おっち さん プロフィール

  •  
おっちさん: 先生、いまスキルス胃がんって言ったよね?
ハンドル名おっち さん
ブログタイトル先生、いまスキルス胃がんって言ったよね?
ブログURLhttps://ameblo.jp/scirrhous-igan/
サイト紹介文スキルス胃がん(の疑い)と診断された母の事、私の心境やこれまでの経緯、声帯摘出した父の事等を綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 17日(平均7.8回/週) - 参加 2018/04/04 10:51

おっち さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • まるごとバナナボート
  • 今日はがんセンターで初めての上部内視鏡検査。13時30分に予約しているので13時前には受付を済ませて待合室で待つ。待つ・・・。待ってる・・・。ひたすら呼ばれるのを待ってる・・・。いま何時?14時30分。まだ呼ばれない…。・・・いま何時?15時00分。まだ呼ばれない・・・・・・。マーーーダーーーー?!だめだめ・・・我慢、がまん。15時15分。ようやく呼ばれた!!麻酔用の点滴を打ちながらの検査になるので、点滴を打ち、 [続きを読む]
  • 明日の検査、良い結果が出ますように
  • 一旦整理。備忘録のため、母の経過や通院日をざっくり書いておく。明日の検査、良い結果が出ますように。【1月下旬】鼻水とせきがでる風邪をひく。風邪が治りきらないときに、食後に動けなくなるくらいのみぞおちや胸に痛みを感じる。吐き気も伴い、夜はそのまま就寝。翌日は何事も無かったかのように元気になる。【2月上旬】食後に再びみぞおちや胸に痛みと吐き気を感じてそのまま就寝。また翌日は何事も無かったかのように元気 [続きを読む]
  • 「がんでも長生き 心のメソッド」を読んで
  • 昨日の続き。映画「ベンジャミン・バトン」からの「がんでも長生き 心のメソッド」。 夕べ読んだので、どんな本なのか拙いながらレビュー。※Amazonには内容が分かりやすいレビューがたくさん書かれていたので、気になる方はぜひそちらもご参考になさって下さい。この本は、がんを告知された患者が抱える心の不安や状態、さらに精神疾患ががんに及ぼす影響、心の持ち方などについて、「炎症性乳がん」ステージ4と診断されたコピー [続きを読む]
  • 「生きること」をぐるぐる考えて
  • 今年の2月、実家に帰る事を決めた数日後に、たまたまBSでクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」の2作品を連続放送していた。元々アクションや戦闘物が苦手な私は、中でも戦争映画が特に苦手だったが、何気なくチャンネルを合わせた。その時の私は転職活動が色々な理由で上手くいかず、離職してから急激に「仕事って何だろう」から始まり、「生きる意味ってなんなんだろう」「私は何のために [続きを読む]
  • 二槽式洗濯機問題〜完結編〜
  • 本日は全自動洗濯機が配送される日。それは、例えば四足歩行から二足歩行になったことくらい、猿が火を使うことを覚えたことくらい、人類が月面に降り立ったことくらい、我が家にとって、とてつもなく大きな進歩だ。(大袈裟)だが実は、猿からヒトになる前に重大な問題がひとつ立ちふさがっていた。それは、給水用蛇口の形状が古過ぎる(通常の蛇口より薄い)ため、給水用の4点止めネジ付き金具が取り付けられない可能性がある、 [続きを読む]
  • やっぱりスキルス胃がんでした
  • 電車とバスに揺られて1時間ちょい。ついに紹介状を持ってがんセンターにやってきた。11時半に予約しているので、紹介状と内視鏡、CT検査のデータを渡して受付を済ませる。そしてさらに案内された胃外科のラウンジで待機していると、外科受付の人に呼ばれた。「かかりつけの病院で診断は受けましたか?」母が話すと長くなるので私が代理で、胃がんのステージ3〜4の疑いで全摘の可能性があると言われたこと、スキルス胃がんも疑われ [続きを読む]
  • 就活再開しないとな
  • 母のがんが発覚してバタバタしていた事ですっかり忘れていたが、実は現在、3月中旬に紹介予定派遣で面接を受けた会社と給与交渉中だった。夕べ2週間ぶりに派遣会社から連絡あり、担当営業「先方と給与交渉をしていたら、どうしても今提示している金額以上は出せないと言われまして・・・でも中途で即戦力となると、その金額では平均以下なので厳しいと伝えたんですが、だったら採用方法を見直すと言われてしまったんです・・・」 [続きを読む]
  • 今現在の状況と自分の将来を考える
  • きのうに引き続き、病院について色々と調べてみたけれど。ネットの情報は有象無象も多いし、テレビや雑誌だって玉石混交。それが自分の欲しい情報か、正しいのかは百聞は一見にしかず、なのだと思う。「良い病院」って一体なんだろう。何が判断基準になるのかって考えたら、患者である母や支える家族の満足度になるのかなと思う。じゃあ満足度ってどこから来るの?って考えると、希望が叶えられたり、期待していた以上の結果が出 [続きを読む]
  • 病院って何基準で選べばいいんだろう
  • 調べれば調べるほど、どこが最適なのかわからないー!!! ガイドブックに名医って書かれてる専門医? 病院ランキング? 利便性? 治療実績数? というのも、胃がんの実績が多くて名医と言われている先生のいる病院を希望して紹介状を書いてもらったものの、なんとその先生は去年、すでに別の病院に移動(グループでもなく全く別の病院)してた・・・。 事のはじまりは、父がどこからか持ってきた新聞に載っており、母がそれを父 [続きを読む]
  • フワッとした診断結果
  • 本日検査結果を聞きに病院へ行ってきた。先週診断したら担当医のS先生からはスキルス胃がんとは断言されず、悪性の胃がんでステージはIII〜Ⅳの間くらいと診察された。スキルス胃がんではないのか、と聞いても、違うとも断言してくれない。ただ、胃がんの3型に見えるが、断定できず、5型と言いたいところでもあるという何だかとってもフワッとした診断。兎に角、近くの国立がんセンターに紹介状を書いて貰ったけれど、近くだし専 [続きを読む]
  • 胃がんかどうかの検査結果前日だけど
  • 今日は昼からお供で母の友人達と会ってきた。私が小学生の頃会ったきりの方や、10年振りの方もいてとても懐かしかった。平均年齢75歳オーバーだが会えばお喋りに華・・というか最近飲み始めた健康茶の話にはじまり、現在飲んでる薬の数やら種類、どこの病院の先生の腕がいいだの、移っただの、終いには自分がどれだけ病気しているか・・・と、とにかく身体と健康にまつわる話に終始していた。友人A「そういえばさあ、ザイラップで [続きを読む]
  • 素直な気持ち
  • 母がスキルス胃がんの疑い、と診断されてから今日まで、私は母にべったりな生活を送っている。買い物へ行くにも、契約内容を確認しに郵便局や保険会社の人と話をする時にも、学会活動とパートの仕事中以外はこの一週間常に一緒に過ごしてきた。過去、幼少時は抜きにしても、ここまで母と行動を共していた事があっただろうか。皮肉な話だが、今回のことで初めて母と色んな話をして、一緒に過ごす時間が取れている気がする。母はだ [続きを読む]
  • 二層式洗濯機問題
  • 3日後には母の生体の検査結果が出る。まだスキルス胃がんという事は確定していないけれど、母と私は今週月曜(4月2日)から連日、スキルス胃がんだった場合の事を考えて様々な書類の整理や手続き、母が管理しているお金の出し入れから契約に関する名義などの確認をしている。両親は現在年金を受給しているが、母はそれ以外に父の治療費と老後の蓄えのため、65歳を超えてから週に5日短時間の掃除のパートをかけもちしていた。急で [続きを読む]
  • 信じてない神様は拝めない
  • ※※この記事には宗教について個人的な意見を書いています※※おととい、就寝前の母に「病気の回復を願ってるなら一緒にお題目を上げて欲しいの」と言われた。けれど私は断固としてそれを拒否した。人には色んな趣味や生きがい、信念や信仰があると思う。それは誰かを傷つけたり、社会の秩序を乱さなければ個人の自由だ。宗教の選択も日本の法律で認められた自由のひとつだ。私が生まれたときにはすでに母は創価学会員で、熱心な [続きを読む]
  • 兄の言葉
  • 4月3日、母はお腹が張っていて何だか食欲が無いと言う。しかし父の食事を用意するというので、母の負担を増やしたくない私は母と一緒に夕飯を作っていた。すると、母が「お兄ちゃんもご飯まだなら誘ってあげようか」と言う。私は数年前から兄ともわだかまりがあったので、兄に甘い顔をする母が嫌だった。母としては甘い顔をしているつもりは無かったのだろうし、そんな母に甘えてる自覚もない兄に対しても不満だった。兄は病を患 [続きを読む]
  • 母の死生観
  • 昨日、病院から帰宅して母は私に生命保険や預貯金などの管理について一通り説明した後、疲れた様子で居間にあるこたつで横になっていた。しばらくすると兄から母の携帯に電話があり、病院での検査結果の話をしていた。母は、父の抗がん剤治療に関する延命治療の様子を間近で見てきた事もあり、もしスキルス胃がんが確定で、今後延命治療が必要になった場合には、自分は苦しい思いや日々弱っていく姿に耐えながら命を延ばす事はし [続きを読む]
  • 先生、いまスキルス胃がんって言ったよね?
  • 3月上旬に実家に戻ってきた私は、早速母に散々病院に行って検査をしてと懇願した。実家に帰ってきてから母の様子を見ていると、食後に無意識に胃のあたりをさすっていたり、日によって夕食後や就寝中吐き気を訴えたり、ゲップが目立っていて、素人目にも逆流性食道炎とか消化器系の病気があるのではという印象をもった。父の治療費の事もありパートを掛け持ちしている高齢者の母は、休みが取れない、時間がないと渋っていたが、3 [続きを読む]
  • 我が家のいろんな事情
  • 母の体調が悪そうだな、と感じたのは2018年2月に入ってくらいのことだったと思う。その時私は地元を離れ、独り暮らしをしていて転職活動真っ最中。派遣で勤めていた会社を諸事情により1月末で契約終了し、2月から働く会社を探していた矢先のことだった。転職活動が長引いていた私はいつものように近況報告を兼ねて、実家の母へ様子伺いの電話をしたところ、声はいつも通り元気そうだった。ただ、母曰く先日、食後にみぞおちのあた [続きを読む]
  • 過去の記事 …