 個人的に長らく行きたかった店、そば魯庵。10月スポーツクラブ後の昼食で訪問。赤と白基調のモダンなデザインの店。http://www.soba-roan.com/menu_lunch.htmlカウンター10席、テーブル2人*8卓(4人席に組み換え可)。土曜11:40の訪問で7分の入り。店先に蕎麦打ち用の部屋あり。ガラス越しで見えにくくてすみません。店先にあるメニュー表。強気な価格設定。いわゆる高級そば屋である。迷った挙句頼んだのが、京鴨と九条ねぎ蕎麦(温 [続きを読む]
  • 食べある記40 牛たんと和牛焼き 青葉(たまプラーザ)
  • 最初に言ってしまうと、牛たんは食べ物としてあまり好きではない。家人によると、結婚当初二子玉で一度食べたことがあるらしい。残念ながら記憶にないし、およそ20年弱前ということになる。なぜここに来たかというと、スポーツクラブのバイクについてるテレビでたまたま牛たん(仙台の店)をやってたからである。東急百貨店B1インド料理の人気店アクバルの跡に入った店(変わってからもう何年も経っている)。https://gyutan-aoba- [続きを読む]
  • 食べある記39 シャトー・モン・ペラ(ボルドーワイン)
  • 神の雫でも登場したシャトー・モン・ペラ@1860。何度もリピートしている超お薦めワイン。この値段なのにしっかりとした味わいで美味しい。ネットのワインショップでは、べた褒めの売り出し文句https://item.rakuten.co.jp/wsommelier/10010411/ワイン王国のフランスワインジャーナリスト協会の評価でも高得点に入っている。日本でヒットしているだけでなく、フランスでも評価されている。最近のワイン消費量の低下を踏まえ、今回は [続きを読む]
  • 白血病からのリハビリ生活10 地味な身体的変化
  • 白血病という病気は、有名なので皆に同情してもらいやすい。一方、病気になったらどのような辛苦があるのかが中々伝わりにくい。手術とかの大イベントがあるわけではない反面、本来イベントと言えそうな輸血はしまくりで新鮮味がない。退院後の経過観察の過程も同じように説明しにくい。リハビリ生活9で書いたように、未だ病人なのかどうか自分でもよく分からない。分かりやすいだろうと思って、頭皮の経過を載せているが、実はこ [続きを読む]
  • 食べある記38 ラーメン汐そば屋(たまプラーザ)
  • たまプラーザでのスポーツクラブの後、用事を済ませてふらふらと。この日は店を決めてなかった。結局、未訪だった「汐そば屋」へ。元々「函館ラーメン汐のや」として営業。食べログでは味が落ちたとか、営業が安定してないとの評。その時代から行ってなかったので、味が変わったかどうかは判別できず。https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140201/14001532/カウンター10席、休日の昼で次々と客が入れ替わり常に満席状態。特製辛 [続きを読む]
  • 食べある記37 ベルグの4月(たまプラーザ)
  • 子供の誕生日シリーズ。18才になっても一応ケーキは外せない。生クリームが苦手なので、色々なケーキ屋で食べれそうなものをふらふら探しているとたまプラーザ駅前のベルグの4月でアイスケーキを発見!http://www.bergue.jp/shop/tama/アイスケーキのことをアントルメ・グラッセというそうです(知らんかった)。これは「トゥッティ・フルッティー」という名前。マンゴー、ピスタチオ、ストロベリー、ミルクがトッピング。紫の太 [続きを読む]
  • 白血病からのリハビリ生活9 いつ迄病人なのか
  • 定時退社、週一自宅勤務を許してもらっていることで、睡眠時間が十分とれている。お陰様で大分元気になってきた。勤務時間中は元気である(たまに眠くなるけど)。多くの人は無理するなと声掛けしてくれるが、「本当は元気になってるんじゃないか」疑惑が囁かれるようになっている。早く帰ってスポーツクラブに行ってるのだ。元気そうに見えても不思議はない。。実際、普段の生活をしていると、自身が病人であることを忘れそうにな [続きを読む]
  • 食べある記36天ぷら佐藤(たまプラーザ)
  • 子供の誕生日ということで、カウンターでの天ぷら屋さん。ということでやってきたのが「天ぷら佐藤」。たまプラーザにある「鮨 佐藤」の系列2店目。出来て3年ほど。調理担当の店長、接客担当と2名の男性が、新人の若い女子2名(うち1人は大学1年)を指導しながら運営。https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140201/14058043/カウンター9席、テーブル2卓。三連休中日の夜、予約客でほぼ満席。食べ盛りの愚息は、入店前から「天ぷら [続きを読む]
  • 食べある記35 丸源ラーメン(宮前平)
  • スポーツクラブの帰りに車で少し遠征。二駅ほど離れた場所にある丸源ラーメンへ。http://www.syodai-marugen.jp/index.html全国チェーンで、モトヒロという京都の繊維会社がやっている様子。ホームページを少し当たったが出自は不明。ご当地ラーメンというわけではなさそうだ。でかい看板で大々的に肉そば押し。てっきりこってり味を想像していた。土曜日の11:40到着。広い駐車場が9割の入り。家族連れや大人だけのグループ多数。 [続きを読む]
  • 白血病からのリハビリ生活8 思ったより点数上がらず
  • 外見でいいように見えても、ちゃんと計測したらいまいちだったということは往々にしてある。さて、スポーツクラブに通いだして2カ月。週2から3回のペースで通っている。見た感じ、体格も入所時のガリガリの頃からはだいぶん変わった。そろそろ比較記事を出してもよかろうと、前に撮った写真を引っ張り出す。(見苦しいもの済みません。)退院直後身体の状態。「骨川筋衛門」状態であると書いてはいたが、写真を出すのはある程度戻っ [続きを読む]
  • 食べある記33 赤坂一点張(たまプラーザ)
  • 名前の通り、赤坂に本店がある味噌ラーメン主体の老舗有名店。本店は40年以上続いているようだ。何故か昔からたまプラーザに支店がある。私がこの界隈に越してきた時にはもうあったので、少なくとも20年以上経っている。https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140201/14000660/9月最終週の土曜日11:30に、スポーツクラブの後、1人で訪問。奥が見えなかったので定かでないが、テーブル5卓以上、プラスカウンター席がある大箱店。訪問 [続きを読む]
  • 食べある記 32 雅楽(あざみ野)
  • 8月初旬以来(食べある記10)の雅楽。https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140201/14055006/dtlmenu/名店がうちの近所にあるのはホント幸運。行列店だが夜の開店時間18:00すぐに行けば、休日でも並ばず入れることが多い。すぐいっぱいになるので、少し遅れる場合は最初の客が一巡する18:20位が狙いどころ。休日の昼の時間帯11:30-15:00は、入るまでに並ぶ覚悟が必要だ。だいたい月1回を目標に訪問。ほとんどのケースで月替わり [続きを読む]
  • 食べある記 31 Nemo(たまプラーザ)
  • 9月に3連休が2回もあると嬉しい。あまり知られていなそうな店を探してランチへ。ネモ。たまプラ駅から徒歩3-4分。串カツ田中の先の小道を入った、人通りの少ない静かな場所。https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140201/14060718/食べログの口コミ数もまださほど多くない。まだ新しいのだろうか、店は清潔感にあふれ好印象。4人掛けテーブル*3、カウンター6席。11:30到着で一番海苔―。後客は家族2組。ランチメニューは@1380 [続きを読む]
  • 白血病からのリハビリ生活7 スポーツクラブでの営み
  • 退院後、リハビリのためスポーツクラブ(リハビリ生活3)に通いだして2カ月弱。行く前は、ムキムキの人ばっかで、ガリガリの病み上がりの居場所なんてないのでは、と心配していた。でもなんてことはない。行ってみたらシニアの方がいっぱい。まさしくシニア世代のサロンだった。ムキムキの人たちもいるけど少数派。約20年前結婚当初に入ってたことがあるが、こんな世代構成ではなかった気がする。まさに、社会の高齢化が進んだこと [続きを読む]
  • 食べある記 30 うどんの匠 さぬきや(旗の台)
  • 旗の台駅から北に伸びる駅前商店街。食品サンプルがひときわ目を引く綺麗な外観のうどん店。「讃岐うどん うどんの匠 さぬきや」https://s.tabelog.com/tokyo/A1317/A131712/13059056/外観同様、木目調で明るく綺麗な店内店内は広く、入店は13:30で客はまばらの入り。店内壁に有名人のサインが数多く貼ってある。落合博満、飯島直子、ダイヤモンドユカイはわかるが、格闘家の安生洋二まで!ヒクソン・グレイシーの道場やぶりに行っ [続きを読む]